阪口 大助。 「銀魂」アニメ劇場版、2021年早めに公開!杉田智和、阪口大助、釘宮理恵コメント発表

阪口大助

阪口 大助

本当に僕の声優としての根本を作って頂いた作品だったと思います。 富野(由悠季)監督もそうですし、音響監督の浦上(靖夫)さんが本当に丁寧にお芝居をつけてくださって、こうして自分が今ここにいられるのも、その時の皆さんの力があってこそのことなので、本当に感謝しかないですね。 渡辺 あの頃は女性キャラクターを演じたことがほとんどなかったので、私自身は新鮮な気持ちで演じることができました。 ただ、先の話がどうなっていくのか分からないまま演じていたので、キャストたちは毎回アフレコスタジオで自分のやるべきことをとにかく全力でやるしかないという感じでした。 今だったら、キャラクターの役割において力の入れ具合を考えながら演じたりもするんですけど、当時は本当に、常に全力でその役にぶつかっていましたね。 阪口 楽しかった思い出しかないですね。 スタジオは本当に楽しくて、逆に賑やかすぎて怒られるくらいでした(笑)。 世代が近い人が多かったというのもあるかもしれませんが、今考えると学校みたいな雰囲気でしたね。 渡辺 当時はプロ意識が低かったというか。 もちろん演じている時は一生懸命なんですけど、その反動なのか、休憩時間は本当に騒がしくて(笑)。 阪口 とてもシビアな作品だったので、抜くところは抜かないとみたいなことはあったかもしれないですね(笑)。 渡辺 あと印象に残っているのは、とにかく人が多い現場で、スタジオに入り切らないくらいでした。 スタジオで体育座りしている人もいて、学校の朝礼みたいな、部活の集まりみたいな感じでしたね。 音がついて、映像がついて、実際に放送された作品を観て「全然足りてない」って。 もっと声を出すところは出さないと駄目だなって、自分の中で途中から物凄く意識が変わりましたね。 でも、周りの人から「『ガンダム』に出れて嬉しかった?」って良く聞かれるんですけど、嬉しいなんていう感情は当時ほとんどなかったですね。 とにかく吐きそうなくらい緊張して、どうすれば良いか分からなかったんです。 アフレコにしても、台本の持ち方やチェックの仕方はもちろん、マイクワークも当然分からないですし、全てが初めてのことばかりでしたから。 最初は本当に大変でしたね(笑)。 逆に言い慣れていたら、嫌な奴ですよね(笑)。 でも、カテジナさんはお嬢様の役だったので、そういう喋り方をする訳です。 そうなると、自分の頭の中で何となく想像するじゃないですか、お嬢様ってこんな感じだよねって。 でも、実際にやってみて初めて分かることって意外とあるんです。 なので、その役について変に頭で考えるよりも実際にやることの方が何倍も大事なんだってことに、この役をやらせて頂いて気づかされました。 阪口 こういう話になった時、大抵候補にあがってくるのは第50話「憎しみが呼ぶ対決」のリーンホースが特攻するシーンですね。 他のキャストの方も、あのシーンが好きだっていう人が結構多いです。 最終回よりも盛り上がりますしね。 多くのキャラクターが一斉に死んでしまったこともあり、そういうキャスト的な思い入れもあるので僕自身も印象が強いですね。 作品の中でも独特な盛り上がり方を見せたというか、僕の勝手なイメージなんですけど、富野監督って人の死を感動的には描かずに淡々と描くというか、そんなイメージを持っていたんですけど、あそこに限っては凄くドラマチックに描かれている気がするんです。 そういう意味でも、あのシーンは印象深いですね。 渡辺 私もやっぱり第50話「憎しみが呼ぶ対決」ですね。 あのシーンに流れてくる音楽も凄く良くて、何度見返しても涙が出てきます。 悲しくて切ないんですけど、とても感動的なシーンだと思います。 阪口 キャラクター的にはクロノクル・アシャーが好きですね。 まともというと語弊があるかもしれませんが、あの世界においては普通の人だったと思うんです。 そういう普通の人間が権力を持ってしまったが故に戦いに巻き込まれて、ああいう最後を迎えてしまった訳ですが、人間的には一番魅力的だったと思います。 モビルスーツだとゴッゾーラです。 あのカメラの形状が独特で好きですね。 渡辺 私もキャラクターに関してはクロノクルですね。 あとは、シュラク隊のお姉さんたちの何気ない会話が好きでしたね。 お化粧の話だったり、戦場という殺伐さを感じさせない感じが良いですよね。 モビルスーツに関しては正直あまり良く分からないんですけど、ザンスカール帝国のモビルスーツは何となく猫目というか可愛い感じなので好きですね。 当時の記憶が甦ってきたり、とても楽しい収録でした。 渡辺 当時みんなで旅行へ行った時の話だったり、色んな話が沢山できて、とても懐かしかったですね。 そういう意味で、当時の現場の雰囲気などが何となく伝わるコメンタリーになっていると思います。 阪口 最近ハマっているというか、僕が新潟県出身ということもあって、昔からずっとプロサッカーチームのアルビレックス新潟を応援しています。 試合が首都圏であって、スケジュールの都合がつく時は、できるだけスタジアムに足を運ぶようにしています。 でも実は、サッカーだけじゃなく、野球だったり、ボルダリングだったり、バスケだったり、ハマっているものが多いんです。 なので、今回もどれを紹介しようか迷ってしまったほどなんです(笑)。 渡辺 私はプロレス観戦にハマっています。 ティグレ・ブランコというメキシコ出身のプロレスラーがいるんですが、彼の大ファンだったんです。 でも、そのマスクを紛失してしまって…。 なので、今は自分専用のマスクを作って観戦に行きたいと思っています(笑)。 あと、マイブームという訳ではないんですが、昔から犬が大好きなんです。 今もヨークシャー・テリアを飼っているんですが、可愛くて可愛くて仕方ないですね。 休日は犬と散歩へ行ったり、ご飯を食べたり、犬と一緒に過ごす時間が一番癒されます。 阪口 もうこれ以上ないという自分の限界を出し切れた作品なので、放送から20年以上が経って、こうしてBlu-ray Box化されるというのはやっぱり嬉しいですね。 自分で改めて観るのは少し照れくさかったりもしますが、多くの人に観てもらいたいという気持ちもあるんです。 今観ても古くさいとは全く感じないと思いますので、放送当時は生まれていなかった平成生まれの人に、ぜひ観て欲しいですね。 渡辺 当時は「ガンダム」シリーズに出演するということに特別な意識はなかったんです。 今思うと、それが逆に良かったのかなって。 変に意識することなく演じることができたし、自分が女性キャラクターを演じることに自信を持つきっかけとなった作品なのは間違いないですね。 あと、改めて作品を観ると、今と昔では感じ方が全然違うんです。 中学生の頃に日光へ行くのと、大人になって日光へ行くのとでは感じ方が全く違うじゃないですか、そんな感覚です。 なので、当時のファンの方は私と同じ気持ちで観て頂いて、初めての方は自分の今の感性で作品を観て頂けると嬉しいです。 お2人が出演する「週刊5分で分かる機動戦士Vガンダム」はにて毎週金曜日に無料配信中.

次の

阪口 大助

阪口 大助

『機動戦士Vガンダム』は、富野由悠季総監督によるTVアニメシリーズだ。 富野総監督による宇宙世紀を舞台とした「ガンダム」シリーズでは、現在、最後の作品となっている。 ザンスカール帝国とゲリラ組織リガ・ミリティアとの戦いに巻き込まれVガンダムを駆ることになった少年ウッソの活躍を描く。 本作は故・逢坂浩司さんが描く柔らかなキャラクターに対し、物語はシリアスな戦争の雰囲気に包まれており、キャラクターが壮絶な最期を迎えることも少なくない。 ガンダムシリーズでも一際異彩を放つ本作がBlu-ray Boxとなり、9月25日にはBoxIIがリリースされる。 そこで今回は、主人公のウッソ・エヴィン役を務めた阪口大助さんにインタビューを実施。 ガンダムとの出会いから好きなキャラクター、そして『Vガンダム』の魅力まで、ガンダムについて広く語っていただいた。 僕も夢中になってたくさんモビルスーツをつくって。 そこから気になってファーストガンダム本編を観るようになった感じですね。 阪口 ええ、当時はたくさんモビルスーツをつくりましたね。 今でも買うんですけど、組み立てないから箱がどんどん積まれていくばかりで 笑。 ガンダムもそうなんですけど、連邦のモビルスーツにはそこまで惹かれなくて。 どうも人の顔をしているのが好みではないみたいで。 でも、ジムとかガンキャノンみたいにメインカメラが人の顔じゃないのは買ったことはあります。 でもガンダムはこれまで一度も買ったことがなくて 笑。 だからどっちかというとファーストガンダムよりも『機動戦士Zガンダム』のほうがインパクトがありましたね。 『Z』の頃はある程度成長してストーリーもちゃんと追えるようになっていたので。 それは僕が思春期に入る前だったからかもしれないですけど。 『Z』に関しては誰かキャラクターに感情移入して観るというよりも、第三者として物語やキャラクターを客観視しているような感じでした。 ちなみに『Z』で好きなキャラクターはアポリーでしたね。 『Z』のなかでは影が薄い印象もあるので……。 阪口 アポリーは他のキャラと比べるとクセがないし、何より良い人じゃないですか。 だから死んだときはすごくショックでした。 アムロやシャアとか旧作のキャラクターが出てきたり、モビルスーツのデザインも旧世代の要素を抽出していたり。 そのあたり良かったですね。 シリアスな『Z』と比べて、『ZZ』はコミカルで明るい雰囲気で初めは戸惑いましたけど、後半からのドラマがシリアスに盛り上がっていく感じは好きでした。 あと、砂漠に行ったりとエピソードがバラエティに富んでいて良かったですね。 アムロとシャアの因縁に決着がつくという意味でも感慨深かったし、何よりもキャラクターの思いがモロに出ているというか……ギュネイやクェス、シャアにしても「結局のところ、お前は私念で戦ってたのかよ!」みたいな感じになるし 笑。 よりドロドロ感が増してる感じで良かったですね。 阪口 そうですね……上司にしたいのは、ドズルかランバ・ラルです。 味方のためにひとりでビグ・ザムで突撃したり、部下の出世をちゃんと考えてくれるところもいいですし、やっぱり武人肌なキャラクターは男としても憧れます。 これがシャアだと「お前の死は無駄ではないぞ」とクラウンみたいに駒にされるのがオチですから 笑。 そんななかでマウアー・ファラオとチェーン・アギは最高ですね。 マウアーはもうとにかく支えて欲しい 笑。 彼女にするなら断然チェーンですよ……いや、嫁かな 笑。 いちばんはやっぱり……。 阪口 これはもうズゴックです 笑。 ズゴックというと、シャア専用機がジムをぶち抜いてるシーンが有名ですけど、僕は初登場でカラハのズゴックがガンキャノンをアイアンネイルで締め上げてるシーンがすごく好きで。 ゲームの『ギレンの野望』をプレイしても、量産するのは史実どおりゲルググじゃなくて、ギャンなんです。 あとはガルバルディやマラサイあたりが好きですね。 まずは「宇宙世紀」という縦軸があって、ほかのシリーズとの繋がりが感じられるところ。 あとは、富野総監督ならではのクセの強いキャラクターがたくさん出てくるところですかね。 人間として欠陥のあるキャラも多いんですけど、現実でも完璧な人間なんていないですから、そのあたりにもリアリティがありますよね。 《沖本茂義》.

次の

阪口大助とは (サカグチダイスケとは) [単語記事]

阪口 大助

阪口大助とは、のである。 概要 生まれ。 は 好きなは 出身。 に、らがいる。 が好きで(特にに乗りたくて)をし、19歳での役に抜されしたは良いものの、選んだ本人である()に色々な意味でのれてしまった人。 やからは「作での役になれたこと」をうらやましがられていた。 当時を知る者にとって、の成長ぶりには驚くばかりである。 かつて「がの際にから制裁を受けていた」という趣旨の内容がに記されていたが、「流石にそこまではなかった」と本人が否定している。 しかししたばかりで未熟だったため、厳しい演技導があったことはと認めており、をやっていた約1年間は浸りで荒れた生活を送っていたという。 本人は「キツイばかりがされるけど、実際は楽しい現場だったし、新人だった自分にとっては短い一年でした」と後にっている。 前述のように、好きなはで、に関連するをいとっている。 他にもが大好きで、の、そして武将が好き。 をを持って(本人くで)歩いていたところに捕まってしまったことがある。 Mのを担当した5人(・・・)で「」というが結成され後半はや等活動に忙しくしていた。 当時から「」「太助」など〇〇と呼ばれることがとても多く、では「」と呼ばれている。 ~を演じることが多い。 ついでにも多い。 誤解する人が多いが、はもちろんでもしておりがいる。 (M作品内にて発表) 二の部に所属している。 好きなは(が好きだから)。 またも好きであり、してるは(を着てに出たり、自分のを上げたい時に聴く曲にのを挙げるほど)。 主な出演作 アニメ• (ユズヒコ)• (、一郎)• (ヴィクトル・)• (次郎)• (田)• !(巻)• (・)• (ヶりん)• (・)• (タ)• (実)• (王政陸)• くん(仁)• (ハー・サッ)• (・リー)• (セ・)• (ハッン)• (和人)• (ジャグジー・ス)• (硯秀斗)• (勇次)• (・ネリ)• (羅)• (七太助)• (沢木惣右衛門直保)• (ン)• の(シャタ)• (イック) ゲーム• (・ト)• -KN-()• (タ)• (ザシュ・ザン・ヴァルハレビア)• (ュ・ス、・)• (ナウス、ビル・、・オイッコニー)• M~の麗なる陰謀~(未希)• (ちゃん)• (モルモ)• (ム)• (シラ)• (正)• (・)• (由)• 伝()• ドラマCD• (未希)• (・・トリッドリット)• (麻)• どみなのド!(土江武) 関連動画 関連商品 関連項目• 外部リンク•

次の