猫の保険。 猫の保険|資料請求を実際にしてみたら。。。

猫の「尿路疾患」はペット保険の補償対象?ペット保険の加入条件と病気について

猫の保険

窓口精算動物病院の窓口でペット保険の保険証(カード)を提示し、保険で補償される金額を差し引いたお客様負担分のみをお支払いいただく方法です。 後日保険金を請求する必要がありません。 ペット賠償責任特約 ご契約のペットが他人や他のペットに怪我をさせたり、ものを壊したりして損害を与え、法律上の損害賠償責任が生じた場合に保険金が支払われる特約です。 ネット割引 インターネット経由で申し込み・契約をすると保険料が割引になります。 無事故継続割引 継続契約の際に、前年に保険料が支払われなかった場合に、次年度の保険料が割引されます。 マイクロチップ割引 ご契約されるペットがマイクロチップを装着していると、保険料が割引になります。 健康割増引 保険の利用状況により、割増引が適用されます。 割増引率に関しては、各社ホームページをご確認ください。 福祉割引 ご契約者やご契約者と生計を同一にするご親族に身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者福祉手帳をお持ちの方がいる場合に、割引対象となります。 無事故継続割引 ネット割引 初年度3,000円 マイクロチップ割引 健康割増引 - 福祉割引 インターネット契約割引 - - - マイクロチップ割引 無事故割引 ネット割引 - その他保障 (補償) - - - - 葬祭保険金:3万円まで 高度後遺障害保険金:5万円まで 診断書費用保険金:1万円まで - - - - - 各社の特徴 資料請求 猫は好奇心が旺盛です。 目を離したすきに家具の隙間に入ったり、危険なものをかじったりして、ケガをする可能性もあります。 治療しにくい部分の骨折に関しては費用がかさんでしまいます。 家の中の事故で誤食事故がもっとも多いです。 自然に排泄される場合は良いのですが、消化器に詰まってしまったり傷をつけそうな危険がある場合は、手術をして取り出すことになります。 こういった事態に陥ると、検査費・手術費・入院費・処方薬の費用などのたくさんのお金がかかってしまいます。 動物の医療は、人間の医療と異なり公的な補助が受けられませんので、治療費は全額自己負担になります。 実際に入院などをすると、驚くほど高額な治療費を払うことにもなってしまいます。 もともと猫は体が丈夫と言われてますが、うちの子は大丈夫だと思っていても突然病気が発覚してしまう場合があります。 病気が発覚してからの加入では遅いです、大事な猫ちゃんのことを考えて早いうちからペット保険の加入を検討しましょう。 契約内容によって補償割合は変わってきます。 補償される割合が高いほど月々の保険料は高くなりますが、万一ケガや病気になってしまった場合に負担する金額が少なくなります。 保険料と補償割合のバランスを考えて選びましょう。 猫種によって かかりやすい病気やケガが異なるため、それらの治療費を考慮して補償割合を選ぶのも一つの手です。 ペット保険では年間最高補償額が設定されていて、その範囲内でのみ保険金が支払われます。 また、保険会社によっては1日や1回あたりの上限金額、限度日数や限度回数、免責金額が設定されていることもあります。 免責金額とは自己負担しなければならない金額のことです。 例えば、免責金額が1回5000円の場合、通院でかかった金額が3800円とすると5000円未満の今回は3800円すべて自費で負担しなければなりません。 頻繁に通院し、 安い治療費を何度も払うような場合には向いていません。 保険料が安いからと加入したところ、免責金額が設定されていて結局ほぼ自己負担になってしまった... なんて事がないように注意しましょう。 大事な猫ちゃんでもペット保険は毎月お金がかかってしまいます。 しかし保険料が安いと、補償金額が少かったり、補償割合が低くなります。 ペットの種類や年齢から、かかりやすい病気を探し、通院や入院などの事を考えて、家計に負担をかけない月々の保険料と補償内容をバランスよく選 びましょう。 保険料が安ければ補償内容はどうでもいい、補償内容が手厚ければどんなに保険料が高くてもいい、なんてことはないかと思います。 家計に負担をかけないような保険料かをチェックしたり、補償内容・補償金額がもしものときに家計をちゃんと支えてくれるのか考えることはどちら にも重要だといえます。 年齢が上がると保険料が上がる商品もあるため、生涯のトータル保険料を考慮することも大事です。 特約とは基本補償以外でかかる費用を補償してもらえる約束のことです。 ケガや治療以外での補償や、基本補償を充実させたい方は特約を着けるとよいでしょう。 自動付帯と、任意付帯の2パターンあります。 保険会社によって特約がないところもあるのでよく確認しましょう。 主に多い特約をご紹介します。 ペット賠償責任特約 「ペットが他人を噛んでしまいケガをさせてしまった」「他人の物を壊してしまった」場合に補償してくれる特約 葬祭保険金特約 セレモニー費用特約、 火葬費用特約 ペットが死亡して葬儀を行ったり、供養のための仏具などを購入した際の費用を補償してくれる特約 高度後遺障害保険金特約 ペット用車イス費用特約 障害によってペット用車椅子などの移動用補助器具の購入費用を補償してくれる特約 ガン手術保険金特約 ガンで手術を受けた場合、通常の保険金に上乗せして費用を補償してくれる特約 診断書費用保険金特約 保険金を請求するために診断書を作成した際の費用を補償してくれる特約 その他確認するべきこととして ・待機期間... 契約してから補償開始までの保険金が支払われない期間のことです。 保険会社によって異なるため、確認してから加入時期を決めましょう。 ・保険金の請求方法... 「立替請求型」と「窓口請求型」があります。 立替請求型は一度病院に治療費を全額支払い、その後に保険会社へ保険金を請求して保険金を受け取る方法。 窓口請求型は人間の健康保険のように病院で自己負担分のみ支払う方法です。 ほとんどの保険会社は立替請求型です。 窓口請求型では立替請求型と比較して、 支払い時に手元からなくなる金額が少ないため安心ですね。 ・保険料の支払い回数... 「月払」と「年払」があります。 1年で考えると数100円の差かもしれませんが、 ペットの寿命までの保険料を考えると年払の方がかなりお得です。 ・保険料の支払い方法... 「口座振替」「クレジットカード」「コンビニ」があります。 インターネットからの申込みの場合クレジットカード払いしか できないなどの制限がある場合もあるため、希望の支払い方法が可能か確認しておきましょう。 ご注意(必ずお読み下さい。 詳細や重要事項の説明等は、各社ホームページやパンフレットなどの商品資料よりご確認ください。 年間一括払いのみ選択可能な保険商品は、年間保険料を12で割った月額換算の保険料を表示しております。

次の

猫のペット保険

猫の保険

アーフェンピンシャー• アイリッシュ・ウルフハウンド• アイリッシュ・セター• アイリッシュ・テリア• アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セター• アフガン・ハウンド• アメリカン・アキタ• アメリカン・コッカー・スパニエル• アメリカン・スタッフォードシャー・テリア• アメリカン・ピット・ブルテリア• アメリカン・フォックスハウンド• アラスカン・マラミュート• イタリアン・グレーハウンド• イングリッシュ・コッカー・スパニエル• イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル• イングリッシュ・セター• イングリッシュ・ポインター• ウィペット(ホイペット)• ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア• ウェルシュ・コーギー・カーディガン• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク• ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル• ウェルシュ・テリア• エアデール・テリア• オーストラリアン・キャトル・ドッグ• オーストラリアン・ケルピー• オーストラリアン・シェパード• オーストラリアン・シルキー・テリア• オーストラリアン・テリア• オーストラリアン ラブラドゥードル• オールド・イングリッシュ・シープドッグ• サツマ・ビーグル• サモエド• サルーキ• シー・ズー• シーリハム・テリア• シェットランド・シープドッグ• シベリアン・ハスキー• シャー・ペイ• ジャーマン・シェパード・ドッグ• ジャーマン・ショートヘアード・ポインター• ジャーマン・スピッツ(ミッテル)• ジャーマン・ピンシャー• ジャーマン・ワイヤーヘヤード・ポインター• ジャイアント・シュナウザー• ジャック・ラッセル・テリア• ショートヘアード・ハンガリアン・ビズラ• スカイ・テリア• スキッパーキ• スコティッシュ・テリア• スタッフォードシャー・ブル・テリア• スタンダード・シュナウザー• スパニッシュ・マスティフ• スムース・コリー• セント・バーナード• パーソン・ラッセル・テリア• バーニーズ・マウンテン・ドッグ• バセット・ハウンド• バセンジー• ハバニーズ• パピヨン• ハリア• ハンタウェイ• ビアデッド・コリー• ビーグル• ビション・フリーゼ• ピレニアン・シープドッグ• ピレニアン・マスティフ• プードル(スタンダード)• プードル(トイ)• プードル(ミディアム)• プードル(ミニチュア)• ブービエ・デ・フランダース• プーミー• プーリー• ファラオ・ハウンド• プチ・バセット・グリフォン・バンデーン• プチ・バラバンソン• フラットコーテッド・レトリーバー• ブラッドハウンド• ブリアード• ブリタニー・スパニエル• ブリュッセル・グリフォン• ブル・テリア• ブルドッグ• ブル・マスティフ• フレンチ・ブルドッグ• プロット・ハウンド• ペキニーズ• ベドリントン・テリア• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリアノ• ベルジアン・グリフォン• ボーダー・コリー• ボーダー・テリア• ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ• ボクサー• ボストン・テリア• 北海道• ポメラニアン• ポリッシュ・ローランド・シープドッグ• ボルゾイ• ボルドー・マスティフ• ボロニーズ• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ• ・保険加入率は、上記アンケート結果に基づく当該保険商品の加入率を表しています。 月額の平均支払保険料には、「一括払い」および「一時払い」の保険商品は含まれません。 ・口コミで語られている保障内容(または補償内容)や保険料等は、あくまで個人の主観的な感想ですのでご了承ください。 ・口コミの内容は、アンケートの回答から大きく乖離しない範囲で、表現を変更している場合があります。

次の

猫の保険について

猫の保険

人間と同じように猫も高齢になるにつれて病院に行く機会は増えます。 病院に行くとその分の治療費がかかりますが、保険に入っていない場合はどの位の治療費がかかるのでしょうか?もし保険に入っていた場合は保険の種類にもよりますが、何割かの負担で済みます。 しかし、保険に入っていなかった場合には全額を負担しなければなりません。 猫と言えども治療費はバカになりませんので、保険に入っていなかった場合にはかなりの経済的負担となります。 そうなってからでは遅いのでいざ保険に入ろうとしても猫の年齢によっては保険に入れないケースもあります。 猫の保険はたくさんありますが、多くの保険は 10 歳を超えると入れないものばかりです。 そこで今回は 10 歳を超えた猫でも加入できる保険について見ていきたいと思います。 本記事は10歳以上の猫の保険を検討しているあなたに役立つ内容となっています。 スポンサーリンク Contents• 猫の平均寿命は延びている! 最近はペットの平均寿命が延びていますが、猫も例外ではありません。 その長寿化の理由は猫の飼い方や食生活、または医療の進化などが関係しています。 例えば猫の飼い方に関して言うと、家の外に自由に出入りできるような飼い方をしていた昔に比べ、今は完全室内飼いが多い状況なので感染症にかかる確率もかなり激減しています。 食生活にしても昔は本当に「猫まんま」を与えていた飼い主さんもいたと思いますし、人間が食べた残飯を猫に与えていたケースも多かったと思いますが、現在では肉食の猫の体の事が考えられた上質なフードなどが数多く揃っています。 その最高峰はヒューマングレードのプレミアムフードでしょう。 医療に関してもこのペットブームで動物病院も増えていますし、治療の質も良くなっています。 このような背景のもと、猫を始めとしたペットの平均寿命が延びている状況となっています。 しかし、猫も人間と同じで高齢になればなる程病院のお世話になる機会も増えるでしょう。 そうなると保険と言うものの存在が無視できなくなります。 猫の保険の加入条件は? 猫の保険はたくさんあるので、いざ加入するとなるとどの保険がいいのか迷ってしまいそうですね。 保険の種類にしても自己負担の割合は保険のプランなどによっても違います。 また、補償内容も保険のプランごとに違いますが、基本的には年間最大補償額に対して 通院保障、入院保障、手術保障と言った感じでそれぞれの上限などが決められています。 年間最大補償額は大体どこの保険会社も 100 万円前後で設定されています。 でも 10 歳を超えるシニア猫の場合は加入できる保険の数もかなり減ってきます。 多くの保険会社の加入条件は大体生後 30 日以上 10 歳未満と言う感じで決まっています。 中には生後 120 日以上でないと加入できない保険会社もあります。 それでは代表的な保険会社の加入年齢の条件を見ていきたいと思います。 保険会社 加入年齢 継続年齢 FPC ペット保険 9 歳未満 終身継続 ペッツベスト 16 歳 11 ヶ月まで 16 歳 11 ヶ月まで アクサダイレクト 満 8 歳まで 終身継続 アイペット損保 12 歳 11 ヶ月まで 終身継続 PS 保険 満 8 歳まで 終身継続 日本アニマル倶楽部 満 9 歳まで 終身継続 AU 損保 10 歳まで 終身継続 ガーデン 満 10 歳まで 満2 0 歳まで アニコム 7 歳 11 ヶ月まで 終身継続 イオンペット保険 9 歳まで 終身継続 やはり 10 歳を超えると加入できない保険の数は増えます。 中には 8 歳の時点で加入できない保険もある程です。 猫は 7 歳を超えるとシニアと呼ばれるのでそれも頷けますね。 いずれにしても猫の保険は早い段階で検討すべき事なのです。 そんな中でも 10 歳を超えても加入できるありがたい保険も幾つかあります。 その保険とは「ペッツベスト」と「アイペット損保」の 2 社です。 「アイペット損保」の方は 13 歳の時点で加入できませんので、もしあなたの飼い猫が 13 歳を超えていたら選択肢は「ペッツベスト」のみとなります。 それでは各社の補償内容なども見ていきたいと思います。 比較のために先ずは上記の表の全ての保険会社の補償内容を見てみたいと思います。 また、年間最大補償額も大体 100 万円が目安となっています。 また、年間最大補償額は 100 万円までとなっています。 「アイペット損保」は自己負担金 30 %のみです。 年間最大補償額は 122. 4 万円までとなています。 自己負担金は「ペッツベスト」の方が少ないのですが、免責として 7,500 円が発生します。 免責は通院ごとではなく 1 回の治療単位での発生です。 それでは 10 歳から保険に加入した場合の保険料を見ていきましょう。 「アイペット損保」は 13 歳からの保険料は非公開なので空欄とします。 2 社の保険料を見ると大きな差がある事が分かります。 「アイペット損保」よりも「ペッツベスト」の方がかなり保険料が安い事が分かります。 「アイペット損保」の保険料は 13 歳からの保険料が非公表なので正確な比較はできませんが、少なくとも 10 歳から 13 歳になるまでの保険料の差額の合計は「アイペット損保」よりも「ペッツベスト」の方が 148,130 円も安い事が分かりました。 「アイペット損保」の 13 歳からの保険料は非公表とは言え、安くなるとは考えにくいので 2 社の保険料の差額は 13 歳以降も更に広がっていくと思われます。 「ペッツベスト」は自己負担が20%ですが、免責が発生しますので、低額の治療の場合には「アイペット損保」の方が得になるケースもあります。 とは言えベースとなる保険料がかなり安い事を考えると「ペッツベスト」に軍配が上がります。 それに高額治療で何十万も治療費がかかるケースでも免責の 7,500 円が発生するとは言え、 20 %の自己負担というのは魅力的です。 しかもあの保険料で! その一方でペッツベストの保険の継続年齢は 16 歳 11 ヶ月までですが、アイペット損保の方は 終身継続となりますので、その点ではアイペット損保に軍配が上がります。 おすすめは? ペッツベストは保険料が安いのですが、保険の継続年数が 16 歳 11 ヶ月までとなります。 アイペット損保は終身継続となりますが、保険料が割高です。 こうなると、どちらを選ぶべきか悩みますね。 ペッツベストは保険料だけを考えたら魅力的ですが、今の猫の平均寿命は延びています。 正直言って16歳11ヶ月以上生きる確率はかなり高いと思います。 それに今どきでは20歳以上生きる猫も珍しくはありません。 そう考えると保障が16歳11ヶ月までしかないペッツベストは今の時代にはあっていないような気がします。 もしペッツベストを選ぶのであれば保険の継続年齢は16歳11ヶ月までと割り切る必要があります。 あなたの愛猫が16歳11ヶ月以上生きた場合、その後の治療費は全てが実費となります。 ペッツベストは保険料は安いのですが、もし加入するのであればこれらの事を理解したうえで選択する必要があります。 アイペット損保を選ぶのであれば保険料は割高ですが終身継続となるので安心感は増します。 月々の負担はたしかに増えますが、あなたの愛猫に何かあった場合でも保険の保障は生涯にわたって継続されます。 愛猫が病気になった場合でも細かな治療費を気にしなくていいので良い治療を受けさせる事が出来ます。 それに猫は最後の時を迎える際には少なからず動物病院のお世話になるケースが多いと思います。 その際に高額な医療費がかかる事もあるでしょう。 そうなった時に保険に入っていなかった為に治療を断念したりケチったりするような事があったら一生後悔すると思います。 そうならない為にも保険の保障があると心強いですよね! ペッツベストとアイネット損保、どちらもメリットとデメリットがありますので、じっくり考えて選択すればいいと思います。 尚、本記事では大まかな比較はしましたが細かな点までは比較に含めていないので、詳細な部分については各保険会社から資料を取り寄せて確認してみるのがいいと思います。 まとめ 動物病院での治療は基本的には自由診療なのでちょっとの通院でも高い費用が掛かります。 もし手術などしようものなら何十万ものお金がかかり、家計におおきなダメージを与えるでしょう。 かと言って節約の為に病気やけがで苦しむ愛猫を我慢させるわけにもいきません。 飼い猫を保険に加入させるという考えがない飼い主さんも意外に多いかと思います。 野生の動物や野良猫などは保険に入っていないので、それを考えると保険に加入しない考えが分からないわけでもないのですが、飼い猫として飼っている以上はやはり野生で生きている動物や野良猫とは違いますし、何よりも大切な家族の一員である事を考えると、もしもの時の備えはあるに越したことはありません。 もしあなたの飼い猫が 10 歳を超えているのであれば、今後は病院に行く機会も増えてくると思いますので、早めに猫の保険に加入する事をおすすめします。

次の