ディープ フェイク サイト。 アダルトのディープフェイク(フェイクポルノ)が凄かった

ディープフェイク動画(AI合成動画)の作り方、簡単スマホアプリ、PCソフトは? あなたも狙われる、フェイク動画の恐怖!

ディープ フェイク サイト

参考動画:BuzzFeedVideo|有名なディープフェイク動画の例。 この偽動画を作成したのはコメディアンのJordan Peele氏(画面右に登場)とのこと。 フェイク動画の将来の危険性について警告しています。 ディープフェイクとは? によれば、 「ディープフェイク(deep fake)」とは、人工知能の重要技術である「ディープラーニング(deep learning)」と英語で捏造・にせものを意味する「フェイク(fake)」から作られた造語、とのことです。 人工知能によって、本人が実際には話していないことを話させたり、人物の顔を巧妙に入れ替えたりして、本物と見分けがつかないような偽動画などを作ることができる技術のようです。 一人の男が、盗んだデータで何億人ものあらゆる秘密、生活、将来を完全に支配している様子を。 )などと発言しているフェイク動画です。 しゃべるモナリザ?たった1枚の画像からディープフェイク動画を作成 参考動画|tech 4tress:ディープフェイク動画を作成できるフリーソフトツールとして有名な「FakeApp」のダウンロード・インストール方法や使い方などが解説されています。 — VICE VICE 他にも、スマホなどで簡単にフェイク動画や画像を作れるアプリがどんどん出てくるのも、もはや時間の問題といえそうです。 有名人だけでなく、どんな人でも被害者になりうるため、非常に怖い脅威となりつつあります。 このように偽動画などを簡単に作れるようになることで、有名な政治家のフェイク動画が選挙結果に影響を及ぼしたり、捏造動画が新たないじめの手段に使われたりと、様々な可能性が懸念されています。 ディープフェイクを見破る方法や対策など 参考動画|東京新聞:フェイク動画を見破る人工知能AIについての報道。 ディープフェイクのアルゴリズムによる巧妙な偽動画は、すでに人間の目では本物と見分けることは難しくなりつつあるため、AIによってディープフェイクを見破る技術の研究が進んでいるようです。 ただ、偽造技術の方も日々進歩しているため、結局いたちごっこになってしまうのでは?と個人的には危惧しています。 他にも、たとえば透かしを入れる方法などが検討されているようですね。 法律の整備などもこれから急速に進んでいくでしょう。 どんな情報も鵜呑みにせず、各自が総合的に判断していく能力が今まで以上に求められることになりそうですね。 ダーウィン・ジャーナルにご訪問いただきありがとうございます!管理人のチャールズです。 当サイトでは生物学や心理学・テクノロジー分野のクリエイティブ・コモンズの論文を中心に、管理人が個人的に興味を持った世界の最新の研究成果や面白い科学ニュース雑学などを、できるだけわかりやすくまとめて紹介しています。 各分野の専門家ではない管理人が個人で運営しておりますため、恐縮ですが、誤りなどを含んでいる可能性がありますことを予めご了承下さい(参考:)。 記事中には原則としてソースの学術論文をリンク付きで明記していますので、学術・医療分野などにおける正確性・厳密性を求められる方はそちらを直接ご覧下さいますようお願い致します。 もし誤りについてのご指摘やご意見・ご感想などありましたら、コメント欄に記入あるいはからお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

次の

ディープフェイクとは?注意点や問題点は?閲覧可能なサイトも紹介!

ディープ フェイク サイト

その中でも経緯と放送で語れなかったことに関しては正直公の場で書き辛い内容なので、有料部分に載せようと思います。 ディープフェイクを自分でも使ってみたい、ディープフェイクによって今世界に何が起きているのか詳しく知りたい、ベナオは結局何をやってTVに出ることになったのか知りたい、という方はぜひ最後までお付き合いください。 僕がフリーランスになって初期にやっていた活動についても書いていますので、気になる方はぜひご購入ください。 僕が運営しているサイトもそちらの方に掲載したいと思います。 ディープフェイクってそもそも何? そもそもディープフェイク技術について説明したいと思いますが、これはディープラーニングの技術を使って動画の中の人間の顔の部分をプログラムによって認識して切り取り、それを別の動画に映っている人間の顔と入れ替えるというものになります。 これが単純に顔の静止画を切り抜いて動画に当てはめるような付け焼き刃なものではなく、映っている人の表情に合わせてそれぞれのパーツが自在に動くので、何も知らない人ならそれが加工された動画だと気付くことは困難です。 iPhoneのカメラが顔認識できるのは人間だけのようです。 これはAppleのサーバーに蓄積された大量の顔写真データを元に機械学習を行い、プログラムに人の顔特有のパターン(目や耳などのパーツの数、配置、顔の輪郭など)を記憶させることで実現されています。 具体的には大量のサンプル画像データ一枚一枚について、被写体のパターンを全て数値的なパロメータ( 特徴量と呼ぶ)まで分解し、それらに統計的な処理を加えて 機械学習モデルを作成することで新たなサンプル画像のどこからどこまでが顔なのかを判定できるようになります。 機械学習モデルは例えるなら、ある水溶液の酸性度を判定してくれるリトマス試験紙のようなものです。 今回の場合の画像データは水溶液と同じ位置付けになります。 画像認識に関してはこちらのnoteでも触れてますので合わせてどうぞ。 これは画像にしか適用できませんが、明らかにディープフェイク技術の原型ですね。 こちらは動画のように時間当たりで表情を動かしたりする必要がない分、ディープフェイク動画よりも単純なプログラムで済むと言えるでしょう。 そしてこれができるなら同じことが動画でもできるはずで、それによって使い道が無限に広がると考えるのがエンジニアです。 ディープフェイクが世界で何を引き起こしているのか 新たに生まれる技術は、常に良い事ばかりに使われるとは限りません。 この技術は諸外国で政治スキャンダルの捏造に使われています。 トランプ大統領と似たような体型の人に髪型を似せて喋らせ、その映像にディープフェイクを使うことで、ぱっと見では見分けられないほど精巧な偽造動画を作っています。 他には偽造ポルノの作成にも使われており、カリフォルニア州ではこうしたフェイク動画による名誉毀損を訴えることができる法律が既にできています。 ディープフェイクの希望 ここまでディープフェイクの恐ろしさばかりを強調してきましたが、僕が伝えたいのは決してそんなことばかりではありません。 僕はAIが人間の可能性を押し広げてくれると信じて、このような情報発信を続けています。 なので無料部分の最後でディープフェイクのわずかな光について書きたいと思います。 以下はAbemaTVのニュース番組であるAbemaPrimeでの、乙武洋匡さんの発言です。 正直僕は美空ひばりさんのに思い入れは特になかったのですが、今回記事を書くにあたって動画を見てみたら観客の方が泣いているのにつられてうるっときてしまいました。 よく考えたら僕が去年にNHKから取材を受けた時にも、ディープフェイク動画の作り方について詳しく聞かれました。 その時からこの企画が走っていたんでしょうね。 今回の件で、僕のNHKさんに対するイメージもかなり変わりました。 昨今のAI技術の急激な進歩を、しっかり追いかけていこうという意思が感じられました。 前半まとめ ・ディープフェイクはAI技術の一種 ・ディープフェイクは被写体の顔を他人の物と入れ替える ・ディープフェイクには画像認識が重要 ・ディープフェイクは政治スキャンダルやポルノの捏造に使われている ・ディープフェイクは悪いことばかりじゃない.

次の

【NHKスペシャル4/5出演】ディープフェイク動画サイト運営してたらNHKに出ることになった話|ベナオBlog|note

ディープ フェイク サイト

参考動画:BuzzFeedVideo|有名なディープフェイク動画の例。 この偽動画を作成したのはコメディアンのJordan Peele氏(画面右に登場)とのこと。 フェイク動画の将来の危険性について警告しています。 ディープフェイクとは? によれば、 「ディープフェイク(deep fake)」とは、人工知能の重要技術である「ディープラーニング(deep learning)」と英語で捏造・にせものを意味する「フェイク(fake)」から作られた造語、とのことです。 人工知能によって、本人が実際には話していないことを話させたり、人物の顔を巧妙に入れ替えたりして、本物と見分けがつかないような偽動画などを作ることができる技術のようです。 一人の男が、盗んだデータで何億人ものあらゆる秘密、生活、将来を完全に支配している様子を。 )などと発言しているフェイク動画です。 しゃべるモナリザ?たった1枚の画像からディープフェイク動画を作成 参考動画|tech 4tress:ディープフェイク動画を作成できるフリーソフトツールとして有名な「FakeApp」のダウンロード・インストール方法や使い方などが解説されています。 — VICE VICE 他にも、スマホなどで簡単にフェイク動画や画像を作れるアプリがどんどん出てくるのも、もはや時間の問題といえそうです。 有名人だけでなく、どんな人でも被害者になりうるため、非常に怖い脅威となりつつあります。 このように偽動画などを簡単に作れるようになることで、有名な政治家のフェイク動画が選挙結果に影響を及ぼしたり、捏造動画が新たないじめの手段に使われたりと、様々な可能性が懸念されています。 ディープフェイクを見破る方法や対策など 参考動画|東京新聞:フェイク動画を見破る人工知能AIについての報道。 ディープフェイクのアルゴリズムによる巧妙な偽動画は、すでに人間の目では本物と見分けることは難しくなりつつあるため、AIによってディープフェイクを見破る技術の研究が進んでいるようです。 ただ、偽造技術の方も日々進歩しているため、結局いたちごっこになってしまうのでは?と個人的には危惧しています。 他にも、たとえば透かしを入れる方法などが検討されているようですね。 法律の整備などもこれから急速に進んでいくでしょう。 どんな情報も鵜呑みにせず、各自が総合的に判断していく能力が今まで以上に求められることになりそうですね。 ダーウィン・ジャーナルにご訪問いただきありがとうございます!管理人のチャールズです。 当サイトでは生物学や心理学・テクノロジー分野のクリエイティブ・コモンズの論文を中心に、管理人が個人的に興味を持った世界の最新の研究成果や面白い科学ニュース雑学などを、できるだけわかりやすくまとめて紹介しています。 各分野の専門家ではない管理人が個人で運営しておりますため、恐縮ですが、誤りなどを含んでいる可能性がありますことを予めご了承下さい(参考:)。 記事中には原則としてソースの学術論文をリンク付きで明記していますので、学術・医療分野などにおける正確性・厳密性を求められる方はそちらを直接ご覧下さいますようお願い致します。 もし誤りについてのご指摘やご意見・ご感想などありましたら、コメント欄に記入あるいはからお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

次の