ホモ セクシャル。 同性愛

バイセクシャルの特徴3つと見分ける方法10選

ホモ セクシャル

「ゲイ」と「ホモ」の違い ホモはホモセクシャルの略 そもそも「ホモ」の略ですが、 同性愛者の英語訳「homosexual ホモセクシャル 」からきています。 同性愛者の男性へ向けて使われる用語として「homosexual ホモセクシャル 」は、日本だけではなく海外でも使われてきました。 「ホモセクシャル」という言葉が登場したのは、1868年のドイツのとあるパンフレットと手紙。 Karl-Maria Kertbeny coined the word homosexual in this 1868 letter. 日本でいつ頃から「ホモ」という言葉が使われてどう広がっていったのかは定かではありませんが、wikipediaによると1965年には日本の男性向け週刊誌に「ホモ」という用語の掲載が確認できるので、少なくとも50年前以上から用語として存在していたと考えられます。 1965年(昭和40年) — 『』 2月15日 に「クールなセックスの時代 同性愛-なぜホモにあこがれるか」掲載。 これ以降同誌で同性愛関連記事が増える(平凡パンチタイトル一覧:欄参照)。 平凡パンチ以外の戦後の一般誌の同性愛記事については 引用元: ゲイとホモの違い ゲイとホモはどちらも同性愛者、特に男性に対して使われる用語です。 ゲイとホモの違いは、差別的・軽蔑的な意味合いか否かです。 「ゲイ」という言葉が浸透する前は、同性愛者に対して「ホモセクシャル」という言葉が使われていましたが、 「ホモセクシャル」や「ホモ」と呼ぶのは軽蔑的・侮辱的な意味合いを含んでいます。 同性に性的魅力を感じる同性愛者「ホモセクシャル」は、昔は「心の病」として認識されていたため病院等医療機関で使われる専門用語的なニュアンスが強くありました。 それに違和感を感じた、若者がメディアを通じて1960年代に「ゲイ」という言葉を使うようなったのです。 「ゲイ」と「ホモ」ではニュアンスが全く違う 「ゲイ」は元々楽観主義や自由気ままなといった意味を有する単語でした。 現実主義・真面目な異性愛者「ストレート」の対義語として使われ始めたのが「ゲイ」。 その後、イギリスのコメディアンなどテレビ等のメディアが「ゲイ」という単語を異性愛者へ向け使用したのが、きっかけとなり、「ゲイ」は同性愛者のことを言う用語として浸透してきたのです。 言葉の歴史を読み解くと、なぜ「ゲイ」が主流となっていて「ホモ」が侮辱的なニュアンスを含むのかわかりますよね。 「オネエ」と「オカマ」の違い オネエとオカマの詳細に入る前に、違いをはっきりとさせておきましょう。 「オネエ」と「オカマ」の違いは、定義の違いと言葉のニュアンスが軽蔑的か否かです。 「オネエ」は女性的な表現をする男性のことを示し(主にゲイ男性)、 「オカマ」はフェミニンな男性であれば異性愛・同性愛関係なく用いられる用語。 「オカマ」は軽蔑的な意味を含む場合があるため、あまり呼ばれて喜ぶような用語ではありません。 オカマとは? オカマという言葉は実は江戸時代からきています。 wikipediaによると江戸時代では「肛門を意味する」言葉として「オカマ」が使われていたそうです。 オカマという言葉の使われ方は、時代とともに変化しています。 戦後「女装をしている男性」へ向け軽蔑的な意味で使われていた。 1971年頃「女装をしていない同性愛(ゲイ)男性」へ向けても使われはじめた。 1980年頃「異性愛でもフェミニンな男性」へ向けいじめの用語として浸透した。 こうやって「オカマ」という用語は、最終的に同性愛でも異性愛でもフェミニンな男性へ向け使われる用語になったようです。 確かに筆者は1980年生まれですが、 女性的な話し言葉をする男性へ向け「オカマ」と呼ぶ子どもたちがいたのを記憶しています。 「オカマ」という呼び方は軽蔑的・侮辱的な意味を含んでいる場合があります。 あまり呼ばれていい気持ちになる方はいないと認識しておきましょう。 実は「オカマ」が軽蔑的か否かについては賛否両論。 何故かと言うと、1975年にデビューしたおすぎとピーコさんなど芸能人が自身のことを「オカマ」と呼び広くお茶の間にを賑わしていたので、あながち悪い用語とも言い切れないからかもしれません。 オネエとは? オネエとは、「オカマ」の代替用語として登場したと言われています。 「オネエ」はゲイのコミュニティで女性的な発言や表現「オネエ言葉」にちなんでいる。 一般的に、ゲイ男性でもオネエ言葉を使わない人が多く、 心が女性である男性(主にゲイ男性)のことをオネエと呼ぶ。 心は女性でも見た目は、女性的・男性的・中性的など様々。 オネエというと誰を思い浮かべますか? マツコ・デラックスさん、クリス松村さん、ミッツ・マングローブさん、はるな愛さん、楽しんごさん。 芸能人を通じて、私達は数多くの「オネエ」と呼ばれる人々に触れ合う機会があるわけですが、 見た目は男性的で心が女性なクリス松村さん、見た目が女性的で心も女性的なはるな愛さん、普段は女装をしていないというマツコ・デラックスさん、全く系統が違います。 オネエをちゃんとLGBTQ+で表現するとこうなる 実はLGBTQ+は一言「オネエ」で区別できないくらい多様です。 性的指向ココロで自認している性は必ずしも生まれ持った性別と一致するものではないという考え方が、 ジェンダーアイデンティティ。 恋愛対象となる性別は必ずしも異性ではないという考え方が、 セクシャルオリエンテーションです。 見た目は男性的で心が女性なクリス松村さんの場合 ジェンダーアイデンティティ:女性 セクシャルオリエンテーション:ゲイ 見た目が女性的で心も女性的なはるな愛さんの場合 ジェンダーアイデンティティ:トランスジェンダー セクシャルオリエンテーション:ゲイ 普段は女装をしていないというマツコ・デラックスさんの場合 ジェンダーアイデンティティ:男性+ドラァグクイーン(女装家) セクシャルオリエンテーション:ゲイ また最近では、りゅうちぇるがオネエキャラとして活躍していますよね。 りゅうちぇるさんは身振り手振りは非常にフェミニンですが恋愛対象は女性です。 ペコさんと結婚して、お子さんもいますしね。 りゅうちぇるさんの場合 ジェンダーアイデンティティ:女性 セクシャルオリエンテーション:ストレート 珍しく異性が好きなオネエとして登場しています。 こうなってくると、「オネエ」と呼ばれている人のことをなんと呼べばいいと思いますか? 実は呼び名なんていらない説 「オネエ」という呼び名は正直テレビなど大衆に向かってわかりやすく表現するための用語という認識をしていましょう。 正直テレビで、ジェンダーアイデンティティはこうで、セクシャルオリエンテーションはこうと説明をしていたら混乱が起きるのは想像できます。 この記事に目を触れる機会があなたは、正しくは「オネエ」という一括りではないことを認識しておいてほしい。 例えば、生まれた性別は男性のモデル、佐藤かよさんは元トランスジェンダーで今は性転換手術を受けカラダも完全に女性となっています。 戸籍上はまだ男性だという彼女のことを「オネエ」と呼びますか? 佐藤かよさんをオネエと呼ばないなら、なぜはるな愛さんはオネエと呼ばれるのでしょう? こう考えていくと、確かに「オネエ」という呼び名は正しいのかと疑問にもなるわけですよね。 とにかくその人にとって失礼にあたいしない呼び方を心がけてほしいというのが筆者の願いです。

次の

ホモ

ホモ セクシャル

読書の魅力は、「世界がそれまでと違って見える」である。 世界が変わったのではなく、新しい目を得たのだ。 いま見えている世界が唯一絶対だと思いたいなら、本は要らない。 なかでも「スゴ本」は、読前読後で自分をアップデートするものだ。 それまでの常識や固定観念を破壊するだけでなく、意識すらしていなかった部分を認識の明るみに引きずり出してくれる。 本書は、わたしの中の飼い慣らされた部分を引きずり出してくれたという意味でスゴい(ただし、これをどう扱うかはわたしの問題である)。 単にホモをいっぱい集めた本だと思い、興味本位で手を出したら、返り討ちに遭ったようなもの。 自分がどんだけステレオタイプでホモを見てきたかを思い知った。 本書は、古今東西における男どうしの性愛をまとめたものである。 豊富な図版と大量の文献を元に、その美学、愛、官能、技法、因縁、そして運命を、微に入り細を穿ち、精力的に渉猟してゆく。 大まかな時系列・地域別にまとめられてはいるものの、随所に異なる視点や斬り口が設けられており、じつに多様な読み方ができる。 たとえば、歴史上の偉人や巨匠たちが大量に登場するため、ホモ列伝として読んでも凄いし、男の同性愛がどのように発生し、広まり、禁止され、復活したのかという巨大な文化史として捉えることもできる。 また、男女の性愛や、女性の同性愛とを比較した歴史的考察を横断し、「人類にとって性愛とはなにか」を地球規模で考え直す一助にしても面白い。 人類とともに古い少年愛の実践者が、山とでてくる。 アレクサンドロス大王やレオナルド・ダ・ヴィンチといった有名どころの紹介だけでなく、そこに潜む異説エピソードが面白い。 たとえばプラトン。 あの哲人がそうだったのは知っていたが、「プラトニック・ラブ」とは精神的な愛であるというのは平俗化された意味だというのは知らなかった。 元は男性同士の気高い情愛関係を示していたというのだ。 宗教ネタ、開祖カップリングも興味深い。 釈迦と阿難、イエスとヨハネの師弟関係がホモエロティックなものとして語り継がれ、ずばり「結婚」とまで言及されていたエピソードが紹介されている。 最後の晩餐でイエスの胸元に寄りかかった構図は知らなかったが、見ればそうとしか思えなくなる(ヨハネではなくラザロという説も併せて紹介されている)。 全員ホモのカップルで構成された、古代ギリシアの最強軍隊の話が泣ける。 テーバイの神聖部隊の理念に基づいたもので、愛するもの同士で一緒になって戦った。 互いに相手から見苦しい様を見られまいとして、かつ愛する者を守ろうとして、非常な威力を発揮した。 これを破ったのはマケドニア大王フィリッポス二世(アレクサンドロス大王の父)で、戦闘後にこの事実を知って漢泣きに泣いたという。 文学の観点からの洞察も面白い。 メルヴィル『白鯨』にて、おおっぴらに行為を描いてはいないものの、ホモセクシャルな関係としかいいようのないシーンが出てくるが、著者自身がそうだったとは知らなかった。 太宰治『走れメロス』の原典となったモイロスとセリヌンティオスの友愛関係や、スティーヴンソン『宝島』のジム少年と一本脚の海賊ジョン・シルヴァーのマトロタージュ(念友関係)、ウェルギリウスが少年愛者だったことを知った上で冥界案内人として登場させたダンテ『神曲』など、枚挙に暇がない。 ホモセクシャルの痕跡を時間軸のエピソードで眺めるだけでなく、オセアニア、南北アメリカ大陸、アフリカ大陸、ユーラシア大陸と、地域文明を横断する巨視的な観点からも俯瞰する。 すると、時代を問わず、場所に限らず、男を愛する男の話は極めて普遍的に見いだすことができるだけでなく、異性愛をも上回る人気を誇っていることが分かる。 唯一の例外がユダヤ教で、つねに大国に脅かされた弱小民族の窮状を反映し、産めよ殖やせよが至上命題となっており、生殖以外の性行為を「浪費」とみなしたためだと説明する。 イスラム、ヨーロッパ、中国と一定の反映を誇った文化には、必ずといっていいほど同性愛の痕跡を見いだすことができ、むしろホモセクシャルを禁忌とする考え方こそが偏狭だという気になってくる。 ではなぜ、ホモセクシャルを悪徳とする考え方が広まったのか? 著者は愚直なまでにドグマを守るキリスト教徒に原因を求め、様々な根拠を提示するが、なかでもパウロの「自己嫌悪型ゲイ」という観点が面白かった。 『コリントス信者への第二の手紙』の12章7節にある、「私の肉体に与えられた一つの棘」という件を元にしている。 そこからパウロ自身の同性に対する情欲であった解釈を引き、自己の性的指向を知って嫌悪感に陥る「隠れゲイ」だったというのだ。 わたしがホモセクシャリティに感じる背徳性は、キリスト教社会から押しつけられた倫理観だと考えると、ちょっと愉快である。 日本にはかつて男性同士の性愛が「衆道」「美道」にまで高められ称揚されていた。 そうした下地に花開いた今日のBL文化と、かつて移植された欧米的価値観がせめぎあっているのかもしれない。 もちろん、異説、俗説、都市伝説が混ざりこんだものなので、そのまま「ほんとう」と信じるのは愚かだろう。 だが、妄想の上とはいえ、人類はここまで自由になれるのかと思うと、嬉しくなってくる。 ホモセクシャルは、ヘテロよりも、深くて多彩で、面白い。

次の

ホモ

ホモ セクシャル

概説 [ ] かつて同性愛は違法または異端視されるこことが多かったが、近年は普遍的な人権として尊重されるべきだという風潮が欧米などにおいては見られている。 2006年、カナダで開催されたLGBTの競技大会「」の第1回大会の場で宣言された「」、2006年に採択され2007年にで承認された「」、2008年に国連に提出された「」などは、同性愛者やLGBTなど性的少数者の権利を高らかに謳い、差別の撤廃を求めている。 2011年12月にはに合わせてジュネーブの欧州国連本部でアメリカの国務長官が演説し、「同性愛者の権利は人権であり、人権は同性愛者の権利だ」と述べた。 ゲイという単語は、男性だけでなく女性の同性愛者も含んだ「同性愛者一般」という意味で用いられることもあり、さらに一般を指すこともある。 しかし近年は性的少数者一般を指す頭字語として、やが推奨されている(詳しくは下節参照)。 関連する用語 [ ] ホモセクシュアル [ ] ホモセクシュアルとは、同性愛者のことである。 男性が男性に対して、女性が女性に対して性的指向を持っていることを同性愛といい、同性愛的指向を持った人を同性愛者、英語でホモセクシュアルという。 語源は「同じ」という意味のギリシャ語起源の接頭辞「 homo-」に性を意味する英単語「 sexual」を付属したもの。 日本ではこの言葉の本来の意味が十分に認知されておらず、男性同性愛者をホモセクシュアル、女性同性愛者をレズビアンと呼んできた歴史があり、男性同性愛者(ゲイ)の意味で用いられることが今も多い。 それゆえにホモセクシュアルが男性同性者のみを指す言葉であるとの誤解も存在するが、実際は同性愛者全般を指す言葉である。 ゲイ [ ] 詳細は「」を参照 男性同性愛者のことを特にゲイと呼ぶ。 クィアなどの言葉が侮蔑的な意味を持つというので、英語圏の男性同性愛者らが自分たちを肯定的に再定義するために、「陽気な」「派手な」などの意味を持つ英単語の「gay」を使い始めた。 ただホモやクィアほどでないにせよ、この言葉には差別的な意味の内包される場合があり、しばしばそうした使い方をされる。 広義には性別を問わず同性愛者全てを含むが、日本語社会では単にゲイという場合は、後述のレズビアンと区別し、男性同性愛者のみを指すことがほとんどである。 ただし、アメリカ合衆国などの英語圏ではゲイは男性同性愛者を指す場合が多いものの、レズビアンも含め全同性愛者を指す場合もある。 この単語(名詞)の英語の文献における初出は、オックスフォード英語辞典によれば1935年である。 ヴィクトリア朝のイギリスでは、売春婦・男娼が「 gay(ゲイ)」と呼ばれていた(これは彼らが「 gaily」、つまり「派手に」「華やかに」着飾っていたからである)。 それが語源となり男性の同性愛者を指して用いられるようになった。 90年代以降、海外ではが一般認識として広まり、「ゲイ」を男性同性愛者を差す言葉という認識が世界的にも標準化されつつある。 レズビアン [ ] 詳細は「」を参照 同性愛者のことをレズビアンと呼ぶ。 日本では「 レズ」という略語がよく用いられるが、歴史的に含まれてしまった侮蔑的ニュアンスを嫌い、フランス語の「 bien(ビアン)」が「素敵」を意味することから、意図的に「 ビアン」と略す者もいる。 はのに因む。 時代にこの島に住んでいた詩人のが、少女の教育を担っていたと考えられる宗教的女性結社の指導者で、女神への讃歌や官能的なのを多数作り、古代において恋愛詩の閨秀詩人として著名だったためである。 サッポーは1度男性と結婚し1女を儲けているが、彼女が女性に宛てた恋愛詩は男性へのそれより多い。 男色・断袖 [ ] 男性の同性愛のこと。 どちらも由来の言葉で、同士のの場合はとも言う。 断袖(だんしゅう)は、紀元前の中国皇帝が同衾したを起こさぬよう、董賢の頭の下にあった自分の衣の片袖を切ったという故事から男色の別称となった。 同性愛の定義 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年3月) 、は 次のように同性愛を定義する。 同性愛は性的指向の一種で、先天的に同性(男性、女性)間に、性的・愛情的・ロマンチックな魅力の経験の持続的なパターンを意味する。 これは性的行動だけでなく、パートナー共有の目標と価値、相互支援、持続的な努力、非セクシャル物理的な愛情を含む。 そして同性愛者らが共有するコミュニティメンバーシップと同性愛を表現する行動と魅力を根幹とする社会的アイデンティティを意味する。 性的指向(異性愛、同性愛、両性愛)は 非常に初期の幼児期の時期に決定される。 同性愛感情を経験した人 [ ] 同性愛感情を有している、もしくは有していた人のことを同性愛者と定義する考え方もある。 同性愛に抑圧的な文化においては、調査の回答者が同性愛感情の経験を隠そうとする可能性も高い。 この意味での同性愛者の割合は実は安定しており、それを公にする人の割合が異なるだけではないかという指摘もある。 唯一確実だと見なされていることは、この定義のもとで、同性愛者が人口の100パーセントを占める文化や、0パーセントの文化は知られていないということである。 同性愛感情の素因を持っている人 [ ] 「生育環境が同性愛感情を育む要因を持っており、よい出会いに恵まれたならば、異性愛感情を抱いた可能性がある人」を同性愛者と定義する考え方がある。 言い換えるなら、「生物学的にどうしても異性愛感情を抱き得ないというわけではない人」である。 の考えによれば全ての人間はこの意味での同性愛者である。 ただし、フロイト自身はこの意味で同性愛者という言葉を使ったことはない。 より穏当な意見の人々からも、同性愛に抑圧的でない文化においては同性愛感情を経験したことがある人が多く見られることから、この意味での同性愛者の割合は極めて高いと見積もられている。 ただし、この定義における「同性愛者(ホモセクシャル)」は「異性愛者(ヘテロセクシャル)」と背反な概念ではないため、その大部分は「両性愛者(バイセクシャル)」とみなすこともできる。 「両性愛者」を除く狭い意味での「同性愛者」、すなわち「生物学的にどうしても同性以外に恋愛感情を抱き得ない人」はより少ない。 厳密なパーセンテージについては諸説あるが、人口の10パーセントを超えるとする報告は最近では見られない。 同性間の性行為を経験した人 [ ] 同性間の性行為、すなわち同性同士での性的な接触を取り上げて、その経験の有無によって同性愛であるか否かを区別しようとする考え方もある。 ただし、この場合日本語においては同性「愛」となっているので言語上の問題がある。 また、異性愛者に関しては、性行為がなくても異性愛者と呼ぶことを(異性愛者とも呼ばないほど自然に)受け入れるのに対し、同性愛者を性行為の経験の有無によって定義するのは非対称であり、整合性はないといえ、同性愛をもっぱら性行為のみに限定しようとする多数派意識の反映という指摘もある。 この定義を、感情経験といった主観的なものに比べてな優れた尺度であると考える人もいる。 しかし、幾つかの点で問題もある。 同性間の性交行為は文化・制度的に強く規制されることも多く、感情という内面的なものに比べて文化・制度が影響しやすい• 同性間の性行為に及ぶに必要とされるパートナーは、人口密度の低い地域では全く見つけられない可能性がある。 そのため、同性愛の生物学的な側面を検討する上ではこの定義は役に立たないと考える人もいる。 また、同性愛感情が無くても同性間の性交行為をすることは可能であるので、このことが統計的なズレをもたらしている可能性もあると指摘される。 単なる興味本位や、制度的な強制、、、刑務所や寄宿舎などで異性と接する機会がない場合など、そのような事態は実際に知られている(参考:)。 いわゆる同性の画像・映像に性欲を抱く人、同性の身体やその一部に性欲を抱く人のことである。 多くの場合、(同性に対して 恋愛感情を持つ)同性愛者から見ると、「これは同性愛には含めない」と考える人が多く、(同性には一切性欲を感じない)異性愛者から見ると、「これは同性愛の一種である」と考える人が多いようである。 前者の人から見た場合、これらの人は単に性欲を感じているだけであり、実際に同性に対して恋愛感情がある訳ではなく、単純に生理的な欲求の対象としていると感じられるため、実質的な同性愛ではないとしている事が多い。 なんとなれば、恋愛感情という極めて個人的で繊細な主観を以って選択的に対象へ臨む行動様式、つまり「ほれた、すき」を抜きにしており、たとえば異性愛者がいちいち雑誌の異性グラビア頁に恋愛しないのと同等である、といえよう。 逆に後者の人から見た場合、これらの人は多かれ少なかれ、異性ではない同性に性的な感情を抱いていると感じられるため、同性愛の一種とみなしている事が多い。 同性愛者とは常に必ず同性を、なんらかの感情、対象として視野においている、という前提の固定観念に基いている。 治療対象からの除外 [ ] の疾病分類「-10」、「」では、同性愛は「異常」「倒錯」「精神疾患」とはみなさず、の対象から外されている。 そして同性愛などのについて、矯正するのは間違いである。 「自我異和的同性愛」とは、自らの性的指向で悩み、それを変えたいという持続的願望を持つ場合の診断名である(同性愛者であることを自ら肯定できている場合は病気ではない)。 またWHOのICD国際疾病分類の第9版「ICD-9」(1975年)では「性的逸脱及び障害」の項の1つに「同性愛」という分類名が挙げられていたが、1979年には「精神障害と考えられるべきか否かにかかわらず、同性愛をここに分類」との注釈がついた。 そして1990年採択の「ICD-10」では「同性愛」の分類名は廃止され、「自我異和的性的定位」という分類名が用いられたが、「性的指向自体は、障害と考えられるべきではない。 」と注釈がついた。 これにより、同性愛自体は精神障害とされなくなった。 1993年、WHOは再び「同性愛は、いかなる意味でも治療の対象にならない」と宣言した。 日本のは、1994年にWHOの見解を踏襲し、も1995年にWHOなどの見解を尊重すると表明し、「同性愛は、いかなる意味でも治療の対象とはならない」と宣言している。 も1994年に、指導書の「性非行」の項目から同性愛を削除した。 このように、現在は同性愛そのものは疾患とはされない。 ただ同性愛である事によってされたり、との適合性から思い悩み、などの精神障害を発症するケースがある(も参照)。 その場合は、同性愛者を差別する社会病理に根ざした鬱病として捉えられる。 同性愛者は異性装をするのか [ ] 同性愛者は(、)をする人がいる。 一般的には、性同一性障害(持って生まれた身体に違和感があり、異性になりたい人。 例:)、異性装をする同性愛者(異性装はするが身体は元の性でいたい同性愛者。 例:)、異性装をする異性愛者、そして同性愛者の違いが分からないという人が多く、やMtF-GIDや女装家とゲイを混同している場合、ゲイの多くが女装をしているように見えてしまうことがある。 しかし、実際には大部分の同性愛者はをしない。 異性装をするのは異性装癖がある極少数の同性愛者だけであり、中でも性同一性障害の人の日本での推定人口は約4. 6万人で、日本の総人口の約0. 038%(約2800人に1人) [ ]、同性愛者(人口の7. 6%、20人に1人)全体の約0. 77%しかいない。 また異性装者の全てが同性愛者とは限らず、異性愛者や両性愛者もいる。 同性愛者と異性の関係 [ ] 特にレズビアンに対し、ではないかという誤解が見受けられる [ ]。 『ゲイ 新しき隣人たち』(モートン・ハント著、窪田高明訳、河出書房新社)では、男性同性愛者の場合、約半数はいずれかの時点で女性との性交を経験しており、女性に関心も性的感情も過去に1度も抱いたことのないゲイ男性は、全体の4分の1としている。 同性愛カップルには男役と女役がいるのか [ ] のQ Magazineは、「ゲイ男性はタチ(Top)とネコ(Bottom)に分かれる」、「は片方が女性的な役割でもう一方が男性的役割である」といった異性愛社会の通念や慣習をに当てはめる考えは、彼らの実態に則していないとしている。 それでも敢えてその無意味な性役割の概念を同性愛者に適用していうならば、そのような状態に近いカップルと、そうでないカップルが存在するということになる。 アクセプタンスとカミングアウト [ ] 自分が同性愛者と自覚しはじめた初期段階において、少なからずの者が自己嫌悪や自己否定の感情に苛まれることがあるとされる。 はゲイやレズビアンであることを受け容れ、自己承認すること。 カミングアウトの一つ前の段階で、セクシュアル・アイデンティティを自己肯定するための大切な過程とされる。 一方のカミングアウトは自らが同性愛者であることを確認した上で、それを自分や周囲に隠さず素直に生きることを指す。 カナダのモントリオール大学系のラ・フォンテーヌ病院のチームは、カミングアウトした同性愛者は、それをしていない同性愛者よりもストレスが少なく、異性愛者よりもリラックスしていることがあるとする研究結果を発表した。 同性愛者と健康 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年4月) 同性愛に対する文化・宗教の態度は様々である。 文化・宗教で同性愛に言及する場合、そのほとんどは男性同性愛への言及であり、女性同性愛についての記述は非常に限られている。 宗教における同性愛 [ ] 同性愛に対する宗教上の解釈も人や宗派によりさまざまであるが、同性愛をさほどタブー視しないに比べ、概ね欧米の伝統的な文化では同性愛は否定的に評価されている。 同性愛を表向き禁止している文化・宗教は幾つか存在し、例えば、の中の少なからぬ宗派は同性愛を禁じている。 欧米の否定的評価は、この宗教的倫理によるものである。 [ — ] の中でも比較的保守的な宗派においては、『』で不倫や刺青を入れること、豚肉を食べること等と並んで男性間の性行為を死刑と定めている(20章13節)ことなどを根拠に同性愛を禁じている場合が多い。 そのため教会ではヨーロッパにおいて中世・近世を経て近代に至るまで、同性愛者に対する厳しい迫害が行われ、多数の者が処刑された。 現代では、同性愛は異性愛と同様に神の意思に従った自然な存在であると考える進歩的な宗派もある。 同性間の性的行為についても、容認している教派と許されないとする教派に分かれる。 また、も教義上は同性愛については否定的な見解を示している信者が少なくない。 『』の7章80節~81節と26章162節~166節には、預言者(では)が男性に性欲を抱く人々を非難する記述がある。 これを受けて教国では同性愛が犯罪として処罰の対象となり、現在でもやのように同性愛者を死刑に処する国や地域も存在する。 その一方、前近代イスラームにおいて同性間性行為が許容された地域があり、同性間性行為を謡った詩なども多く詠まれている。 現代では同性愛差別に反対しているムスリムも存在する。 同性愛者やトランスジェンダーのムスリムの団体「」がある。 においては、『』ので不倫をした者が落ちる地獄、女性の口を使ってみだらな行為をした者が落ちる地獄などと並んで、多苦悩処という男色者が落ちる地獄があると設定されている。 の『浄土論』、著『』でもこの多苦悩処について言及されている。 においては、やのように性の垣根を越えたような神格が登場するものの、地上世界における同性愛には否定的で法典類では罰金が定められている。 ただし『』などではからの追放といった厳罰を定めている。 今日の日本で、一般に向けて強制的に行使すれば、や行為等のとなるような宗教上の禁止事項に実質的な意味はまったくない [ ]が、禁止や罪となる理由が「に書かれているから」といったものである以上、これにより聖典の信頼性が問われる [ ]ことはやむを得ないところがある。 現時点では、聖典の作成者、及び作成経緯などを含め、その成立については、各宗派の信者からの推定のみに留まっており、諸説に実証があるというわけではない [ ]。 すなわち、「神」が判断したのではなく、「神」の判断と思い込んだ考え方の異なる複数の人間の判断である可能性が聖典には常に横たわっている。 「神」と呼ばれる存在の解釈ひとつをとっても、あらゆる宗派や教義によって多少異なっており、一貫しているわけではない(参考:)。 制度化された同性愛 [ ] 歴史的には、中世から近世初期にかけての日本の武士や、・のように、男性間の同性愛行為が制度化されていたり、公然と行われた文化も存在する。 古代ギリシアでは、制度化されていたを同性愛として含めると、同性愛は単なる恋愛・性愛のバリエーションの1つだったともいえる [ ]。 異性愛との区別自体が無く、同性と肉体関係を持っても同性愛者という概念自体が存在しなかったという [ ]。 当時のギリシアにおける自由民成人男性の性対象は女性、少年、奴隷、外国人のうちどれを選んでもよく、むしろ生涯で片方の性にしか性欲が湧かないことは通常ではないとされていたという [ ]。 但し、制度少年愛における同性愛的関係は、概ね成人男性と思春期前後の少年のあいだで結ばれるもので、これらが集団の結束を強固にする目的があったり、何らかの意味で現代的な同性愛とは異なるものだと指摘する見方 [ ]もある。 周辺時代に登場する主な史説に、(大王)のとの同性愛関係やのによるとの関係などがある。 ではサンビアなどメラネシアの幾つかの社会で通過儀礼の一環として男性同士のや肛交が定められているという。 但し、これは同性どうしの行為という意味では一般的であるが、これが社会的な義務観念であることから、「性愛」ないし「愛情」をともなう同性愛の行為であるとは必ずしもいえない。 同性愛に関する法と政治 [ ] 輪で示した地域は通常ケースバイケースの適用がされている法律や地域ではない場合に地元の裁判所が結婚を容認したり認めなかったり死刑判決を下した場合がある地域。 1 このカテゴリに入っている一部の地域では現在他の種類のパートナーシップも存在するとされている。 2 過去3年間、もしくは ()により法的な逮捕はない。 世界においては、同性愛自体が合法であると、違法である国家が存在する。 同性愛が合法である地域の中には、同性結婚を認めている地域(や、、、など)や、婚姻とは別の形で、パートナーシップ制度や内縁関係を認めている国家(、など) がある。 一方で違法でなくても、同性カップルに関する認知制度が無く、同性カップル自体は社会制度上認められていない 地域 (やなど)も多く存在する。 但し日本では養子縁組を結べば、対等なカップルではなく親子関係になるものの、婚姻者とほぼ同等の権利が認められる。 は、1996年に制定した新憲法で人種差別の禁止と同時に、にも言及し、同性愛と異性愛について一切の差別を行わないことを宣言している。 など国家では、同性愛は違法である場合が多い(イスラム教徒が多数を占める国家であっても、やなどを採る国家は、社会的認知制度は無いものの合法)。 違法である国家においては、のように軽犯罪に分類される国家はほとんど無く、多くの国家で重罪とみなされ、場合によっては終身刑が適用されうる国家(など)、さらには死刑が適用されうる国家(、サウジアラビアなど)もある。 2008年12月に、において「性的指向と性自認に基づく差別の撤廃と人権保護の促進を求める」旨の声明が出された。 日本はこれに賛同している。 なお賛同した66ヶ国中アジア圏で賛同した国家は日本のみで、先進諸国のなかでもアメリカ合衆国は賛同しなかった。 ただしアメリカ合衆国は、後にオバマ政権に移行したこともあり、賛同する方針に転換している。 加えて、以前は重罪であった国家でも、合法化へと進んでいる国家も存在する。 は以前は重罪 終身刑が適用されうる であった。 これはの時に作られた法律であったが、2008年には国連が非違法化すべきであると提案し 、2009年7月にインドの高等裁判所が、同性愛は違法ではないという判決を出した。 詳しくは ()を参照。 日本では、1872(明治5)年に発令された「鶏姦律条例」および1873(明治6)年に発令された「改定律例」では男性同士の肛門性交(鶏姦)が犯罪とされた(後者の第266条では懲役刑)。 しかし、1880(明治13)年に制定(施行は1882年1月1日)された旧刑法には、この規定はなくなった。 それ以来日本の法において、同性愛は違法とされておらず、現在は性的指向による差別をなくす呼びかけを行っている。 一方で、を認める法律は存在しない。 また同性愛者の数も相対的には少ない。 ゆえに、同性愛者同士のコミュニケーションは時・場所が異性愛者同士のそれと比べると、ウェブサイトの同性愛者専用の掲示板や、同性愛者を客層とするバーなど狭い範囲に限られている。 但し、異性愛社会の中では時・場所が限られているからといって、特にゲイ男性同士の場合、出会いが少ないことは意味しない。 『話を聞かない男と地図を読めない女』の著者であるは、「生涯で数千人の男性と性行為をするゲイも珍しくない」と書いている。 またも30代だった時に雑誌の対談で「2000人の男性と付き合ってきた」(「面白半分」1974年5月臨時増刊号)と述べ 、元ゲイ雑誌編集者のブルボンヌも「男性経験は1千人切りした」といっている。 しかし、異性愛者の中にも異性とのSEXの経験人数が多い人はおり、例えばは「100人斬りはしている」「風俗を入れると2000人」と言っており 、宍戸錠は女性との経験人数は1331人だと発言しており 、は「これまで5000人の女性とSEXした」と発言している。 その為、一般的に異性愛者と比較して同性愛者の経験人数が多いとも言えない。 日本では、1980年代半ばまでは同性愛者同士のコミュニケーションはの出会い投稿欄やバー、発展場などに限られていたが、1980年代後半にやが普及したことで様変わりした。 90年代半ば以降はインターネットの急激な普及と出会い系サイトの登場で、同性愛者同士の出会いは更に容易になった。 (参照:) 近年では、自己に誇りを持とうとするための運動として、のようなイベントや、インターネット上でのコミュニケーション、同性愛者への意識(参考:)撤廃などを訴える運動が行われている。 が発達することによって、かつて少数派として孤独になりがちだった同性愛者は、世界中の同性愛者と繋がることができる環境になった。 の作家で、同性愛者であるは「インターネットができる前は大いなる孤独があった。 今は連帯がある」と語り、インターネットを始めとするテクノロジーの発達が、同性愛者の生活を変えたと指摘している。 異性愛者の同性愛の受容 [ ] 同性愛者に対する異性愛者の受容といった観点においての心理学的なアプローチでは、男性同性愛者と女性同性愛者に対して、女性異性愛者は双方の受容傾向に差は見られなかったが、男性異性愛者については男性同性愛者に対してのみ受容の傾向が有意に低いという実験結果が複数の実験で出ている。 これについては、男性と女性の「性の対象」としてのに慣れているかいないか、言い換えれば、女性は水着のグラビアなどを筆頭に性的な対象としての視線に晒されることが多くある程度耐性がついているが、男性にはそれがついておらず自身が性の対象になる可能性のある男性同性愛者に対して拒絶感があるからではないかという推察もある。 ちなみに、カミングアウトされた経験がある(つまり友人といった他人から自身は同性愛者であると告げられたことがある)人は、全体的に受容傾向が強いとする実験結果が出ている。 ポルノ等における同性愛者 [ ] ポルノ雑誌やポルノ媒体などにおける男性同性愛や、レズものにおける女性同性愛などに対しては、性的観点を重視し過ぎている、娯楽的観点に偏重しているとして不快に感じる人 [ ]もいる。 また男性同性愛者の性を商品化している 、男性同性愛者を異性愛社会に隷属させるためのステレオタイプに押し込めている 、などの批判もある。 は「異性愛女性が自分より弱い立場の存在(ゲイ)にステレオタイプを押し付けることが『差別』なのだ」といっている。 同性愛にまつわる事件 [ ] アメリカ• ドイツ• (府中青年の家事件) - 現在同施設は閉鎖。 原因 [ ] 同性愛になる原因として、以下で触れる脳の機能説や環境ホルモン説のほか、妊娠中の母親のストレス説、或いは育て方が影響するとする環境説などがある [ ]。 脳の機能説 [ ] 同性愛など人間の性的な傾向は、自律神経をつかさどる脳の機能に規定されている可能性が有力であり、研究がなされている。 有名なものとしてはスウェーデンの研究がある。 環境ホルモン説 [ ] 説はやいわゆる、また的テクスト等によく登場する説であり、界・界等の大勢の評価を得ている説ではないが、概ね以後に開発・使用された人工的なが人間および動物の同性愛化に影響を与えているという説である(現時点においては、少なくともいわゆるの人体への影響は極小のものであると考えられており、この点に関して、本説はに近い説であるという見解が有力である。 の項目参照)。 本説がもしも事実であれば、一般販売されている汚染・汚染された食品、や、等の工業品などを通じて、同性愛傾向を備える可能性が高くなるということになるが、これにはの持つ力の強さに応じて個人差が出るという。 つまり、この裏づけには人の遺伝子の免疫力への影響度そのものの検証データが必要となってくる。 しかし、現在までのところこうしたことに関する信頼性の高い確実なデータが提示されているわけではない。 また現状として現代社会においても、それらの製品によって、何ら影響を受けた形跡のない異性愛者がほとんどであることからも、この説の信憑性は現段階でかなり低いものとなっている。 動物の同性愛 [ ]• 『同性愛の基礎知識』(、、1996年)• 『同性愛者として生きる』(伊藤悟 他、、1998年)• 『同性愛がわかる本』(伊藤悟、明石書店、2000年)• 『同性愛って何?』(伊藤悟、、2003年)• 『江戸の性愛術』(、)• 『カミングアウト・レターズ』(、、エディタス、2007年)• 『同性愛入門[ゲイ編]』(伏見憲明、、2003年)• 『現代ロックの基礎知識』(、、、1999年)• 『ボクの彼氏はどこにいる?』(、、2002年)• 『戦後日本女装・同性愛研究 中央大学社会科学研究所研究叢書』(、出版部、2006年)• 『ゲイ パリ 現代フランス同性愛事情』(、、2006年)• 『もうひとつの青春 同性愛者たち』(、、2006年)• 『バニラセックス』(、、2008年)• 『アレクサンドロスの征服と神話 興亡の世界史 』 、、2007年• 『医療・看護スタッフのためのLGBTIサポートブック』 他編、、2007年• 『NHK「ハートをつなごう」LGBT BOOK』 NHK「ハートをつなごう」制作班編、、2010年 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ホモセクシャリティとも表記。 ホモセクシャルとも表記。 同性カップルに関する認知制度が無いこととは、具体的には異性同士の婚姻者に認められているのと同等の権利がなく、パートナー死亡時にその遺産相続権もないこと。 国連「性的指向と性自認に基づく差別の撤廃と人権保護の促進を求める」声明に賛同した66ヶ国中アジア圏で賛同した国は日本のみで、先進諸国の中でもアメリカは賛同しなかった( 出典 [ ]• アメリカ大使館「世界人権デーを記念するクリントン国務長官の講演」(2011年12月6日)。 , 2006)• 「共生のための障害の哲学」 第11回研究会・シンポジウム「『性同一性障害』の行方」より。 Diaz-Machado, Edgar. 2011年12月1日閲覧。 : acceptance• 2013年1月29日英医学誌「サイコソマティック・メディシン」。 著 『武士道とエロス』 〈新書〉、2000年、151-152頁• (Chapter2:9-3)• 2013年7月1日. 2013年7月1日閲覧。 伊藤文学のひとりごと(2010年9月29日)「美輪明宏さんの男と寝た数は?」より。 2013年6月5日NHK「探検バクモン」新宿2丁目。 2010年1月25日、日本テレビ「しゃべくり007」での発言より。 ACSF Investigators 1992. AIDS and sexual behaviour in France. Nature, 360, 407—409. Billy, J. , Tanfer, K. , Grady, W. 1993. The sexual behavior of men in the United States. Family Planning Perspectives, 25, 52—60. Binson, D. , Michaels, S. , Stall, R. , Coates, T. 1995. Prevalence and social distribution of men who have sex with men: United States and its urban centers. Journal of Sex Research, 32, 245—254. Bogaert, A. 2004. The prevalence of male homosexuality: The effect of fraternal birth order and variation in family size. Journal of Theoretical Biology, 230, 33—37. Bogaert argues that: "The prevalence of male homosexuality is debated. , Marmor, 1980; Voeller, 1990. Some recent data provided support for this estimate Bagley and Tremblay, 1998 , but most recent large national samples suggest that the prevalence of male homosexuality in modern western societies, including the United States, is lower than this early estimate e. , 1994. It is of note, however, that homosexuality is defined in different ways in these studies. For example, some use same-sex behavior and not same-sex attraction as the operational definition of homosexuality e. , Billy et al. , 1993 ; many sex researchers e. , Bailey et al. , 2000; Bogaert, 2003; Money, 1988; Zucker and Bradley, 1995 now emphasize attraction over overt behavior in conceptualizing sexual orientation. " p. 33 Also: "... Thus, even if accurately measured in one country at one time, the rate of male homosexuality is subject to change and is not generalizable over time or across societies. " p. Fay, R. , Turner, C. , Klassen, A. 1989. Prevalence and patterns of same-gender sexual contact among men. Science, 243, 338—348. Johnson, A. , Wadsworth, J. , Wellings, K. , Bradshaw, S. 1992. Sexual lifestyles and HIV risk. Nature, 360, 410—412. Laumann, E. , Gagnon, J. , Michael, R. 1994. The social organization of sexuality: Sexual practices in the United States. Chicago: University of Chicago Press. Sell, R. , Wells, J. 1995. The prevalence of homosexual behavior in the United States, the United Kingdom and France: Results of national population-based samples. Archives of Sexual Behavior, 24, 235—248. Wellings, K. , Field, J. , Johnson, A. 1994. Sexual behavior in Britain: The national survey of sexual attitudes and lifestyles. London, UK: Penguin Books. 2010年2月24日, at the. 関連項目 [ ]• - -• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - (2009年5月21日アーカイブ分)•

次の