とのむら みき マスク。 【マスク=ヨレるって概念吹き飛ばす】確実に盛る!マスクを外してもヨレないベース作り&コスメ選びのポイントも細かく紹介!【マスクメイク】

手作りマスク、作ってみた

とのむら みき マスク

手ぬぐいを水通しする• 生地を裁断する• 生地を縫い合わせる• 生地を裏返す• プリーツ部分を作る• プリーツが広がらないように下縫いする• サイドを縫う• マスクゴムを通す の8工程となります。 面倒くさそうに見えるかも知れませんが意外と簡単です。 ミシンが無ければ手縫いでもOK。 それでは早速作っていきます。 手ぬぐいを水通しする 手ぬぐいの生地は洗濯すると若干縮みますから、あらかじめ 水通しをしておきます。 そうしないと、マスクを洗って使う時に仕上がりより小さくなってしまうからです。 【水通しのやり方】 手ぬぐいを、水を張った洗面器などに1時間ほどつけておき、乾かします。 乾いたらシワになるのでアイロンをかけておきます。 水通しの作業が大事だと知らなかった私は、買ったそのままの生地を使ってマスクを作り、見事に失敗しました。 一度使って洗濯すると、仕上がりのサイズよりかなり小さくなってしまったんです。 そうならないために、面倒でも水通しはしておきましょう。 ちなみに今回使った手ぬぐいは、水通し後に 縦横各2cmくらい縮みました。 これはかなりの差ですよね。 生地を裁断する 下図のように手ぬぐいを裁断し、マスク用生地(A・B)を作ります。 子供用サイズのマスクの場合は、下図のように裁断して下さい。 手ぬぐいは端の処理がしてあるので、端のところをうまく使って生地を裁断しちゃいましょう。 ほつれてくるのを防ぐことができます! 生地を縫い合わせる 生地Bを 表面を外側にして、半分に折ります。 それを生地Aの表面の上に置きます。 重ねた生地Bの、赤線部分をミシンで縫います。 生地を裏返す 輪になっているところから、生地を裏返します。

次の

超簡単!Tシャツリメイクマスクの作り方と型紙。ゴム無しOK.家にあるもので

とのむら みき マスク

手ぬぐいを水通しする• 生地を裁断する• 生地を縫い合わせる• 生地を裏返す• プリーツ部分を作る• プリーツが広がらないように下縫いする• サイドを縫う• マスクゴムを通す の8工程となります。 面倒くさそうに見えるかも知れませんが意外と簡単です。 ミシンが無ければ手縫いでもOK。 それでは早速作っていきます。 手ぬぐいを水通しする 手ぬぐいの生地は洗濯すると若干縮みますから、あらかじめ 水通しをしておきます。 そうしないと、マスクを洗って使う時に仕上がりより小さくなってしまうからです。 【水通しのやり方】 手ぬぐいを、水を張った洗面器などに1時間ほどつけておき、乾かします。 乾いたらシワになるのでアイロンをかけておきます。 水通しの作業が大事だと知らなかった私は、買ったそのままの生地を使ってマスクを作り、見事に失敗しました。 一度使って洗濯すると、仕上がりのサイズよりかなり小さくなってしまったんです。 そうならないために、面倒でも水通しはしておきましょう。 ちなみに今回使った手ぬぐいは、水通し後に 縦横各2cmくらい縮みました。 これはかなりの差ですよね。 生地を裁断する 下図のように手ぬぐいを裁断し、マスク用生地(A・B)を作ります。 子供用サイズのマスクの場合は、下図のように裁断して下さい。 手ぬぐいは端の処理がしてあるので、端のところをうまく使って生地を裁断しちゃいましょう。 ほつれてくるのを防ぐことができます! 生地を縫い合わせる 生地Bを 表面を外側にして、半分に折ります。 それを生地Aの表面の上に置きます。 重ねた生地Bの、赤線部分をミシンで縫います。 生地を裏返す 輪になっているところから、生地を裏返します。

次の

西野未姫 公式ブログ

とのむら みき マスク

伝統産業など地域の強み再認識を そういえば最近、手作りマスクは地方の伝統産業にも貢献している。 コロナ・ショックが深刻化する前の話だが、私は徳島県特産の「藍染め」をいかに継承していくか、地元の販売店から相談を受けたことがあった。 その時も「今、最もニーズがあるものを作るのが一番」とアドバイスしたが、その店主からメールが届いた。 問い:新型コロナでマスク需要が高まっていますが、藍染めでマスク作ったら、売れますか? 答え:ぜひ、作りましょう。 藍染めは美しい藍色なので、マスクにして顔を覆うと、とてもオシャレに見えるはずですよ。 その後、しばらくして、徳島県の飯泉嘉門知事が藍染めのマスクをつけて4月に記者会見で登場したのをテレビで見た。 驚いた。 相談に来られた会社のものかどうかはわからないが、地元で「藍染めマスク」をつくるブームになっているのか。 また、マスクを素材に、他地域でも伝統産業をPRする動きもある。 最近では「畳マスク」も登場。 製作した畳店のオーナーが「イグサの抗菌効果でコロナと戦おう」と呼びかけている。 新型コロナ感染問題の当初、紙製の使い捨てマスクでなければ感染リスクは防げないとみる向きもあった。 しかしコロナの感染の仕方が判明するにつれて、他の素材を使ったマスクも効果があると言われるようになった。 極めつきは何度も洗える布製の「アベノマスク」だ。 政府が配るのだから、布製でも十分効果が期待できるといった考え方が広がった。 いったんは着用の効果を否定した米国の関係機関の間でもいま、布製マスクが見直されている。 これからもマスクをつける日が続くだろう。 だとすれば、顔を覆うものだけに、ファッション性を求める傾向が高まるはずだ。 電機大手のシャープがマスクをつくるご時世だが、中小企業のビジネスに生かせる幅も広がるに違いない。 風邪や花粉の流行期で売れる地味なマスク。 期せずして直面した新型コロナの感染下で、ビジネス領域が広がろうとしている。

次の