なんで しょう か 敬語。 社会人と接する最低限のマナー 敬語編

「なんでしょうか」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

なんで しょう か 敬語

お考えになるは相手を立てるような言い回しですので、目上の方相手にも使えます。 「お考えでしょうか」や「お考えなのですね」といった確認にも使いやすいので、使い方を覚えておくと便利です。 「ご高察ください」は、お考えになるよりも文章向きの表現になります。 もしくは「お考えになる」よりも丁寧な使い方をする場面に向いていますので、より丁寧な対応を求められるシーンで使うと良いでしょう。 「考える」の類語・用語や由来 考えるの類語は「拝察」「考慮」「検討」「判断」など、複数あります。 考えるの類語は、状況や立場によって使い分けると、良い印象を与えることができるでしょう。 考えるの由来については、二つの場所を行ったり来たりすること、二つの場所について思いを巡らせる「かふがふ」が考えるの由来になったという説のほか、かみがえるという言葉が由来になったという説もあります。 自分の考えていること、思っていることなどを相手にしっかりと伝えるときに、「考える」という言葉は使いやすい言葉でしょう。 自分がどれだけこの件について理解しているかを、相手に伝える際にも考えるという単語は使うことができます。 考えるには、検討や判断といった意味もあります。 「考えた結果、〇〇のようになった」という意味を伝えるときにもよく使われる表現です。 その場合は「検討」や「拝察」といった単語がよく用いられます。 考えておりますという表現にすると、考えています、とするよりも丁寧な印象を相手に与えることができます。 「考えております」の例文• ・以上を踏まえまして、以下のように考えております• 相手にどのように考えているかを丁寧に尋ねるときに使います。 考えているに「お」をつけることで、より丁寧な印象を与えることができます。 「お考えでしょうか」の例文• ・先日メールにてご連絡させていただきました件について、どのようにお考えでしょうか• 相手の考えていることを推察するときによく使われる表現です。 「お」と「存じます」をつけることで、相手に対して丁寧な印象を与えることができます。 「お考えのことと存じます」の例文• ・〇〇に向けて頑張っていこうとお考えのことと存じます• 相手の意見を訪ねるときの丁寧な聞き方になります。 相手の意見を聞きたいときに、柔らかい物腰で尋ねたいときなどによく使われる表現です。 「お考えをお聞かせください」の例文• ・〇〇の件についてアンケートをお送りしました。 こちらの提案を相手に検討してもらいたいときによく使う表現になります。 「ご考慮」という言葉を使うことで、より柔らかいお願いの方法にすることが可能です。 「ご考慮いただけますでしょうか」の例文• 相手にこちらの提案を考えてもらうときの、丁寧な表現になります。 〇〇ではいかがでしょうか、ぜひご検討ください、といったように使います。 「ご検討ください」の例文• ・今回お送りした資料をご覧になって、ぜひご検討ください• こちらの提案に対して相手が返答をくれたとき、お礼の返信をするときによく使われる表現になります。 「ご検討いただきありがとうございます」の例文• ・早速のご返答ありがとうございます。 この度は〇〇の件についてご検討いただきありがとうございます。 自分が考えるときにの謙譲語の表現になります。 相手から何かを考えるよう要求されたことの返答に使うことが多いです。 口語ではあまり使わない表現ではありますが、きっちりした文章を書きたいとき覚えておくと便利でしょう。 「拝察いたします」の例文• ・ご提案いただいた件について、早々に拝察いたします。 ・先日いただいた資料について拝察させていただきました。 こちらが相手の提案を考えるときの、謙譲語の表現になります。 〇〇の件については、検討させていただきます、といった使い方が一般的です。 「検討させていただきます」の例文• ・先日ご提案いただいた件については、速やかに検討させていただきます• 相手のオファーや申し出に対して、返答をするときによく使われる表現になります。 検討させていただいた結果、ぜひご一緒させていただければ、などといった使い方をします。 「検討させていただいた結果」の例文• ・先日はご応募いただきありがとうございます。 弊社にて検討させていただいた結果、ぜひご一緒にお仕事をさせていただければと…• ・検討させていただいた結果、今回はA案で進めていただきたく存じます。 ご高察は考えるの尊敬語になります。 相手が目上の方の場合、ご高察という単語を使うことが多いです。 口語で使うより、メールや手紙で使うことが多い表現でしょう。 「ご高察いただきありがとうございます」の例文• ご一考も考えるの尊敬語になります。 目上の方やビジネスの取引相手といった立場の方に対して使うことが多いでしょう。 ご一考という単語は口語でも使うことがあるので、覚えておくと便利です。 「ご一考いただけますでしょうか」の例文• ・先日お伝えした件について、ご一考いただけますでしょうか• ・今回〇〇の資料を送付いたしました。 ぜひご一考いただけますと幸いです。 一般的あまり使われることは多くないかもしれませんが、上司などに判断をお願いしたときに使うことがあります。 「ご判断いただきありがとうございます」の例文• ・先日は相談させていただいた件について、ご判断いただきありがとうございます。 ・ご判断いただきありがとうございます。 早速Aプランで進めさせていただきます。 拝察は考えるの謙譲表現にあたります。 口語ではあまり使いませんが、きっちりとした堅めの文章を書きたいときに覚えておくと便利でしょう。 検討も考えるの謙譲語にあたる表現です。 相手からのオファーに対して、考慮した結果を伝えるときによく使われます。 口語でも文章でもよく使われる表現なので、覚えておくと良いでしょう。 また、下記の記事は「気を付けて」の敬語表現について書かれた記事です。 そのほか気を付けるの謙譲語や丁寧語、英語表現やメール表現についても紹介されています。 「気を付けて」の表現方法について興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 考えるという単語は、「ます」などの丁寧語の語尾をつければ丁寧な表現になります。 口語では考えましたで良い場面でも、メールや正式な文章では「拝察」「検討」といった単語を使った方が良い場合もあるので気を付けましょう。 考えます、はこれから未来に向けての意味合いが強いですが、考えています、になると現在今まさに考えている途中という意味合いが強くなります。 また、過去形の場合は「考えていました」といった表現になります。 「考える」の敬語は複数あるので状況に合わせて使い分けましょう 「考える」の敬語や用語は「考えます」のほか「お考えになる」「検討する」「拝察する」など複数の表現の方法があります。 考えている人がだれかや、立場、状況などに合わせて適切な表現を使い分けられるようにしましょう。 また由来についても様々な由来があって面白いので、こちらの調べてみてくださいね。 また、下記の記事は「お体に気を付けて」の敬語について書かれた記事です。 お体に気を付けてのほか、体調を気遣う表現や、年賀状、メールに書くための表現についても紹介されています。 「お体に気を付けて」の敬語表現などに興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

次の

「なんでしょうか」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

なんで しょう か 敬語

「致し方ない」の意味 「致し方ない」の読み方は「いたしかたない」 「致し方ない」は、「 いたしかたない」と読みます。 「致し方ない」の意味は「しかたがない」 「致し方ない」は、 ・仕方がない ・やむ終えない という意味があります。 避けることや逃れる事ができずに、もはや受け入れることしかでいないというような状態や、どうあがいても改善の見込みがないという状況に、「仕方がない」と言いたい場合の 「仕方がない」をさらに丁寧にした言葉が「致し方ない」です。 つまり、最終的に状況を受け止めるより他ないという仕方なく諦めたようなニュアンスが含まれます。 さらに、 ・致し方なし ・致し方あるまい とすると少し古めかしい響きになります。 「致し方ない」の敬語とビジネスでの使い方 「致す」は「する」の謙譲語 「致し方ない」の「致す」は、 「する」の謙譲語なので、「致し方ない」は敬語表現になります。 しかし、「致し方ない」単体で目上に使うのは丁寧さが足りないため、「致し方ありません」「致し方ございません」などが妥当であると言えるでしょう。 また自分の否がある場合、「致し方ない」というと意味的に 無責任な響きがあるので、ビジネスでは不向きです。 例えば、「〜なのですが、これは致し方のないことなんですよね」なんて言ってしまうのは失礼。 相手に納得して貰う前に自ら「しょうがないですよね」なんて言ってしまっては無礼だからです。 「致す」は「する」の謙譲語なので、自分が目上の人に対して何かするときに相手への敬意を示すために自分の行動をへりくだって表現する場合に使用することができます。 したがって、謙譲語である「致す」は目上の人の動作には使用することは できません。 つまり、「いかがいたしますか?」などと目上の人に効くのは間違いなんです。 目上の人の動作には「する」の尊敬語「なさる」を使用して「どうなさいましたか?」と聞くのが正解となります。 「致し方ない」の例文 「致し方ない」の例文 ・この悪天候では運動会が中止になってしまっても致し方ない ・かなり派手ば身なりをしていたので、写真を見て素行が悪いと思われてしまっても致し方なかった。 ・フライデーに撮られてしまったことは致し方ありませんが、今後は気をつけていただきたい。 ・体調不良ということでしたら、それはもう致し方ございません。 ゆっくりお休みになってください。 ・サイズがないというので致し方なしに違うデザインのものを購入することにした。 ・ここまで粘られては致し方ない、と諦め半分に一人暮らしを許してくてれた。 「致す」の例文 ・会社のますますの発展に力を致す。 ・未だにそのプロジェクトが成功しないのは、誠に不徳の致すところでございます。 ・遠い故郷に思いを致す。 ・またの機会がございましたら、その際はお願いいたします。 ・その状況では致し方ないが、許されないことである。 「致し方ない」の類語 仕方ない 「仕方ない」は、 ・それ意外にとるべき方法がない ・必然的に受け入れざるを得ない状況である ・対応しようがないくらいひどい といった意味合いで使用される言葉です。 「仕方」は、物事を行う方法や手順・やり方を意味しているので、「仕方ない」で、「方法がない・どうしようもない」といった意味になり、「しぶしぶ〜をする」というような意味としても使用されます 「仕方がない」の例文 ・電車が止まってしまい、仕方がないのでとりあえず遅刻の連絡を入れておいた。 ・これ以上薬を増やしても仕方がないから・・・と暫く様子を見ることになった。 ・子供がお友達に怪我をさせてしまうのではないかと、心配で心配で仕方がなかった。 詮方無い 「詮方無い」は、「 せんかたない」と読みます。 「詮方無い」の意味は、 ・方法がない・やりようがない様子 ・〜をしても手遅れ・無意味 ・やりきれない・たまらなく悲しい です。 「為ん方無い」と表記されることもあります。 「詮方無い」の例文 ・天候ばかりは、人間の力ではどうにもならない詮方無い。 ・放おっておくこともできず、詮方なしに居候を家においている。 ・会場に到着した頃にはチケットは完売してしまっていたので、詮方無しだった。 やむを得ない 「やむを得ない」は、「 やむをえない」と読みます。 「やむを得ない」の意味は「 そうするより他に方法がない・仕方がない」です。 「やむを得ない」は、「已むを得ない」と表記されることもあります。 「已む」とは、「続けていたことが終わりになる」「行われなく」という意味になります。 さらに「得ない」という「不可能」を表す言葉を後ろにつけているので、「どうすることもできない」というニュアンスになるということが考えられます。 例文 ・あんなに良い青年が窃盗なんて、きっとやむを得ない事情があるに違いない! ・病気など、やむを得ない事情の時意外のキャンセルはお断りさせていただいております。 ・一部メンバーのやむを得ない事情により、本日の公演は中止させていただきます。 せざるをえない 「せざるを得ない」の意味は「 ある物事をしなければならない。 しないわけにはいかない」です。 「せざる」は「〜しない」、「得ない」は「〜できない」と不可能の意を表します。 二重否定となるので、「〜しないことはできない」=「〜しなければいけない」という意味になります。 「せざるを得ない」はビジネスシーンでも使うことができ、何かを断らなくてはいけな場合に「断念せざるを得ません」などと言います。 「せざるを得ない」例文 ・メンバーが集まらないため、試合は中止せざるを得ないだろう。 ・計画の内容を決めたからには、早々と実行せざるを得ない。 ・検討してみたのですが、こちらの内容だとお断りせざるを得ない状況でございます。 よんどころない 「よんどころない」は、「 それ意外に取るべき方法がない」という意味で、「仕方ない」とったニュアンスで使用されることの多い言葉です。 「よんどころない」を漢字で表記すると「拠ん所無い」となります。 「よんどころ」とは「頼りにするもの」という意味の「よりどころ」が変化した言葉で、「支えとなるもの・根拠・理由」という意味が込められています。 だいたいは、「 説明するのもお恥ずかしいほどの理由なので、あえて説明しませんが〜・・・」といったニュアンスを込めて使用されます。 「よんどころない」の例文 ・よんどころない理由で、今回の飲み会は欠席させてもらうことになりました。 ・先日、よんどころない用事で都内に久々に出かけましたが、とっても疲れました・・・。 ・よんどころない訳があって、今は「鈴木」という偽名を使って生活しております。 余儀なく 「余儀なく」は、 ・それ意外に取る方法がない ・そうする意外にない ・仕方ない という意味です。 「余儀(よぎ)」に、「他にとるべき方法・別の意見」という意味があります。 例文 ・交通機関マヒの為、徒歩で出社することを余儀なくされた。 ・全治三ヶ月の怪我で、入院生活を余儀なくされた。 ・この大学では留年を3年繰り返した時点で退学を余儀なくされるケースも多いようです。 是非ない 「是非ない」は、「 ぜひない」と読みます。 「是非ない」の意味は、 ・やむを得ない・仕方がない ・善悪を論ずるまでもない ・いうまでもない・もちろんである です。 ニュアンスとして「嫌々仕方無く・・」となってしまうので、使用する相手や状況には注意が必要と言えるでしょう。 さらに、普段は同じ意味合いをもつ「仕方ない」のほうが圧倒的に使われていて、「是非もない」はどちらかというと、文学や文章などでよく使用される言葉であるということを頭に入れておくといいかも しれませn。 「是非もない」例文 ・今回は、トラブルがあったし取引先がこの条件で受けないのも是非もない ・突然の異動で、請け負っていた仕事を最後までやり切れないが是非もない ・「なんでこんなこと私達がやらなきゃいけないの、、」 「是非もなし!下っ端だからよ」 不可避 「不可避」は、「 ふかひ」と読みます。 「不可避」の意味は、「 避けることができない」です。 「致し方ない」とは、まったく別の言葉のようにも感じますが、「必ず起こる避けられないこと」を意味しているので、「〜そうなっても仕方がない」という意味の「致し方ない」と同義語になります。 「不可避」の例文 ・普段の来場者数の3倍は人が来ているのだから、入場制限は不可避だろう・・・。 ・人口急増により、とうとう我が街も、待機児童ゼロに向けた計画の見直しが不可避となった。 ・このままだと、元カノと鉢合わせ不可避でさすがにそれは、草不可避!!! 逃れられない 「逃れられない」の意味は、 ・危険や不都合な状態などから逃げることができない ・負担・不幸などからまぬがれることができない ・言い逃れできない です。 選択肢がなく、不本意ながらそうするより他ないというニュアンスで使用されることもあります。 「逃れられない」の例文 ・会社でパワハラをうけ、ストレスから逃れられない生活を送っている ・このまま何も行動しなければ、餓死してしまう運命から逃れられないだろう ・なんとか早退してやろうと思っていたが、上司に捕まってしまっては、もう逃れられない。 免れない 「免れない」は、「 まぬがれない」と読みます。 「免れない」は、「 好ましくない事柄や災いをら逃れることがでいない」というような意味合いで使用されます。 動詞である「免れる」の未然形である「免れ」に、打ち消しの助動詞である「ない」を付けた言葉です。 ・その物事からの影響を受けることを避けられない ・回避しようとしたところでどうにもならない というような事柄に対して使用されます。 「免れない」の例文 ・人間は、誰しも「死」という運命から免れることができない。 ・返却期限を過ぎてしまったので、延長料金の支払いは免れない。 ・長年一緒に生活していれば、どんなに仲良しだって喧嘩は免れないでしょう。 しゃあなし しゃあなし(しゃーなし)は、「 仕方がない」「 しょうがない」という意味です。 元々、「仕方がない」という意味の関西弁でしたが、近年ではネット用語として関西に住んでいない人でも使用することが多くなってきました。 「しゃあなし(しゃーなし)」の例文 ・「今日暇なんだけど、飲みに行きたいから付き合ってくれない?」 「そんな暇じゃないけど、しゃあなし!付き合ってやるよ!」 ・そういう事情ならしゃなしですね、いいですよ、来週シフト変わります。 ・本当は人混み苦手なんだけど、行きたいっていうからしゃあなし東京に連れて行ったよ。 のっぴきならない 「のっぴきならない」の意味は、「 どうにもならない」です。 「のっぴきならない」を漢字で表記すると、「退っ引きならない」となります。 つまり、「退けない・引けない」という、 どうにもならない状況であるということです。 元々「退き引き」という言葉でしたが、発音しやすく「のっぴき」と言い表すようになってから、そのまま打ち消しの「ない」をつけて「のっぴきならない」として使用されるようになりました。 例文 ・のっぴきならない事情により、出演者が一部変更になりましたのでご了承ください。 ・凶器にあなたの指紋が残っていたという事実が、のっぴきならない証拠です! ・のっぴきならないトラブルが起きたようで、帰宅後またすぐに職場に向かいましたよ。 打つ手がない 「打つ手がない」は、 ・行うべき有効な策がない ・何の手段もない という意味で使用される言葉です。 「打つ手がない」例文 ・この方法で失敗してしまったら、もはや打つ手がないだろう・・・。 ・とにかく何も戦える武器をもっていなかったので、逃げるより他打つ手がなかった。 ・どうにかして、ここから逃げようとしたが、打つ手がなく絶望的な気分だった。 「打つ手がない」は、 ・行うべき有効な策がない ・何の手段もない という意味で使用される言葉です。 精一杯手をつくして、これ以上もどうしようもない・・・と、諦めるきもちを表現するときに「致し方ない」と使用します。 例えば、事業成功に向けてあれやこれや、話し合って色々してみたけれど何も変わらない・・・といったときに、「これだけ経営が悪化してしまっては、致し方ない・・・」と諦めるような気落ちで使用します。 本当は、こうしたいという希望があったんだけれど、どうしても出来ない理由があるというような場面に、「本当は違うのがほしいけど・・・」というニュアンスを含めて「致し方ない」と妥協する気持ちを表現しています。 「妥協」といっても、集団生活をしていく中で折れるべき自分の希望などや意見などを、諦めるなど人間が集団生活をおこなっていく上で必要な「妥協」です。 何かをするためや、何か問題が起きてしまったときなど「こうしてみよう」「ああしてみよう」と策を出す場面で、もう絞れるだけ案は出した・・・・他にはもうないだろうという時に「致し方ないな・・・」と判断や決断をするときに使用されます。 本当は納得がいっていないけれど、他にどうすることもできないのだから仕方ないということです。 「どうにもならない」とは、例えば「旅行に行く日に台風が近づいている」とか、「雪の影響で飛行機が飛ばなくて帰れない」というような、自分自身がどうにかしようとしたところで、どうにもならないことです。 こういった、「打つ手がない」というような状況で「致し方ない」と使用されます。

次の

「致し方ない」は敬語?意味は?類語「仕方ない」との違いは?

なんで しょう か 敬語

「目上」は年齢・地位・立場・階級などが上のことです。 定義自体にいろいろな視点があって錯綜しますから、どれが重要であるかを見極める必要があります。 しかし、「目下であるなら敬語を使うべきではない」というようなことはまったく無くて、目下であろうとも敬語を使って丁寧に対応することは良いことですので、全ての人に敬語を使えばまったく問題はないのです。 「目下だから敬語は使わなくて良いよな」という不遜な態度がトラブルの元なのです。 ま、それはそれとして。 「いろいろな視点でどれが重要であるか考える必要がある」と言いましたが、それによってプライベートなり、職場内なり、仕事上・取引上の立場なり、一般的社会な地位なりでいかようにも取り扱いは変わりますので、一概には言えません。 「子会社に左遷された上司」はプライベートでは「尊敬する上司(目上)」かもしれませんが、仕事上は「下請けの担当者(目下?)」に過ぎないかもしれません。 それをどう扱うかは、あなた次第でしかないのです。 ただし、それであなたの人格・人徳も測られる可能性もあるのでご注意を。 普通「上司の奥さん」に対して「敬語」を使わないと、やはり心証は悪いでしょう。 常識です。 「上司の子ども」だって、その子を「独立した人格」として対応するわけじゃあありませんから、それなりに遇するのは常識です。 「目上」か「目下」か、なんていちいち考えてる時点でダメなのではないかと。 さて、最後に。 「尊敬する上司」が「痴漢で逮捕」。 これは、「目上」か?「目下」か? 小学校へ入学した時点なら学校内では同学年(新一年生)以外は全て目上の人です。 目上の人って実年齢が上の人ってのが本線で、それ以外に自分より地位が上で相対した時自分の方がより深く頭を下げなければならない相手を指します。 じゃ、年下の上司はどうかというと、仕事の上(延長線上にある飲み会等を含め)では当然目上の人になるのですが、プライベートではその上司を個人的に尊敬している場合の他は目上の者として扱う必要はないわけです。 上司の奥さんは仕事とは関係ない他人です。 年上なら目上、年下なら目下の女性となります。 子供も同様です。 愛妻家の上司が若い奥さんに敬語を使わない部下に対し不愉快に思うかもしれないというリスクを避けるために、その奥さんを目上の者として扱う場合。 これは奥さんと自分の関係ではなく、あくまでその上司との関係によるものですから話の本質が異なると思います。 補足についてですけど、尊敬できるから敬語を使うのかというと間違いではないですけど、そうでない場合もある。 それは社会の一員としてのマナーだからです。 ヤクザにため口をきけるかどうか・・・私の場合は基本的には友人以外にはため口で話すという習慣がないものですから相手がヤクザであろうがなかろうが同じですね。 組関係の人でも自分の立ち位置を理解している人であれば敬語が必要な場面で乱暴な口をきくと言う事はありませんよ。 そうでないチンピラさんなら、話のわかる人を通せばいいですし、組織を持たない人ならまともに話す機会もないでしょう。

次の