日本 スポーツ 振興 センター 給付 金。 突き指や骨折もスポーツ振興センターの保障対象?学校の保険を解説!

学校での日本スポーツ振興センターの医療費給付について

日本 スポーツ 振興 センター 給付 金

Sponsored Link 学校の保険「スポーツ振興センター」ってどんな保険? どんなに気を付けていても、学校生活でのケガはつきものですね。 そんなときのために入っている保険が「独立行政法人日本スポーツ振興センター」です。 毎年、年度始めに学校から掛け金の集金があると思います。 ほぼ全員の児童生徒が入っているはずです。 中には、掛け金の全額を自治体で出してくれるところもありますが、多くは掛け金の半額を自治体が、もう半分を家庭が負担しています。 スポーツ振興センターは学校の管理下でケガをした場合、請求すれば総治療費の4割分の給付金を受け取ることができます。 3割(保険診療の自己負担分)+1割(見舞金) ということですね。 自治体によっては、子供の医療費が無料になるため申請しない人も多いようなのですが、見舞金を受け取ることができるので、多少の手間はありますが申請できるのであればしたほうがいいでしょう。 正直に言ってしまうと、スポーツ振興センターの事務処理をしている保健室の先生の仕事は増えます。 しかし、申請をすればケガをしてから10年という長い期間、治療をすれば給付金がもらえる保険ですから、申請しておいてもらえると後から(後遺症など)何かあったときに学校側としても安心という気持ちはあります。 申請するためには、 医療機関で「医療等の状況」という書類を書いてもらう必要があります。 学校でのケガ等で医療機関を受診する際には、スポーツ振興センターの書類がほしいと担任または保健室の先生に申し出てください。 掛け金を支払っているのですから、もらえるものはしっかりもらってください! ちなみに、医療機関を受診して、後から書類を書いてもらい申請することも可能ですが、申請したい場合はできるだけ学校や医療機関にもそのむねを話しておいたほうが確実だと思います。 Sponsored Link 請求できるのはどんなとき? 学校でのケガならどんなもので請求すれば給付金がもらえるのでしょうか。 実は、残念ながらそうではないんです。 例えば、こんなことがありました。 登校し、教室でランドセルから教科書を出していた4年生のAくんが、クラスメイトのBくんからちょっかいを出されました。 最初はじゃれあっていたのですが徐々にお互い本気になり、ケンカになってしまいました。 BくんがAくんを投げ飛ばし、Aくんは床に後頭部をぶつけてしまい、大きなたんこぶが・・・。 幸い、嘔吐などの心配な症状はみられなかったのですが念のため近くの総合病院を受診することになりました。 「朝からかんべんしてくれ~」 と、心の中で叫びつつも、私付き添いましたよ。 脳神経外科の診察室に通され、ほんの1・2分診察の後、 「CTとかは被爆があるから今は撮りません。 心配な症状があったらまた来てください」 と、言われました。 かかった受診料はだいたい7000円くらいでした。 しかし、 このような場合、スポーツ振興センターは請求できません。 その理由は、 〇まず、ケガの理由がケンカであるということ。 ケンカなどの場合、対象外となり請求することができません。 〇受診料のうち、5000円以上が初診料だったため。 初診料は保険の対象になりません。 〇医療費の点数が足りない。 初診料を引いた治療費は保険診療で1500円未満でした。 このような少額の医療費の場合申請の対象外となります。 レントゲンなどを撮ると1回きりの受診でも対象になるのですが、問診だけで済んでしまったときなどは、対象にならないこともあるのです。 基準は、 保険診療で1500円以上(500点)の医療費だったときです。 1回の受診でそこまでいかなくても、 合算して達すれば対象になりますので、ご注意くださいね。 また、対象になるのはあくまで「学校の管理下」の傷病であること。 例えば、 登下校(ただし指定の通学路を通っていたとき)、部活動、遠足、修学旅行 などは学校の管理下。 一度下校し、学校で遊んでいたときのケガなどは管理下ではありません。 対象になるのかわからない場合は、学校に問い合わせてみてください。 いつまで請求できるの? 「申請の書類を出すのが遅くなってしまった」「治療をしていたが経過観察のため、次に病院へ行くのは〇数ヶ月後」などの場合、いつまで対象になるのでしょうか。 最初の申請は、 災害発生日(けがをした日)から2年以内であればOKです。 1年前のけがだけど書類を出し忘れていたというときも申請できます。 また、書類は1つの医療機関に対して1ヶ月に1枚必要なのですが、1ヶ月分ずつでも治療がおわってからまとめて数ヶ月分提出しても大丈夫です。 注意は、保健室の先生が申請の手続きをする際に、ケガをした時間や場所、どのようにケガをしたかなどを詳しく記載して申請をするため、その説明をきちんとしてあげてください。 申請の際の説明があいまいだと、「不備」とされ給付金がおりないことがあります。 その際、訂正してまた申請するのですが、そうするとお金がもらえるまでかなり時間がかかってしまいます。 次の受診まで期間がしばらくあいてしまう場合、 2年以上あいてしまうと継続して申請できなくなってしまうのですが、2年あけず定期的に受診していてば最大10年間継続していくことができます。 長期にわたる治療が必要なケガは申請しておくとしっかり保証が受けられるので、特に申請することをおすすめします。 いつになったら給付金が支払われるの? スポーツ振興センターを申請した保護者の方によく聞かれるのが 「前に申請した保険ってどうなりましたか?」 という質問です。 実は、保護者の方に書類を学校にだしてもらってから給付金がおりるまで、 最低でも3ヶ月ほどかかってしまうのです。 それより遅くなることはあっても早くなることはありません。 書類を学校であずかると、たいてい保健室の先生が、ケガをした人、場所、傷病名、どのようにケガをしたのか、医療の点数などのデータを作成し、教育委員会に提出します。 教育委員会の担当者は、毎月の締め切りまでに1ヶ月の申請者の情報をまとめ、スポーツ振興センターに送ります。 そこで審査が通れば、給付金の支給が決定されます。 このような手順をふんでいると、どうしても数ヶ月かかってしまうのです。 書類を学校に出すタイミングによっては、 「今月の申請は間に合わないからまた来月~」 になってしまうこともあるので、これでまた審査されるまでに1ヶ月余分に時間がかかることに。 どこの学校の保健室の先生も、「なるべく早く確実に申請を!」とお仕事をしているはずですから、どうかご容赦ください。 まとめ お子さんがケガをしなければ、スポーツ振興センターの保険についてここまで詳しく知ろうとすることはないでしょうが、何かあったときには、せっかく掛け金を払っているのでぜひ利用してほしいと思います。 わからないことがあれば、保健室の先生に遠慮なく問い合わせてみてくださいね。

次の

学校での日本スポーツ振興センターの医療費給付について

日本 スポーツ 振興 センター 給付 金

学校でケガをした時の保険について ・スポーツ振興センター『災害共済給付金』とは? 公立の小学校・中学校・高校の場合は、入学時に「独立法人 日本スポーツ振興センター」の保険に加入している方がほとんどだと思います。 スポーツ振興センターの保険の負担は、年額数百円程度が親の負担ですが残りは学校と国が負担してくれています。 学校でケガをした場合は、スポーツ振興センター『災害共済給付金』の対象になります。 保険の支払い対象となるのは、スポーツをしていた時だけでは、ありません。 ・保険の支払い対象になる場合 学校内でケガはもちろんのこと課外学習中(遠足・林間学校・修学旅行など)も対象になります。 学校でケガをした場合は、先生の方から「スポーツ振興センター」の保険について説明があると思います。 学校への登下校中も保険の対象となります。 学校でケガ保険の支払い手続きを解説!他の保険と2重で貰える?対象になるのは? 支払いの手続きの為に学校からもらった用紙は、3枚 「医療等の状況」「調剤報酬明細書」「預金口座振込依頼書」 こちらの用紙に必要事項を記入し医療機関へ持参し通院先の病院・医療機関で証明を受けます。 *治療を受けた医療機関が複数の場合、複数必要で1ヵ月ごとに1枚となります。 用紙の記入内容に不備があると再提出となり、処理に時間がかかってしまいますので記入漏れの内容にしたいですね。 「医療等の状況」は、病院の受付に提出 「調剤報酬明細書」は、薬局へ提出し記載してもらいます。 保護者が記載する用紙は「預金口座振込依頼書」となります。 スポーツ振興センターの「災害給付金」の請求・給付の手続きは、学校を通じておこないます。 保険の支払いを受ける為には、記載ずみの用紙をまとめて学校に提出します。 学校でのケガで保険が使えるのは分かったでも一体いくら戻ってくるのか気になりますよね。 次にスポーツ振興センターの「災害給付金」額について紹介していきますね。 学校でケガ:子供が医療保険に加入している場合 スポーツをしているお子さんや活発なお子さんは、ケガ多いですよね。 県民共済やコープ共済・全労災の「こくみん共済」をはじめ、 任意で月額1,000円程度の保険に加入いている方も多いです。 共済などは、処理もスムーズで提出処理も簡単ですよね。 私も入院時に利用しましたが、迅速に処理して頂きました。 任意で加入している保険とスポーツ振興センターの「災害給付金」は両方請求が可能です。 またケガをした時の状況や原因によっては、自動車保険の補償がおる場合もありますので補償内容を確認してみると良いですね。 サッカーをやっていて、良く捻挫をしてしまうというお子さんのママは、保険に入っているのでケガは心配だけど、費用面では負担がなくて助かると言っていました。

次の

給付金はいつ支払わられるのでしょうか?もう2ヶ月以上経つのですが、かなり待...

日本 スポーツ 振興 センター 給付 金

学校で入る保険「スポーツ振興センター」を詳しく解説 小学校や中学校に入学すると 「独立行政法人日本スポーツ振興センター」という聞き慣れない名称の書かれた 「災害共済給付制度への加入」云々というプリントが配布されます。 毎年4月になると、 一人につき400~500円程度を負担して保険に加入するのです。 保険料は公費と家庭で負担 保険料は保護者が全額負担するのではなく、自治体の負担割合が決められていて、保護者の負担は一部です。 国立or公立or私立の別を問わず、また 小・中学校だけでなく 高校や幼稚園・保育所も契約の対象となっています。 ちなみに我が家の子供たちが通った私立幼稚園では何故かナシ。 私立高校では公立の小中学校と同様に半強制加入でした。 これは保険料も安いですし、任意なんだから云々とゴチャゴチャ考えず 素直に加入しておきましょう! ちなみに… 「スポーツ振興」なんてネーミングで「???」となりがちですが、 スポーツ中の怪我限定の保険じゃありません。 たとえば我が家の事例では、 クラスメイトに背中を叩かれて痛めた(些細なトラブル) 体育の授業中に飛んできたボールを上手くキャッチできず突き指(運動神経が悪い) 校庭で遊んでいて勝手に転んだ(単なる不注意) 友達が閉めた教室のドアに足を挟んだ(事故) etc… このネーミングのせいで非常に紛らわしいですが、そこは気にせず、とにかく 学校で怪我をしたときの保険と解釈しておけばOK。 疾病の場合も 熱中症や 給食による中毒など定められたものなら対象になります。 その治療後に障害が残った場合も、その程度によって給付対象となります。 学校管理下において万が一のことがあった場合にも対象となります。 では、この 「5000円(3割負担で1,500円)以上」について詳しく解説しましょう。 これは一度の窓口支払い額ではなくて、 初診から治癒までの総額です。 ただし、高額療養費の対象となる場合は区分に応じて別の計算方法に従い算出します。 また、自治体によって子ども医療費(乳幼児医療費)助成制度の対象年齢であり、この災害共済給付対象となる場合には、 子ども医療費の助成制度を使わず(受給証を窓口に提示せずに)いったん自己負担しておき、その領収証をもって保険金を請求することになります。 そもそも公費で保険料を一部負担してるんですから、これは当然ですね。 そこが他の任意保険との大きな違いです。 この差額は 病院への交通費程度ということで。 「学校管理下」の範囲 授業中や休み時間だけでなく、 課外指導中や 通学途中など、 「学校管理下」と認められる場合なら対象になります。 下校途中なら「学校管理下」だけど、 いったん家に帰ればもう管理外です。 たとえば、下校途中で忘れ物に気付いて学校へ引き返している途中に怪我をした場合などは、そもそも学校の規則として「忘れ物を取りに戻ってはいけない」というのがあると思うので、それに違反したうえでの怪我ということで「管理外」扱いにされても仕方がないと思われます。 また、「いったん下校して家にランドセルを置いてからまた校庭へ行って遊んでいたら怪我をした」なんていう場合も当然「学校管理下」なわけがありませんね。 場所が学校の敷地内だからってダメなものはダメ(常識的に考えればわかりますね)。 学校で怪我をして病院にかかるときの手間を省くコツ 学校管理下で怪我をした場合、まずは担任か保健室の先生に話して事情を把握してもらわなくてはなりません。 たとえば休み時間に校庭で友達とトラブルになり負傷したとしても、先生がちゃんと把握していなければ学校管理下での負傷だと認めてもらえないかもしれませんし、後で相手の保護者と連絡を取ることを考えても、やはり先生にしっかり報告しておくことが大切。 実際に病院で治療を受け、3割負担で計1,500円以上かかったら、そのことを学校に報告すれば申請に必要な書類を渡されます。 病院の会計では 子ども医療費の受給者証を使わずに自己負担します。 一度の通院で済みそうな場合は、書類を書いてもらうだけのために後日また病院へ行くことになりますから、病院にかかると決めた時点で予め学校から書類をもらってきておいたほうが手間が省けます。 提出書類は2枚ある 一枚は申請用紙。 氏名や振込口座番号などを記入します。 もう一枚は病院で書いてもらう証明書のようなもの。 これを書いてもらうのに 手数料はかかりません。 そこに保険点数が記入される(点数から医療費がわかる)ので、領収書は添付しなくてOK。 診断結果や治療の経過などもそこに記入されるので、診断書も要りません。 受診した病院・診療科が1件だったとしても、もし薬が院外処方だった場合は2枚必要になるものと思われます。 申請の際の注意事項 病院で記入してもらう書類ですが、たとえば右目を負傷した場合、「眼」がどうしたこうしたって書いてあるだけじゃ、書類不備として戻されてしまいます。 右眼なら「右眼」、左足なら「左足」と書いてある必要があるんだそうで… となると、たとえば突き指だったら どの指かまで特定して書いてもらう必要がありそうですね。 そんなモン、病院側の記入ミスだろ!(怒)とか思っちゃうワケですが、どうすることもできません。 申請から3ヶ月くらい経って、そろそろ支払われるかなぁ?と思う頃になって初めて、 「右」って書いてないからダメ。 じゃあこの3ヶ月間ぜんぜん見てなかったのかよ!?って言いたくなりますけど、どうにもなりません。 だから、早く受け取りたければ、提出する前に自分で隅々までしっかり確認しましょう! 書類が揃ったら学校に提出して、あとはじっと待つ…。 これでもかっ!てくらい典型的なお役所仕事です。 待っているとイライラしてきますから、忘れてしまう方向で気持ちを切り替えておいたほうが良いです…(悲)。 実際いくら支払われるの? 原則として 総額医療費の4割。 たとえば、普通に保険証を出して3割負担で1,500円の医療費を支払ったら、給付額は10割負担額5,000円の4/10=2,000円 ということになります。 なお、申請には時効があるので注意。 申請しても支払われるのはずーっと後 この保険、どうせ使うことは無いだろうなんて侮れません。 少なくとも男の子は何気にけっこう使います。 とくに中学校では部活中の怪我が多く(しかも骨折などの重症多し)、これでかなり財政が圧迫されているそうです。 我が家でも兄弟で5回ほどお世話になりました。 その都度すぐに書類を揃えて提出しましたが、実際に振り込まれるのは決まって 約3ヶ月後。 こういうお役所的お仕事ではお決まりのパターンですが、ホントに呆れるほど処理が遅い!このイライラ感と書類準備の手間を考えれば、最初からこんなもの利用せずに子ども医療費助成制度を使っちゃえば良かったと思ってしまうほど。 そんなこともあり、個人的に子供の保険に入っておくことは重要だと思いますね。 全労済や都民共済・県民共済などの共済は割戻金があって負担が少ないですし、支払いも素早いです!他の保険会社でもキッズ向け保険はいろいろあるので、一つは加入しておいたほうが良いでしょう。 <参考記事>• 個人的に加入いている医療保険との関係はどうなるのか 学校で怪我をし、学校経由で加入しているスポーツ振興センターの保険金請求をしたからといって、その他に入っている保険の請求ができなくなるわけではありません。 一回の怪我で二重に保険金請求!?そんなことできるの!? と疑問をもつ方がいらっしゃるようですから、ここで追加しておきます。 たとえば、お子さんを都・県民共済や全労済をはじめ、ア〇ラックやらア〇コやら〇〇生命などなど…個人的に医療保険に加入させているとします。 学資保険に付帯した医療保険でも同じです。 それらは学校とは一切関係なく、個人的に毎月保険料を負担しているわけですよね。 実際、それで複数の保険会社に同時に請求しても、補償対象ならば問題なく保険金は支払われます。 充実補償の保険だったら無料どころか大幅なプラス収支になり得ますが、 それでイイんです。 堂々と請求して受け取ってください。 よく考えてみましょう… 仮にそれが「学校での怪我」ではなくて、家や公園での怪我だったり病気だったりして病院にかかった場合、そしてそれが加入している保険の補償対象だった場合、いくら子ども医療費が全額公費負担(つまり自己負担ナシ)だとしても、もちろん保険金は出るわけです。 結果的にはプラス収支になりますが、そこに罪悪感は不要です。 だって、そういう時のために毎月保険料を負担しているわけですからね。 ですから、スポーツ振興センターの保険金請求で3割負担が4割になって返ってくる。 それだけでもプラスなのに、更に個人加入の保険金も下りる。 …それで何ら問題ありません。 ただし、これは保険とは無関係ですが… 子ども医療費が税金で賄われているということの有難味を忘れず、その恩恵に感謝するべきだと思います。 この子育て支援制度が決して当たり前ではないことを、いま一度、思い出しましょう。

次の