原口 一 博。 骨の難病公表した原口一博元総務相、安倍晋三首相は「難病と闘う同じ仲間」 励ましメッセージを病室に

骨の難病公表した原口一博元総務相、安倍晋三首相は「難病と闘う同じ仲間」 励ましメッセージを病室に : 原口は感激 真相の道

原口 一 博

国会で不正を追及 国民民主「国会Gメン」発足 国民民主党は税金の無駄遣いや政治家の不正などについて、独自の調査に基づいて国会での追及を行う特別チーム「国会Gメン」を発足させました。 国民民主党・原口一博国対委員長:「税金の無駄遣いを絶対に許さない。 政治の不正を徹底的にただす。 そういうチームを結成したい」 国会Gメンは民主党時代にも活動し、外交機密費問題や耐震偽装問題を追及して政権交代へとつながりました。 1日の初会合では、不正追及を担当した元国会議員から調査の方法や国会でどう追及するか経験談を聞きました。 当時のメンバーだった原口国対委員長は「内部告発や独自調査で新しい事実を掘り出す」と話し、追及姿勢を強めていく考えを示しました。 予算の無駄遣いや不正を追及する「国会Gメン」起動 国民民主党は1日、原口一博国会対策委員長が中心となり予算の無駄遣いや不正を追及する「国会Gメン」の発会式を国会内で開いた。 民主党時代の「国会Gメン」のメンバーのひとりだった上田清司埼玉県知事が講演を行った。 また式では、今年17回忌を迎えた民主党「国会Gメン」メンバーの故・石井紘基元衆院議員に黙とうう捧げた。 会合には17人の党所属議員など23人が出席した。 会合終了後に記者団からの取材に応じた原口国対委員長は、今後は月に1回総会を開き、各自の分野を決めて分野横断的に追及していく方針を説明した。 上田知事の講演については、「生活に密接なテーマをわかりやすく現地に調査を入れて徹底的に追及していった足跡をたどることができた」とし、「くしくも第4次安倍内閣になって1回目の予算委員会の前日に行えたのはありがたい」と意気込んだ。 国会Gメン発会式ブリーフ — 原口 一博 kharaguchi 今日は民主党国会Gメン隊長石井紘基代議士の命日。 亡くなる1週間前に食堂であった。 「1週間後に衝撃の事実がわかるだろう。 その時は全てが変わる時だ。 」海外で本を出すとの話だったが二度と確かめられない。 近畿財務局等OB有志の方々から話をうかがう。 不正、理不尽を断じて許さない。 志に触れる。 — 原口 一博 kharaguchi 国会Gメン隊長故石井紘基代議士のお嬢さん、石井ターニャさんが中村てつじさんの応援に駆けつけてくれた。 石井さんは命をかけて巨悪を追及して行った。 私達の目標だった。 見て見ぬふりのできない人だった。 石井代議士を思いニーメーラーの言葉を引いた。 長いものに巻かれることをしない人だった。 — 原口 一博 kharaguchi 国会Gメン発足、故 石井紘基隊長17回忌で娘ターニャさんから花束が贈られる メンバーも倍増 当時からのメンバー原口一博衆院議員「年金運用、外交機密費、耐震偽装…国の官僚の天下り先独立行政法人などを独自調査する」「既に内部リークもある」 — 日銀筆頭株主ロスチャイルド RothschildBoJ ご存知の方もご存知でない方も是非ご覧下さい。 「日本病の正体」政治家 石井紘基の見た風景まとめ1〜5 — 日銀筆頭株主ロスチャイルド RothschildBoJ "国会Gメン隊長"石井紘基を知らない人も知ってる人もご覧下さい。 日本病の正体である「特別会計」「特殊法人」で日本国民の税金を蝕む仕組みを追って、明治以来ずっと日本政府である満州人脈に殺害された。 — 日銀筆頭株主ロスチャイルド RothschildBoJ あの石井紘基が立ち上げた[国会Gメン]が復活! 原口さん、ありがとう。 — 伊豆の路上人さぶ izuitosabu 原口国対委員長がんばってます。 は税金のムダ使いを許さないとの思いで、国の予算を厳しくチェックしていきます。 — 玉木雄一郎 tamakiyuichiro は、 タブーを恐れず、あらゆる国家の腐敗や闇に切り込む姿勢を持っていた議員で、税金の無駄遣いや天下りシステムを強く批判しては、やいた。 こうした 彼の、愚直なまでの国家の腐敗を追及する政治活動が彼自身の命を奪ったことはほぼ確実で、 彼の非業の死は、現在の野党議員らにも大きな影響を与え、暗い影を落としていることは想像に難くない。

次の

百田氏VS原口一博議員が大げんか→ここまでダメダメになっているとは思わなかった。

原口 一 博

略 歴 1983年 S58 4. 1 財 松下政経塾入塾 1987年 S62 4. 30 佐賀県議会議員当選 1996年 H 8 10. 20 衆議院議員 佐賀県第1区 初当選 得票数 62,515票 1998年 H10 11. 1 民主党佐賀県総支部連合会代表 現職 民主党佐賀県第1区総支部代表 現職 2000年 H12 6. 25 衆議院議員再選 九州ブロック比例 当選2回 得票数 62,932票 2003年 H15 11. 9 衆議院議員再選 佐賀1区 当選3回 得票数 70,271票 2003年 H15 12. 11 民主党ネクスト規制改革担当大臣人権・消費者問題担当大臣 子ども政策担当大臣 就任 ~H16. 13 2005年 H17 6. 1 郵政民営化に関する特別委員会 理事 ~H17. 8 2005年 H17 9. 11 民主党ネクスト郵政改革担当大臣 2005年 H17 9. 22 郵政民営化に関する特別委員会 筆頭理事 ~H18. 20 2005年 H17 9. 22 予算委員会 委員 2005年 H17 10. 19 民主党ネクスト総合政策企画会議担当大臣 ~H18. 25 2005年 H17 11. 29 北朝鮮による拉致問題に関する特別委員会 委員 ~H18. 20 2007年 H19 9. 9 民主党ネクスト総務大臣就任 ~H21. 21 2007年 H19 10. 12 総務委員会筆頭理事就任 ~H21. 21 2009年 H21 8. 30 衆議院議員再選 佐賀1区 当選5回 得票数 96,618票 2009年 H21 9. 16 総務大臣、内閣府特命担当大臣 地域主権担当 2010年 H22 10. 1 衆議院総務委員長 2011年 H23 9. 5 衆議院総務委員長 再任 2012年 H24 10. 16 衆議院内閣委員会 委員 2012年 H24 7. 20 衆議院予算委員会 委員 2012年 H24 10. 16 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 委員.

次の

スタッフ

原口 一 博

略 歴 1983年 S58 4. 1 財 松下政経塾入塾 1987年 S62 4. 30 佐賀県議会議員当選 1996年 H 8 10. 20 衆議院議員 佐賀県第1区 初当選 得票数 62,515票 1998年 H10 11. 1 民主党佐賀県総支部連合会代表 現職 民主党佐賀県第1区総支部代表 現職 2000年 H12 6. 25 衆議院議員再選 九州ブロック比例 当選2回 得票数 62,932票 2003年 H15 11. 9 衆議院議員再選 佐賀1区 当選3回 得票数 70,271票 2003年 H15 12. 11 民主党ネクスト規制改革担当大臣人権・消費者問題担当大臣 子ども政策担当大臣 就任 ~H16. 13 2005年 H17 6. 1 郵政民営化に関する特別委員会 理事 ~H17. 8 2005年 H17 9. 11 民主党ネクスト郵政改革担当大臣 2005年 H17 9. 22 郵政民営化に関する特別委員会 筆頭理事 ~H18. 20 2005年 H17 9. 22 予算委員会 委員 2005年 H17 10. 19 民主党ネクスト総合政策企画会議担当大臣 ~H18. 25 2005年 H17 11. 29 北朝鮮による拉致問題に関する特別委員会 委員 ~H18. 20 2007年 H19 9. 9 民主党ネクスト総務大臣就任 ~H21. 21 2007年 H19 10. 12 総務委員会筆頭理事就任 ~H21. 21 2009年 H21 8. 30 衆議院議員再選 佐賀1区 当選5回 得票数 96,618票 2009年 H21 9. 16 総務大臣、内閣府特命担当大臣 地域主権担当 2010年 H22 10. 1 衆議院総務委員長 2011年 H23 9. 5 衆議院総務委員長 再任 2012年 H24 10. 16 衆議院内閣委員会 委員 2012年 H24 7. 20 衆議院予算委員会 委員 2012年 H24 10. 16 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 委員.

次の