出鼻をくじく。 計画者の出鼻をくじくのは、周囲の“有りがち”な誤解だった (1)|masaki_ura|note

『出鼻をくじく』by まこまご50+ : にぼshin 盛岡店

出鼻をくじく

こんにちは。 簡単な記事ではありますが、8日連続という自己記録更新中のケイシー・パパです。 この記事を読んでいるということは、 「でばなをくじかれた」の言葉に疑問を持たれたこととお察しします。 意味は「何かのやりはじめのときに邪魔が入り、中断を余儀なくされる」ということで、おそらく誤用している方は少ないかと思います。 出鼻をくじくのほかに「出端をくじく」という言葉がある しかし問題は漢字と読み。 調べて行くと「出鼻をくじく」ともうひとつ「出端をくじく」という言葉があります。 どちらも上記の意味で使えるのですが少し紛らわしいですね。 それぞれの正しい読み方 「出鼻をくじく=でばなをくじく」 「出端をくじく=ではなをくじく」 このように「ば」と「は」が違います。 (「端」っで「はな」ってちょっと読み方に無理があるような…) なんと同じ意味なのに漢字が違い、読み方に関しては濁音違い。 なんとも紛らわしい! 「出鼻」と「出端」のそれぞれの意味を広辞苑で調べてみた 出鼻 1 山の端または岬などの突き出たところ。 出端 1 出たばかりの時。 でぎわ。 しはじめ。 でだし。 んんん… 出鼻=出端 出端=出鼻 意味をシェアしてしまってる。 笑 でもそれぞれ(1)の意味で見ると「出端」の方がニュアンスが近い気がします。 そしてもう一つ「出花」という言葉もありました。 意味は 出花 1 番茶・煎茶の、初めて湯を注いだばかりの香味のよいもの。 いればな。 にばな。 どちらかというと「出鼻」よりも「出花」の方が近い気も… まとめ 「出鼻をくじく」と「出端をくじく」はどちらを使っても問題ないとのことですが、 元をたどると「出端をくじく(ではなをくじく)」が正しそうですね。 常用漢字表の読みで「端」を「はな」と読ませていないため、誤用されていた「出鼻」が主になってきたのではないかと推測しています。 日本語って深い!ケイシー・パパ.

次の

計画者の出鼻をくじくのは、周囲の“有りがち”な誤解だった (1)|masaki_ura|note

出鼻をくじく

僕は、保育者研修の中で、「脳」にダイレクトに届く 「ことばがけ」を伝えています。 それは あなたの「ことば」が、 すんなりと相手に届くようにする。 相手の「脳」に入る 「ことばがけ」です。 今日は、その逆を お伝えします。 あなたの「ことば」が、 全く 相手に入らなくなる。 受け入れてくれなくなる 「ことばがけ」です。 「それは、悪口ですか???」 「嫌な事ですか??」 「馬鹿にした言葉でしょ??」 よく、そうした質問を受けるのですが、、 違います。 そうした「悪口」のような「ことば」も 一度、受け入れると、「気持ち」として いつも嫌な気分にはなります。 でも、「脳」が拒絶することは 少ないのです。 「脳」がもっとも 拒絶すること。 それは 「出鼻をくじかれること」 です。 これから 楽しく出かけようとする、その直前に、嫌なことを言われる。 こどもが、保育所に行く前に、 ガミガミ言う。 配偶者が、仕事に出かける直前に、 文句を言う。 誰かのために気に入ったプレゼントを買おうとした時に、それをけなされる。 今から「プレゼン」する直前に、お客様からのクレームを伝える。 その本人は、特に悪気なく 伝えています。 だから、わかってはいませんが、 実は、相手の「脳」は、「次回から拒絶する」という命令を出しているのです。 「脳」は、今からスタートしようと 「行動」をはじめる際に、 あらゆる神経回路を集中させます。 もちろん、そこには やる気や意欲だけでなく、 結果や夢を想像し、快を得るなど あらゆるものです。 市民マラソンで、大勢のランナーが スタートを待ち構えて 今か今かと スタートを待っている状態です。 そして、いざ スタートのピストルが鳴って、 一斉にスタートとした時、 「ごめん、ちょっと待って。 」と言われるようなものです。 ランナーは、まるで将棋倒しのように倒れていきます。 まるで、「吉本新喜劇」で、全員が ひっくりかえるようなものです。 まさに、「出鼻をくじく言葉」も 同じなのです。 「ことばがけ」とは すべて 「タイミング」 です。 相手にとって、必要だと思ったことでも、 「タイミング」を間違えば、その次から、相手に伝えることばの一つ一つに 「ガード」がかかってしまうのです。 「出鼻をくじいた人」の「ことば」は、 まだ聞いてもいない段階から、脳は「スタンバイ」して、身構えるのです。 相手が、話す前から 「いったい、この人は何を話すんだろう」と警戒したことはないですか? それは、あなたの「出鼻をくじかれた」からです。 (げんき).

次の

【勇気くじき】相手を否定する人は弱い人間である証拠。あなたもついやっていませんか?

出鼻をくじく

左の前蹴りは、前に出ている足で蹴るため、右に比べて遠い距離にいる相手を蹴ることができる。 この技は、主に前に出てくる相手の動きを止めるのに使われることが多い。 上手く使いこなすことができれば、相手を寄せつけないように戦うことができるだろう。 まずは右足を左足に寄せる。 その場で蹴ってもリーチが短いからだ。 右足を十分に寄せたら、左膝を高く上げる。 遠くに届かせる意識を持ち、前方に蹴り込む。 そのとき、少しでもリーチを長くするため、上体を反らし、腰を前に出す。 同時に左手を前に出してガードをする。 蹴り終わったら、すぐに足を引き、元の構えに戻る。 この技は、主に前に出てくる相手の動きを止めるのに使われることが多い。 この左前蹴りは、蹴り技の中でも最も遠距離からの攻撃が可能な技である。 だが、近距離で出してしまうと、蹴りが当たる前に相手のパンチをもらう可能性が高い。 相手との距離を見極めて戦うことが重要だ。

次の