外壁 塗装 オシャレ。 外壁塗装2015年オシャレな流行色5色!

「これって詐欺?」外壁塗装アドバイザーが教える被害に遭わない方法

外壁 塗装 オシャレ

見た目がきれいな薄い黄色 家を建てるときには、周りにどのような外壁塗装を施した家があるのかも重要になるので、新しい家で多く用いられている白が人気の色の1つだと言えるでしょう。 しかし白というのは汚れが気になると言って、敬遠する人が多いのも事実です。 (実際には外壁を常時触っているわけではないので、そんなに汚れは付かないのですがあくまでイメージの問題です) そこで最近流行となっている色の1つが、 薄い黄色の家です。 白に近い色なので清潔感を感じることができますし、「新しい家」という感じがするところも人気の理由でしょう。 周りの家がもし別の色だったとしても、浮いてしまう感じもしないので、いろいろな場所に馴染める色でもあります。 ただし、黄色と言ってもさまざまな色が存在していますが、やはり白を混ぜたような薄い黄色が最も違和感がなく、受け入れやすいと言えます。 一般的には白が強く出ている薄い黄色が人気なのですが、実は黄色に赤を混ぜたような イエローレッドと呼ばれている色も人気があります。 最近の新築を見てみると、このイエローレッドが多いと感じるぐらい、最近は人気の色と言えるのですが、一見地味に見えるかもしれませんが、温かみを感じることができる色で、それほど汚れが目立たないというのも人気の理由です。 イエローレッドを言葉で例えると「レンガに少し茶色を加えたような感じの色」、もしくは「木の色」と表現されることもありますが、自然に近い色であるとも言えます。 暖色系の色として最近人気があり、特に郊外では多くの人が希望する色です。 自然と一体化できる緑系の外壁 緑色の家に住みたいと考えている人も最近では増えているのですが、緑系とは言っても、その色は多数存在しています。 その中でも特に人気なのは、 青系の色を加えて水色と黄緑色の中間のような色合いの外壁塗装です。 中には緑系の色を2色使用して、薄めの緑色をメインとして使い、外壁の一部を濃い緑色にする家も存在しています。 緑系の色は植物と一体化している気持ちになりますし、最近では家庭菜園を行う人や、庭に木を植える人も増えてきました。 このように緑に囲まれて生活したいという人が、癒しを求めて外壁塗装を緑系の色にするという人が増えています。 地域によっては外壁塗装を緑系にして、 窓の淵やベランダなどを茶色にすることで、より植物に近い配色にする人もいます。 レンガと言えば赤系の色になっているため、 外壁塗装を赤系の色にするという人も多くなっています。 しかし、完全な赤にする人という少なく、少し濃い色の赤にするか、かわいらしくピンク系の色にするという人が多いのが特徴です。 日本では東京駅もレンガ造りになっていることから、真似をして自宅もレンガにしてしまうという人もいます。 中には塀をレンガにして、外壁塗装を赤系にするという人もいます。 家の一部を実際のレンガを使用する事で、赤系の外壁がより高級感を増す視覚的効果も魅力的です。 涼しく青系の塗装にする 最近の夏はかなり熱いので、外壁塗装ぐらい涼しげな感じにしたいという人も近年増加してきました。 涼しい色と言って思い浮かぶのは、白か青になるのですが、白では汚れが目立ってしまうと感じて、 若干青を混ぜたような、水色に少し緑を加えたような色の外壁塗装を希望する方が増えています。 赤系の色と同じで、やはり青系の色を用いる場合にも、完全な青にしてしまうという人は少ないです。 大半は薄い青系の色で、少し派手さを押さえたような感じが多いでしょう。 最近の外壁はサイディングが多い為、外壁色もそれに合わせて洋風になっているようです。 しかも、奇抜な原色を使用するのではなく、薄い色合いが上品で高級感を引き出すのが秘訣のようです。 「外壁塗装の達人」では、とことんまで色選びにお付き合いする優良会社さんが多数登録されています。 あなたのご希望の色が決まるまで、何度も足を運んでくれる様な誠実な業者さんの提案を聞いてみてはいかがでしょうか?無料ですので、是非ご自宅近くの複数の「外壁塗装の達人」を比較してみて下さい!.

次の

外壁塗装で人気の色ランキング【2020年最新版】

外壁 塗装 オシャレ

| せっかくお家の塗装をするなら、オシャレな外壁にしたいですよね。 外壁塗装が初心者のあなたでも、ご近所さんに褒められるオシャレな色の組み合わせパターンをご紹介します。 外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 古賀(こが) あなたの家の外壁に、ひび割れや塗装の剥がれが出てきたら、外壁塗装のタイミングですが、約30坪の場合だと100万円前後もかかるので、せっかく外壁の色を変えるならオシャレにしたいですよね。 外壁塗装はメンテナンスの意味合いが強い工事ですが、メンテナンスだけではなく色の組み合わせを楽しむのがオススメです。 また、汚れた外壁をそのままにしておくと、いらぬ噂が立つかもしれません…。 オシャレな色の組み合わせパターンを知って、ご近所さんにも褒められる自慢のお家にしていきましょう。 色選びの相談、または、オシャレな外壁にしてくれる優良業者さんを探されている場合は、 0120-164-917 相談受付24時間 に電話をかけて頂き、電話口で 「外壁塗装の相談がしたい」とお伝え頂ければ嬉しいです。 まずは、FacebookやインスタグラムなどのSNSにも掲載されていそうな、オシャレさんを参考にするのが一番です。 単色・複数色・流行色など色の組み合わせはもちろん、色を入れる部分でも大きく印象が変わるため、どんな配色がオシャレに見えるのか確認してみましょう。 あえて大きく対比を作るのがポイントで、黒と白ではなく他の配色でもオシャレな組み合わせが可能です。 建物の装飾を活かしたオシャレな外壁塗装です。 」そんな方にオススメなのが、ポイントカラーで遊びをプラスする方法です。 ご近所さんから隠れオシャレ認定をされるテクニックです。 建物そのものを活かした外壁塗装のオシャレ事例となっています。 使う色でこんなに変わる!?人気の配色10選 あなたが外壁塗装の色を選ぼうと思った時、初めての工事であればどんな色を選ぶといいのか分からないですよね。 使われた色でお家がどのように変わるのかイメージしやすいように、人気の色ランキングと一緒に、オシャレな外壁塗装をされた経験者の方の事例を見てみましょう。 外壁塗装は周りの景色や家との色合いを合わせながら行うことが多いため、自宅と周りの家の色が調和しやすいらくだ色(ベージュ)が好まれています。 他にも、らくだ色(ベージュ)は他の色と合わせやすく色のバランスがとりやすい色なので、メインカラーにらくだ色(ベージュ)を使いアクセントとして濃い茶色(ブラウン)を使った、ツートンカラー(同系統の濃淡2色を使った配色)にも最適な色となっています。 しかし、汚れが目立ちやすくなったりとデメリットもあるため、キレイな色を長持ちさせられる技術がある、優良業者さんに塗装をお願いするのがオススメです。 コントラスト(濃淡)を利用したり他の色とも合わせたりと、マルチに使える色なので、色選びに困った際には茶色系(ブラウン)の色を選択肢にいれると、その後の色決めがスムーズになります。 高級感・モダンで近代的な印象を生み出せる黒色との相性も良く、単色よりも他の色と合わせて使いやすい色になっています。 ただ、ご近所さんの家と並べて見ると目立ってしまうため、注意が必要です。 ご近所さんとの関係も良好だったり、家同士が近くなければ、単色でもオシャレな印象にすることができるので、思い切って選んでみてもいいかもしれません。 他の色とも合わせやすく配色の構成も簡単なので、上手に使えればオシャレな印象を手にいれることができる色です。 ベースカラー・サブカラー・アクセントカラーなど、部分的な色としても使える万能色で、思い切って黒色だけで塗ったとしても、ご近所さんから褒められる仕上がりにすることができます。 オシャレ度は高い色ですが、塗装業者の腕が悪いと、下地の色が見えたり汚く見えてしまうので、黒色を使うのであれば優良業者さんに必ずお願いしましょう。 自宅だけでなく、店舗や自社ビルなど、目立たせたい時に活躍してくれる色です。 しかし、赤色を上手く使いこなせれば、かなりオシャレな印象を作ることができるため、塗装業者と入念な打ち合わせを行い、進めていくのがオススメです。 らくだ色(ベージュ)だと物足りない場合、同じ暖色系として橙色(オレンジ)を選んでオシャレな雰囲気を作るのもオススメです。 しかし、オシャレ上級者の方々は、そこから少し外れた色を使い外壁塗装を楽しんでいるので、塗装の前にどんな色が自宅に合うかをするのがオススメです。 組み合わせパターン:複数色 ツートンカラー 事例: その他(ライン) 事例: 組み合わせパターン:流行色 2015年の流行色:ブルースカイブルー 参照: 2016年の流行色:アースリングブラウン 参照: 2017年の流行色:リーディングレッド 参照: 2018年の流行色:ビジョナリーミント 参照: 2019年の流行色:アウェイクニングオレンジ 参照: 組み合わせパターン:その他カラーシミュレーション 以下は、合わせやすい色でカラーシミュレーションをしたものになります。 すべて同じ色でもかまいませんが、オシャレな外壁塗装にするためには、以下のような考え方で色を付けるのがオススメです。 ベースカラー(比率:70%)• サブカラー(比率:25%)• アクセント(比率:5%) 例えば、ベースカラーを白にして、サブカラーを青、さらにアクセントとして雨樋を黒にした場合は以下のようになります。 70対25対5の比率だとバランスが整いキレイでオシャレな外壁塗装となりますが、オシャレ上級者は「50対50」や「33対33対33」などの比率でも外壁塗装を行っているようです。 また、70対25対5の比率だったとしても、それぞれ当てはめる色を変える事で、使っている色は同じなのに印象がガラリと変わります。 色選びも大事ですが、色の配分もオシャレな外壁塗装をする上で重要なポイントになるため、工事が始まる前に色の配分をしっかり塗装業者さんと打ち合わせてから進めるのがオススメです。 オシャレな外壁塗装をする前に初めての人が陥りやすい2つの注意点 せっかくお金をかけるのであれば、オシャレな外壁塗装にしたいですよね。 しかし、あなたが初めて外壁塗装をする場合、どうしても以下の2つが気になり、ご近所さんと同じ無難な色を選んでしまうかもしれません。 1つ目:一人だけ違う色にしたら周りから浮いてしまう• 2つ目:初めてだから塗装業者がオススメした色をそのまま使ってしまう お家の色を変えるということは、大きな面に対して色が付けられるので、お家の印象がかなり変わってきます。 もし、真っ青や真っ赤など強い印象を与える色に塗り替えた場合は、ご近所さんからクレームが入ったり、人の目が怖くなってしまうかもしれません…。 「心配をするくらいなら無難なベージュなどにすればいいかな」と思ってしまっては、せっかくオシャレな外壁塗装をしたかった気持ちがもったいないです。 ベージュでも使い方によっては、オシャレな外壁にできますので、ご近所さんの目が心配だけどオシャレをしたいあなたには、以下の方法がオススメです。 2色を使う ベージュともう少し濃いめの茶色を使うなど、ツートンカラーにすることで、抑え目だけどオシャレな外壁塗装ができます。 部分的なアクセントを取り入れる 窓枠やベランダ・バルコニーなどの部分的な箇所だけに差し色を使うことで、隠れオシャレができます。 上記の方法は、外壁塗装が初心者のあなたでも簡単に使えるオシャレテクニックであり、ちょっとした工夫でインスタグラムなどにも出てきそうな、オシャレな家に仕上げることができます。 無難な色を選んでしまいがちな理由とは?外壁塗装は1度塗れば、その後何十年も塗った色と付き合っていかなければいけません。 1度塗ったら簡単に塗り替えられないため、一時的な流行や派手な色は敬遠されがちなんです。 しかし、たった一つの工夫を入れるだけでオシャレにできるため、外壁塗装をぜひ楽しんでもらえればと思います。 オシャレな外壁塗装にはお金がかかる? 外壁塗装は約30坪だと100万円前後はかかる大きな工事になります。 「外壁に塗料を塗るだけじゃないの?」と思われるかもしれませんが、塗料を塗る為には足場の設置・外壁面の洗浄・下地処理・養生(付いてはいけない部分に塗料が付かないようにする保護シート)など様々な工程が入っているため、その分お金がかかる工事なんです。 さらに、デザイン塗装(絵を描く)をしたり2色・3色・4色など色数が多くなればなるほど必要な塗料を仕入れたり、塗料事で値段が違う場合もあるため、金額が高くなっていきます。 そのため、複数の業者さんに見積もりを取り比較することがオススメです。 私達は今まで9000人以上(2019年8月現在)の方からご相談をいただいていますが、多くの方が相見積もりを利用して業者さんの比較をしています。 あなたも同じように比較を行い、ご自身の希望に近い業者さんを見つけるのが、オシャレな外壁塗装をするための近道でもあります。 オシャレにしたい!だけど、ご近所さんの目が気になる方へのオススメ配色構成 最初はオシャレな家にしたいので、あれやこれやと色の配色を考えて楽しいですが、いざ本格的に進めるとなった場合、どうしてもご近所さんの目が気になって控え目な色を選んでしまいやすくなります。 確かにご近所さんの家と景観の調和を保とうとすると、ご近所さんがらくだ色(ベージュ)の単色だった場合、あなたも同じ色を選んでしまうかもしれません。 お家の色換えといった楽しみを無くさないように、以下のような周囲の状況を踏まえた比較シミュレーションがオススメです。 ご近所さんのお家と似た配色構成 ご近所さんのお家とは違う暖色系の配色構成 ご近所さんのお家とは違う寒色系の配色構成 オシャレさんなら知っておきたい配色構成まとめ 外壁塗装を行う場合の色の配色については、一定の構成があります。 単色か複数色か、あとは色を付ける箇所や部分的にアクセントとして使用する場合となっており、複雑なことはないので、以下にまとめてみました。 最後に…。 ここまで読んでいただきありがとうございます。 オシャレな外壁塗装についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか? どんな小さな事からでも無料相談が出来るので、お気軽に以下のにてご連絡くださいね。 あなたにとって、外壁塗装に関する安心・納得の情報になれれば嬉しいです。 この記事を見てくれたあなたにオススメの記事• せっかく塗り替えをするなら、色の組み合わせを楽しみたいですよね。 一度塗ったら10年前後はずっと同じ色と過ごすので、キレイが保てる優良業者さんにお願いするのがオススメです。 私たちは、お家のことで不安・悩みを抱えている方のご相談やアドバイス、ご希望を頂いた場合は60項目以上の審査を通過した信頼ある業者さんのご紹介もできます。 不安やストレス無く、今後も安心してあなたと大切なご家族の暮らしが守れるよう、少しでもお役に立てられれば嬉しいです。

次の

外壁塗装2015年オシャレな流行色5色!

外壁 塗装 オシャレ

ツートンカラーの人気の秘訣は目を引く「おしゃれ」さ こちらの記事をお読みになってくださっているということは、みなさん、ツートンカラーにしようか悩んでいるということですね。 「今の外壁のデザインには飽きた」「明るい雰囲気にしたい」などなど…外壁塗装を考える際の悩みの種の一つが色選びです。 そこで、色選びでも特に「おしゃれ」に見えるツートンカラーの外壁塗装の魅力を紹介していきます。 注意点さえ守れば簡単におしゃれな外壁 単色での外壁塗装だとどうしてもやぼったい感じや、地味な印象が拭えないものですが、ツートンの外壁塗装にしてしまえば 簡単におしゃれな外壁にすることができます。 色の選び方や配置を少しだけ気にしないと失敗する恐れがありますが、近隣や塗装後のお住まいの写真などで、成功例を参考にすれば自然とおしゃれ塗装が出来ちゃいます。 後で詳しく解説しますが、配色のポイントは以下の通りです。 同系色でまとめる• セパレーションカラーをうまく使う• 3色以上の色を使うのは控える 今やツートンカラーの外壁が一般的 近年建設される住宅の大多数が2~3色を使う、いわゆるツートンカラーの外壁となっています。 建売の住宅でももちろん、 ツートンカラーのお住まいが一般的となっていますので、これから外壁塗装を考える場合はまずはツートンカラーを検討するのが近道と言えます。 単色での塗装よりも、ツートンカラーはお住まいにメリハリやまとまった印象を与えることが出来ます。 周りとの調和も意識して使う色を決めていくと良いでしょう。 ツートンカラーの外壁塗装でおしゃれな色の組み合わせは? これまでのポイントを踏まえながら、実際にツートンカラーで塗装する際のおすすめの色の組み合わせを紹介していきます。 主に3つのツートンカラーのパターンがありますので、それぞれの特徴を見ていきましょう。 1階と2階で色を使い分けることでお住まいの外観に 重厚感のある雰囲気が出ます。 基本的には1階部分に濃い色や彩度の高い色を持ってきて、2階部分には淡い色にするのが一般的で、この配色はお住まいを広く見せる効果があります。 逆に2階部分に濃い色を持ってくると個性の強い印象になりますが、配色が難しいので上級者向けと言えます。 家の半分で色を変えるパターンもありますが、家の隅や窓枠などを利用して縦に配色していくパターンもあります。 窓枠や幕板、屋根の色などを考慮してまとまりのある色合いとなるようにすることがおしゃれな外壁となるポイントです。 立体的に見える視覚効果を利用して、 お家を大きく見せることができます。 写真のように上下で配色を変えるパターンと組み合わせて使うこともあります。 ツートンカラーの外壁塗装は配色に注意 ツートンカラーでの外壁塗装は、単色の外壁塗装と比べて選ぶ色が増えてしまうのがデメリットと言えます。 通常でも大変な色選びがより大変になるんじゃないかと心配になりますよね。 ツートンカラーでは、3つの注意点を踏まえれば色選びも難しくはありませんのでその注意点をまとめていきます。 注意点は以下の3つのになります。 ・同系色でまとめる ・セパレーションカラーをうまく使う ・3色以上の色を使うのは控える 1. 同系色でまとめる ツートンカラーで外壁塗装をする場合、 「同系色」でまとめるのが鉄則です。 同系色とは色相環で隣り合う色や近い色合いのものを言います。 同系色の反対語が「補色」と言い、色同士が遠い位置にある色のことを指します。 補色同士の組み合わせでツートンカラーにしてしまうと色同士がお互いを引き立てあってしまい、変に目立つ色のお家になってしまいます。 同系色でツートンカラーをすることでお家にまとまった印象を与えることができます。 セパレーションカラーをうまく使う 全体を引き締めるためにセパレーションカラーをうまく使うと良いでしょう。 基本的にはツートンカラーですので2色がメインの色となりますが、2色の境目に セパレーションカラーを入れることで全体の雰囲気がまとまります。 上手に使うことでよりおしゃれな外壁にすることができます。 セパレーションカラーを入れる箇所は上下で色を配色する場合、幕板部分に入れると丁度上下の色の間にアクセントが生まれますので、お住まいがおしゃれに見えます。 3色以上の色を使うのは控える 複数の色を使うツートンカラーですが、 色の使い過ぎは厳禁です。 3色より多く色を使ってしまったら建物の外観の全体のバランスがが崩れてしまい、色がうるさいお家になってしまいます。 まとまるのあるおしゃれな外壁にするコツは「 ベースカラー」「 アソートカラー」「 アクセントカラー」を上手に使うことです。 ベースカラーの選択は単色で外壁塗装をするときと同じ選び方をしましょう。 家の周りの環境や近隣の外壁の色を考慮して、なるべく原色を避けるほうがまとまりが出ます。 アソートカラー ベースカラーの次に塗装面積が大きいのがアソートカラーです。 ベースカラーと同色系で色選びをしましょう。 アクセントカラー 一番小さい塗装面積となるのがアクセントカラーです。 差し色の役割がありますので、全体を引き締めたり、 ワンポイントとなるような色選びが良いでしょう。 アクセントカラーとして配色する箇所は付帯部のや幕板、、その他出っ張りの部分といったところが多いです。 お住まいの形状や周りの雰囲気を考慮しておしゃれな外壁を目指してください。 カラーシミュレーションを活用すれば外壁塗装の配色イメージがしやすい ツートンカラーは色の組み合わせによって雰囲気が変わりますので、どの色の組み合わせが良いのかなかなかわからないものです。 そこで色選びのお役立ちツールの 「」を使うとツートンカラーでの外壁塗装のイメージがしやすくなります。 カラーシミュレーションのメリットはイメージを膨らませることができる 最近ではインターネット上でお手軽にカラーシミュレーションが行えますので、様々な色の組み合わせを確認してみると良いでしょう。 テンプレートの住宅の色を変えられるものと、ご自分の写真をアップロードして配色できるカラーシミュレーションの二通りあります。 インターネット上のカラーシミュレーションでは無料でできることが多いので、ご自分が納得できる配色がみつかるまでシミュレーションしてみましょう。 カラーシミュレーションの結果を鵜呑みにしないこと! 注意して頂きたいのがカラーシミュレーション通りの色を選んでもイメージ通りの仕上がりにはならないことです。 例えば、ディスプレイで見る色と実際の外壁の色は異なりますし、ディスプレイの色彩を変更しているとより実際の物からかけ離れた色である場合もあります。 カラーシミュレーション結果を印刷してもプリンターによって色が異なります。 また、面積効果で色は見え方を変えます。 小さい面積では色は濃く見えて、大きい面積では同じ色でも薄く見えまうのです。 特にツートンカラーで外壁塗装をするにはイメージを膨らませるためには非常に役に立ちますので上手に活用していきましょう。 最終的に色を決めるにあたっては色の見え方の注意点をしっかりと踏まえたうえで、選ぶようにしましょう。 外壁塗装を終えた後からイメージとは異なるからといって塗り直しをお願いしても無料で対応してくれる業者はいません。 また、実際にツートンカラーの外壁塗装をした方々の事例も見てみるとどのように変化するのか確認できます。 一度は見てみるのをおすすめします。 後からトラブルにならないように、 自分が納得できる色選びをしていきましょう。 色選びは外壁塗装の悩みの種ではありますが、ツートンカラーの外壁を目指すことでおしゃれなお住まいに生まれ変わります。 せっかくの外壁塗装のタイミングですから、新しい雰囲気のお住まいで新しい生活を始めてみてはいかがでしょうか?.

次の