レミゼラブルストーリー。 映画『レ・ミゼラブル』あらすじ、キャスト、トリビアまとめ!

帝国劇場 ミュージカル『レ・ミゼラブル』

レミゼラブルストーリー

2012年に公開された『レ・ミゼラブル』はアメリカ・イギリス合作の ミュージカル映画。 2012年の映画版はヴィクトル・ユーゴーの傑作小説『レ・ミゼラブル』をベースにしたミュージカルをさらに映画化したものとなっています。 キャストには主人公、ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマンをはじめ、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、エディ・レッドメインなど 豪華俳優陣をキャスティング。 原作を読んでから観てみると分かるのですが、どの登場人物もハマり役で小説の中の登場人物がそのまま出てきたかのような感じです。 『レ・ミゼラブル』の世界そのまま。 俳優の役作りも素晴らしかったです。 まず、ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン。 一番彼の役作りのすごさを感じたのが囚人時代のジャン・バルジャンです。 囚人のやつれた感じや世の中を憎むような顔つきなど、紳士的なマドレーヌ時代のジャン・バルジャンとはまるで別人。 よくここまで変われるなと ハリウッド俳優のレベルの高さをひしひしと感じました。 他にも厳格な警部のジャベール、美しいファンティーヌとコゼット、革命に生きるマリウス、悪者のテナルディエ夫妻など演じた俳優陣。 素晴らしいキャラクターをつくりあげたキャストでした! 泣ける結末 愛、革命、尊厳、希望、自由、勇気など多くのテーマで描かれた『レ・ミゼラブル』 2012。 本作の結末では 感動の波が押し寄せ、泣けます。 愛は与えられるものではなく、与えるもの。 それを強く感じる映画になっていました。 ジャン・バルジャンはコゼットを大いに愛し育て上げ、成長したコゼットはマリウスと出会って彼を愛し、そしてマリウスも彼女を愛した。 そんな愛し合う2人に看取られながらバルジャンは波乱万丈な生涯を終えます。 愛に生きる人生ほど素晴らしいものはない。 感動しながらそう思いました。 愛することは人間の根源的なものではありますが、それこそが人間として必要なことであり、大切なものなのではないでしょうか。 大切な人を心から愛し、生きていきたいものです。 95%以上が歌であり、全て英語。 しかし、その歌こそが『レ・ミゼラブル』 2012 の 魅力であり、大きな見どころとなっているので、ミュージカルが苦手な人には敬遠されそうですが、苦手な人にもぜひ観ていただきたい! それくらい面白い映画になっているし、出演者の歌唱力が素晴らしいからです。 もう圧倒的といっていいほどであり、惚れ惚れすること間違いないですね。 特にファンティーヌ役のアン・ハサウェイは圧巻! 彼女の演技力と歌唱力は群を抜いており、本作でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞で助演女優賞を獲っただけのことはあります。 アン・ハサウェイが歌う『夢やぶれて』に注目。 映画版『レ・ミゼラブル』 2012 はミュージカル化されたものを映画化していますが、 そこまでの違いはありません。 ただ、細かなエピソードが変えられていたり、登場人物の個々のエピソードなどはだいぶカットされています。 あれだけの長い物語を映画やミュージカルの尺に収めようとすると、やはりカットしなければ収まり切らないでしょうね。 もし、カットしなかったら1日かかってしまうのではないかと。 必要なところをピックアップしたという感じですが、決して内容が薄っぺらくなったとかつまらないといったことはありません。 面白いし、『レ・ミゼラブル』の世界観を十分味わうことができます。 映画『レ・ミゼラブル』 2012 のレビュー.

次の

映画『レ・ミゼラブル』(2012)が泣ける!【ネタバレあり】で感想を紹介

レミゼラブルストーリー

2012年に公開された『レ・ミゼラブル』はアメリカ・イギリス合作の ミュージカル映画。 2012年の映画版はヴィクトル・ユーゴーの傑作小説『レ・ミゼラブル』をベースにしたミュージカルをさらに映画化したものとなっています。 キャストには主人公、ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマンをはじめ、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、エディ・レッドメインなど 豪華俳優陣をキャスティング。 原作を読んでから観てみると分かるのですが、どの登場人物もハマり役で小説の中の登場人物がそのまま出てきたかのような感じです。 『レ・ミゼラブル』の世界そのまま。 俳優の役作りも素晴らしかったです。 まず、ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン。 一番彼の役作りのすごさを感じたのが囚人時代のジャン・バルジャンです。 囚人のやつれた感じや世の中を憎むような顔つきなど、紳士的なマドレーヌ時代のジャン・バルジャンとはまるで別人。 よくここまで変われるなと ハリウッド俳優のレベルの高さをひしひしと感じました。 他にも厳格な警部のジャベール、美しいファンティーヌとコゼット、革命に生きるマリウス、悪者のテナルディエ夫妻など演じた俳優陣。 素晴らしいキャラクターをつくりあげたキャストでした! 泣ける結末 愛、革命、尊厳、希望、自由、勇気など多くのテーマで描かれた『レ・ミゼラブル』 2012。 本作の結末では 感動の波が押し寄せ、泣けます。 愛は与えられるものではなく、与えるもの。 それを強く感じる映画になっていました。 ジャン・バルジャンはコゼットを大いに愛し育て上げ、成長したコゼットはマリウスと出会って彼を愛し、そしてマリウスも彼女を愛した。 そんな愛し合う2人に看取られながらバルジャンは波乱万丈な生涯を終えます。 愛に生きる人生ほど素晴らしいものはない。 感動しながらそう思いました。 愛することは人間の根源的なものではありますが、それこそが人間として必要なことであり、大切なものなのではないでしょうか。 大切な人を心から愛し、生きていきたいものです。 95%以上が歌であり、全て英語。 しかし、その歌こそが『レ・ミゼラブル』 2012 の 魅力であり、大きな見どころとなっているので、ミュージカルが苦手な人には敬遠されそうですが、苦手な人にもぜひ観ていただきたい! それくらい面白い映画になっているし、出演者の歌唱力が素晴らしいからです。 もう圧倒的といっていいほどであり、惚れ惚れすること間違いないですね。 特にファンティーヌ役のアン・ハサウェイは圧巻! 彼女の演技力と歌唱力は群を抜いており、本作でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞で助演女優賞を獲っただけのことはあります。 アン・ハサウェイが歌う『夢やぶれて』に注目。 映画版『レ・ミゼラブル』 2012 はミュージカル化されたものを映画化していますが、 そこまでの違いはありません。 ただ、細かなエピソードが変えられていたり、登場人物の個々のエピソードなどはだいぶカットされています。 あれだけの長い物語を映画やミュージカルの尺に収めようとすると、やはりカットしなければ収まり切らないでしょうね。 もし、カットしなかったら1日かかってしまうのではないかと。 必要なところをピックアップしたという感じですが、決して内容が薄っぺらくなったとかつまらないといったことはありません。 面白いし、『レ・ミゼラブル』の世界観を十分味わうことができます。 映画『レ・ミゼラブル』 2012 のレビュー.

次の

映画『レ・ミゼラブル』(2012)が泣ける!【ネタバレあり】で感想を紹介

レミゼラブルストーリー

レ・ミゼラブルとは 題名となっている「レ・ミゼラブル」は「悲惨な人々」「哀れな人々」を意味する言葉です。 そのタイトルの意味のように、レ・ミゼラブルは、1本のパンを盗んだために19年間もの監獄生活を送ることになった主人公の生涯を描いた作品として知られています。 レ・ミゼラブルはミュージカル舞台だけじゃない レ・ミゼラブルと言えば、ミュージカル舞台を思い浮かべる人も少なくありません。 原作にもとづき、レ・ミゼラブルが舞台で初めて上演されたのは1987年のことです。 その後、瞬く間に人気ミュージカルの仲間入りを果たし、映画やドラマ・アニメとしても上映・放映されてきました。 レ・ミゼラブルの魅力 レ・ミゼラブルは、なぜここまで人気ミュージカルへと上り詰めたのでしょうか。 レ・ミゼラブルの魅力をたっぷりとご紹介します。 ストーリー 上記でも話したように、レ・ミゼラブルは、1本のパンを盗んだために19年間もの監獄生活を送ることになった主人公ジャン・バルジャンの生涯を描いた作品です。 19年もの苦役ののちに釈放される主人公ではありますが、犯罪者ということもあり、執拗な嫌がらせや残酷な扱いを受けます。 そんな荒廃した生活の中、逃げのびた先の教会で、ジャン・バルジャンはまた銀食器を盗むという犯罪を働いてしまいます。 しかし、そんな彼を待っていたのは監獄ではなく、思わぬ許しの道でした。 銀食器の持ち主である司教が、彼の罪を見逃してくれたのです。 司教の真心に触れ、善人として生まれ変わろうとするジャン・バルジャンは、やがて出世し、素性を隠したまま市長にまでなります。 しかし、彼の経営する工場で働くある女性との邂逅を機に、再び彼の運命は翻弄されることに。 一人の人間の罪と悲哀、そしてその中で輝く光が複雑に絡み合い、2時間半を超える上演時間があっという間に感じられるほど引き込まれるストーリーです。 音楽 レ・ミゼラブルのもう一つの魅力は、何といっても音楽です。 代表的なもので言えば、民衆の歌としても知られる「Do you hear the people sing」。 シンプルなメロディーではありますが、心に残る名曲でもあります。 その他にも、壮大で素敵な名曲が次々に流れます。 目で見るだけでなく、耳でも楽しめる。 それが、レ・ミゼラブルの魅力の一つでもあるのです。 レ・ミゼラブルは今見れる! 現在、舞台としてレ・ミゼラブルが上演されています。 日程は次の通りです。 6月7日 金 〜6月25日 火 名古屋・ 御園座• 7月3日 水 ~7月20日 土 大阪・梅田芸術劇場ホール• 7月29日 月 ~8月26日 月 福岡・博多座• 9月10日 火 ~9月17日 火 北海道・札幌文化芸術劇場hitaru チケット代金は上映場所によって異なりますので、詳しくはサイトをご覧ください。 レ・ミゼラブル日本公演サイト: 見に行けない人はこんな方法も チケットが取れず見に行けない、見に行く時間がないという人も多いはず。 そんな人は、DVDがおすすめ。 自宅でゆっくりとレ・ミゼラブルの世界を楽しむことができます。 また、文庫本としても販売されていますので、読書が好きでじっくりと読みたいという方には、本で楽しむという方法もあります。 自分の好きな方法で、「レ・ミゼラブル」をご覧になってみてはいかがでしょう。 何度も読み返したくなったり、何度も観たくなること間違いなしです。 レ・ミゼラブルを観て自分の人生を考えてみよう レ・ミゼラブルについて紹介しました。 レ・ミゼラブルは、当時のフランスを取り巻く社会情勢や民衆の生活を背景に、愛や友情、希望や勇気について考えさせられる作品です。 一度も観たことがないという人はぜひ、ご覧になってみてはいかがでしょう。 最後は感動で涙が止まりません。 また、さながらミリエル司教に出会ったジャン・バルジャンのように、自分の人生を見つめなおすきっかけにもなるかもしれません。

次の