ある日お姫様になってしまった件について65。 ヤフオク!

『ある日、お姫様になってしまった件について』1巻のネタバレ!

ある日お姫様になってしまった件について65

あらすじ 河内国交野に美しいお姫様がいた。 姫の母君は長い間病床にあり、自分が死んだあとの姫の行く末を案じ、観音様にお参りしたところ、姫の頭に鉢をかぶせよというお告げがあった。 母君はお告げの通りに姫に鉢をかぶせ、それから幾日もしないうちに亡くなった。 父親が姫の鉢をみっともないからと言ってとろうとするが、どういうわけかはずすことができなかった。 しばらくして父は再婚し、新しい母は姫の鉢を見て気味悪がり、家来に命じて姫を遠いところへ捨てさせてしまった。 姫は何年もあちこちをさまよい、生きていくのが辛くなり川へ身を投げた。 翌朝若いお武家様が川岸を通り、姫を助け上げ、自分の屋敷へと連れて帰った。 姫はそこで働くことになったが、ある日の夜、蔵の中に置かれている琴を見つけ、昔を懐かしんで弾いていると、その音を若君が聞きつける。 若君は姫が高貴な生まれだと感じ、素性を訪ねる。 姫は自分の身の上を若君に聞かせた。 その後若君に結婚話がもちあがるが、若君は鉢かつぎ姫と結婚したいと言い、両親から猛反対される。 若君の父親は鉢かつぎ姫を亡き者にしようと刀を抜いて振りかぶった瞬間、鉢が光ってこなごなに砕け、なかからたくさんの金銀財宝とともに美しい姫の姿が現れた。 姫はこの若君と結ばれいつまでも幸せに暮らした。 (稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 14:39 ) ナレーション 市原悦子 出典 (表記なし) 備考 寝屋長者の伝説 DVD情報 DVD-BOX第6集(DVD第28巻) VHS情報 VHS-BOX第4集(VHS第33巻) 場所について 寝屋長者屋敷跡• 河内国交野(現在の大阪府交野市)に住む備中守さねたかの娘が主人公です。 死の床にあった母親。 長谷観音のお告げにしたがって母親がかぶせてくれた、鉢がとれず、後添いのまま母によって屋敷を追われます。 いろいろの苦労を重ねた末、やがて、山蔭三位中将にひろわれ、そこの四男の嫁になるという話です。 (大阪地方の昔ばなし) 講談社のデラックス版絵本より この話は、江戸時代に大阪の渋川清右衛門(しぶかわせいえもん)が出版した「御伽草紙」の中の一話です。 河内国交野(かわちのくにかたの)に住む備中守(びっちゅうのかみ)さねたかの娘が幼いころ、死の床にあった母親は、観音さまのお告げに従い、娘の頭に鉢をかぶせます。 継母はこれを嫌い、家から追い出してしまいました。 娘は苦労を重ねた末、身分ある人に助けられ、そこの四男にみそめられますが、結婚話に怒った男の父親は、娘の頭に刀をひとふり。 鉢は割れて、中から美しい姫が現れました。 結局、鉢が幸せを授けてくれたのです。 鉢は亡くなった母が娘を思うやさしい心といえそうです。 (大阪地方のお話) 講談社の300より 書籍によると「大阪府のお話」 レコードの解説より LPレコードの解説によると「大阪地方の昔ばなし」 このお話の評価 8.

次の

ヤフオク!

ある日お姫様になってしまった件について65

男子校に紅一点のドタバタコメディ 水守中也 秋津明日夏は、男子校に通う高校二年生。 昨秋の文化祭で行われた「ミスコン(男子校だけど)」に無理矢理出場させられ優勝してしまった実績があるけど、れっきとした男子だ。 だがある日から、明日夏は「女子生徒」として学校生活を送ることになってしまう。 来年度からの共学化を目指している学校側が、校内の生徒たちに「女子生徒のいる生活」を浸透させるため、明日夏に目を付けたのだ。 面白半分で引き受けた明日夏であったが、その日の帰り道。 ひょんなことから、謎の女性による謎の力によって、明日夏は本物の女の子へとさせてしまう。 シリアス要素はかなり薄め。 性描写もありません。 こちらで賞に応募するつもりはあり ませんが、少しでも多くの人に見ていただければありがたいと思います。 …続きを読む.

次の

ある日、お姫様になってしまった件について 3/Spoon/Plutus bookfan PayPayモール店

ある日お姫様になってしまった件について65

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、イゼキエルがアタナシアに近づこうとすると、突然現れたルーカスによって止められる。 少年二人は互いを牽制しあう。 イゼキエルは帰り際、興味深い本がありますねと言い、彼女の手に触れながら図書館の本を渡し、自分もお茶会に読んで欲しいとささやく。 その本は隠し読みしていた恋愛小説で、ルーカスに取り上げられたアタナシアは、顔真っ赤で取り返そうとする。 図書館警備の騎士達にも見られ、恥ずかしい思いをする彼女。 その後アタナシアは、完璧なイゼキエルに嫉妬しているのかとルーカスに聞くも、俺の方が上だと言い張る彼なのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」39話のネタバレ 後日、またも皇宮でお茶会が開かれたが、相変わらずのイケメン談議で、アタナシアはついていけない。 前回、クロードにお茶会は楽しかったかと聞かれたので、楽しかったと答えたら、カレンダーが変わる前にまたピクニックが開かれたのである。 前回もそうだが、政治・身分関係なく色々な令嬢たちを招いたようなので、クロードはただアタナシアに友達を作ってあげたいようだ。 今回も参加してくれたヘレナ令嬢は、よほどルーカスが気に入ったのか、毎晩彼の夢をみると話す。 これは運命、私のこれまでの人生は彼と出会うためにあったのだ、孤高の黒狼ルーカス様、と熱弁するヘレナ。 全く理解できないアタナシアは、少し休憩と言い、その場を離れる。 木陰で休むアタナシアに、彼女を気遣い声をかけるジェニット。 ジェニットは、令嬢らとの会話は時間を忘れるほど楽しいと言うのだが、では何故そこから離れて自分の所に来たのだろうかと、アタナシアは疑問を持つ。 令嬢達との会話は初めて聞く内容なので、面白くて仕方がないというジェニット。 とくにイゼキエルのことを優しいカリスマと話すのが面白く、彼に教えたのだそう。 彼は、そんな話何処で聞いたのかと聞くので、お姫様のお茶会だと教えたら、なんとも言えない表情をしたというのだ。 やはりジェニットは女主人公だと思うアタナシア。 彼の表情が本当に面白かったと朗らかに笑うジェニットに、面白そうですねと言い、少し和らいだ表情になるアタナシア。 令嬢達が大盛り上がりしていたので、先に戻って会話を楽しんでくださいと、ジェニットに戻るよう促す。 ジェニットは少し黙ると、お姫様は私のことがお嫌いでしょうかと言う。 直球の質問に、言葉がでないアタナシア。 ジェニットはひどく落ち込むので、アタナシアは慌てて、実は同性の友達がいなかったから、慣れていないのだと説明する。 特に嫌いというわけではないとアタナシアが言い訳すると、ジェニットはキラキラした目で微笑んだ。 ジェニットはもじもじしながら、私も同じです、不快に思うかもしれませんが、私とお姫様は似ていると思いませんかと言う。 初めて見たときから、ずっとお姫様とお友達になれたらと思っていた、失礼でしょうかと、照れながら聞くジェニット。 小説の中で、幼いジェニットが家族という存在に恋い焦がれていた描写は、何度もでてきた。 クロードを本当の父だと思っているだろうし、アタナシアのことも姉妹だと思っているのだろう。 姉妹という単語につられ、失礼ではないと答えるアタナシア。 ジェニットは本当に嬉しいと言い、とても愛らしく微笑んだ。 そのあまりの可愛さに、ジェニットを警戒していたアタナシアの緊張がほぐれる。 ジェニットは、一度招待してみたかったと、アルフィアス公爵邸に来ませんかと誘う。 機会があればと答えるアタナシア。 警戒心が解けたり、そう答えられたのは、クロードが前より怖くないせいなのだろう。 その後、ジェニットは、他の令嬢からイゼキエルの好きなものを聞かれるが、答えに困っていた。 ふと、草陰を走る黒っぽい何かに気がつく。 気になり1人でおいかけてみると、見知らぬ宮殿に迷い込んでしまった。 何者かと声をかけられ、ジェニットが振り向くと、そこにはクロードがいたのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」39話の感想 アタナシアが全く理解できない、イケメン談義のお茶会がまた開かれました。 あのルーカスが異様に褒められているので、アタナシア的には聞くに堪えないようでしたね。 アタナシアの手が前回同様タコのようにぐるんと丸まっていましたが、韓国ならではの表現方法なのでしょうか。 耐えられなかったアタナシアは、少し離れたところに移動しますが、ジェニットが寄ってきました。 原作では、アタナシアから父の愛を奪った上に、間接的に命まで奪う人物なので、アタナシアはかなり警戒しています。 それでも、女主人公だからこその可愛らしい微笑みで、アタナシアの警戒心が解けていきました。 おまけにアルフィアス公爵邸宅に行く約束までしてしまいます。 アタナシアより上手のイゼキエルがいるだろうに、また彼が彼女にアプローチしてきそうですね。 アタナシアは気まずい思いをしそうです。 ジェニットはイゼキエルに、この前の茶会での内容を伝えたそうですが、アタナシアはあのとき皆をしらけさせないため、イゼキエルに好意的な発言をしていました。 それでイゼキエルはいてもたってもいられなくなり、アタナシアの図書館へ潜り込んだのかもしれませんね。 皇城から出してもらえないアタナシアなので、この訪問約束が実現するかが、まず問題ですね。 そしてジェニットは、女主人公の力なのか、迷い込んだ先でクロードに遭遇しました。 イベントを生み出しましたね。 もうアタナシアという愛する対象がいるクロード。 彼の目に、ジェニットはどう映るのでしょうか。 ジェニットは宝石眼を隠しているので、冷たくあしらわれてしまうのでしょうか。 次回が気になりますね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の