競輪 gp 2016 予想。 【KEIRINグランプリ2016】日本一早いGP予想

「競輪GP 2016 予想 」爽やか侍のブログ | 悟りのスロッター

競輪 gp 2016 予想

立川競輪場で開催された年末のガールズケイリン総決算レース、「オッズパーク杯ガールズグランプリ2016」を優勝し、みごと2度目の女王に輝いた梶田舞選手にレース直後、喜びの声を聞きました。 オッズパーク編集部(以下OP編集部):ガールズグランプリ2016、優勝本当におめでとうございます! 梶田:ありがとうございます! OP編集部:早速ですが、レース展開についてお伺いします。 前夜祭でも、周回中は前受けしたいという話もありましたが。 梶田:スタートは石井さんが強かったですね、スタート早かったです。 2番手になって、でも前に踏んでいかないとチャンスないので。 奥井さんの番手に石井さんが入ると思ったので、その次に来る人の後ろについて、流れに乗りながら前出て後は自力で、と思っていました。 OP編集部:気持ち的には上手く切り替えた、という感じでしょうか。 梶田:そうですね、どこからでも優勝できると思っていました。 OP編集部:最後の直線では、前に奥井選手がいて少し離れているかな、と見えた方も多かったと思うのですが、ご本人としてはいかがでしたか。 梶田:自分的には大丈夫だと思っていました。 (仕掛けどころについて) 普通に仕掛けていくか、後ろからくる捲りの人に合わせて出るかは、バックで緩んだ時に少し迷いましたが、ぱっと見たら児玉さんが来ていたので、あとは合わせて出ていければなと思っていました。 OP編集部:児玉選手に合わせて出たときの感触はどうでしたか。 梶田:合わせて出たときは、スピード死んじゃうかなと思ったのですが、上手く走れたと思います。 OP編集部:奥井選手はどのあたりで捉えられると思いましたか。 梶田:児玉さんの半車前に出たときは行けるかなと思いました。 OP編集部:最後の直線は自信をもって走っていたということですね。 梶田:はい!あれが自分の持ち味なので大丈夫だと思って走っていました。 OP編集部:今回グランプリが2度目の優勝となりますが、前回優勝時(2014年)と気持ちの違いはありますか? 梶田:全然違いますね。 一昨年は下の立場だったので、中村さん、加瀬さんなど上の期の先輩たちがいてただ皆についていけば良いかな、という感じがありました。 今はそういう訳にはいかなくなってきたので、もっとしっかりしなきゃいけないなと思っています。 OP編集部:当日の出場選手紹介でも「優勝します!」宣言は印象的でした。 梶田:2年前にも「優勝します!」といって優勝したので今年もそうしました! OP編集部:改めて2度のグランプリ制覇は初めての快挙です!来年以降の気持ちはどうでしょうか。 梶田:どんどん強くなりたいな、という気持ちです。 皆もレベルアップするので負けないようにお互いに強くなっていければいいなと思っています。 梶田舞を目指して、ガールズケイリン選手になりたい、という人も出てくるように、頑張っていきたいです。 OP編集部:来年はまた女王として戦うことになります。 戦い方やスタイルは変えていきますか? 梶田:変えません。 練習も基本、基本で今までどおりで、レースも自分のスタイルを変えないです。 変えるのは負けたときにまた考えます。 OP編集部:優勝した自分へのご褒美はなんでしょうか。 梶田:バイク(訓練用)を買います!今使っているバイクには、もうちょっと頑張ってほしいと思っているのですが、段々自分のスピード域があがってきていて、バイクを引いてくれる方にも今のバイクだと足りないねと言われているので、新たなバイクを買いたいと思います。 OP編集部:それでは最後にオッズパーク会員へのメッセージをお願いします。

次の

KEIRINグランプリ2016(GP)予想・結果

競輪 gp 2016 予想

立川競輪場で開催された年末のガールズケイリン総決算レース、「オッズパーク杯ガールズグランプリ2016」を優勝し、みごと2度目の女王に輝いた梶田舞選手にレース直後、喜びの声を聞きました。 オッズパーク編集部(以下OP編集部):ガールズグランプリ2016、優勝本当におめでとうございます! 梶田:ありがとうございます! OP編集部:早速ですが、レース展開についてお伺いします。 前夜祭でも、周回中は前受けしたいという話もありましたが。 梶田:スタートは石井さんが強かったですね、スタート早かったです。 2番手になって、でも前に踏んでいかないとチャンスないので。 奥井さんの番手に石井さんが入ると思ったので、その次に来る人の後ろについて、流れに乗りながら前出て後は自力で、と思っていました。 OP編集部:気持ち的には上手く切り替えた、という感じでしょうか。 梶田:そうですね、どこからでも優勝できると思っていました。 OP編集部:最後の直線では、前に奥井選手がいて少し離れているかな、と見えた方も多かったと思うのですが、ご本人としてはいかがでしたか。 梶田:自分的には大丈夫だと思っていました。 (仕掛けどころについて) 普通に仕掛けていくか、後ろからくる捲りの人に合わせて出るかは、バックで緩んだ時に少し迷いましたが、ぱっと見たら児玉さんが来ていたので、あとは合わせて出ていければなと思っていました。 OP編集部:児玉選手に合わせて出たときの感触はどうでしたか。 梶田:合わせて出たときは、スピード死んじゃうかなと思ったのですが、上手く走れたと思います。 OP編集部:奥井選手はどのあたりで捉えられると思いましたか。 梶田:児玉さんの半車前に出たときは行けるかなと思いました。 OP編集部:最後の直線は自信をもって走っていたということですね。 梶田:はい!あれが自分の持ち味なので大丈夫だと思って走っていました。 OP編集部:今回グランプリが2度目の優勝となりますが、前回優勝時(2014年)と気持ちの違いはありますか? 梶田:全然違いますね。 一昨年は下の立場だったので、中村さん、加瀬さんなど上の期の先輩たちがいてただ皆についていけば良いかな、という感じがありました。 今はそういう訳にはいかなくなってきたので、もっとしっかりしなきゃいけないなと思っています。 OP編集部:当日の出場選手紹介でも「優勝します!」宣言は印象的でした。 梶田:2年前にも「優勝します!」といって優勝したので今年もそうしました! OP編集部:改めて2度のグランプリ制覇は初めての快挙です!来年以降の気持ちはどうでしょうか。 梶田:どんどん強くなりたいな、という気持ちです。 皆もレベルアップするので負けないようにお互いに強くなっていければいいなと思っています。 梶田舞を目指して、ガールズケイリン選手になりたい、という人も出てくるように、頑張っていきたいです。 OP編集部:来年はまた女王として戦うことになります。 戦い方やスタイルは変えていきますか? 梶田:変えません。 練習も基本、基本で今までどおりで、レースも自分のスタイルを変えないです。 変えるのは負けたときにまた考えます。 OP編集部:優勝した自分へのご褒美はなんでしょうか。 梶田:バイク(訓練用)を買います!今使っているバイクには、もうちょっと頑張ってほしいと思っているのですが、段々自分のスピード域があがってきていて、バイクを引いてくれる方にも今のバイクだと足りないねと言われているので、新たなバイクを買いたいと思います。 OP編集部:それでは最後にオッズパーク会員へのメッセージをお願いします。

次の

KEIRINグランプリ

競輪 gp 2016 予想

KEIRINグランプリが12月30日に開催される。 出走メンバーは全日本選抜競輪、高松宮記念杯の2冠を制した中川誠一郎(熊本・85期)やナショナルチームの2大エース、脇本雄太(福井・94期)、新田祐大(福島・90期)、そして第61代競輪王・松浦悠士(広島 98期)など例年通り錚々たる顔ぶれだ。 前述の通り、脇本は怪我回避のため、比較的争いの少ない先行で仕掛けてくる。 清水はその後ろにつけて、追い込みを狙い最後に畳みかけてくるだろう。 先輩である佐藤は番手で新田を全力支援のつもりだろうが、新田の走りについていくのがやっと。 新田の捲りスピードは凄まじいとはいえ、仕掛けどころが悪く最後に失速することも多いので軸で狙うのは難しい。 脇本と同様に怪我回避の為、強引な捲りは出来ないが、単騎の3人が中団でもつれれば捲り一閃、悲願の初優勝も。 滝澤正光、神山雄一郎に続く史上3人目の年間G1三勝には届かなかったものの、まさに出来すぎた一年だった。 脇本の逃げに前団が混戦すれば外から捲りにかかる。 2月同様、単騎先行逃げになったら面白いが、このメンバー相手では逃げ切れないか。

次の