子猫の最初の日。 【2020年最新版】子猫用餌のおすすめ人気ランキング11選【栄養管理】

【2020年最新版】子猫用餌のおすすめ人気ランキング11選【栄養管理】

子猫の最初の日

ゴロにゃんママも新しく猫を迎える経験を何回もしていて、それぞれにとても良く覚えています。 特に「シロ」と「クロ」が来た日は、11年前の9月4日でまだとても暑い日でした。 ちなみに最初ゴロにゃんママは、最初「シロ」だけを飼うつもりでした。 でも「シロ」を連れて来た日、「シロ」がさみしさのあまりに鳴くので、その兄弟である「クロ」を次の日に、あらためてもらって来たのです。 二匹だと安心したのかそれから二人はとても仲良しで、その時、一緒にもらってきて本当に良かったと思っています。 ですから初めて猫が来る日は、大切なとても貴重な思い出となる一日となります。 ここではそんな大切な一日をご紹介しましょう。 でもその前にどんな猫と暮らし始めるのかで、少し注意点が違うので、書いてみました。 もし貰ってくる時期が選べるのなら、親猫と離すのは母乳から貰う免疫などのことを考えても生後2ヶ月以上経ってからにした方がいいと思います。 そして、常に健康状態を注意深く見ます。 特に注意が必要なのは下痢。 下痢は子猫の場合、急激に脱水症状を起こし体力を奪うので大変危険です。 早すぎると言うことはないので、様子を見ることなく、獣医さんに相談するのが望ましいです。 そして食事はとても重要。 来る前に食べていたフードが分かっているのなら、それと同様か、近いものを与えてください。 子猫が来た時の注意点として、部屋の温度管理にも気を付ける必要があります。 暑すぎたり、寒すぎたりすると子猫の体力では耐えられない場合があります。 特にマンションなどで閉め切った部屋の夏場の温度は想像以上に高温になります。 汗をかくことができない猫にとって、ましては子猫にとっては、非常に体力を消耗し、時には熱中症などを引き起こして危険な状態を招く場合があります。 成猫には子猫のような適合力がないので、大変なストレスを抱えてしまいます。 飼い主が同じでも、引越をするだけで、病気になってしまうこともあるのです。 元の生活に戻りたい一心で脱走したり、食欲が無くなったり、精神的なストレスを抱えてしまうこともあります。 新しい家が安心できるところだと納得するまでケージ飼いをすることをおすすめします。 成猫の自分のなわばりを確保させてあげて、猫にとっての安全をまず先決に考える必要があります。 ここでは主に子猫を家にいれる時の様子を紹介してみたいと思っています。 いくつかのポイント押さえれば、良い一日になると思いますよ。 子猫を連れてくる時間はとても重要です。 よほどの事がない限り、出来れば午前中に連れてくることをおすすめします。 そしてその日は、新しい家族の為に、あけておくことも大切。 猫と暮らすことが決まったら、を前もってすべて整えて下さいね。 子猫を我が家に迎え入れるのは、何度も言うようですが午前中がベストです。 ここで注意してもらいたいのは、先住の猫が既にいる場合、動物病院に先に立ち寄って診察・健康診断をしてもらってから、家に連れてくるようにするのがとてもいい方法です。 もし何か病気を持っている場合、先住の猫に感染してしまう危険を避けるためです。 先住の猫がいない場合でも、できるだけ当日に健康診断を済ませてしまいたいので、家に連れてくる前にできるだけ新しい猫にとってストレスを与えないよう、テキパキとすませるようにしたいものです。 子猫を家に入れたら、猫が主に過ごすことになる部屋に入れて、キャリーバッグの蓋や扉を開けてしばらく様子を見ましょう。 ここで無理矢理、キャリーバッグから連れ出すようなことはしない方が良いです。 あくまで子猫自身の意志でキャリーバッグから出るまで待ってあげて下さい。 そして、決して、大きな音を立てないように。 猫の耳はとても敏感です。 ちょっとでも危険を察知するとなかなか新しい環境になじめなくなってしまいます。 そしてできるだけ、そっとしておくことがとても大事です。 可愛いからといっていじくりまわしたりすることは絶対にしないで下さいね。 そして、そこが子猫にとって危険な所ではないこと、危険な人はいないことを分からせる必要があります。 子猫にあなたが、危険な怖い人ではないと思わせることがここでの重要なポイントなのです。 大丈夫かなあっと思ってもらえれば、子猫特有の好奇心と高い適合力を発揮して、キャリーバッグから自分で出てきます。 そして子猫の地図作りの為の探索が始まります。 ここはどこ?ってな感じでとにかく隅から隅まで臭い倒します。 猫によって少ししか動けない子もいますが、まずは、ゆっくり部屋を臭い倒します。 おどおどとした態度。 この態度が「借りてきた猫状態」なんですね。 臭いを嗅いで、あたりを見回したりと丹念な調査をして、見知らぬ部屋の地図を作り上げていきます。 でもとても活発な子猫であれば、もう何日も前からこの家にいるようにすぐに馴染んでしまう子もいますよ。 でもそんな子でも、 猫が満足するまでほおって置くことが大切です。 そしていよいよ、だいたいの部屋の探索が終了すると今度は人間の調査にとりかかります。 今度は、人間に興味を覚えて近寄ってきます。 そしてあなたを見て近づいてきたら、そのとき初めて猫を優しく見つめて下さいね。 多分「ニャー」と鳴いてくれるので、そうしたら初めて声を名前を呼んでみましょう。 ゴロにゃんママも新しい子が来るたびに、結構考え込んでしまうタイプなのですが、結局は呼びやすい名前になってしまいます。 「シロ」「クロ」なんてベタベタですんもんね。 誰が来ても間違えないです。 逆だったら良かったかな、なんて考えることも…。 ここで大切なのは、猫が理解する名前にするということ。 「シロ」「クロ」は似ていますが、しっかりと自分の名前は理解しておりました。 だからあんまり長くない名前であれば、よく似た発音でも結構大丈夫かもです。 あなたと猫の新しい関係が生まれました。 そうした後に、えさや水の場所、トイレの場所そしてベッドの場所などを教えてあげます。 キャットフードもできれば同じものにして、徐々に新しい家の食事に切り替えるようにしていけばいいと思います。 水は常に新鮮な新しいものを用意することを心がけます。 教えるといっても最初は案内する程度となります。 あなたが食事と水のありかをのそばで、子猫を呼びます。 すると子猫がひょこひょこと寄ってくれば大成功。 子猫が自分で、歩いて場所を覚えることがとても大事なのです。 食事をする場所を覚えて、とりあえず水を少し飲んでくれたら、とってもGOOD!! 次はトイレの場所へ行き、そこで猫を呼んで待ちます。 トイレはしてもしなくてもいいです。 猫に場所を教えるだけでいいのです。 できればベッドの場所なんかも一緒に覚えてもらうといいかな。 でもベッドに関しては、多分好きなところを見つけて、そこで寝るかもしれないので、できればでいいです。 できれば、ベッドからそう遠くない所(猫が自分でいけるところ)にトイレを設置します。 その時市販のトイレは大きくて、猫がまたげない場合もあるので、最初は、浅い砂箱を用意してあげるのもいいかのしれません。 食事の後などで、部屋の臭いをかぎ出したら、トイレの合図とみてよいでしょう。 すかさずトイレに連れて行きます。 上手にできなくても、数回重ねれば、大抵の猫はうまくトイレができるようになります。 新しい家に来る前にトイレのしつけが出来ている猫であれば、元の飼い主さんから、トイレの砂を少しもらってくるとよりスムーズにトイレが出来るようになりますよ。 この頃の子猫はまだ自分で排泄が出来ません。 やわらかいガーゼやティッシュを人肌くらいのお湯に湿らせて、子猫を仰向けにさせて、肛門部分を優しくチョンチョンとたたいたりして刺激して下さい。 するとあら不思議、おしっこを少しするのですよ。 このころに母猫は、誰に教わることもなく、子猫のお尻をなめて排泄させるので、それをまねて子猫に同じようなことをしないといけないのです。 それにいつも母猫は子猫の体を舐めてきれいにしています。 それも母猫のかわりに、体を人肌くらいの温度のお湯に湿らせてガーゼやタオルで、やさしく拭いてお手入れしてあげて下さいね。 ベッドの場所は、日当たりがよい静かな落ち着ける場所にすると良いです。 可愛いので、ついついいじくり回して、なにかと様子を見たくなりますが、まずは好きにさせてやります。 最初はとにかく静かに見守る事が大切です。 今まで母猫や兄弟だちと一緒にいた猫であれば、とにかく1〜2日の間、さみしくてとにかくず〜と鳴いている状態になることもしばしば。 泣き疲れてちょっと寝て、また起きたら鳴いてっと最初はそんな具合です。 もし飼えるのなら兄弟で子猫を手に入れるのも良いかもしれません。 ベッドを決めても最初の頃は、タンスや人間のベッドの下、ゴロにゃんママの飼い猫の「シロ」と「クロ」は、洗濯機の下で数日寝ていました。 どこにいったのか本当に分からずに、探しまわりましたよ。 あとよく寝ている場所に猫のトイレの砂の上。 あれはちょっと衛生的にはよくないのですが、安心できる場所ならば、最初はほおっておきましょう。 そのうち慣れてくれば、トイレの砂の上で寝るなんてことはしなくなります。 ひととおり、部屋を案内することができれば、そこで初めてのご飯を上げましょう。 これも食べても食べなくても良いです。 ご飯の場所を示せれば、それで良いと思います。 最初の日からあなたは猫を混乱させないために事前に決めたルールを守る必要があります。 猫の入って良い部屋、いけない部屋。 登って良い場所悪い場所。 特にトイレの場所と餌、水の場所はむやみに変えてはいけません。 あなたが気ままにルールを変更してしまうと猫の方も気ままな場所でトイレをしたり、またご飯を欲しがることになってしまいます。 でもいつも思うのですが、子猫が来たときは絶対にマンションのように平面的な家の方がいいですよね。 一戸建てて、平面的な家ならマンションと同じですが、都会の一戸建てなんかは、どうかすると3階建てなんて場合もあって、猫の生活する空間が子猫にとっては危険な階段を利用しなければならない場合が出てきます。 その場合は、ルールも流動的に、最初は、猫のいる部屋を決めて、そこに食事、トイレなどを集中しておいておくことも必要かもしれません。 もちろん成長するに従って、それぞれ都合のいい本来の所に移動するっといった具合です。 まあでも本当は、一度決めたら動かさない方がいいのですが…。 自分で階段の上り下りができるまで各階にトイレは必要かもしれませんね。 そしてこれから子猫との生活が始まるわけですが、この成猫になる何ヶ月の間に人間と暮らす「しつけ」をしっかりと覚えこませます。 とはいっても猫はとにかくマイペースなので、しつけといっても習性をうまく利用するしかありません。 でもどちらにしても、成猫になってしまっては、遅すぎる場合もあるので、この時期がとても重要です。 猫はほんとにすぐに大きくなります。 いつまでも可愛い子猫でいて欲しいという気持ちと、元気に早く大きくなってねという気持ちでちょっと複雑なのですが、およそ一年でだいたい15才から18才くらいに成長することになります。 ですから子猫の間の写真がとても少ないことに後で気付くわけです。 これはゴロにゃんママからの提案ですが、子猫の間の写真をいっぱいいっぱい撮ってあげることをおすすめします。 たくさんの写真を撮ったつもりでも、その後の成猫の写真は、より長い期間あるので、振り返ってみるととても子猫時代の写真が少ないように思えます。 特に写真好きな人であれば、しょっちゅう撮っても撮り足りないくらいではないでしょうか。 特に子猫の写真は可愛いので、成長の記念にもなっていいものですよ。 | 運営者:橋本 京子.

次の

子猫の育て方、1週間から3ヶ月はどうするの?

子猫の最初の日

わお😲今年、もう半分過ぎたんですねぇ。 7月に入り梅雨も後半。 昨日、おとといは大雨が降ってすごかったです。 車の乗り降りだけでびっちょり。 梅雨の時期も、もう少しみたいなので雨の日も楽しみます。 そんなで身体が重く疲れが取れません。 メールをいただいていますが返信に時間をいただいています、すみません。 おチビがわんさか来ており紹介が間に合いません💦子猫の相談が止まりません。 もうケージも足りないですし置く所もありません。 逆立ちしても無理な状態です。 私はわたしでまだ見ぬ子を助けたいんです。 ご自分でケージを用意して人慣れさせて募集しましょう。 今日は6月中旬に3日続いた保護で、やってきた子たちをバババッとご紹介しまーす😥まだまだ来ています😥 今月に入り相談などがたくさんきて連日続いたり同じ日に複数ある日もありました。 全部など、とても対応できませんしましてや受ける事もできません。 なるべく1回はお返事していますが内容によってはお返事もしないままになっています(そんなこと言われても、そこまでは困ります) いくつもの活動拠点があり、そこに遺棄されますのでそういう子の保護を優先したいので一般の人からの相談はアドバイスさせていただきますが保護依頼は空きがあって親猫の手術を受けてくれ初期医療費を出していただくことで受けています。 まぁ、相談して何とかしたい と思う人は自分が無責任にエサだけをあげている人ばかりでなく、どこかから子連れで来てしまって可哀想で世話をしていて・・・みたいな人が多いです。 話を聞けば優しい気持ちの人が多く小さいのなら・・・と受けました。 できれば周りの環境が安全ならそのまま地域猫としてorおうちの子として室内でお世話していただきたいです。 殺す とか言う地区で昔は毒殺とかあったようです。 ひょっこり親猫が表れて近所で子猫を産んだようで連れてきたそうです。 自宅では高齢のご両親がすでに3匹飼っていて、これ以上は無理で 保健所も考えたようです。 保健所は今、簡単には引き取りませんよ。 お話しし、かあニャンの手術を受けていただく事と初期医療費を出していただいてみつごの2匹(1匹は姿ないそうです)を引き取りました。 かあニャンは世話してくれるそうです。 子どもたちは小さい1ヶ月ぐらいの兄妹でした。 探そうと近づくと鳴きやんでしまって見つけられなかった その後、カラスが数羽で囲っていたので子猫だったら、もうダメだったと思う・・・ それからは鳴き声しないから と日中の事を聞いて悲しく思っていました。 もしかして、逃げて隠れていないかなー?それならまた鳴いてくれるよね?やられてしまったのかも・・・って。 ら、翌日夜に行くと子猫の姿が!雨の日で知り合いの窓に来て鳴いて入れてぇ って鳴くそうです。 捕まえようとしてくれても逃げちゃうそうで翌日、捕獲器をもってくることに。 ら、知り合いがうまく捕まえられたとの事で連絡が。 すでに5匹可哀想な子たちを飼っているので、この子もまだ小さく可愛いので引き取りました。 耳ダニが溢れて真っ黒になっていたそうでシャンプー、耳掃除をしてくれたので私は引き続き、耳ダニの治療をして隔離して。 すっかり治って今はみんなと遊んでいます。 ちょっと臆病な女の子、生後約2ヶ月 黒白おひげちゃんです。 名前はまだ、考えてる時間ありません💦耳ダニいたので隔離していて写真まだあまり撮れてません。 もし、お腹の大きい雌、未手術の子が来たら連絡ください となっていました。 去年も目まぐるしく忙しかったので、そのままになっていました。 ええー?雌猫いたんですか?と、いろいろ話を聞くと、新し若猫が表れてご飯をあげていたそうで、性別はわからなかった と。 あちゃー😵もう、確認してくださいよー 子ねこは何匹?大きさは?20センチぐらいかな。 もう、生まれてからではなく雌猫なら手術してなければ産むんですから産む前に相談してください って、いつもお願いしているんですが皆さん、産まれてからなんですよね😰だから私たちの負担が大きくなるんです。 かあニャンと一緒にご飯をあげて地域猫としてみてください と言いました。 手術済みの子は近所のおうちへ行って面倒みてもらっているようで今いる子はみんな未手術のようでした。 何度か現場へ行ってみました。 5~7匹はいますので今回、全頭手術してもらい子猫は大きさを見て小さければ考えようと思いました。 依頼者さまはTNRの運搬も協力してくれるので助かりました。 そして子猫みつごの2匹が先に捕まり見せてもらうと👓まだちっさい、シャー威嚇します。 お外でかあニャンと一緒にいたので人間に触られたり抱っこされたりしたことないもんね、こわいよね~。 だいじょうぶよ と言ってもシャー威嚇😥パッパッパシャーと怒ります。 そっか、こわいのねぇ💦 だんだん怖くないのがわかったのかな? 2日目には恐々固まりながらも抱っこされました👍 そうなんです、見た結果まだ小さいので受けました。 その後、なかなか3匹目が捕まりませんでしたが1週間後にやってきました。 本当にかわいいですよ。 おお、こわーい。 でも、じきに姉妹ってわかったのかな。 ドドは、お利口で威嚇しなかったですよ。 シャー言ってたのにね ぷぷっ! 名前は早々付けてました。 いつつごも、まだまだパイパイが恋しくて。 なんと真珠、リタ、リリカにチューチューしています。 良くお世話してくれるので助かります👍 👰 先週末、多頭飼育よつごが、みんな揃ってそれぞれ、巣立ちました。 みんな、良いおうちで安心です。 Oさま、菊丸を迎えていただきありがとうございました。 先住猫さんとの悲しいお別れも、きっと可愛い菊丸が癒してくれるはずです。 可愛がっていただいてうれしいです。 末永くよろしくお願いします。 レオ兄ニャンに見守られながらスクスク育ってほしいです。 少し臆病な2匹ですが立派なケージを用意していただいて、中に入れば安心するのでしょうね。 広いお部屋を威張りながら遊びまわってほしいと思います。 早速、通院もありがとうございました。 末永くよろしくお願いします。 うれしいです。 明日、婿入りお嫁入りします。 7月のお見合い会は 5日です。 すでに、ご予約いただいています、決まるといいな。

次の

子猫のワクチン接種の適した時期やその種類

子猫の最初の日

はじめに 【管理人 2005年】 まだヘソの緒が付いているような子猫を保護してしまった場合。 人工哺乳で育てることになりますが、ちゃんと育っているかどうか不安ですよね。 初めての時は、私もめちゃくちゃ不安でした。 下記はいずれも飼い猫の資料だということを念頭に置いてご覧下さい。 捨て猫や野良猫の子猫は、親子とも栄養状態が悪い場合が多く、下記資料より体重がずっと軽かったり、成長が遅れていたりします。 そんな子でも、ちゃんとお世話すれば立派に育ちますよ! 常連さんの中には、わずか60gの子を人工哺乳で育てた方もいらっしゃいます。 あなたが見捨てたら、その子は死んでしまいます。 どうかがんばって!• 生まれたばかりの子猫は70~130g、平均100gくらい• 体重は、1日5~15g、平均10gほど増える。 体重が増えない、または減少しているなら、すぐ獣医さんへ。 『猫の歴史と奇話』より• 平岩米吉・著• 築地書館 1985年 NDC:489. ISBN: 4806723398 この本は猫本の中でも名著中の名著でしょう。 機会があればぜひお読み下さいませ。 妊娠期間は多くは56日~60日。 体重は出生時100g、6ヶ月3kgを目標とするのが分かりよい。 日本猫の成長記録 平岩氏およびご長女の観察記録です。 体重(g) 大きさ(cm) 生態 歯 出生時 100~130 雄猫で成長に差あり 4日 150~180 早いものは目開き始める 5日 小さいときほど陰嚢の有無で雌雄が分かる 1週 220~280 目開く 人工哺乳ではこのとき人の顔を凝視する 手足を舐める 顔をこする 脈240 夢見る へその緒、脱落 2週 280~330 未知のものに口を開けて威嚇 腰立ち始める ゴロゴロ大きくなる 脈180-210 呼吸28-35 門歯膨らむ 3週 380~400 腰立つ 離乳 78cmから落ちて平気 上下門歯、犬歯、 下臼歯発生 1ヶ月 430~500 兄弟同士じゃれる 乳歯完成 1ヶ月半 600~700 体高12 体長23 胸深7 胸巾6 オスは睾丸下りる 30cm高さから落ちて回転して立つ 高さ3m50の木の上に登って寝る 兄弟でじゃれて遊ぶ 2ヶ月 900~1000 2ヶ月半 1050 脈120 回虫駆除 下門歯中央2本脱落 3ヶ月 1300 体高17. 5 体長37 下門歯中央4本脱落 3ヶ月半 1600 上門歯中央2本から 永久歯発生始まる 4ヶ月 1950 体高20 胸深7 胸巾7. 5 胸囲24 上下門歯永久歯4本ずつ 臼歯も発生 4ヶ月半 2200 永久歯上下ほぼ揃う 6ヶ月 3000 体高24 体長49 顔9 耳4 メスの早いものは発情 永久歯完成 10ヶ月 体高26 発情 シャムの場合• 40日まで毎日10g増を目安とする• 4日、ポイント模様現れ• 2週、這い始める• 3週、じゃれ始める、ポイント鮮明• 7ヶ月、メス発情 アメリカのメレン婦人の計算方法• 出生時100gに毎月45gを加算する ペルシャ猫の場合• 出生時75~125g• 1ヶ月 420~750g. *「猫の歴史と奇話」を探す* 『もっともくわしい猫の病気百科』より• 矢沢サイエンスオフィス編• 学習研究社 2002年 NDC:645. ISBN: 4054014747• 新生児期(生後1~2週間)• 移行期(生後2~3週間• 社会化期(生後3~8週間)• 若年期(社会化期~性成熟) 自分専用の乳首を決める 生後2日目 目が開く 5~14日ほど(平均8日) 耳の穴が開く 6~17日(平均9日) 4本の足で自分の体重を支えられるようになる。 よちよちあるけるようになる。 10~14日 母猫のまねをして食器に顔を突っ込むなど。 離乳食の開始。 3~4週間 子猫が人間社会で無事に一生を送るために一番重要な時期。 新しいものや新しい経験を受け入れ、学習吸収する。 人間との信頼関係や、友好性、社会性などの性格が決まる。 3~8週間 自分で排泄。 爪を引っ込めて乳を飲むことを覚える。 1ヶ月 母猫が乳を与えたがらなくなる 5週間 少し高いところから飛び降りる。 そろそろ走る。 5~6週間 高いところから落ちたときに体を回転させる 6週間 母猫と同じくらい上手に歩けるようになる 6~7週間 警戒心・恐怖心が現れ、防衛反応も出てくる 6~8週間 成ネコと同じ睡眠パターンになる 7~10週間 子猫の性格がほとんど決まる 10週間 子猫同士でじゃれるのが非常に活発。 飼い主の手や足を手加減せずに引っ掻いてしまう。 4~11週間 *本では、「子猫の病気と健康管理」という章だけでも14ページもあります。 それらの詳細はとてもここには書き切れませんので、是非本を買って読んで下さい。 ネコと暮らす家には一家一冊必携の本です。 *「もっともくわしい猫の病気百科」を探す* 『ネコの繁殖と育児百科』より• ネコ百科シリーズ編集部編• 誠文堂新光社 2002年 NDC:645. ISBN: 4416702051 生まれた日 室温は25度~30度Cくらいに。 12~24時間以内に、初乳を通して、免疫のほとんどを受け取る。 1週目 生まれた次の日は体重が増えないこともあるが、2日目以降は5g以上増える。 8日目くらいで体重は倍になる。 臍の緒は3日以内に乾燥して落ちる。 2週目 目がうっすらと開く。 耳が開く。 3週目 立つことが出来るようになる。 乳歯の前歯が生える。 自分で排泄が出来るようになる。 4週目 乳歯の犬歯が生える。 まだ上手ではないが、走ったりジャンプできるようになる。 3ヶ月 問題のない、なつっこい猫に育つには、3ヶ月まで母猫と一緒にして、同胎の兄弟と遊ばせることが、社会化にとって大切。 早ければ永久歯の前歯が生え始まる。 各品種による体重変化の例 (グラム) アビシニアン バーミーズ メインクーン ペルシャ ロシアンブルー 0日 65-100 70-80 110-138 90-100 90-100 5日 100-180 7日 140-150 10日 140-235 230-295 170-200 220-230 14日 210-230 15日 200-315 20日 260-380 385-440 330-390 300-350 21日 290-320 28日 380-400 30日 355-545 530-550 460-530 430-510 40日 550-650 50日 670-850 700-850 660-750 56日 750-800 60日 910-1100 880-980 850-950 70日 895-1340 90日 1300-1750 1950-2500 1400-1500 120日 1800-2200 2100-3200 1780-1950 *子猫の繁殖と育児の専門書ですから、どの項もかなり詳しく書いてあります。 しかし、一般人が猫を繁殖させるのは止めましょう。 行政に殺処分される猫の数だけでも毎年十数万匹、捨てられ、飢えて、のたれ死にする数はその数倍です。 == 子猫を産ませるより、里親募集の子猫を貰おう! ==. *「ネコの繁殖と育児百科」を探す* 『猫、この知られざるもの』より• ジョエル・ドゥハッス・著、塚田導晴・訳• 中公文庫 c 2002年 NDC:64536• ISBN: 4122040523 触覚 ・妊娠期間中にすでに発達。 ・誕生時には反射運動をおこす(接触したところへ進む反応) ・反射運動は2週間ほどで消える 体温 ・生後15日間は、体温がうまくコントロールできない。 温まるためには摂氏30度以上の外部の温度を必要とし、親兄弟とくっついて寝る。 嗅覚 ・誕生時にすでに発達している。 味覚 ・生後10日には、塩辛い・苦い・酸っぱい・甘いの基本的な味を区別できるようになる。 ・25日以降で子猫は固形物を摂取し始め、その2日後には皿から飲むことを学習する。 視覚 ・誕生直後は目が閉じていて見えない。 ・5~14日(平均8日)で目が開くが、最初はまだよく見えていない。 ・約11日で動いている物体を目で追うようになる ・約21日までは強い光を当てると反射的に子猫は頭を背けるが、それ以降は 瞳孔が機能するようになり、この行動は回避できるようになる。 聴覚 ・誕生直後は耳は閉じていて聞こえない。 ・2~3日目には大きな音に反応するようになる。 ・6~14日(平均9日)で耳が開く。 ・約12日で物音の方を向くようになる。 運動機能 ・約10日で立ち上がり、約15日で歩き始める。 ・約19日で爪を引っ込められるようになる。 ・約25日で、何かにジャマされたり恐怖を感じると、自分で逃げたり 怒ってふーっと息を吐き毛を逆立てるようになる。 ・約31日で糞を埋める行為をはじめる。 ・約35日で爪研ぎをはじめる。 ・約38日で人間を恐れるようになる。 *上記の表はごく一部の抜粋にすぎません。 子猫の成長過程について、非常に詳しい記述があります。 また、猫の社会化教育や社会性について、とてもわかりやすく書いてあります。 幼い子猫と暮らす方におすすめします。 *「猫、この知られざるもの」を探す* 参考外部サイト 【管理人 2005年】 毎日の哺乳時間や量、体重の増える様子などを細かく記録したHPがあります。 写真もすごく可愛くて、猫の子かネズミの子かわからないような赤ちゃん(ごめん)が立派に猫となっていく様子に思わず笑みがこぼれます。 飼育書よりちょっと離乳が遅いようですが、上にも書きましたように、捨て猫ちゃんにはよくあること。 今は立派な男前猫に育ちました。 どうぞご覧下さい。 簡単な体重増加表だけでもありがたいです。 よろしくお願いします。

次の