結婚 式 延期。 花嫁378名に聞いた!【新型コロナウィルス】で結婚式は延期する?しない?

【6/9最新】新型コロナで結婚式を延期。感染拡大ガイドライン発表でどんな結婚式挙げる?

結婚 式 延期

中には花嫁さんのお母様が答えてくださったりと、たくさんの方にご協力していただきました! 結果として延期をする、実施する、まだ迷っている花嫁さんがそれぞれ約3割とほぼ同じ割合に。 3月実施者の半数以上が延期。 【挙式予定日別】結婚式を延期する?しない? 延期した 中止を含む 実施する まだ迷っている 2月 5 6 0 3月 71 64 3 4月 25 32 40 5月 8 27 47 6月 2 10 19 7月 0 1 6 8月 1 0 5 9月以降 0 2 4 延期をしなかった理由や決め手は? ・両親やゲストが後押しをしてくれた ・キャンセル料がかかる時期に入っており膨大なキャンセル料を支払うことになるため ・延期したとしてもコロナウィルスが終息しているとは限らないため ・ご自身が妊娠していて延期ができない ・昨年の台風で今回の時期に延期をした。 前回はキャンセル料は無しだったけど今回はかかるため やはり実施の決断に至った多くの理由はゲストからの後押しと膨大なキャンセル料。 特別処置を行ってくれた式場もありますが、 数十万~数百万とかかってきてしまうキャンセル料に即決できないのが現実です。 キャンセル料がかかったと答えてくれた方の中でも18万、20万、50万、75万、100万と金額もバラバラでした。 また、ご両親やご友人から後押しの言葉をいただいて実施する決断をした花嫁さんが多くいました! ・再度出欠は取りました ・遠方から来る親族は前、当日泊でゆっくり過ごしてもらう ・会場入口等にはアルコール消毒の用意 ・会場スタッフの皆さんもマスク着用 N. M/静岡県 延期するならいつ?みんなの延期後の挙式時期 延期後の時期で1番多かったのは 7月と9月という結果になりました! キャンセル料の判断の時期もあるため6カ月前後への日程へ変更する場合は多く、延期することは決めたけど、まだ延期後の日程を決められていない花嫁さんもいます。 いつ終息するかまだ見えてこないコロナウィルス。 もし落ち着いてきたとしても、8月や9月は台風がくる可能性もあるためいつに延期するのかの正解がないのが現状です。 各式場の対応は?キャンセル料をなしにしてくれた式場一覧 (3月挙式で延期をした花嫁さん) 式場によっては2020年以内なら対応可能などの条件がありますが、7割の式場が今回、特別処置をしてくれたという結果になりました。 キャンセル料自体はかからず、すでに招待状を出していたりと手配済みのものだけ負担となった花嫁さんも。

次の

結婚式…相次ぐ延期や規模縮小 新型コロナで福山の式場にも影響:山陽新聞デジタル|さんデジ

結婚 式 延期

結婚式はキャンセルできるもの? 結婚式を中止・延期する場合、結婚式場は解約できますが、基本的にキャンセル料が発生し、その金額は挙式日の何日前かで変わります。 併せて、衣装や引き出物など、それまでに手配・準備をした結婚式に付随する多くのアイテムをキャンセル(または延期)する必要があります。 この予想だにしなかった状況で、結婚式を準備していたカップルはどんなことに注意し、どんな行動を取ればよいのでしょうか? ------------------------------------------------------------- 【お話を聞いた人】佐伯 恵里さん (ウエディングプランナー) 時には式場ではない場所での結婚式も含めさまざまなスタイルの結婚式をプランニング。 経験を活かした固定概念にとらわれない「二人らしいパーソナルなウエディング作り」には定評がある。 延期・キャンセルを決めた日が、挙式を予定していた日から何日前なのかでキャンセル料等は変わってきます。 「延期」なのか「キャンセル(中止)」なのかでも対応が変わってくるケースが多いです。 また、式場側の都合で会場が利用できなくなったケースについては、約款の「お客様に対する解約」の項目に記載されていることが多いので合わせて確認しておくとよいですよ。 今回の問題では、会場側が「休業」を決めて結果として結婚式ができなくなった等のケースもあるからです。 電話やメールで一報を入れたその日なのか、なんらかの形で書類手続きをした日なのか。 キャンセル料が発生する場合、何に対して料金が発生しているのかを聞いておくことも大切です。 また会場の利用料などとは別に、「衣装」「引き出物」などアイテム別にキャンセル料が設定されている契約もあるのであわせて注意が必要です。 会場とは別に「持ち込み」で独自に衣装やカメラマンの手配をされていた方は、そちらも忘れずに連絡しましょう。 カップルは実際にはまだ結婚式をしていないので、「何も買ったり使ったりしていないのに…」と、キャンセル料が発生することに納得できない気持ちもあるかもしれませんが、それまでに何度か打合せをしたのであればスタッフのコスト、衣装や装花の事前手配など、バックではすでに様々な準備が進められているので、どうしてもそれらの費用は発生してしまいます。 また、「予約した」という事自体が、会場側にとっては「その日時会場を他の方に販売しできない」という制限になりますので、キャンセル料はその機会損失に対する補償という側面もあります。 とは言え、今回のように非常に特殊なケースでの延期・キャンセルにおいては、柔軟な対応をとっている会場もあるようですし会場によって対応は千差万別なので、感情的にならずに冷静に会場側と話し合うことが大切です。 また、結婚式を挙げるお二人も、経済産業省のサイトを見るなどしっかりと情報収集しておくとよいと思います。 もしもキャンセル料をめぐってトラブルになりそうな場合は、自分たちだけで解決しようとせず、第三者機関である「独立行政法人 国民生活センター」等へ相談するのもひとつの手段です。 また、マイナビウエディングサロンのような相談カウンターを利用していた場合は担当のコンシェルジュ、フリーのウエディングプランナーなど、いわば「ブライダル業界の専門家」に、セカンドオピニオンとして相談してみるのもいいかもしれません。 今はSNSなどで積極的に相談会を実施しているプランナーもいるので探してみてもよいのでは。 カップルも会場も「幸せな結婚式を挙げたい」という気持ちは同じなのですが、残念ながら今回のようなケースで話がこじれてしまうこともあるかもしれません。 その場合は、延期して会場を変えるという結論もあるかと思いますので、改めて会場探しをする場合は、施設やお料理だけでなく企業体制などもしっかり確認するとよいと思います。 以上、佐伯 恵里さんからお話を伺いました。 みなさんがイメージしやすいのは、ホテルや旅館などの宿泊予約や、旅行のパッケージツアーなどのキャンセル料ではないでしょうか。 これは、電車の座席や、ホテルの客室をほかの人へ販売しないことに対する補償として考えるとわかりやすいですよね。 結婚式場の本予約をキャンセルする場合も同じことがいえます。 新郎新婦が特定の日時に結婚式場を予約(契約)すると、式場側はその日程での挙式や披露宴をほかの人に販売できません。 しかし新郎新婦が自分の都合でとりやめる場合には、式場側もそれまでキープしていたことに対する対価として、またそれまで打ち合わせを重ね準備をしてきたことに対する対価としてキャンセル料を求めることができます。 知っておきたい「仮予約」と「本予約」の違い ここで知っておきたいのが、結婚式場の「仮予約」と「本予約」の違いです。 仮予約とは、ブライダルフェアなどで結婚式場を訪れた際、希望の日時の挙式を仮に押さえることができるシステム。 見学して気に入ったけれど、ほかの式場も見ておきたいという時にオススメです。 仮予約は一定期間(7~10日程度)のみ有効なため、式場によって異なりますが一般的にはキャンセル料は発生しません。 詳細は下のリンクをご覧ください。 そのため、取りやめる場合はそれ相当の金額がかかりますし、内金が全額返金されないケースもあるので仮予約よりもさらに注意が必要です。 具体的には結婚式場によって異なりますが、下記の一例をひとつの目安として考えておくと良いでしょう。 なおマイナビウエディングに掲載中の式場なら、式場ごとにキャンセル料に関する規定を確認できる機能があるのでぜひ参考にしてください。 もしもキャンセル料をめぐって結婚式場側とトラブルになりそうな場合は、自分たちだけで解決しようとせず、第三者の機関である「独立行政法人 国民生活センター」へ相談するのもひとつの手段です。 結婚式場以外でもキャンセル料が発生するアイテムとは 次に、引き出物や衣装など、ウエディングアイテムについてのキャンセル料を解説します。 なお、以下は一例ですので、キャンセルできる・できない、及びキャンセル料についてはアイテムごとに企業に確認することをオススメします。 引き出物も、ふたりの名前を入れるなどした特注品の場合は、キャンセルも返品もできません。 ほか、引き菓子は受注生産のため、結婚式場を解約する段階ですでに発注済なら、取りやめることも返品もできません。 まずは直接問い合わせて確認しましょう。 結婚式にかかる見積もり金額によって、補償サービス料や補償限度額が異なり、かつ導入しているか否かも式場によっても異なりますが、補償限度額を300万円とした場合の補償サービス料(新郎新婦側が支払う保険の掛け金のようなもの)は25,000円程度がひとつの目安の金額です。 現在、このような補償商品がいくつも登場していますが、結婚式場が導入している補償商品の種類によって補償できる範囲も異なるので、加入したい場合はまず結婚式場で聞いてみるとよいでしょう。

次の

結婚式を延期した今…お家でできる結婚式準備ってどんなこと?

結婚 式 延期

延期した結婚式の招待状は再送付するべきか 同じものを再送付するべきかどうかは追って触れますが、 何かしらの手段で出欠を取り直す必要はあります。 例えば延期の報告をした際に「延期した日程でも参加するからね!」と回答をもらった場合も、ゲストの方は「一次返信」だと思っているかもしれません。 それを本返信だと捉えて式の準備をしてしまうと、実は出席できなかった場合にトラブルの原因となってしまいます。 改めて 延期した日程の数カ月前に招待状を送付しましょう。 時期の目安は初回と同じで問題ありません。 大体結婚式の2~3ヵ月前に送る方が多いようです。 再送する招待状の作成ポイントと文面例 招待状の記載するご挨拶の文面は初回の招待状とは変更する必要があります。 <文面例> 先般は結婚式を延期することになり ご出席を予定してくださった皆様には 大変ご迷惑をおかけいたしましたこと 深くお詫び申し上げます つきましては このたび 新たに日取りが決まり 結婚式を挙げる運びとなりました ご多用中 誠に恐縮ではございますが ぜひご出席いただきたく ご案内申し上げます 再設定した日取りの案内ということをお詫びと共にきちんと伝えつつ、延期の要因には触れていない文章になっています。 式場の方と作成し確認いただいているため、内容は問題ありません。 汎用的な文章になっているため、このままコピーしてご利用ください。 招待状の料金を少しでも抑える方法 結婚式を延期した新郎新婦は、一度招待状を送ってしまっていたり、色々なアイテムが無駄になってしまったりしているため、少しでも料金を抑えたいのが本音だと思います。 そこで、再送する招待状の料金を抑える方法を紹介します。 1.WEB招待状を利用する WEB招待状は紙の招待状より圧倒的に安く、手軽に作成できます。 また返信を集計するのもとても簡単です。 「WEB招待状だと失礼に感じる」という方はいるかもしれませんが、 再送であればゲストも事情を分かってくれますし、試しやすいのではないでしょうか。 「紙に負けない素敵なWEB招待状を作りたい」 「安くしたいけどデザインも捨てたくない」 こんな方は「 」の招待状がオススメです。 グッドデザイン賞を受賞していて、とても素敵なもらってワクワクするような招待状ができあがります。 様々なテンプレートから好みのものを選ぶことができます。 実際私も利用して、ゲストにとても喜ばれました。 テンプレートは「フローラ」という動きのあるタイプを選びました。 お値段は8名以上に送付するのであれば、6,800円~15,000円ほどが目安になります。 8名までは無料で作れるので、試しに作ってみるとイメージが湧きやすいと思います。 についてはこちらの記事でも詳しく触れているため、参考にしてください。 ゲストの反応や、WEB招待状全般のメリットを紹介しています。 まとめ:再送時の招待状作成方法 招待状作成方法の特徴を私のイメージでまとめたものがこちらです。 5 5. 0 往復ハガキ バランス型 2. 0 2. 0 WEB招待状 無料- 安さ重視 5. 0 2. 5 有料- バランス型 3. 0 4. 0 例えば友人の分はWEB招待状で作成して、親族や高齢者の方のみ紙の招待状を作成するのも良いと思います。 延期した結婚式の場合、お作法が決まっているわけではありません。 2回目の準備は手間だと思いますが、ゲストも寛容な視点で見てくれますし、工夫次第で労力を減らすこともできます。 無理しすぎず自分に合った方法を選んで、素敵な結婚式を迎えてください。

次の