フェルナンド サントス 2020。 【ウイイレアプリ2020】最強監督ランキングTOP10【最新版】|ゲームエイト

【ウイイレ2020】フェルナンド サントスの戦術&フォーメーション│ポルトガル代表監督|yasublog

フェルナンド サントス 2020

ウイイレアプリ2020最強の監督フェルナンド・サントスのスカッドの組み方 フェルナンド・サントスについて 私自身もフェルナンド・サントスを使っているのですが、通常選手のみのスカッドでも レート1300を超えるほどとなりました。 他の監督を試して見てもしっくりこず、結局はサントスが一番安定しています。 ではそのような良さを引き出すためにはどうしたら良いのか、まずはオフェンシブ・ディフェンシブの戦術から説明します。 フェルナンド・サントスはオフェンシブとディフェンシブどっちがいい? この疑問を多く抱えている人がいますが、結論からいうと私のおすすめは「オフェンシブ」です。 なぜか。 実際にオフェンシブとディフェンシブの戦術の違いを見ていきましょう。 <オフェンシブ戦術> 攻撃タイプ・・・カウンター ビルドアップ・・・ ロングパス 攻撃エリア・・・中央 ポジショニング・・・流動的 守備タイプ・・・フォアチェック 追い込みエリア・・・ 中央 プレッシング・・・アグレッシブ オフェンシブとディフェンシブの違いは、 ビルドアップが オフェンシブは「ショートパス」、 ディフェンシブは「ロングパス」 追い込みエリアが オフェンシブは「サイド」、 ディフェンシブは「中央」 の違いですね。 まずは ビルドアップについてですが、ショートパスは自陣から細かいパスを繋げていってゴールを目指し、ロングパスは前線に長いパスを蹴り、CFが競り合ってOMFやCMFがカバーに行くという戦術です。 ロングパスは前線に身長の高い選手がいれば少しは有効ですが、選手間の距離感がよくなくそのあとのパスをどうするか迷ってるうちに取られてしまうことが多いです。 一方自陣から繋げていくショートパスの良さはパスを繋ぐことを意識したポジション取りをしているので、パスが回しやすくそこから色々な選択肢が生まれます。 次に 追い込みエリアについてですが、サイドだと相手をサイドに追いやるような動き、中央だと相手を中央に追いやるような動きをします。 ここで私が オフェンシブ(追い込みエリアサイド) で行った試合の相手の攻撃時エリアを見てください。 相手の戦術にもよって変わることはありますが、 追い込みエリアをサイドにしても相手の攻撃エリアが 中央に寄っていることがわかります。 ウイイレは主に中央から攻めていく人が多いためディフェンシブの追い込みエリア「中央」だと、さらに相手の攻撃を活性化させてしまいます。 そのため私の個人的な意見としては オフェンシブの戦術がおすすめです。 フェルナンド・サントスのおすすめのフォーメーション(ポジション) 次にフォーメーション(ポジション)についてです。 サントスは4-3-1-2のフォーメーションとなっていますが、RSB・LSBをCBにしたり、CMFをDMFにしたり、CFをSTにしたりとポジションを変えることが可能です。 ただ変更するところのポジションは 「RSB・LSB」を「CB」にするところだけでいいかと思います。 (CBを4人にするということです) サイドバックの選手を1人だけ残して3CBにしている方がいるかと思いますが、できれば4CBにした方がいいと思います。 理由としては、下記の画像を見ていただければと思います。 こちらは私が攻めている時の画像ですが、 注目して欲しいのは下のマップのところです。 攻めている時も4CBがしっかりと自陣に張り付いてくれているのがわかるでしょうか。 サイドバックの選手がいると攻撃に参加してくれるのですが、ボールを奪われたときにこの4枚のCBのうち1人が欠けてしまうのが非常に痛いです。 攻撃も重要なのですが守備あっての攻撃なので 4枚のCBでしっかりと守備をして攻撃につなげることがとても重要です。 このような点からポジションについては4CBにして守りをしっかり固めましょう。 フェルナンド・サントスに入れる選手はどんな選手がいいの? 入れる選手についてはサントスに限ったことではないと思いますが、私のおすすめをご紹介したいと思います。 私自身アプリでは最近まで無課金だったためあまりいい選手がいませんが、まずは私の選手を見ていただければと思います。 なぜこのような選手達を入れているか、説明します。 一人はスピードが早く、一人はワンタッチパス (スルーパスを持っていればなお良し)を持っている選手。 守備陣(CB)について・・・中央は競り合いが多いためなるべく身体の強い選手を入れており、サイドは早い対応が求められるためスピードのある選手を入れる。 中盤(DMF・CMF・OMF)について・・・DMFはアンカー・マンマーク・インターセプトを持っていれば守備のときに非常に役立つので、これらを兼ね備えている選手は必須でしょう。 CMF・OMFはスルーパスとワンタッチパスは私としては必須レベルです。 中盤でパス回しをするときにワンタッチパスがなければミスに繋がることが多く、スルーパスを持っていれば前線にいいパスが入りやすいのでチャンスができやすいです。 前線(CF)について・・・両方ともワンタッチパスを持っていればいいのですが、CFでワンタッチパスを持っている選手は多くないので、一人はワンタッチパスを持っていて一人はスピードのある選手を入れましょう。 このようにすればアシスト役とゴール役でしっかりとした関係性ができますし、崩しやすいです。 能力が高いに越したことはありませんが、私もここを気をつけてスカッドを組んだことでレートも大きく上がることができました。 最低限の内容になりますが、ぜひ参考にして見てください。 フェルナンド・サントスについて最後に 今回はウイイレアプリ2020の監督で一番使われているフェルナンド・サントスについて紹介をさせていただきました。 皆さんそれぞれで使い方は異なるかと思いますが、あくまで私のおすすめですので色々な方法を試して見てください。 ただ私もオンラインでレート戦を多くやっておりますが、やっていく中でご紹介したポジションや選手が一番良いと思っております。 できれば一度このような形で組んでみて、改善点を探して自分にあったサントスにしていただければと思います。

次の

【ウイイレアプリ2020】フェルナンド・サントス監督|4

フェルナンド サントス 2020

ウイイレアプリ2020最強の監督フェルナンド・サントスのスカッドの組み方 フェルナンド・サントスについて 私自身もフェルナンド・サントスを使っているのですが、通常選手のみのスカッドでも レート1300を超えるほどとなりました。 他の監督を試して見てもしっくりこず、結局はサントスが一番安定しています。 ではそのような良さを引き出すためにはどうしたら良いのか、まずはオフェンシブ・ディフェンシブの戦術から説明します。 フェルナンド・サントスはオフェンシブとディフェンシブどっちがいい? この疑問を多く抱えている人がいますが、結論からいうと私のおすすめは「オフェンシブ」です。 なぜか。 実際にオフェンシブとディフェンシブの戦術の違いを見ていきましょう。 <オフェンシブ戦術> 攻撃タイプ・・・カウンター ビルドアップ・・・ ロングパス 攻撃エリア・・・中央 ポジショニング・・・流動的 守備タイプ・・・フォアチェック 追い込みエリア・・・ 中央 プレッシング・・・アグレッシブ オフェンシブとディフェンシブの違いは、 ビルドアップが オフェンシブは「ショートパス」、 ディフェンシブは「ロングパス」 追い込みエリアが オフェンシブは「サイド」、 ディフェンシブは「中央」 の違いですね。 まずは ビルドアップについてですが、ショートパスは自陣から細かいパスを繋げていってゴールを目指し、ロングパスは前線に長いパスを蹴り、CFが競り合ってOMFやCMFがカバーに行くという戦術です。 ロングパスは前線に身長の高い選手がいれば少しは有効ですが、選手間の距離感がよくなくそのあとのパスをどうするか迷ってるうちに取られてしまうことが多いです。 一方自陣から繋げていくショートパスの良さはパスを繋ぐことを意識したポジション取りをしているので、パスが回しやすくそこから色々な選択肢が生まれます。 次に 追い込みエリアについてですが、サイドだと相手をサイドに追いやるような動き、中央だと相手を中央に追いやるような動きをします。 ここで私が オフェンシブ(追い込みエリアサイド) で行った試合の相手の攻撃時エリアを見てください。 相手の戦術にもよって変わることはありますが、 追い込みエリアをサイドにしても相手の攻撃エリアが 中央に寄っていることがわかります。 ウイイレは主に中央から攻めていく人が多いためディフェンシブの追い込みエリア「中央」だと、さらに相手の攻撃を活性化させてしまいます。 そのため私の個人的な意見としては オフェンシブの戦術がおすすめです。 フェルナンド・サントスのおすすめのフォーメーション(ポジション) 次にフォーメーション(ポジション)についてです。 サントスは4-3-1-2のフォーメーションとなっていますが、RSB・LSBをCBにしたり、CMFをDMFにしたり、CFをSTにしたりとポジションを変えることが可能です。 ただ変更するところのポジションは 「RSB・LSB」を「CB」にするところだけでいいかと思います。 (CBを4人にするということです) サイドバックの選手を1人だけ残して3CBにしている方がいるかと思いますが、できれば4CBにした方がいいと思います。 理由としては、下記の画像を見ていただければと思います。 こちらは私が攻めている時の画像ですが、 注目して欲しいのは下のマップのところです。 攻めている時も4CBがしっかりと自陣に張り付いてくれているのがわかるでしょうか。 サイドバックの選手がいると攻撃に参加してくれるのですが、ボールを奪われたときにこの4枚のCBのうち1人が欠けてしまうのが非常に痛いです。 攻撃も重要なのですが守備あっての攻撃なので 4枚のCBでしっかりと守備をして攻撃につなげることがとても重要です。 このような点からポジションについては4CBにして守りをしっかり固めましょう。 フェルナンド・サントスに入れる選手はどんな選手がいいの? 入れる選手についてはサントスに限ったことではないと思いますが、私のおすすめをご紹介したいと思います。 私自身アプリでは最近まで無課金だったためあまりいい選手がいませんが、まずは私の選手を見ていただければと思います。 なぜこのような選手達を入れているか、説明します。 一人はスピードが早く、一人はワンタッチパス (スルーパスを持っていればなお良し)を持っている選手。 守備陣(CB)について・・・中央は競り合いが多いためなるべく身体の強い選手を入れており、サイドは早い対応が求められるためスピードのある選手を入れる。 中盤(DMF・CMF・OMF)について・・・DMFはアンカー・マンマーク・インターセプトを持っていれば守備のときに非常に役立つので、これらを兼ね備えている選手は必須でしょう。 CMF・OMFはスルーパスとワンタッチパスは私としては必須レベルです。 中盤でパス回しをするときにワンタッチパスがなければミスに繋がることが多く、スルーパスを持っていれば前線にいいパスが入りやすいのでチャンスができやすいです。 前線(CF)について・・・両方ともワンタッチパスを持っていればいいのですが、CFでワンタッチパスを持っている選手は多くないので、一人はワンタッチパスを持っていて一人はスピードのある選手を入れましょう。 このようにすればアシスト役とゴール役でしっかりとした関係性ができますし、崩しやすいです。 能力が高いに越したことはありませんが、私もここを気をつけてスカッドを組んだことでレートも大きく上がることができました。 最低限の内容になりますが、ぜひ参考にして見てください。 フェルナンド・サントスについて最後に 今回はウイイレアプリ2020の監督で一番使われているフェルナンド・サントスについて紹介をさせていただきました。 皆さんそれぞれで使い方は異なるかと思いますが、あくまで私のおすすめですので色々な方法を試して見てください。 ただ私もオンラインでレート戦を多くやっておりますが、やっていく中でご紹介したポジションや選手が一番良いと思っております。 できれば一度このような形で組んでみて、改善点を探して自分にあったサントスにしていただければと思います。

次の

監督フェルナンド・サントスの「スカッドの組み方」【ウイイレアプリ2020】|LarkaGamesの目指せウイイレ日本一

フェルナンド サントス 2020

ムバッペの突破力とグリーズマンの飛び出しでバランスが良いですね。 キープしてタメを作りましょう。 ウイイレアプリ2020は個人の選手で点を取るより、 チームで相手を崩して点をとらないといけません。 なので、シンプルではなく、 多彩さをもっていたほうが点とりやすいです。 CFに点をとらせようという意識ではなく 中盤に点をとらせるという意識でも全然いいと思います。 ですね。 ウイイレアプリ2020では今までより、緻密に相手を崩していかないとゴールが奪えないようになっています。 そのため強烈なミドルなど打ってしまうと、かなりもったいない!ということになってしまいます。 ボールをキープしてタメて周りの選手を走らせてフリーの選手にパス。 それを繰り返していって抜け出してシュートする! という戦法が有効です。 なのでいかに体をいれてキープして、安定した体制でフリーの選手にパスできるかが大事ですよね。 フェルナンドサントス監督はOMFでトップ下に選手を配置できます。 トップ下にボールが入ると360度にパスを出せるので攻撃をビルドアップしやすいです。 パスコースがないなら絶対に無理はせずボールを戻しましょう。 この無理なら戻して立て直す所作がウイイレアプリ2020ではかなり有効です。 ガリガリ攻めずに攻撃サイドを揺らしたりすることで相手を撹乱するのが大事ですね。 フェルナンド・サントス監督のアンカーはDMFではなくCMFをおくと強い 出典ウイイレアプリ2020 フェルナンド・サントス監督のアンカーはDMFではくCMFを配置するといいです。

次の