独り言が多い人。 仕事に集中できない…職場に独り言が多い人がいて迷惑な時はどうすればいい?

独り言が多い人の心理5つ&理由!独り言がうるさい人への対処法

独り言が多い人

【特徴・方法】• 精神的に不安定 精神的に安定しているときは、あまり独り言を口にしないものです。 その必要がないからです。 心の中に不安を抱えていたり、何か大きな悩みを持っている時、 あるいは、何かのアクシデントやハプニングで心が動揺したときに、独り言が出やすくなるものです。 独り言にはマイナス表現が多いことを考えれば、そのことが理解できるでしょう。 つまり、しょっちゅう独り言を言う人は、そうでない人よりも、精神的な安定を欠きやすいという特徴があります。 小さなパニック状態になって、本人も無意識のうちに独り言を口にしてしまうことも少なくありません。 また、ストレスを軽減するために、意識的に独り言を言うケースもあります。 いずれのケースにも共通しているのが、「精神的な不安定さ」ということになるでしょう。 さみしがり屋で周囲の人にかまってほしい 自己アピールのために、独り言をはっきり意識して口にする人もいます。 その根底にある心理は「さみしさ」です。 さみしがり屋で、一人でいることが嫌いな人、孤独を怖れる人は、 周囲の人にかまってほしいという気持ちから、人に聞こえるように独り言を言うことがしばしばあります。 「困ったなあ」とか「どうしよう」というような独り言を口にして、周囲の人から「どうしたの? 」などと声をかけてもらうことを期待しているわけです。 ほんとうに困ったときや、人に助けてほしい時には、独り言でなく相手に直接声をかけて助けを求めるのがふつうでしょう。 それをあえて独り言によって周囲に伝えるのは、それほど深刻な事態ではない証拠と考えていいでしょう。 気持ちに余裕があって、少しだけ困っているときに、人とコミュニケーションを取りたいがために、そうした独り言を言うわけです。 自己中心的でマイペース 職場などで近くにいる人が独り言を言えば、どうしても気になってしまうものです。 気が散って自分の仕事に集中できなくなるのですから、癖のように独り言を口にする人は迷惑と言うしかありません。 逆に言うと、独り言が多い人には、人の迷惑を顧みない自己中心的なところがあるということになるでしょう。 相手がどういう状況にあるかはあまり考えず、自分の気分に任せて独り言を言うのですから、マーペースで無神経です。 慎重で神経質 周囲の人にアピールするという気持ちは全くなく、ひたすら自分のためだけに独り言を口にするケースもよくあります。 例えば、仕事や何かの作業をしながら、あるいは一つの仕事を終えた時などに、「指先確認」のように、 「ここは大丈夫」とか「よし、できてる」、「これはちょっとちがうな」というように独り言でセルフチェックするわけです。 それだけ神経が細やかで、慎重な性格ということになります。 ミスを怖れ、自分のやった仕事や作業をいちいちチェックしないではいられないのですから、臆病な心理も働いていると考えていいでしょう。 自己暗示をかけてモチベーションを高めたい 逆に、仕事や作業をする前に、「さあ、始めよう」というような独り言を口にする人も少なくありません。 例えば、主婦がめんどうな家事を始める際に、「さ、やらなきゃ」とつぶやくのは、自分の心の中の「おっくう」という気持ちに打ち克ち、 家事に対するモチベーションを高めるための、自分への激励と考えていいでしょう。 この場合、独り言を口にする人は前向きな精神状態にあるわけです。 口癖のように独り言を言う人の特徴について、その精神面に注目して紹介してきました。 自分一人の時と、周囲に人がいる時とでは、独り言を口にする人の心理も違ってきます。 その心理を知るための参考になさってください。

次の

独り言が多い人の心理は?仕事中にブツブツうるさい人への対処法

独り言が多い人

独り言の原因はコミュニケーション不足? 原因の一つとしては、日頃のコミュニケーション不足があります。 一人暮らしが長いと「いつの間にかテレビと会話していたことに気付いて、愕然とした」というケースも多くなります。 人間は会話をしてコミュニケーションをとるように進化してきた生き物なので、会話欲求ともいえるものが本能的に備わっています。 誰とも会話しない時間があまりにも長い人は、脳トレにもなるので、テレビと会話することは、それほど悪いことではありません。 独り言で周囲に迷惑がかかっているような場合でなければ、軽いストレスの発散にもなります。 考えを整理するための独り言 他の理由としては、自分の思考のプロセスを言語化する際に、口から言葉が出てしまい、独り言になっているケースがあります。 仕事をしながら、ブツブツと独り言を言っている人の場合、その独り言の内容が仕事を進めるためのものであれば、その人の独り言には多少目をつぶってあげる必要があります。 このようなタイプの独り言は、無理に禁止してしまうと、仕事の効率が落ちる可能性もあります。 また、この独り言を話している人は、頭の良い人が多いという特徴もあります。 保身のための独り言 急にストレスのかかる出来事が起こると、自分自身を落ち着かせるために独り言を言う場合もあります。 これは誰にでも起こりうることです。 例えば、車を運転していて、急に人が飛び出してきて、急ブレーキを踏んだものの、何とか何事もなくやり過ごしたとします。 この時、自分を落ち着かせようとして「あー。 びっくりした。 急に出てきたよ。 ぶつからなくて良かったぁ。 危ないなぁ。 こっちのブレーキが早かったから間に合ったけど…」などと、誰もいなくても結構長い独り言を言ってしまったりするものです。 このように、状態や状況を言語化することによって、自分の立ち位置を確認して、心の安定を得ようとします。 よく分からない状態は人間を不安にさせてしまうので、自分を納得させ、落ち着きを取り戻すためです。 要注意の独り言 独り言は、ある程度放っておいてあげた方がいい独り言もあります。 しかし、注意の必要な独り言というものもあります。 まず、独り言の内容があまりにネガティブなものばかりの場合は、精神的なストレスや疾患の心配があります。 ネガティブな独り言は、周囲の人にとっても気持ちの良いものではありません。 誰でも愚痴を言いたくなることはあります。 しかし、愚痴を独り言や、相手がいても一方的に話し続けてしまっているような場合には、メンタル的なケアが必要なケースである可能性があるので、注意が必要です。 独り言と同時に、一人で急に笑い出すということもある場合は、妄想や幻聴などの症状も起きている可能性があります。 認知症や統合失調症、自閉症などの障害も疑われます。 誰かに聞いてほしい独り言 無意識に発してしまっていることが多い独り言ですが、故意に発しているものもあります。 それは、俗に言う「かまってちゃん」のタイプや、自己中心的なタイプの人に多くなります。 その独り言の原因は「誰かに気にかけほしい」という承認欲求や「他の人が大変な自分に気付いて助けるべきだ」などの自己中心的な心理が影響しています。 誰かに聞いてほしいという訳ではなくても、感情を伴う独り言が多い場合は、幼児性の現れです。 「お腹空いた」「疲れた」などの、独り言が多い人は自分の感情をコントロールできていない傾向があり、自己中心的になりやすいです。 「自分の独り言を意識してみると、実はプチ文句が多かった」ということを発見したときは、自分を見つめ直すチャンスです。 自分をコントロールできる大人として、ワンランクアップできるかもしれません。 独り言への対処法 独り言を言う人にも色々なタイプがありますね。 要注意な独り言を除けば、あとはそんなに心配のいらないものです。 原因を知れば「そのための独り言か」と、周囲の人も納得できるので、多少は温かい目で対処できるのではないでしょうか。 ただし、自分で独り言が多いことに気付いていない人も多いので、あまりに気になる場合は「独り言けっこう出てるよ」「みんなびっくりしちゃうから」と、言ってみるのも一つの対処法です。 ネガティブな独り言は聞かされるのも辛いですが、実は言っている本人にもストレスを与えています。 脳はネガティブな発言の主語の判別ができないため、人への批評や不満も自分へのネガティブなストレスとして感じてしまいます。 どうしても独り言を言ってしまうタイプの方は、ポジティブな独り言になるように気を付けてみると、ストレスも軽減されるのではないでしょうか。 独り言を言うのには理由がある 独り言はその内容によって、ストレス発散にもなるし、反対にストレスを増幅させることにもなる不思議なものです。 あまりに長かったり、声の大きい独り言は控えてほしいものですが、人類に言葉がある限り、上手に付き合っていく必要があるものでもありますね。 「独り言が多い人の理由とは?なぜ独り言を言ってしまうのか」への感想コメント一覧•

次の

独り言が多い人の理由とは?なぜ独り言を言ってしまうのか

独り言が多い人

職場での独り言 前述で「精神の不安定さ」が原因で独り言が発せられる事が分かりました。 では職場で精神が不安定になる時ってどんな時でしょうか?• 転職後等、新たな環境になった時。 自分の思い通りにならないでモヤモヤ・イライラする時。 想定外の事が起こった時。 ミスした時。 大体こんなところでしょうか。 ざっくり「うまくいかない事が起きた」という言葉に集約できそうですね。 うまくいなかい事が起きた時、私も「あっ!」とか思わず口走ってしまう事があります。 これくらいなら皆発してしまうのでまあいいと思うのですが、問題なのはそれが延々と継続されてしまう場合です。 「これはどこになるのかな〜?」 「う〜〜〜ん?どういうことだ?あれ〜〜〜〜〜?」 「あ、これかも」 「あーーーっ!!!!!そういうことかっ!!!!!」 等、 現在の状況を一人で延々と解説するような独り言のタイプは非常に危険です。 この独り言を聞いて、周りの人はこう考えるでしょう。 その独り言、周りに聞いて欲しいの?• その独り言に対して何かリアクションして欲しいの?• その独り言は助けを求めているの?• さっきからデカイ声でブツブツ煩せえんだよボケ!• あ、この人もしかしてちょっとヤバイ系な人?• お前はやばい薬でもキメてんのか?• お前構ってちゃんなのか?うぜぇ・・・ と。 声を発する事で現状を再認識して精神のバランスを保とうとしているのは解ります。 それで当人はバランスが保てるのかもしれません。 しかし、 あなたの周りのバランスが想像以上に崩れていく事を認識すべきなのです。 あなたが保つバランスより、あなたが壊すバランスの方が大きいのです。 なんせ当人1に対して周りの人複数人なのですから。 更に、声が大きい人の独り言の場合ヘタしたら数十人のバランスを崩壊させます。

次の