自 閉 症 スペクトラム ブログ。 自閉症スペクトラム障害とは?

大人のASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群・広汎性発達障害など) : 発達障害とは

自 閉 症 スペクトラム ブログ

とに共通点はあるのでしょうか? 下のほうには骨髄移植で状を完治させた実験についても書いています。 の人に自閉は困難です。 刺激に敏感で内向性が強いのですが、過剰な警戒心から、どうしても意識が身の周りに向かってしまいます。 実際に空気が読めてるかどうかは別として、どちらかというと人の気持ちなどにも過敏です。 そして、想像力の強さ、これは主に不快な刺激で思い浮かぶのですが、などがなければ、悪いイメージを良いイメージで中和することもできます。 接点は繰り返し行動だと言われていますが、私が反対しているでは、過剰に毛づくろいするマウスもやのそれと同じように考えられています。 の場合、基本的には、現実に反応した「嫌な不快な不安な怖い思い」 強迫観念 をなくすために、強迫行為をします。 その恐怖対象などが日常にあるので、結果、同じことを繰り返しているようには見えますが、例えば汚れの場合は、ほぼ毎回同じ汚れを洗っているわけではないので、実際には毎回違うことをしています。 時間の無駄、役に立たない非効率な行為ですが、まったくの無意味な行動ではありません。 ただし、なんかしっくりこないとか、ちょっとした違和感が気になって強迫行為をすることもありますから、大元には強迫感覚 感覚的な不安感など があって、それでいろんなことに過剰反応 恐怖や嫌悪 して、現実的、具体的な強迫観念に繋がっているとも考えられます。 でも、しっくりこないことに弱い傾向が、こだわりや我がまま、無意味とも思える繰り返し行動に繋がっているとも言われていますから、の強迫行為との共通性も考えられ、的なそれが重なって状が複雑化していることもありえます。 の場合、繰り返しという意味では頭の中でのほうが多いのです。 強迫観念は繰り返し浮かびやすいという特徴があり、それは現実の不快な情報に反応した時だけでなく、頭の中だけであえて考えたくもない嫌なこと、嫌な記憶が突然浮かんでしまうとも含めます。 以前の記事で、強迫性フラッシュバックと書いた症状ですが、ではタイムスリップ現象と呼んでいる研究者もいて、内容的には、ほぼ同じみたいです。 それの治療としては、良いイメージで中和するということなので、でいう強迫行為をさせているみたいです。 では、、と共通している弱い部分が先天的にあり、それが影響して多くの場合は思春期ストレスとかで、に形を変える感じでしょうか。 過剰に毛づくろいするマウスは本当に強迫的な行為なのか? マウスの繰り返し強迫行為は骨髄移植で完治という研究データがあるようです。 大部分のの患者は、第二世代(SGA)による治療中に状が発現する[6]。 パーシャルニストのアリピプラゾールを児が使用した際にも見られる[7]。 -------------- 引用元 ----引用------- が低下しているマウスは学習や記憶に欠陥があることが示されている。 これらの発見は、多くの精神医学疾患の症状である社会的行動や認知行動に生じる変化は、間の接続が発生過程で変化したために起こるという考えを支持するものである。 Grossたちは、遺伝的に改変して脳内のの数を一時的に減少させたマウスを研究した。 このマウスでは、他のマウスとの社会的の減少と同時に、毛づくろい行動の増加が見られ、OCDや疾患のような疾患に見られる繰り返し行動との類似が示唆される。 またGrossらは脳試料を調べ、これらマウスでは刈り込みが不十分で、認知および社会的行動に関わる2つの脳領域である海馬ととの間の機能する接続が減少していることを示した。 -------------- 引用元 の数を一時的に減少させたマウスが、強迫行為を行うなら、の数を増やせばその強迫行為は治せるということ。 の数を増やすには、正常な骨髄を移植すれば治せるそうです。 の人は、の数が少ないかといえば、分からないそうですが、ではが活発で数も多いらしい。 ということは、繰り返し行動のマウスとまったく逆なんです。 ただし、同じでも、繰り返し行動がある人に絞ったらが少ない可能性もありえますが。 や、もの数は多いそうで、なぜと数の関係だけ研究データがないのか?謎です。 もしの人は数が少ないということなら、正常な骨髄を移植すれば治せるとも考えられます。 正常な人の骨髄を移植するだけで、嫌な記憶があっても気にならなくなったり、今まで嫌だったことが平気になったりするのでしょうか? あり得なくは無いなと思います。 血液型も血液細胞の染色体もDNAも変わるので、体質的に大きく変化するはずですから。 効果はあっても、移植の後遺症で悩むことにもなりかねないし、の治療に骨髄移植が適応できるかどうか。 ちなみに、適応のはの活性を抑制するそうです。 もし本当に数が少ないのなら、その活動を抑制しないほうが良いような気もしますが。

次の

自閉スペクトラム症とは

自 閉 症 スペクトラム ブログ

発達障害は• 自閉症スペクトラム• 多動性注意欠陥障害• 学習障害 と大きく分けると3つに分ける事が出来ます。 そしてこの自閉症スペクトラムの中には アスペルガー症候群と自閉症が含まれ、この二つを合わせて自閉症スペクトラムと呼ばれるようになりました。 知能障害を伴わない場合が多く 男女比は4:1とも言われ、男性の方に多い障害です。 アスペルガーや自閉症の特徴• コミュニケーション能力• こだわりの強さ• 順応性や柔軟性• 他人への興味• 社会性• 想像力 様々な部分に問題を抱えているのですが、特に 人間関係に問題を生じやすい特徴を持っているアスペルガー(ASD)や自閉症の人は、幼稚園や小学校など子供の頃から人間関係で悩みを抱えている事が少なくありません。 アスペルガー ASD)とが発表され注目され始めた頃 1944年にオーストラリアの小児科医「ハンス・アスペルガー」が論文を発表したのですが注目されず、注目され始めたのは1981年頃から。 児童精神科医のローナ・ウィングがハンス・アスペルガーに着目した事がきっかけだったと言われています。 そして昨今ではネットやテレビで発達障害が話題になる事も増えたため、気付く人が増えてきたのでしょう。 注目され始めた1981年、私は小学生だったのですが障害だと知ったのはそれから30年以上も経ってから。 それまでは そのような障害があるとも知らずに過ごしてきたのです。 子供の発達障害を診断出来る医師は多いのですが大人を診断出来る医師は日本ではまだ非常に少なく、また障害に対する研究もこれからです。 診断されたからと言って治す方法がないのですが、非常にストレスを抱えやすいため 二次障害と呼ばれるうつ病や統合失調症などの精神疾患を患っている場合もあります。 精神疾患があれば投薬などで改善させる・・・といった方法が現代医学で行われていますが、障害に関しては今研究が進んで行っている途中なのでしょう。 遺伝の可能性もある自閉症スペクトラム 発達障害にはASDや多動性注意欠陥障害(ADHD、ADD)、そして学習障害 LD と呼ばれる3種類に分ける事が出来るのですが、見た目が定型発達と呼ばれる 健常者と変わらないため理解されない事がほとんど。 しかししばらく会話をしていると 「 この人はおかしいんじゃないか?」 と思われる事があるのです。 そして苦手な事や特徴と言われる事に対しても 甘えている 努力すれば出来るはず 普通の人であれば当たり前のように出来る事が出来ない障害なのですが、それを分かってもらえず苦しんでいる人が沢山いるのです。 大人になってから自閉症スペクトラムだと診断された女性が増えてきているのですが、どのような障害かを少しでも知り理解していただければとブログを綴りたいと思います。

次の

自閉症スペクトラム支援士

自 閉 症 スペクトラム ブログ

パズルリボンはASDのシンボルとして用いられる 分類および外部参照情報 -• 自閉症スペクトラム障害(じへいしょうスペクトラムしょうがい、: Autism Spectrum Disorder, : ASD)、あるいは 自閉スペクトラム症とは、『』第5版(DSM-5)における、に分類されるひとつの診断名で、コミュニケーションや言語に関する症状があり、常同行動を示すといった様々な状態を連続体()として包含する診断名である。 従来からの典型的な自閉症だけでなく、もっと軽い状態が含まれることになった。 自閉スペクトラム(Autism spectrum) 、 自閉症連続体(じへいしょうれんぞくたい)、 自閉症スペクトルなどともいう。 かつてのICD-10やDSM-IVで用いられているの中分類に含まれていた、(自閉症)、、、などの各障害は、DSM-5においてはASDの単一の診断名を用いて再定義された。 そのためDSM-5と、ICD-10やDSM-IVでは正確な分類の一致はない。 ASDの診断基準は「社会的コミュニケーションの障害」と「限定された興味」の2つを満たすとDSM-5では定められている。 典型的には生後2年以内に明らかになる。 有病率は0. 性差は男児において女児よりも4倍とされる。 原因については現時点では脳機能の変異とされているが、親の子育て能力は関係しないと判明している。 ASDは他のと同様、一般的には治療法は存在せず、一生続き、治療より療育や支援に重きが置かれる。 治療のゴールは、中核症状および関連症状を最小化し、さらに患者のを最大化し患者家族のストレスを軽減することに置かれる。 「」も参照 精神医学的障害の一種である。 症状 中核症状と、周辺症状に分かれる。 中核症状• 社会的コミュニケーションや(social interaction)における持続的な欠陥。 興味が限定的、行動が反復的、または活動の様式。 ASD児童は限定的な行動に特別な興味を持ち、変化に抵抗し、仲間に合わせて社会的状況に反応しないことがある。 日常的な習慣を邪魔されると強い不安を感じる 程度は人により差はある。 周辺症状• 関連する身体所見。 耳の奇形、皮膚紋理など。 言語の発達や使用の障害。 一方で、(過読症)なども見られる• 易刺激性。 攻撃性、自傷行為、かんしゃくなど。 気分と感情の不安定性• 感覚刺激に対する反応• 多動と不注意• 早熟の才能。 の改善やなどで対応される。 軽度の感染症と消化管障害。 ASDは上気道感染症、過度のゲップ、便秘や下痢などの有病率が高い。 分類 古典的との比較 一般的に良く知られてるのは 旧来の診断基準の 高機能自閉症 1000人のうちに9~10人程度 で、男性の割合が非常に多いとされる。 平均的知能指数に達している場合が多い。 自閉症全体の割合でも半数以上を占めているという。 1歳時前後からはっきりと特徴は現れるものの、健康状態には問題はないという。 知的に遅れのある を伴う自閉症 は比較的未熟児の割合に多い。 程度によっては重い自閉症 1000人のうちに2~3人程度 と呼ばれる場合がある。 生活年齢にはっきりと遅れがある。 状態の変化を嫌ってパニックを起こすことが絶え間ないこともある。 こだわりの要因が非常に強く、様々な病気を引き起こすことがよく知られる。 また言語障害や肢体不自由を伴うケースがある。 最近は折れ線型自閉症も注目化されている。 原因 双子研究により、原因を大きく遺伝要因と環境要因に分けて影響度を算出できる。 近年ではこれより低い推定もあるが、いずれにせよ遺伝的要因が大きい。 ただ自閉症リスクを増加させる変異のほとんどは同定されていない。 心理社会的要因は現在では明確に否定されており、のスキルは要因ではない。 の研究では、自閉症スペクトラム障害者に特徴的な幼少期の一過性の脳体積増加が以外のなどの組織増加であることが間接的に示された。 脳体積が正常化する成人期にかけては定型発達者と変わらないレベルになることも示された。 出生直後の脳体積は健常群よりも小さかった。 出生前の要因• を妊娠中に使用することは、母体のを考慮しても、子孫がや自閉症スペクトラム障害になるリスクを増加させるという報告がある。 出生前にバルプロ酸を投与した動物は自閉症様行動を示し、それらはによって有意に減衰した。 基礎研究 の数を一時的に減少させたマウスは、他のマウスとの社会的接触の減少と同時に、行動の増加が見られ、や自閉症スペクトラム障害のような疾患に見られるとの類似が示唆された。 不十分なによる、シナプス間の弱いと関連していることを示している。 診断 典型的には生後2年以内に明らかになる。 生後18か月以内でも一つも言葉を喋らない場合、ASDの懸念を持つであろう。 狭義の古典的な自閉症、DSM-IVにおける自閉症性障害、は明白であるが、言語障害のないが自閉症スペクトラム障害に含まれることとなり、受け入れるべき個人差までもが診断されうる状況となっている。 DSM-5における診断基準(抜粋)• 相互の対人的・情緒関係の欠如• 対人的相互反応で非言語的コミュニケーションを用いることの欠如• 人間関係を発展させ、維持し、理解することの欠如 該当すれば特定せよ• を伴う、または伴わない• を伴う、または伴わない• を伴う 評価尺度には、自閉症診断観察尺度汎用版(ADOS-G)、自閉症診断面接改訂版(ADI-R)などがある。 学習障害のない成人の診断には、NICEはAQ-10の使用を提案している。 鑑別疾患 奇妙さというだけでは個性であり正常であり必ずしも精神障害ではないため、診断には重度で持続的でを必要とする。 範囲の拡大により粗雑な診断を受けた半分の人々が、成長につれて自閉症スペクトラム障害の定義から外れていくが、間違って診断されれば傷跡が残されたように感じることもあり、そのようなリスクを考慮する。 社会 - では、会話や行動の症状は社交場面に限られる。 小児の - 発症は遅めで妄想や幻覚がある。 行動障害を伴う - 社会的な関りがあり、儀式的な行動はない。 先天性の• 心理社会的剥奪() 管理 完治する治療法はない。 早期に行動療法を行うことが最も予後が良い。 薬物は中核的症状ではなく、周辺症状の管理に用いられる。 NICE は、ASDの中核症状の管理を目的として、、、食事療法、ビタミン・ミネラル投与、 、、、 、を適用してはならない、またを日常的に使用してはならないとしている。 自閉症の睡眠障害に対するの使用は十分に研究されており、肯定的な効果がある。 メラトニン、行動介入、親の教育は、睡眠障害の複数の側面に対して、ほかの薬物療法やほかの方法(ビタミン、アロマテラピー、マッサージ)よりも効果的であった。 では、2018年1月ので、2017年8月までの17件のランダム化比較試験があり、感情認識、共感への影響はあったが、また社交的な認知機能も含めて偽薬に比較して統計的に有意な差ではなかった。 心理社会的介入• UCLAロバースモデル• デンバー式早期療育• ペアレントトレーニング・アプローチ• (SST)• (BT)• (CBT)• 不眠症状の管理• () 疫学 CDC のAutism and Developmental Disabilities Monitoring ADDM Network によれば、およそ68人に1人がASDであると確認されている。 男児では42人に1人、女児では189人に1人と、男性に5倍多い。 とはいえ、自閉症の女性には男性とは違う特徴があり、やとされる場合も多い。 ASDは、人種、民族、社会集団によらず確認されている。 多くの要因となるが上にある可能性が指摘されている。 2014年の米国では児童の約1. 英国の18歳以上成人においては1. 高齢の両親の出産は、子供がASDとなるリスクが高い。 ただし、他の病気や障害を抱えて生まれる確率も高まるため、自閉症スペクトラム障害だけ高まるという誤解をしてはいけない。 歴史 「」、「」、および「」も参照• にアメリカの精神科医が、精神発達遅滞の伴わない、乳児期より持続する対人関係の障害として「精神病質の児童psychopathic child」を記述する。 、アメリカの精神科医 Leo Kanner が「自閉的な早期幼児」を報告する。 、オーストリアの小児科医(Hans Asperger)によって自閉的精神病質()と初めて報告されたが、のため、その論文は戦勝国側では注目されていなかった。 、イギリスの精神科医(Lorna Wing)がアスペルガー症候群の発見を紹介• 「自閉症スペクトラム障害」の概念は、1990年代に、主に自閉症やアスペルガー症候群のら、特にイギリスの児童精神科医 によって提案された。 、DSM-IVが出版された• DSM-5以前では、 いわゆる従来型 自閉性障害、高機能自閉症、アスペルガー障害、、、特定不能の広汎性発達障害の5つは別々の障害として概念化されていた。 、DSM-5が出版された• DSM-5では、知的障害の有無を問わず、知的障害のないとされるを包括して「自閉症スペクトラム障害」としてまとめられた (このため、従来の高機能PDDは、「知的障害のない自閉症スペクトラム障害」のくくりとして捉えられる形となる)。 脚注 []• Kaplan; V. Sadock 『カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開』(3版) メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt. 2015年6月1日閲覧。 Pediatrics 120 5 : 1162-82. , Introduction. , pp. 21-22. Annu Rev Med 60: 367-80. 2009. Ronald, Angelica; Hoekstra, Rosa A. April 2011. American Journal of Medical Genetics Part B 156 3 : 255-274. www. sss. jst. 2012年. 2016年7月8日閲覧。 Choi JS, Koren G, Nulman I. 2013-3-19. 185 5 : 411-3. 2013-4-24. 309 16 : 1696-703. Meador KJ, Loring DW. 2013-4-24. 17 3 : 84. Meador KJ, Loring DW. 2013-9. 163 3 : 924. Wood A. 2014-7. 17 3 : 84. Singh S. 2013-8-20. 159 4 : JC13. Smith V, Brown N. 2014-10. 99 5 : 198. Kumar H, Sharma B. 2016-1-1. 1630: 83-97. Yang Zhan, et al. 2014-3. 17 3 : 400-6. 34-38. , Chapt. , Introduction. , Chapt. Grau K, Plener PL December 2017. Z Kinder Jugendpsychiatr Psychother: 1-10. Cuomo BM, Vaz S, Lee EAL, Thompson C, Rogerson JM, Falkmer T May 2017. Pharmacotherapy 5 : 555-578. Keech B, Crowe S, Hocking DR January 2018. Psychoneuroendocrinology: 9-19. 2015年6月1日閲覧。 :監修『女性のアスペルガー症候群 : イラスト版』(、2015年3月)• CDC. gov. 2014年4月18日時点のよりアーカイブ。 2014年4月5日閲覧。 MMWR Surveill Summ 61 3 : 1-19. 2012. の25 March 2014時点におけるアーカイブ。 Blumberg SJ, Bramlett MD, Kogan MD, Schieve LA, Jones JR, Lu MC 2013. Natl Health Stat Report 65 : 1-11. の21 September 2013時点におけるアーカイブ。 Brugha T, Cooper SA, McManus S 2012年1月31日. The Information Centre for Health and Social Care. National Health Service, UK. 2014年12月29日閲覧。 1892-1949. [1st ed. ] ed. New York: Norton. , Chapt. 参考文献 診療ガイドライン• Report. 2011-07. Report. 2012-06. その他• 『自閉症スペクトラム入門 脳・心理から教育・治療までの最新知識』、2011年8月。 平岩幹男『自閉症スペクトラム障害 -療育と対応を考える-』、2012年。 関連項目• 外部リンク• - 米国CDC• - UpToDate• MSDマニュアル プロフェッショナル版.

次の