炭治郎 優しいシーン。 鬼滅の刃の炭治郎が優しいと思えません。

鬼滅の刃 炭治郎の優しさが滲み出るセリフ・名言を紹介!(11巻~15巻)

炭治郎 優しいシーン

タグ amazon Apple Books BL BOOK WALKER BookLive! docomo系 eBookJapan FODプレミアム honto hulu music. jp Reader Store Renta! SF作品 TSUTAYA Tマガジン U-NEXT ひかりTVブック まんが王国 アニメイトブックストア アニメ無料動画 アプリ アルスラーン戦記 キャラクター紹介 キャンペーン コミックDAYS コミックシーモア コメディ作品 サービス比較 ダンまち ドロヘドロ ネタバレと感想 ハートフル作品 バトル作品 ファンタジー作品 ブックパス ブック放題 ホラー作品 ミステリー作品 メイドインアビス ヤングマガジン ロボット作品 全巻無料 全話無料 動画視聴 各種手続き 恋するソワレ 恋愛作品 日常作品 月刊アフタヌーン 月刊少年マガジン 波よ聞いてくれ 漫画全巻ドットコム 漫画無料 無料お試し 無料で読める 無料期間で解約 約束のネバーランド 考察 花とゆめ 解約前の注意 評価・口コミ 週刊少年サンデー 週刊少年ジャンプ 進撃の巨人 雑誌読み放題 鬼滅の刃 【階級】 十二鬼月 上弦の参・拳鬼 【性格】 武闘派・誠実・「至高の領域」を常に目指し向上心が高い・強い者が好きで弱い者が嫌い・100年上弦の座に就き、常に鍛錬し続けている努力家。 【血鬼術】 羅針盤・破壊殺を使い、敵の行動を先読みしたり技の威力を上げるなどステータス向上重視。 【その他】 ・鬼舞辻無惨からは「青い彼岸花」を探すよう特殊な任務を受けている。 その過程で邪魔になる柱や鬼殺隊を数多く倒している。 ・女の子は絶対に食べない 100年以上上弦でいられる強さを持ち、鬼舞辻無惨からは特殊な依頼を受けているなど鬼の中の幹部。 武道のような構えや動きで炭治郎たちを圧倒し、さらに血鬼術で敵の闘気を感知したりと肉体派でありながらもかなり手ごわい。 鬼の中でも素手で勝負する珍しいタイプ。 女の子を絶対に食べないって…まさか紳士? 技の名前の由来は? 花火の名前と形だった! 相手の闘気を感知する羅針盤、武道家のような構えで使う 血鬼術の名前の由来は? 実は恋人である 恋雪 こゆき と共に見た花火の名前が由来です。 猗窩座の血鬼術・名前一覧• 破壊殺・羅針(はかいさつ・らしん)• 破壊殺・乱式(らんしき)• 破壊殺・空式(くうしき)• 破壊殺・滅式(めっしき)• 脚式・冠先割(かむろさきわり)• 脚式・流閃群光(りゅうせいぐんこう)• 脚式・飛遊星千輪(ひゅうせいせんりん)• 砕式・万葉閃柳(まんようせんやなぎ)• 脚式・鬼芯八重芯(きしんやえしん)• 終式・青銀乱残光 あおぎんらんざんこう どれもスピードや破壊力、打撃の数などが強く、もともと強い猗窩座をさらに強くさせる血鬼術になります。 疲弊していたせいもありますが煉獄さんも勝てませんでした。 炭治郎や伊之助は間合いに入ることすらできないほど速く強い、次元の違う血鬼術。 花火の名前といわれてみれば、 術の形もよく見ると花火の形に似ています!! 猗窩座の純情が伝わってきます! 花火の儚さやキレイなところは猗窩座を見ていてもイメージは湧かないけど、もしかして猗窩座には何かあるのでは? かわいそうな過去について・本当は優しい? 柱・煉獄さんをたった2巻で死に追いやるという許せない存在でもありますが、 その過去は18巻で明かされかわいそうだと同情してしまった方も多いはず。 大体の鬼は悲惨な過去を持ち、回想シーンがでるたびに人気に火が付きます。 猗窩座もその一人で鬼の中でも特に人気が高いです。 気になる過去を徹底的に深堀りします。 技の名前が花火なのはなぜなのか? 本当は優しい猗窩座の正体がいま明らかに! 猗窩座の本名は「狛治(はくじ)」 猗窩座の人間だったころの名前は「狛治 はくじ 」。 素敵な名前ですね。 狛犬の「狛」と「治す」が使われていることにも意味があるはず! 狛治は病気の父に薬を買うため、日ごろからスリを続けていました。 何度捕まっても病気の父のために頑張るとは、やり方は間違っているけれど人を思う気持ちがとても強い子です。 続けるには逃げられる体力や捕まらない強さが必要だと思っていた狛治、子供とは思えない筋肉量がついています。 このころから自然と鍛えていたのでしょうか? 3度捕まりスリの証である入れ墨は両手に3本ずつ。 この入れ墨の模様は、鬼となった後も全身に表れています 次は手首を斬り落とすと脅されても「手なんかなくても足でスってやるよ」と言い返すほど精神が強い。 恐ろしいガキです。 生まれた時から歯が生えていたという狛治は納得。 そんな我が子に父は、 自分のためにする犯罪をやめて真っ当に生きてほしいと願い、これ以上迷惑はかけたくないと首つり自殺をします。 貧乏でなかったら… 狛犬の「何かを守る」、父の病気を「治したい」という猗窩座の境遇や性格からこのような名前になったと思われます。 思いやりの心は人一倍どころか何十倍もある狛治。 環境が違っていたら本当にいい子に育っていたに違いない…。 師匠との出会い・守りたいもの ヤケになった狛治は大暴れしますが、そこを目撃したのちの師匠となる慶蔵は、 大人7人も素手で倒した狛治に「筋がいいからうちの道場に来い」と勧誘します。 犯罪の入れ墨があり暴れている狂犬のような狛治に笑顔で話しかけ、案の定向かってきたところをフルボッコ。 そして自分の家に連れて帰ります。 ヤバいなこのおっさん…!? 慶蔵は病弱な自分の娘の世話をしてほしいと狛治に頼みます。 ふつう、病弱で大事な娘を犯罪歴のある しかも大人7人を素手でボコボコにしていた ヤバそうな少年に任すか!? と誰もが思ったその矢先、 「罪人のお前は先刻ボコボコにしてやっつけたから大丈夫だ! 」などど抜かします。 …大丈夫だそうです。 こんな意味があったのね 猗窩座の名言集• そうか俺も弱い人間が大嫌いだ。 弱者を見ると虫唾が走る• お前も鬼にならないか?• その闘気、練り上げられている。 至高の領域に近い• 鬼になろう杏寿郎 そうすれば100年でも200年でも鍛錬し続けられる 強くなれる• 素晴らしき才能を持つ者が醜く衰えていく 俺はつらい耐えられない 死んでくれ杏寿郎若く強いまま• 名を名乗れお前の名は何だ!! 覚えておきたい!! 杏寿郎や炭治郎のように死ぬことはない お前も鬼になれ義勇 いい勝負をした義勇さんや煉獄さんに対しては鬼になろうと勧誘したり、強い者は人間でもしっかり認めるところもあります。 一方で弱者をかなり嫌っており、煉獄さんとの話合いでは力尽きた炭治郎を真っ先に倒そうとする面も。 セリフからわかるように、猗窩座は常により強くあろうとし、鍛錬し続けています。 まさに武道家の心。 義勇・炭治郎VS猗窩座。 死亡シーンは? 無惨との最終決戦で義勇さんと炭治郎は、猗窩座との対戦に。 どちらもギリギリの戦いの中でしたが、猗窩座は二人によって頸を斬られてしまいます。 しかし負けたくないという強い意志から、 猗窩座も鬼舞辻無惨同様に頸が弱点ではなくなっていきます。 頸がないまま血鬼術を使い2人を戦闘不能に追い込んでいくも、狛治だったころの記憶がよみがえり無惨の血との合間であることに気づきました。 弱者が嫌いなのはなんにもできなかった自分に重なるから。 本当は誰を殺したくて強くなったのか、それは自分自身だった。 それでも鬼であるため体は再生し続けてしまいますが、最後は恋雪の 「ありがとう狛治さん、もう充分です」という言葉で自分を取り戻し死亡します。 この後恋雪は、猗窩座と共に地獄へ。 本当は優しい猗窩座まとめ• 子供のころは病弱な父を助けるためスリを続けていた• 更生してほしい父は自殺• 恋人と師匠の2人を毒殺された悲しみから伝説の殺人事件を起こす• 無惨にヘッドハンティングされ鬼となる• 血鬼術の名前は恋人との記憶の花火から連想• 人を思いやる気持ち、人のためなら何でもできる! ずっと嫌って殺したかった弱者は自分のことだと気づき自害 子供のころ、父に満足な治療ができていたら、恋人が毒殺されなければ、猗窩座は鬼になることなくとても心の優しい強い青年になっていたはずです。 自分のことよりも人のために考えて動いてあげられる猗窩座は、本当は優しかった。 強くて優しいなんて紳士の極み! 煉獄さんや炭治郎ファンには宿敵となっていた猗窩座ですが、かわいそうな過去を知ると同情してしまいますね。 男性の方、強くて優しい思いやりのある猗窩座に弟子入りしましょう!! モテモテ間違いなしですよ!! New post: ベルセルク 1期アニメ の動画を全話無料で視聴できる配信サイトはどこ? New post: 【約束のネバーランド】実写映画は原作の何巻?

次の

【鬼滅の刃】結婚するなら炭治郎!?その良過ぎる性格を心理学で解説!|アニメンタリズム

炭治郎 優しいシーン

いまさらながら鬼滅の刃の話ですが…。 私は本誌でずっと読んでたんですが物語終盤でこの作品が微妙になりました。 ・妹を人間に戻すのが目的だったのに、炭治郎の知らないところでねず子が人間に戻り、それに対する炭治郎の反応も特になし ・薬強すぎ。 「鬼滅の薬」でいいのに。 そんな薬があるならなぜ最初から使わないのか。 ・鬼のことも思いやる優しい主人公。 が魅力だったのに、無惨に「存在しちゃいけない生き物だ」とは…。 ・鬼だって鬼になりたくてなったわけじゃないのに、「悪い鬼はいなくなった」とは…。 自分も鬼になってたねずこやそんなねずこを見てた炭治郎なら、もっと鬼に思いを馳せることができたっておかしくないのに。 失った命や手足は戻らないという世界観を覆すご都合展開。 ・墓参りシーン。 「どんだけ墓あると思ってんだよ、おわんねえよ」が不謹慎すぎる。 亡くなった人たちへの敬意のかけらもない。 こういうセリフをキャラに言わせてしまうあたり、作者がそういう人間なんだろうなと思ってしまう。 ・シリアスシーンでもギャグ絵みたいな雑な絵で寒い。 これは女性作者だから男性の自分には合わないだけなのか? ・優しい主人公(途中からキャラブレブレでたいして優しくもなくなったが)の面影もない、炭彦とかいう他人に迷惑かけまくりのクソガキ。 「こんな子になってしまったの ︎」とショックを受けた。 ・鬼になる前はしっかり者だったねずこ。 人間に戻ったら「ニャハー」や「めんえき!」に表れてるように頭の弱い馬鹿女になっていてがっかり。 ・最後の集合写真、みんなコピペしたみたいに全員ニッコニコの同じ顔。 もっとキャラの個性を描いてほしい。 たとえばあまり笑わないキャラの笑顔はもっと微笑程度に描くとか… 挙げればキリがないのですが主にはこんなところです。 こういうことを思ってるのは私だけじゃないようです。 ツイッターや掲示板でも言われてるので。 「すごく綺麗にまとまった」とか「完成度が高い」とか「よく練られた終わり方」とか言ってる人たちって、本当にそう思ってるんでしょうか?思ってるんだとしたら、何か別の作品読んでますか? ・それ思いました。 ねずこが人間に戻るとき炭治郎見てないですもんね。 ・薬で倒すならタイトルに刃じゃなくて薬入れればいいのにね。 ・無惨に対してだけじゃなく、もとからあんま優しくない。 優しいとしても押し付けがましい優しさ。 ・「悪い鬼はいなくなった」はないわと思いましたよね。 人を襲うから悪い鬼なのか?そんな単純なのか?じゃあねずこも悪い鬼じゃん。 ・墓参りシーンは結構ついったー等でも物議を醸してましたよね…不快なシーンでした。 ・ギャグ絵なのは、女性だからというより手抜きなだけでは? ・私も「え…ねずここんなあほっぽいキャラだっけ…」と思いました。 ・炭彦のキャラは微妙でした。 話し方も気持ち悪い。 ・集合写真も手抜きでしたね。 多分絶賛してる信者は盲目になってるんですよ。 >妹を人間に戻すのが目的 炭治郎が鬼の血を集めてたのはねず子を人間に戻すためですし、ねず子の現状はちょくちょく説明されてましたので、特に違和感はなかったです。 人間に戻ったねず子と炭治郎が淡々と会話していたのは、ちょっと違和感がありました。 もうちょっと亡くした家族に二人で思いを馳せるシーンがあっても、良かったと思います。 >薬が強すぎる 炭治郎が鬼の血を集め、珠代さんとしのぶが一緒に研究した結果ようやく作れた薬です。 他の鬼に使ったらもったいないし、その鬼を倒しても無惨がいる限り鬼は増えるので意味がないです。 最初から使えとおっしゃいますが、柱は無惨と会ってませんし、珠世さんは無惨に会ってすぐに薬を使ってますから、最初から使ってたことにはなるんじゃないでしょうか。 >無惨を思いやってない 無惨はラスボスですし身内の仇ですので、それくらい強く憎んでたんじゃないでしょうか。 自分の身内やら仲間やらを殺したラスボスに、「あなたにも辛いことがあったんだよね。 鬼になって苦しかったね」みたいな情けをかける方が、人間味がなくて気持ちわるいです。 >悪い鬼はいなくなった 悪い鬼=無惨なんじゃないでしょうか。 無惨が人間を鬼にしなければ鬼は増えません。 「鬼になりたくて鬼になったわけじゃない悲しい人間を生み出す悪い鬼(無惨)はいなくなった」という発言には、違和感ないです。 >炭治郎を鬼化した意味 仲間がいたから戻って来れた炭治郎と、仲間がいないから戻って来れなかった無惨という、対比のためだと思いました。 御都合だとは思いましたが、あのシーンは好きです。 炭治郎はまだ命を失ってませんのでセーフかなと。 >墓参りシーン 善逸は登場当初から、場違いで不謹慎な発言をしてますので「善逸なら言いそう」ではあります。 確かに不謹慎です。 >絵が寒い 好みの問題ですので、合わないだけだと思います。 雑に見える部分は、週間連載で間に合わなくて手を抜いてるのかなと思いました。 >炭彦の性格 曾祖父が優しかったからといって、曾孫が優しいとは限りません。 炭彦のキャラはそんなに好きではないですが、あれが「竃門家の血筋が現在までつながっている」という意味ですので、子孫の性格まではあまり気になりませんでした。 炭治郎たちが頑張ったおかげで、子孫が平和ボケできる時代になったんだなぁと思いました。 >ねず子の頭が弱くなった 鬼から人に戻る間に幼児化してるシーンがありましたので、精神的にまだ人間になりきってないのかなと思いました。 守るべき弟妹も支えるべき母親もいなくなって「しっかり者の長女」という役割が終了したから、ああなったのかなと思いました。 炭治郎は「ねず子は我慢してる」とよく言ってましたので、我慢しなくて良くなったのかなと思いました。 >集合写真 こちらも好みですので、合わないだけだと思います。 私は幸せそうな笑顔で良かったなと思いました。 >本当に綺麗にまとまったと思っているか いきなり現代までぶっとばさず、炭治郎とその子供たちの世代で終わっても良かったんじゃないかと思いました。 でも、比較的綺麗にまとまったと思っています。 (青い彼岸花は後付け感がありましたが)。 最近の作品でいえば、進撃の巨人・ドリフターズ・約束のネバーランド(こないだ終わったけど)・NARUTO・鋼の錬金術師などを読んでいます。 絶賛というほどではないし、信者だ盲信だと言われるほどはまった作品ではありませんが、私は最初から最後まで楽しく読みました。 作品の好き嫌いは己の価値観によるものですので、最終的には質問者さんの価値観に合わなかったんだと思います。 ・妹を人間に戻すのが目的だったのに、炭治郎の知らないところでねず子が人間に戻り、それに対する炭治郎の反応も特になし 人間に戻す薬の材料を集めたのは炭治郎だし、それを投与された事も普通に知っている。 ・薬強すぎ。 「鬼滅の薬」でいいのに。 そんな薬があるならなぜ最初から使わないのか。 開発出来ていなかったから。 珠世がちゃんと言っていたし、序盤〜中盤はそれを開発する為に十二鬼月と戦うというのが主題だったんだけど? ・鬼のことも思いやる優しい主人公。 が魅力だったのに、無惨に「存在しちゃいけない生き物だ」とは…。 仲間の鬼にすら非情に接する無惨に、優しい炭治郎が怒りを覚えるのは当然じゃないか? ・鬼だって鬼になりたくてなったわけじゃないのに、「悪い鬼はいなくなった」とは…。 自分も鬼になってたねずこやそんなねずこを見てた炭治郎なら、もっと鬼に思いを馳せることができたっておかしくないのに。 失った命や手足は戻らないという世界観を覆すご都合展開。 無惨の内面の掘り下げと「受け継がれる思いが何より大事」という作品として伝えたかった事を明文化したかったからじゃない? ・墓参りシーン。 「どんだけ墓あると思ってんだよ、おわんねえよ」が不謹慎すぎる。 亡くなった人たちへの敬意のかけらもない。 こういうセリフをキャラに言わせてしまうあたり、作者がそういう人間なんだろうなと思ってしまう。 実際終わらなそうだったし、別に一日でやる必要もないから、何日か後に来ようよって話だと思ったけど。 別に墓参り自体が嫌だとは言っていないし。 ・シリアスシーンでもギャグ絵みたいな雑な絵で寒い。 これは女性作者だから男性の自分には合わないだけなのか? 知るか。 ・優しい主人公(途中からキャラブレブレでたいして優しくもなくなったが)の面影もない、炭彦とかいう他人に迷惑かけまくりのクソガキ。 「こんな子になってしまったの ︎」とショックを受けた。 具体的にどこが? ・鬼になる前はしっかり者だったねずこ。 人間に戻ったら「ニャハー」や「めんえき!」に表れてるように頭の弱い馬鹿女になっていてがっかり。 鬼になる前の描写なんて僅かなのに、そこから膨らませた妄想と本編描写が合わないとか言われても…苦笑 ・最後の集合写真、みんなコピペしたみたいに全員ニッコニコの同じ顔。 もっとキャラの個性を描いてほしい。 海賊版読んでるんじゃないの?.

次の

【鬼滅の刃】炭治郎名言集!迷言・名シーンも

炭治郎 優しいシーン

気持ちわかる気もしますが、炭治郎が言ってることは間違いではないと思います。 身内が亡くなってすぐにそんなことを言われても「あんたに何がわかるんだ」ってなると思いますが... 私の解釈は、この言葉の裏には「辛くても悔しくても頑張って生きて欲しい」って思いがあると思います。 婚約者が亡くなったショックで立ち直れなくなって欲しくない、この先結婚をしないなど人生を棒に振るうことはしないで欲しい、よもや犯罪になど走ったりして欲しくない、どんなに嘆いても死者は還らない、などこの言葉の中には婚約者を亡くした男性への労りや願いの気持ちが込められてるように感じました。 もちろん自分に言い聞かせたって言うのもあります。 まだ15歳の子供ですし、考え方が甘いというのもあるでしょう。 何が正解とかはないのであなたが「この言葉は違う」と思うなら無理に納得する必要はありません。 そこばっかり気を取られては作品も楽しみにかけると思うので、気楽に見るのが一番だと思います。 禰 豆子以外の家族を惨殺され、禰 豆子は鬼になってしまって 絶望していた炭治郎に、義勇は怒りを誘う罵声を浴びせた事 がある。 怒りは生きる力に通じると経験を通して知っている炭治郎。 和己さんが婚約者を亡くした事によって絶望しているのを 見て、かつての自分と義勇の場面を思い出す。 言われる側の辛さも分かるけど、あえて和己の怒りを誘う 言葉で勇気づけようとする。 自分が悪者と思われてでも。 和己も最初は怒ってアドレナリンが湧いたが、炭治郎の 少年とは思えない苦労の跡が分かる手と、悲哀に満ちた眼差し を見て、自分よりも年下の少年がもっと残酷な運命を背負って 生きて来た事を察する。 そういったシーンです。 「怒る」というのも感情の一部です。 本当に心を折れた時って怒ることすら出来ないみたいですよ 比較に出したら不謹慎かもしれませんが 長時間労働で自殺してしまったニュースとか見てると 正常な人って 「そんなの上司殴ってやめるわ!」 とか 「会社訴えてやる」 とか言いますよね。 でも自殺しちゃう人はそういう怒りの感情すら出せなくなってしまうみたいです。 ですから炭治郎は怒らせるような事を言ったのかもですよ 怒るでもいいから感情を引き出させるために あとは炭治郎自身が家族が殺された時に 冨岡さんに怒られてますからね。 それで逆に生きるバネにしていたので それを踏まえて最初の任務でああいう発言をしたのかもしれません 1話の冨岡さんだって家族を殺されてる炭治郎にかけるような言葉ではなかったですからね 炭治郎も最初言うかどうか迷った間がありましたよね だから怒らせることも解っててあえて言ったんだと思います 炭治郎が家族を殺されて何年か経った中でやっと辿りついた答えが 「それでも生きていくしかない」だと思うので 「過去の自分と同じ」境遇の男性に、先輩面してアドバイスしたかったんじゃないかな 炭治郎のほうが若いけど、苦しんだ期間が長いので先輩です まあ炭治郎は心が強いのでつらい現実を直視して生きて行けますが 誰でも同じ心の強さを持ち合わせてるわけではないので 怒ったり絶望する人もいるかもしれません 婚約者をなくした男性もたしかに怒ってましたね 「お前に何が分かるんだ、お前みたいな子供に!」って からの 「君も同じだったのか?そうなのか?」という気づき からの 「すまない!酷いことを言った。 どうか許してくれ。 すまなかった」 という流れで感動を誘うという演出的な意味もあるのかと思います.

次の