かくいう私も 意味。 べそをかくの意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

かくの意味

かくいう私も 意味

おかげで天運堂のほうも大いに発展したようだし、山野井咲子も一躍人気女優になってしまった。 そしてかくいう僕は四千五百円の金を手に入れることができたのである。 しかし須山くん! … 横溝正史『山名耕作の不思議な生活』 より引用• だが彼は、どんなにこれを繰り返そうと、夏への扉を探すのを、決して諦めようとはしなかった。 そして一九七〇年十二月の三日、かくいうぼくも夏への扉を探していた。 ぼくの場合のそれも、コネチカットの一月にピートが夏を求めたのと、いずれ劣らぬはかない望みだった。 … ハインライン『夏への扉』 より引用• だがその姿勢が悩みのために、支えんとしても崩されそうになるところにこそ学窓の恋の美しさがあるのであって、ノートをほうり出して異性の後を追いまわすような学生は、恋の青年として美しくもなく、また恐らく勝利者にもなれないであろう。 しかし私がかくいうのは勉強と恋愛とをほどほどにやれというのではない。 まして勉強の余暇に恋愛をたのしめというような卑俗な意味ではない。 … 倉田百三『学生と生活』 より引用• 今から約一カ月前、九月二十三日の夕方、姉崎曾恵子未亡人惨殺事件が発見された。 そして、なんの因縁であるか、その第一の発見者はかくいう僕であった。 姉崎曾恵子さんというのは僕たちの心霊学会の風変わりな会員の一人で一年ほど前夫に死に別かれた、まだ三十を少し越したばかりの美しい未亡人だ。 … 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編03 怪奇幻想』 より引用• 私にはそれを言う権利がある。 というのもかくいう自分は六十まで生き延びるつもりをしているからだ。 七十までも生き通すのだ! … ドストエフスキー/中村融訳『地下生活者の手記』 より引用• そしてかくいう私は十年後にやっと帰ってくることができたのだ。 あの驚くべき発明の実用性をためすテストを決行することになっていたあの夜のことを、まるで昨日のことのように思い出す。 … バローズ『地底世界ペルシダー』 より引用• 文学部を出てテレビのアナウンサー、英文学を専攻して週刊誌のエディター、そんなに必要じゃないですね。 かくいう私にも娘が一人いて、なんと、フランス文学科などへ通っている。 … 阿刀田高『三角のあたま』 より引用• むしろ、文人学海の本来のすがたにかえったのだ。 かくいう私も、学海を明治の演劇改良家ぐらいにしか理解していなかった。 だが、かれの日記『学海日録』を読む機会をあたえられて、私はこの文学者の知られざる一面に接することができた。 … 白石良夫『最後の江戸留守居役』 より引用• かくいう自分だって屋敷に戻った頃は翡翠の格好にソワソワしていたんだ。 健全な男子生徒および女子生徒が完璧なメイドさん姿を見たらそりゃあパニックに陥るだろう。 … 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』 より引用• それがいかにも痛そうで、正視しかねた。 戦前の学生時代のことだが、かくいうわたしにも胃痙攣をやった覚えがある。 空腹なときに夏蜜柑をたべたところ、たちまち胃が痛みだして七転八倒したのだ。 … 鮎川哲也『死者を笞打て』 より引用• かくいう私も、やはり同じパターンの男性に魅かれているような気がする。 家田荘子『極道の妻たち』 より引用• 彼女はそれから二日目のお昼過ぎ、横浜のアパートの一室で、服毒自殺をとげているのが発見されたのでした。 しかも、管理人とふたりでそれを発見したのは、かくいうあたしだったのです。 警察ではまだあの黒檀が、りん子の洋傘の柄とは気づかなかったらしいのだが、あたしは不安をおぼえて、そのことについて、りん子と話しあうために、横浜まで出向いていったのです。 … 横溝正史『金田一耕助ファイル14 七つの仮面』 より引用• 二人とも視線の焦点がむすばず、遥か彼方の花の都パリかなんかを望んでいるような目つきである。 そして第三者から見たならば、かくいうわたしも似たようなものであったろう。 胸中ひそかにヘボ探偵と決めつけ蔑視していた岩崎探偵が、にわかに頼り甲斐のある英雄に見えてきた。 … 鮎川哲也『朱の絶筆』 より引用• 余の初め歌を論ずる、ある人余に勧めて俊頼集、文雄集、曙覧集を見よという。 それかくいうは三家の集が尋常歌集に異なるところあるをもってなり。 まず源俊頼の『散木弃歌集』を見て失望す。 … 正岡子規『曙覧の歌』 より引用• むろん、かくいうわたしも、泣き出したその一人だったのである。 横溝正史『空蝉処女』 より引用• きっと快く引き受けてくれるっ! かくいう俺もこの前の投票でヘレンちゃんに入れた一人だ! … 派虎衆『伝説の剣士のつくりかた』 より引用• 秀吉、家康の上に出ずるところに刮眼することを祈る。 また、かくいうも、このことばは自分ひとりの 言 げんばかりではない。 ある夜、高野をひそかに下られた某とよぶ御僧のすすめもあるのである。 … 吉川英治『神州天馬侠(三)』 より引用• まずいことはない。 かくいう拙者も百俵五人扶持の御家人でボロ鉄と呼ばれた男でござった。 … 山田風太郎『警視庁草紙(下)』 より引用• 彼らはコベント・ガーデン劇場の特等席を買い、そこへ将来の見こみある青年を招待した。 その将来の見こみある青年とは、かくいう僕なんですよ、ポワロさん。 僕が歌劇を好きか? … クリスティ/松本恵子訳『エッジウェア卿の死』 より引用• なにより活気が欲しかったのである。 かくいう駿美も、いつになったら馬たちの姿を見られるのかとやきもきしていた。 … 清松みゆき/柘植めぐみ/友野詳『妖魔夜行 影と幻の宴』 より引用•

次の

【花粉症の人必見!】目がかゆいって英語でなんていうの?

かくいう私も 意味

A ベストアンサー 1 「こんにちは」 2 「こんにちは。 」 どちらも間違いではありません。 どういうルールに従うか、という問題です。 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕 案 」の影響があるせいか、2 の書き方を教えます。 bunka. pdf しかし、新聞や一般の出版物は1 の形が圧倒的に多いはずです。 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールになっています。 chiebukuro. yahoo. ================引用開始 句読点の使い方のうち、句点(マル、「。 」)については、それほど問題はないと思います。 「文の終わりにつければいい」ということはだれでも知っているはずです。 「文章読本」に書かれている句点の使い方を見ると、次のような記述になっています。 1 段落全体がカギカッコなどで始まりカギカッコなどで終わる場合は句点をつけない 例 「きょうは予報がはずれてひどい雨降りでした。 しかし、教科書の類いはこういう場合もカギカッコの前に句点をつけている。 その影響と思われるが、マンガのセリフの場合も、小学館は句読点をつけていることが多い。 他社は句点も読点もつけていない。 ほかに句読点をつける流儀にしている出版社があれば教えてください。 2 段落の途中に句点があり、その直後にカギカッコなどが続いて段落末がカギカッコなどになった場合は句点をつけない 例 天気予報は、何度も同じことを繰り返していた。 「あしたは晴れるでしょう」 3 段落の最後の文がカギカッコなどで終わる場合でも、その直前に主語があり、文末のカギカッコなどのあとの述語(「と語った」など)が省略されているときは句点をつける 例 気象予報士は苦笑しながら「あしたは晴れるでしょう」。 この数日の予報がはずれつづけているだけに、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった。 4 文末に注釈などを加えるパーレン(丸カッコ)を使うときは、そのあとに句点をつける 例 気象予報士は苦笑しながらコメントを終えたが、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった 笑。 5 文章全体の注釈、クレジットなどを加える場合は、パーレンの前に句点をつける 例 きょうは天気予報がはずれてひどい雨降りでした。 あしたは晴れると思います。 談 6 改行して箇条書きにする場合は、各文の文末に句点をつける(ただし、箇条書きの内容が簡単な場合はつけなくていい) 本によって書き方は多少違いますが、だいたいこんなところではないでしょうか。 新聞でよく見かける3 の形は言葉足らずの印象があり、ふつうの文章で使われている例も少ないので、避けたほうが無難です。 6 は趣味の問題で、本書では箇条書きの場合、原則として句点はつけていません。 ================引用終了 1 「こんにちは」 2 「こんにちは。 」 どちらも間違いではありません。 どういうルールに従うか、という問題です。 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕 案 」の影響があるせいか、2 の書き方を教えます。 bunka. pdf しかし、新聞や一般の出版物は1 の形が圧倒的に多いはずです。 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールに... A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 Q よく、フォトジェニックな被写体とか、 フォトジェニックな写真とか聞くのですが、 そもそも「フォトジェニック」ってなんなんでしょうか? 英語なのでしょうか?一応辞書を引いてみたのですが 載っていなかったので、和製英語?とも思ったりしていますが、webでいろいろ検索してみても やはり明確な意味が分かりませんでした。 私は特に写真を趣味とはしていませんが、 綺麗な写真は好きですし、動物などを 携帯で撮ってブログに載せたりします。 やはりその際に間違った言葉を使うのも どうかと思うので、 「フォトジェニック」という言葉の 正確な意味を、またどういう使い方?が 正しいのかをどなたかご教授ください。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 「~」の部分に入るものを名詞に限定して書かせていただきます。 「~やら~やら」には意味が二つあります。 1 名詞の並列 例:スーパーでパンやら牛乳やら買った。 2 どちらか決めがたいことをあらわす。 例:真っ黒に日焼けして、どちらが前やら後ろやらわからないほどだ。 それに対して「~とか~とか」には、 1の名詞の並列の意味しかありません。 それでは 「スーパーでパンやら牛乳やら買った。 」 と 「スーパーでパンとか牛乳とか買った。 」 は完全に同じ意味でしょうか? ここから先は、個人の語感によって、或いは世代によっても意見が分かれそうな部分ですが、 私は「パンやら牛乳やら」からは、並列の意味に加えて、「いっぱい」や「必要もないのに」という印象を受けます。 「パンとか牛乳とか」の方は並列の意味に加えて、ちょっとあいまいに表現しようという気持ちが感じられます。 これは例文を変えてみるともうちょっとはっきりするかもしれません。 1「バーゲンでコートやらスカーフやらいっぱい買ってしまった。 」 2「バーゲンでコートとかスカーフとかいっぱい買ってしまった。 」 1の方がいっぱい買ってしまった感が強いような気がします。 2の方は普通の並列ですが、この言葉を言う人によっては、本当はコートとスカーフ以外に重要なものを買ったんだけどそれをわざとぼかして言っているような感じも受けるかもしれません。 1「彼女の気を引くために、バッグやらアクセサリーやらプレゼントした。 」 2「彼女の気を引くために、バッグとかアクセサリーとかプレゼントした。 」 これも、1の方があれこれたくさんプレゼントした感じがよく出てると思いますがいかがでしょう。 2は素直な人が話しているなら単なる並列。 ものをはっきり言わない人が話しているなら、ひょっとしたら車もプレゼントしているかもしれません。 とまあ、こんなところです。 前にも書きましたが、ここまで来ると、個人の語感や世代によって感じ方はさまざまだろうと思います。 色々な回答がつくといいですね。 「~」の部分に入るものを名詞に限定して書かせていただきます。 「~やら~やら」には意味が二つあります。 1 名詞の並列 例:スーパーでパンやら牛乳やら買った。 2 どちらか決めがたいことをあらわす。 例:真っ黒に日焼けして、どちらが前やら後ろやらわからないほどだ。 それに対して「~とか~とか」には、 1の名詞の並列の意味しかありません。 それでは 「スーパーでパンやら牛乳やら買った。 」 と 「スーパーでパンとか牛乳とか買った。 」 は完全に同じ意味でしょうか?...

次の

「かくいう私も」の意味・例文・類語を徹底解説!

かくいう私も 意味

おかげで天運堂のほうも大いに発展したようだし、山野井咲子も一躍人気女優になってしまった。 そしてかくいう僕は四千五百円の金を手に入れることができたのである。 しかし須山くん! … 横溝正史『山名耕作の不思議な生活』 より引用• だが彼は、どんなにこれを繰り返そうと、夏への扉を探すのを、決して諦めようとはしなかった。 そして一九七〇年十二月の三日、かくいうぼくも夏への扉を探していた。 ぼくの場合のそれも、コネチカットの一月にピートが夏を求めたのと、いずれ劣らぬはかない望みだった。 … ハインライン『夏への扉』 より引用• だがその姿勢が悩みのために、支えんとしても崩されそうになるところにこそ学窓の恋の美しさがあるのであって、ノートをほうり出して異性の後を追いまわすような学生は、恋の青年として美しくもなく、また恐らく勝利者にもなれないであろう。 しかし私がかくいうのは勉強と恋愛とをほどほどにやれというのではない。 まして勉強の余暇に恋愛をたのしめというような卑俗な意味ではない。 … 倉田百三『学生と生活』 より引用• 今から約一カ月前、九月二十三日の夕方、姉崎曾恵子未亡人惨殺事件が発見された。 そして、なんの因縁であるか、その第一の発見者はかくいう僕であった。 姉崎曾恵子さんというのは僕たちの心霊学会の風変わりな会員の一人で一年ほど前夫に死に別かれた、まだ三十を少し越したばかりの美しい未亡人だ。 … 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編03 怪奇幻想』 より引用• 私にはそれを言う権利がある。 というのもかくいう自分は六十まで生き延びるつもりをしているからだ。 七十までも生き通すのだ! … ドストエフスキー/中村融訳『地下生活者の手記』 より引用• そしてかくいう私は十年後にやっと帰ってくることができたのだ。 あの驚くべき発明の実用性をためすテストを決行することになっていたあの夜のことを、まるで昨日のことのように思い出す。 … バローズ『地底世界ペルシダー』 より引用• 文学部を出てテレビのアナウンサー、英文学を専攻して週刊誌のエディター、そんなに必要じゃないですね。 かくいう私にも娘が一人いて、なんと、フランス文学科などへ通っている。 … 阿刀田高『三角のあたま』 より引用• むしろ、文人学海の本来のすがたにかえったのだ。 かくいう私も、学海を明治の演劇改良家ぐらいにしか理解していなかった。 だが、かれの日記『学海日録』を読む機会をあたえられて、私はこの文学者の知られざる一面に接することができた。 … 白石良夫『最後の江戸留守居役』 より引用• かくいう自分だって屋敷に戻った頃は翡翠の格好にソワソワしていたんだ。 健全な男子生徒および女子生徒が完璧なメイドさん姿を見たらそりゃあパニックに陥るだろう。 … 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』 より引用• それがいかにも痛そうで、正視しかねた。 戦前の学生時代のことだが、かくいうわたしにも胃痙攣をやった覚えがある。 空腹なときに夏蜜柑をたべたところ、たちまち胃が痛みだして七転八倒したのだ。 … 鮎川哲也『死者を笞打て』 より引用• かくいう私も、やはり同じパターンの男性に魅かれているような気がする。 家田荘子『極道の妻たち』 より引用• 彼女はそれから二日目のお昼過ぎ、横浜のアパートの一室で、服毒自殺をとげているのが発見されたのでした。 しかも、管理人とふたりでそれを発見したのは、かくいうあたしだったのです。 警察ではまだあの黒檀が、りん子の洋傘の柄とは気づかなかったらしいのだが、あたしは不安をおぼえて、そのことについて、りん子と話しあうために、横浜まで出向いていったのです。 … 横溝正史『金田一耕助ファイル14 七つの仮面』 より引用• 二人とも視線の焦点がむすばず、遥か彼方の花の都パリかなんかを望んでいるような目つきである。 そして第三者から見たならば、かくいうわたしも似たようなものであったろう。 胸中ひそかにヘボ探偵と決めつけ蔑視していた岩崎探偵が、にわかに頼り甲斐のある英雄に見えてきた。 … 鮎川哲也『朱の絶筆』 より引用• 余の初め歌を論ずる、ある人余に勧めて俊頼集、文雄集、曙覧集を見よという。 それかくいうは三家の集が尋常歌集に異なるところあるをもってなり。 まず源俊頼の『散木弃歌集』を見て失望す。 … 正岡子規『曙覧の歌』 より引用• むろん、かくいうわたしも、泣き出したその一人だったのである。 横溝正史『空蝉処女』 より引用• きっと快く引き受けてくれるっ! かくいう俺もこの前の投票でヘレンちゃんに入れた一人だ! … 派虎衆『伝説の剣士のつくりかた』 より引用• 秀吉、家康の上に出ずるところに刮眼することを祈る。 また、かくいうも、このことばは自分ひとりの 言 げんばかりではない。 ある夜、高野をひそかに下られた某とよぶ御僧のすすめもあるのである。 … 吉川英治『神州天馬侠(三)』 より引用• まずいことはない。 かくいう拙者も百俵五人扶持の御家人でボロ鉄と呼ばれた男でござった。 … 山田風太郎『警視庁草紙(下)』 より引用• 彼らはコベント・ガーデン劇場の特等席を買い、そこへ将来の見こみある青年を招待した。 その将来の見こみある青年とは、かくいう僕なんですよ、ポワロさん。 僕が歌劇を好きか? … クリスティ/松本恵子訳『エッジウェア卿の死』 より引用• なにより活気が欲しかったのである。 かくいう駿美も、いつになったら馬たちの姿を見られるのかとやきもきしていた。 … 清松みゆき/柘植めぐみ/友野詳『妖魔夜行 影と幻の宴』 より引用•

次の