ギャル 医者。 ギャル医者あやっぺ 最新刊(次は2巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

ギャル医者あやっぺ 最新刊(次は2巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

ギャル 医者

ちなみにですが、オモコロはという(会社という形態を取っている以上、一応)営利団体が運営しているわけで、日々売上を追い求めなければいけないはずなのですが、こういうときに、そういった方向(純粋な応援)に舵を(勝手に)切れるというのは、なかなかすごいなぁと思います。 (普通の一般的な会社ではなかなかできないこと!!) なので、仲間としては(そういったことができるパワーが)頼もしくもあり、嬉しくもあるのが正直なところです。 発売前日にオモコロで公開された記事 オモコロでは発売前日にこんな記事が公開されました。 ただ、これは長イキくんからお金をもらって宣伝しているわけではないし(許可すら取っていないはず)、単行本の売上がオモコロに直接的な収益として還元されるわけでもありません(長イキくんが幸せになるという間接的なインセンティブはありますが)。 なので、このメンバーはただただ長イキくんが好きだったり、が好きだったりで書いたというわけです。 夜な夜なみんなバーグに集まってなんかやってたと思ったら、これだったのか。 (そうとわかっていればピザくらい取ったのに) ぼくは全く知らなかったので、みくのしんのワキの匂いを嗅いでキャッキャしてました。 ピエロ以下じゃないか。 長イキさん の「ギャル医者あやっぺ」が明日発売です!楽しみ!描かせていただきました! — えきあ🍰まんがライフ掲載中&スタンプリリース ekiaroll 同業者からウケてるって、いいですよね。 あと、 「 」で検索するとファンたちのアゲアゲ具合もいい感じです。 素晴らしい。 実際の人間性 さて、界隈からの人望が厚いということがわかったわけですが、実際はどうなんだというと、これまた可愛げがある最高の人です。 ぼくの接点といえば、してくれたこと、そして今年のオモコロ合宿(という名の旅行)の帰りの車で3時間くらいひたすらお話したという感じなのですが、決して社交的で明るいというわけではなく、ましてや懐に入り込んでくるタイプでもないのですが、人間的な(良い部分、ダメな部分含め)魅力がふんだんにあって、話していると、いろいろな人から愛されてる理由がすごくよくわかります。 すなわち、最高な人なんです。 愛されてる人間はこういうときの周りのアゲが凄くて、告知の量も、愛も(スベらせまいと)マシマシになります。 で、今回、長イキくんへの応援がすごいことからも、長イキくんが愛されていることがわかりますし、魅力ある人間だということもお察しいただけたかと思います。 で、で、そんな人が描いたをぜひ読んでいただきたい。 このご時世にぴったり(?)の漫画というか、読み終わったあとにはどこか元気になるような作品だと思います。 最後に の発売をお祝いするとともに、この本が爆売れすること、それによってその名に恥じぬくらい長生きをしてくれることを切に願っております。 と、なんやいろいろ言うてますけど 周りのみんなはひとネタ乗せて応援してるけど、ぼくはあえてストレートにいいます。

次の

田中みな実が歴代彼氏を暴露!学生時代のギャル男から医者まで総まとめ

ギャル 医者

長イキアキヒコ先生の話題の四コマ漫画の「ギャル医者あやっぺ」がスタンプとなったのですね。 この女医は、お医者さんというよりもギャルという面が色濃く出されていて、実に痛快です。 ルックスは、少し前に流行した黒くメイクした顔に髪の色を染めて、おそらく平成の女子高生、女子大生時代に大流行したファッションなのでしょうね。 実に型破りのお医者さんですが、人一倍明るくて、元気で楽しく、親近感の持てる女医さんですね。 自然と好感が湧いてきます。 お医者さんといえば、とても大変そうな仕事で、人命を預かる仕事だからか、スキがなく、いかにも優秀そうで、たとえ真夜中でも、救急患者が来ると飛び起きて、搬送するような力仕事もあって、かなりハードなので、本当に偉いと感心します。 しかし、ギャル医者あやっぺは、そんな激務ができそうもないような雰囲気で、頼まれても、「ドクターX」の大門未知子のように「致しません」と断りそうな感じですね。 私もこの漫画を読みましたが、何しろ、患者さんのレントゲン写真を撮影するときに、自分も入ってVサインのポーズを取って、ツーショットのレントゲン写真を撮るのですから、不謹慎で失礼極まりないのです。 しかし、スタンプにもあるように、患者さんは、「罵倒されているのに みるみる傷が回復していく…」のだから、こういう治療法もアリなのでしょうね。 使う言葉も医療用語ではなく、ギャル語で、スタンプでも、高熱の事を「マジ激アツじゃん!」、高血圧の事を「やべぇ~~~~!!血圧アゲアゲになってるじゃん!!」と言ってますね。 更には、歯を治療している患者さんが、痛くて上げている手にハイタッチをしたり、「風邪うえええい!!」と祈祷師のように叫ぶシーンも傑作です。 なかには、「家政婦は見た!」の市原悦子さんのように「お盛ん…」と言ったり、「8時だョ!全員集合」のエンディングの加トちゃんみたいに「風呂入ってる?」と言ったりするスタンプもあって、笑えます。 医療系の漫画となると、どうしてもシリアスなものになりがちなので、こういう明るく楽しくおもしろいものも必要だと思います。 確かに、ピンクの熊の着ぐるみを着て「がんばれし がんばれし」と応援する姿には励まされ、お祭りのような太鼓を打っている姿には元気がもらえますね。 ギャル医者あやっぺは、陽気で朗らか、爽やかで、ちょっぴりそそっかしくて、いつも周りに笑いを届ける誰にも愛される人気者ですね。 こんなスタンプがラインで届いたら癒されたり、心強くなれますね。 みんなに安らぎと勇気とパワーを送れる良さが気に入りました。 みんなに愛される彼女だから、誰に対しても真心が送れますね。 「ギャル医者あやっぺ」のスタンプは、ストレス社会で病んでいる心、疲れた心を直す治療薬となるところが、最高の使いどころですね。 この女医は、お医者さんというよりもギャルという面が色濃く出されていて、実に痛快です。 ルックスは、少し前に流行した黒くメイクした顔に髪の色を染めて、おそらく平成の女子高生、女子大生時代に大流行したファッションなのでしょうね。 実に型破りのお医者さんですが、人一倍明るくて、元気で楽しく、親近感の持てる女医さんですね。 自然と好感が湧いてきます。 お医者さんといえば、とても大変そうな仕事で、人命を預かる仕事だからか、スキがなく、いかにも優秀そうで、たとえ真夜中でも、救急患者が来ると飛び起きて、搬送するような力仕事もあって、かなりハードなので、本当に偉いと感心します。 しかし、ギャル医者あやっぺは、そんな激務ができそうもないような雰囲気で、頼まれても、「ドクターX」の大門未知子のように「致しません」と断りそうな感じですね。 私もこの漫画を読みましたが、何しろ、患者さんのレントゲン写真を撮影するときに、自分も入ってVサインのポーズを取って、ツーショットのレントゲン写真を撮るのですから、不謹慎で失礼極まりないのです。 しかし、スタンプにもあるように、患者さんは、「罵倒されているのに みるみる傷が回復していく…」のだから、こういう治療法もアリなのでしょうね。 使う言葉も医療用語ではなく、ギャル語で、スタンプでも、高熱の事を「マジ激アツじゃん!」、高血圧の事を「やべぇ~~~~!!血圧アゲアゲになってるじゃん!!」と言ってますね。 更には、歯を治療している患者さんが、痛くて上げている手にハイタッチをしたり、「風邪うえええい!!」と祈祷師のように叫ぶシーンも傑作です。 なかには、「家政婦は見た!」の市原悦子さんのように「お盛ん…」と言ったり、「8時だョ!全員集合」のエンディングの加トちゃんみたいに「風呂入ってる?」と言ったりするスタンプもあって、笑えます。 医療系の漫画となると、どうしてもシリアスなものになりがちなので、こういう明るく楽しくおもしろいものも必要だと思います。 確かに、ピンクの熊の着ぐるみを着て「がんばれし がんばれし」と応援する姿には励まされ、お祭りのような太鼓を打っている姿には元気がもらえますね。 ギャル医者あやっぺは、陽気で朗らか、爽やかで、ちょっぴりそそっかしくて、いつも周りに笑いを届ける誰にも愛される人気者ですね。 こんなスタンプがラインで届いたら癒されたり、心強くなれますね。 みんなに安らぎと勇気とパワーを送れる良さが気に入りました。 みんなに愛される彼女だから、誰に対しても真心が送れますね。 「ギャル医者あやっぺ」のスタンプは、ストレス社会で病んでいる心、疲れた心を直す治療薬となるところが、最高の使いどころですね。 この女医は、お医者さんというよりもギャルという面が色濃く出されていて、実に痛快です。 ルックスは、少し前に流行した黒くメイクした顔に髪の色を染めて、おそらく平成の女子高生、女子大生時代に大流行したファッションなのでしょうね。 実に型破りのお医者さんですが、人一倍明るくて、元気で楽しく、親近感の持てる女医さんですね。 自然と好感が湧いてきます。 お医者さんといえば、とても大変そうな仕事で、人命を預かる仕事だからか、スキがなく、いかにも優秀そうで、たとえ真夜中でも、救急患者が来ると飛び起きて、搬送するような力仕事もあって、かなりハードなので、本当に偉いと感心します。 しかし、ギャル医者あやっぺは、そんな激務ができそうもないような雰囲気で、頼まれても、「ドクターX」の大門未知子のように「致しません」と断りそうな感じですね。 私もこの漫画を読みましたが、何しろ、患者さんのレントゲン写真を撮影するときに、自分も入ってVサインのポーズを取って、ツーショットのレントゲン写真を撮るのですから、不謹慎で失礼極まりないのです。 しかし、スタンプにもあるように、患者さんは、「罵倒されているのに みるみる傷が回復していく…」のだから、こういう治療法もアリなのでしょうね。 使う言葉も医療用語ではなく、ギャル語で、スタンプでも、高熱の事を「マジ激アツじゃん!」、高血圧の事を「やべぇ~~~~!!血圧アゲアゲになってるじゃん!!」と言ってますね。 更には、歯を治療している患者さんが、痛くて上げている手にハイタッチをしたり、「風邪うえええい!!」と祈祷師のように叫ぶシーンも傑作です。 なかには、「家政婦は見た!」の市原悦子さんのように「お盛ん…」と言ったり、「8時だョ!全員集合」のエンディングの加トちゃんみたいに「風呂入ってる?」と言ったりするスタンプもあって、笑えます。 医療系の漫画となると、どうしてもシリアスなものになりがちなので、こういう明るく楽しくおもしろいものも必要だと思います。 確かに、ピンクの熊の着ぐるみを着て「がんばれし がんばれし」と応援する姿には励まされ、お祭りのような太鼓を打っている姿には元気がもらえますね。 ギャル医者あやっぺは、陽気で朗らか、爽やかで、ちょっぴりそそっかしくて、いつも周りに笑いを届ける誰にも愛される人気者ですね。 こんなスタンプがラインで届いたら癒されたり、心強くなれますね。 みんなに安らぎと勇気とパワーを送れる良さが気に入りました。 みんなに愛される彼女だから、誰に対しても真心が送れますね。 「ギャル医者あやっぺ」のスタンプは、ストレス社会で病んでいる心、疲れた心を直す治療薬となるところが、最高の使いどころですね。

次の

【スタンプ無料GET!】 ギャル医者あやっぺ| Stampick! (スタンピック)

ギャル 医者

長イキアキヒコ先生の話題の四コマ漫画の「ギャル医者あやっぺ」がスタンプとなったのですね。 この女医は、お医者さんというよりもギャルという面が色濃く出されていて、実に痛快です。 ルックスは、少し前に流行した黒くメイクした顔に髪の色を染めて、おそらく平成の女子高生、女子大生時代に大流行したファッションなのでしょうね。 実に型破りのお医者さんですが、人一倍明るくて、元気で楽しく、親近感の持てる女医さんですね。 自然と好感が湧いてきます。 お医者さんといえば、とても大変そうな仕事で、人命を預かる仕事だからか、スキがなく、いかにも優秀そうで、たとえ真夜中でも、救急患者が来ると飛び起きて、搬送するような力仕事もあって、かなりハードなので、本当に偉いと感心します。 しかし、ギャル医者あやっぺは、そんな激務ができそうもないような雰囲気で、頼まれても、「ドクターX」の大門未知子のように「致しません」と断りそうな感じですね。 私もこの漫画を読みましたが、何しろ、患者さんのレントゲン写真を撮影するときに、自分も入ってVサインのポーズを取って、ツーショットのレントゲン写真を撮るのですから、不謹慎で失礼極まりないのです。 しかし、スタンプにもあるように、患者さんは、「罵倒されているのに みるみる傷が回復していく…」のだから、こういう治療法もアリなのでしょうね。 使う言葉も医療用語ではなく、ギャル語で、スタンプでも、高熱の事を「マジ激アツじゃん!」、高血圧の事を「やべぇ~~~~!!血圧アゲアゲになってるじゃん!!」と言ってますね。 更には、歯を治療している患者さんが、痛くて上げている手にハイタッチをしたり、「風邪うえええい!!」と祈祷師のように叫ぶシーンも傑作です。 なかには、「家政婦は見た!」の市原悦子さんのように「お盛ん…」と言ったり、「8時だョ!全員集合」のエンディングの加トちゃんみたいに「風呂入ってる?」と言ったりするスタンプもあって、笑えます。 医療系の漫画となると、どうしてもシリアスなものになりがちなので、こういう明るく楽しくおもしろいものも必要だと思います。 確かに、ピンクの熊の着ぐるみを着て「がんばれし がんばれし」と応援する姿には励まされ、お祭りのような太鼓を打っている姿には元気がもらえますね。 ギャル医者あやっぺは、陽気で朗らか、爽やかで、ちょっぴりそそっかしくて、いつも周りに笑いを届ける誰にも愛される人気者ですね。 こんなスタンプがラインで届いたら癒されたり、心強くなれますね。 みんなに安らぎと勇気とパワーを送れる良さが気に入りました。 みんなに愛される彼女だから、誰に対しても真心が送れますね。 「ギャル医者あやっぺ」のスタンプは、ストレス社会で病んでいる心、疲れた心を直す治療薬となるところが、最高の使いどころですね。 この女医は、お医者さんというよりもギャルという面が色濃く出されていて、実に痛快です。 ルックスは、少し前に流行した黒くメイクした顔に髪の色を染めて、おそらく平成の女子高生、女子大生時代に大流行したファッションなのでしょうね。 実に型破りのお医者さんですが、人一倍明るくて、元気で楽しく、親近感の持てる女医さんですね。 自然と好感が湧いてきます。 お医者さんといえば、とても大変そうな仕事で、人命を預かる仕事だからか、スキがなく、いかにも優秀そうで、たとえ真夜中でも、救急患者が来ると飛び起きて、搬送するような力仕事もあって、かなりハードなので、本当に偉いと感心します。 しかし、ギャル医者あやっぺは、そんな激務ができそうもないような雰囲気で、頼まれても、「ドクターX」の大門未知子のように「致しません」と断りそうな感じですね。 私もこの漫画を読みましたが、何しろ、患者さんのレントゲン写真を撮影するときに、自分も入ってVサインのポーズを取って、ツーショットのレントゲン写真を撮るのですから、不謹慎で失礼極まりないのです。 しかし、スタンプにもあるように、患者さんは、「罵倒されているのに みるみる傷が回復していく…」のだから、こういう治療法もアリなのでしょうね。 使う言葉も医療用語ではなく、ギャル語で、スタンプでも、高熱の事を「マジ激アツじゃん!」、高血圧の事を「やべぇ~~~~!!血圧アゲアゲになってるじゃん!!」と言ってますね。 更には、歯を治療している患者さんが、痛くて上げている手にハイタッチをしたり、「風邪うえええい!!」と祈祷師のように叫ぶシーンも傑作です。 なかには、「家政婦は見た!」の市原悦子さんのように「お盛ん…」と言ったり、「8時だョ!全員集合」のエンディングの加トちゃんみたいに「風呂入ってる?」と言ったりするスタンプもあって、笑えます。 医療系の漫画となると、どうしてもシリアスなものになりがちなので、こういう明るく楽しくおもしろいものも必要だと思います。 確かに、ピンクの熊の着ぐるみを着て「がんばれし がんばれし」と応援する姿には励まされ、お祭りのような太鼓を打っている姿には元気がもらえますね。 ギャル医者あやっぺは、陽気で朗らか、爽やかで、ちょっぴりそそっかしくて、いつも周りに笑いを届ける誰にも愛される人気者ですね。 こんなスタンプがラインで届いたら癒されたり、心強くなれますね。 みんなに安らぎと勇気とパワーを送れる良さが気に入りました。 みんなに愛される彼女だから、誰に対しても真心が送れますね。 「ギャル医者あやっぺ」のスタンプは、ストレス社会で病んでいる心、疲れた心を直す治療薬となるところが、最高の使いどころですね。 この女医は、お医者さんというよりもギャルという面が色濃く出されていて、実に痛快です。 ルックスは、少し前に流行した黒くメイクした顔に髪の色を染めて、おそらく平成の女子高生、女子大生時代に大流行したファッションなのでしょうね。 実に型破りのお医者さんですが、人一倍明るくて、元気で楽しく、親近感の持てる女医さんですね。 自然と好感が湧いてきます。 お医者さんといえば、とても大変そうな仕事で、人命を預かる仕事だからか、スキがなく、いかにも優秀そうで、たとえ真夜中でも、救急患者が来ると飛び起きて、搬送するような力仕事もあって、かなりハードなので、本当に偉いと感心します。 しかし、ギャル医者あやっぺは、そんな激務ができそうもないような雰囲気で、頼まれても、「ドクターX」の大門未知子のように「致しません」と断りそうな感じですね。 私もこの漫画を読みましたが、何しろ、患者さんのレントゲン写真を撮影するときに、自分も入ってVサインのポーズを取って、ツーショットのレントゲン写真を撮るのですから、不謹慎で失礼極まりないのです。 しかし、スタンプにもあるように、患者さんは、「罵倒されているのに みるみる傷が回復していく…」のだから、こういう治療法もアリなのでしょうね。 使う言葉も医療用語ではなく、ギャル語で、スタンプでも、高熱の事を「マジ激アツじゃん!」、高血圧の事を「やべぇ~~~~!!血圧アゲアゲになってるじゃん!!」と言ってますね。 更には、歯を治療している患者さんが、痛くて上げている手にハイタッチをしたり、「風邪うえええい!!」と祈祷師のように叫ぶシーンも傑作です。 なかには、「家政婦は見た!」の市原悦子さんのように「お盛ん…」と言ったり、「8時だョ!全員集合」のエンディングの加トちゃんみたいに「風呂入ってる?」と言ったりするスタンプもあって、笑えます。 医療系の漫画となると、どうしてもシリアスなものになりがちなので、こういう明るく楽しくおもしろいものも必要だと思います。 確かに、ピンクの熊の着ぐるみを着て「がんばれし がんばれし」と応援する姿には励まされ、お祭りのような太鼓を打っている姿には元気がもらえますね。 ギャル医者あやっぺは、陽気で朗らか、爽やかで、ちょっぴりそそっかしくて、いつも周りに笑いを届ける誰にも愛される人気者ですね。 こんなスタンプがラインで届いたら癒されたり、心強くなれますね。 みんなに安らぎと勇気とパワーを送れる良さが気に入りました。 みんなに愛される彼女だから、誰に対しても真心が送れますね。 「ギャル医者あやっぺ」のスタンプは、ストレス社会で病んでいる心、疲れた心を直す治療薬となるところが、最高の使いどころですね。

次の