春場ねぎ インタビュー。 五等分の花嫁 キャラクターブック ニ乃 (KCデラックス)

五等分の花嫁 キャラクターブック ニ乃

春場ねぎ インタビュー

2月19日発売のマンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)第12号で最終回を迎えたラブコメディーマンガ「五等分の花嫁」の作者・春場ねぎさん、3人の担当編集の座談会が2月24日、講談社のマンガアプリ「マガポケ」で公開された。 2日前に最終話を描き上げたばかりの春場さんが約2年半にわたる連載の裏話を明かした。 春場さんは連載中の変化について「花火の回をやったのが大きかったと思います。 あれで『五等分の花嫁』がどういうマンガなのかを、形にして表現できた」とコメント。 テレビアニメ化が発表された当時を「うれしかったですね。 悲願だったので」と振り返り「実はマンガもずっと、アニメを意識して作ってたんです」と話した。 また「とにかく読者に退屈してほしくなかったから、手を替え品を替え、いろいろやりましたね。 驚いてもらえたらっていう気持ちはずっと持ってます」と執筆の裏側を明かした。 次回作の話題になると「ラブコメのストックは最終回を描き上げると同時に僕の中で空っぽになったので、これを回復させるには、長い時間が必要だなって思ってます。 だからその間は、別のジャンルに挑戦したいですね」「あとは、次は30巻くらい続く連載をしてみたい。 大変だからやりたくないけどやってみたい(笑い)。 そういう長い連載をやったらどうなるんだろうっていう興味本位で、次を始めます」と語った。 「五等分の花嫁」は、貧乏生活を送る主人公の男子高校生・上杉風太郎が、あるきっかけで落第寸前の個性豊かな五つ子の家庭教師となり、彼女たちを無事卒業まで導くべく奮闘する姿が描かれた。 「週刊少年マガジン」で2017年8月に連載がスタート。 テレビアニメ第1期が2019年1~3月に放送され、第2期が今年10月に始まる。 コミックスが第13巻まで発売されており、最終14巻が4月17日に発売される。 コミックスの累計発行部数は1000万部以上。 フルカラー版が「マガポケ」で2月26日から連載が始まる。 「マガポケ」では座談会の全文が公開されている。

次の

『五等分の花嫁 キャラクターブック 三玖』(春場 ねぎ,週刊少年マガジン編集部)|講談社コミックプラス

春場ねぎ インタビュー

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 【インタビュー】5分の4の読者に嫌われる覚悟で。 『五等分の花嫁』春場ねぎが語る、ヒロイン創作秘話 - ライブドアニュースはてなブックマーク - 【インタビュー】5分の4の読者に嫌われる覚悟で。 『五等分の花嫁』春場ねぎが語る、ヒロイン創作秘話 - ライブドアニュース プレビュー 【インタビュー】5分の4の読者に嫌われる覚悟で。 『五等分の花嫁』春場ねぎが語る、ヒロイン創作秘話 - ライブドアニュースはてなブックマーク - 【インタビュー】5分の4の読者に嫌われる覚悟で。 『五等分の花嫁』春場ねぎが語る、ヒロイン創作秘話 - ライブドアニュース 【インタビュー】5分の4の読者に嫌われる覚悟で。 『五等分の花嫁』春場ねぎが語る、ヒロイン創作秘話 - ライブドアニュース のは基本ひとりだ。 ……が誰と結ばれるのか、わかっていたほうが... 概要を表示 のは基本ひとりだ。 ……が誰と結ばれるのか、わかっていたほうができるじゃな。 ところが春場が連載している『五等分の』には、そんなが5人もいる。 『』()での連載丸2年、がらのように「誰が結ばれるか?」の答えまだ見えない。 何とも驚きの設定だが、すぐに気にならなくなるほど、たちのにドキドキし、な想いに心を動かされる。 は累計720万部(時点)を。 1〜はがされ、5• ブックマークしたユーザー•

次の

春場ねぎとは (ハルバネギとは) [単語記事]

春場ねぎ インタビュー

春場ねぎ(はるば )とは、のである。 代表作は『』。 概要 生まれ。 在学中だったに『カ』で催の「第回新人賞」に入選。 翌年同作品が「」に掲載される。 後のには、『裏』で「第回大賞」の賞を受賞。 同年「」において初の連載作品となる『煉の』(:俊)の連載をさせ、としてのキャを歩む。 の頃からなどの絵を描いており、の頃には周りから絵がうまいという評判だったこともあってになることを考えていた。 のの厳しさを知り、一度は諦めていたが、のとき、友人が作ったを読んで刺を受けたことをきっかけにをすようになった。 時代、の『』のを大きく受けており、のも同作品のであるの名前から付けたことをにしている。 また、時期は不明だが緋二のを務めていた。 読切作品として発表したときのの結果を受けて『』の連載が。 同作品はで単行本の累計発行部数が既刊14巻にして0万を突破するほどの大作となり、として一躍注されるようになる。 には「第43回賞」の部門を受賞。 また、同作品は連載から1年が経過しないうちに化がされ、から第2期が放送。 に上でを報告している。 作風 を描くときは、である「」を用している。 本格的に絵を描くようになったの頃からずっとで描いており、逆に最初からで絵を描いていたためで描くときは緊するらしい。 時代は『』に代表されるものを志向していたが、ものでは思うように想像を広げることができず、そんな折、がなら身近だし想像しやすいと考えたことから『』のようなものを志向するようになった。 を考える際は、好きになったを全てップし、そのたちの個性を組み合わせたりすることで、新しいを作っている。 『』のたちも、たくさんのたちの個性が組み合わされて生まれたとのこと。 また、「画面の大きさ」をに変えることで印の強弱を操っており、強調したいでは大きく見開きを使うことが多い。 そのをどのような「構図」で切り取るかなど「が一番・いいと思ってくれる画面作り」を重要視している。 代表作であるでは、作品ながらのようなでを作り、のを削ったり、昔の作品で見られたようなあえてに答えを委ねるような新な手法を取り入れている。 作品 連載• 煉の(、47号~号)• (、36・合併号~第1) 読み切り• カ(、)• 裏(刊、号)• (、2・3合併号)• (、) 関連動画 関連静画 関連商品 関連チャンネル 関連項目• 関連リンク•

次の