ラブ アフェアー 秘密 の デート サザン オールスター ズ ドラマ。 サザンオールスターズ LOVE AFFAIR ~秘密のデート 歌詞&動画視聴

♪歌詞【LOVE AFFAIR ~秘密のデート~】サザンオールスターズ

ラブ アフェアー 秘密 の デート サザン オールスター ズ ドラマ

登場人物 [ ]• 藤谷真尋 24 - に勤めるOL。 同僚の中鉢豊と交際していたが別れ、課長の五嶋明良と関係になり、五嶋の子供をする。 かつて不倫をしていた父を憎んでいたが、その父と同じことをしている自分にジレンマを感じている。 兄がいたが、10歳で事故死しており、その原因も父にあると思っている。 五嶋明良 33 - H. の課長。 会社では、部下に慕われるよき上司であったが、真尋と不倫関係に。 真尋が妊娠したことを知り、妻の千香子にを切り出すが、事故でになり、真尋との記憶を失ってしまう。 五嶋千香子 30 - の記者で、明良の妻。 旧姓:海老原。 明良からは「 チカ」と呼ばれている。 子供が無く、仕事の忙しさからすれ違い生活になっている間に明良が不倫、夫の会社にを送りつける。 叔父が明良の会社の常務。 真尋を自宅に呼び出し、「ここは明良との、歴史なのよ!」と真尋を責める。 中鉢豊 24 - 真尋の元交際相手。 真尋が妊娠しを考えている時に自分と結婚して生むよう持ちかける。 藤谷由真 19 - 真尋の妹。 女子大生で、姉の会社でアルバイトをしている。 ぎくしゃくしがちな家族を和ませる役回りを果たしていたが、姉の不倫、父の過去の不倫を知り、態度を硬化させる。 神田真治 21 - 真也の隠し子。 ある日突然藤谷家を訪れる。 藤谷哉也子 47 - 真尋、由真の母。 不倫の末戻って来た夫真也を受け入れたが、の存在を知るに至り、離婚を切り出す。 真尋と真也の不仲に悩む。 藤谷真也 53 - 真尋、由真の父。 真尋が五嶋と不倫旅行中のところを偶然発見する。 かつて不倫をし、そのせいで長男が事故死したため、真尋には十数年無視され続けてきた。 その際に愛人がいる仙台へ家出をしたが、子供ができていたとは知らず、結局家族の元に戻った。 小泉富士 61 - 62 - 哉也子の母で、真尋、由真の祖母。 18歳で出産し、愛人を作った夫と別れ、女手一つで哉也子を育てた。 娘や孫たちとは仲がよいが、真也には冷たく、不仲である。 かつて真也の愛人が仙台から訪ねてきた際には、手切れ金を渡して追い返している。 真也の隠し子の存在を唯一知る人物。 五嶋正 53 - 明良の父。 第8話のみの出演。 小松原佐紀 - 真尋の友人。 スタッフ [ ]• 脚本 -• プロデューサー -• 演出 - 、、• プロデューサー補 - 小松貴生• 演出補 - 佐々木雅之、坪井敏雄、、川嶋龍太郎、浜崎空• 選曲 -• 音楽協力 - 日音• 主題歌 - 「」 ()• 協力 - 、• 製作著作 - TBS サブタイトル [ ] 各話 放送日 サブタイトル 視聴率 第1話 1998年1月15日 愛人と呼ばないで 12. 第5話は『』中継の為、23:00 - 23:54に放送。 受賞歴 [ ]• 第16回• 撮影賞• タイトルバック賞(福澤克雄) 脚注 [ ] [].

次の

【サザンオールスターズ】LOVE AFFAIR

ラブ アフェアー 秘密 の デート サザン オールスター ズ ドラマ

TSUNAMI 当時、桑田が好んで観ていたサーフィンのビデオからインスパイアされた曲で、イントロもなく歌い出される構成は、サーファーのシンプルな人生観への共感、とも受け取れる。 バラードだが、最後はロック的なカタルシスへ登り詰める。 BLUE HEAVEN 清々しいアコースティック・サウンドのようで、巧みにデジタルの方法論を用いたアレンジが、音の空間処理を巧みにしている。 歌のテーマは失恋だが、やがてその記憶さえ空や海に溶けていくかのような、透明感を伴う切なさのようなものが襲ってくる。 しかしそれでいい。 読経のような出だしからデジタル・ビートの奔流に出くわし、カオスのなかに様々な想いが浮かんでは消える。 途中、言葉遊びのようでオペラチックでもあるキャッチーな仕掛けが効いている。 SEA SIDE WOMAN BLUES 曲タイトルは、かつてE・クラプトンも在籍した伝説のグループ、クリームの「アウトサイド・ウーマン・ブルース Outside Woman Blues 」をもじったもの。 曲のスタイルは60年代に流行ったムード・コーラス調である。 実際は長閑な江ノ島界隈を、地方の歓楽街のごとく描いた詞の視点がユニークである。 彩~Aja~ 季節は春であり、原色というより中間色を感じさせる音色の選び方、さらに、木洩れ日のグラデーションも見落とさないかのような、細やかなメロディが印象的だ。 それでいてオリエンタルというか、大陸歌謡的な風情もあり、切ない主人公の胸の内が、ぽつんと置き去りになり、無常と慕情を連れてくる。 音楽的な関連は直接なさそうだが、タイトルはスティーリー・ダンの名作を意識したものである。 唐人物語 (ラシャメンのうた) 原 由子のボーカル曲であり、「唐人お吉」こと斎藤きちの悲しい半生がテーマとなっている。 了仙寺など、ゆかりの場所も描かれるが、大和言葉を意識した歌詞が、見事にメロディとマッチしている…、というか、言葉がメロディを連れてきた、くらいの完成度だ。 原 由子の歌声には不思議な力がある。 よくイノセントなどと言われるが、ここでは悠久の時間をワープし、聴く者を、お吉が生きた時代へと誘う。 目の前の街とリオのカーニバルの情景とが、意識のなかで交差するかのような世界観。 海の神様イエマンジャーが出てくるのは、桑田自身も海の育ちだからかもしれない。 涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~ デビュー25周年の年にリリースされたシングル曲。 本人達の意識としては、ここで改めて、最強のサザンらしさを再構築してみせたのかもしれない。 ブラスが堅固な入道雲なら、滑るギターは波頭。 それが砕けぬうち、ひょいと桑田のボーカルがライドする。 フィル・スペクター的なカスタネットの音が、リズムに奥行きを持たせ、良いアクセントとなっている。 男は家庭を持ち、日々、やり場のない感情を通勤カバンにつめ、満員電車に乗る。 70年代前半に流行ったフォーク・ソングのように、アコースティック・ギターとハーモニカの伴奏であり、バンドというよりソロ作品の風情だが、こういうスタイルもサザンの楽曲であるというマニフェストが、その後、バンドの裾野を拡げる結果にもなるのだ。 SUMMER QUEEN~夏の女王様~ 紛れもなく夏の歌。 女性をこの季節の主役へと据えたコンセプトは、資生堂の夏のキャンペーン・ソングとして書かれたからかもしれないが、ジリジリとした光線が降りそそぐなか、大胆にはだけていく恋愛事情を、日本語・英語をたくみに組み合わせつつ活写する、ジャパーズR&Bに仕上がっている。 思わず口ずさみたくなるキャッチィなサビが魅力的である。 LONELY WOMAN 今は傷心の日々かもしれないが、やがてそれを乗り越え、大人の女性へと成長しようとするヒトの肩を押してあげる歌である。 桑田の作品には、時代に楔(くさび)を打ち込むような作風がある一方、先達からの遺産を次の世代へバトン・タッチするような作風もあり、これなどは後者だろう。 60年代的な大らかさをもつ、ゆったりしたメロディであり、歌詞のなかにはビートルズの曲名も登場する。 01MESSENGER~電子狂の 詩 (うた)~ 二進法(01)を用いたコンピューターのユビキタス社会が、やがて暴走し人間を支配するかもしれない現実に対して、警鐘を鳴らす作品である。 シンギュラリティという言葉も頻繁にみかける昨今、改めて興味深く聴ける作品だ。 限りなき 永遠 (とわ)の愛 大作『キラーストリート』のDisc-1のラストを飾った作品で、桑田のビートルズ愛、特にジョン・レノンに対する想いがゴロリと出ている楽曲と受け取れる。 素敵な夢を叶えましょう 歌詞に出てくる「僕達」を、どう解釈するかにより、響き方が違ってくる歌だ。 同じ夢を追いかけていた同士が、今は別々の夢を持ち、それでも充実した人生を目指そうと、そんなエールを(自分に対しても)送る歌に思えるし、ここで立ち返って、再びあの頃の夢を、という歌にも思える。 東京VICTORY 移り行く世の中、変わりゆく街並み…、過去への愛着と未来への不安が渦巻くなか、それでも前を向いていこうよと、高らかに歌い上げるアンセム・チューンである。 冒頭の桑田のロングトーンは先導役かもしれず、やがてみんなが唱和し、輪が大きく広がっていく光景が見えてくる。 テーマ自体は異なるが、後半に従い徐々に気高く高揚していく感覚は、「希望の轍」に近いかもしれない。 モータウン的なカウンターメロディのイントロから本編が始まるが、それは実に流麗な、ストリングスも加わったロック・オーケストラ的な風情のサウンドであり、どんな性格の、どんな境遇の人達にも手を差し伸べてくれる。 時空を自在にワープし、気付けば六本木あたりのソウル・バーへ迷い込んじゃった雰囲気もある。 絢爛豪華な歌絵巻でありつつ、黒人音楽へのリスペクトも併せ持ち、サザンオールスターズにしか不可能なミクスチャーを実現させている。 これまでのサザンにはなかった夏の終わりの歌かもしれない。 I AM YOUR SINGER 2008年に日産スタジアムで行われた『真夏の大感謝祭』を前にリリースされ、これまでの感謝、そして、暫しの別れが歌われる。 「無期限活動休止」が発表されたこともあり、特別な想いで受取ったファンが多かったが、作品自体は意表を突いた、打ち込み主体の音。 ステージではメンバーが、当て振りのパフォーマンスをした。 なお曲のタイトルは、ポール・マッカートニー&ウィングスの作品からインスパイアされたものかもしれない。 はっぴいえんど 男というのは本心を言葉にしない。 一番大切にすべき、人生の伴侶に対してもそうなのだ。 そんな時、こうした歌があると、代弁してくれているようで助かる。 しかも大仰なものじゃないし、余計に助かる。 人生という物語を読み進み、開いた本の重心が右に傾いた頃、最後のページで願うのは、もちろん…。 北鎌倉の思い出 古(いにしえ)にも現代にも、同時に存在し得るかのような原 由子の歌声は、曲を作る桑田にとって、作家として、別の引き出しを開けることが出来る刺激的な存在のようだ。 ちなみに北鎌倉といえば、桑田が通った高校の所在地でもある。 FRIENDS 「地球ゴージャス」の舞台「クラウディア」のために書かれたという経緯は重要だ。 曲構成に舞台演出的テイストが感じられ、それが通常のロック~ポップスとは異なる聴き心地を実現させているのだ。 主人公にピンスポットがあたり、独白が続くような前半と、ステージにみんなが並び、ダンス・シーンを思わす後半…。 エンディングで再び冒頭に戻るが、明確な二部構成であり、他のサザンの楽曲には見られないものとなっている。 ピースとハイライト 日本を代表したタバコの銘柄が並ぶタイトルだが、聴けば内容は、平和へのしなやかな提言に満ちている。 声高になりそうなテーマだが、あくまで関節の柔らかさを保つのが、サザンの偉大さなのである。 学校の頃、日本史の教科書が、3学期になると現代史を残して時間切れ。 若き日の彼らなら、おちゃらけて終わってたかもしれないタイプの曲だが、お遊び感覚というオブラートに包みつつ、ここでは格言クラスのメッセージも含んでいる。 音楽のマッサージにほぐされてたら、意外やメッセージのほうが心に効いてた…、という楽曲。 神の島遥か国 これぞサザン流チャンプルー・ミュージックの極地だろう。 ニューオーリンズR&B的なチャーミングなリズムに、沖縄のカチャーシー(アップテンポの民謡)的なパートも挟まれ、それでいてサビは、心地良い景色が見えてくるメロディアスなものとなっている。 栄光の男 この歌に描かれた主人公は、人生も後半戦。 かつて未来と仰ぎ見た場所が、いざ辿り着いてみると、なんら日常と変わりない風景であることを噛みしめる。 久しぶりにサザンのメンバーが集まり、音を響かせ、そこに芽生えたグルーヴが、この曲の推進力となり、完成へと至ったそうだ。 BOHBO No. 5 ある年代限定かもしれないが、かつてボボ・ブラジルという強いレスラーがいて、でもこの名前、九州地方では名乗ることが憚れるのだと知った。 こうした言葉の秘匿性を、時に桑田は作詞に活かしもする。 展開が派手で、飽きさせない作品である。 どんどんビルドアップし、観客と一体になるための仕掛けが次々繰り出されていく。 しかし全体がとっ散らかることもなく、最後は集団的無意識に訴え、「いい曲だなぁ」という感想へ帰結する。 蛍 『稲村ジェーン』以来、23年ぶりの映画主題歌となった作品だが、映画主題歌には、敢えて自らの音楽性をぶつけつつシナジーを探るやり方と、映画そのものを咀嚼し、正面から背負うやり方とがある。 これは後者だろう。 丁寧に言葉を選んだ歌詞を虚飾を排したまっすぐな表現で歌いきる。 組織のなかで多くの矛盾に苛まれながらも前を向く者達へのエールなので、アウトロの最後、音がメジャーで終わり、光が見えるまでビター・テイストだ。 でもこの場合、生半可な励ましより、これに尽きるのだろう。 弥蜜塌菜のしらべ <完全生産限定盤 Bonus Track> 昨年の夏、38年ぶりにサザンのメンバーが「三ツ矢サイダー」のテレビCMに出演した際、海辺で彼らが聞かせてくれたのがこの曲だったが、誰ともなく歌い始め、やがてそれがハーモニーに、という、自然な佇まいが心地良かった。 このホームページに掲載されている記事、写真、音声、映像等あらゆる素材を、いかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。 無断で個人のHP等にデータをコピーすることはできません。

次の

Sweet Season

ラブ アフェアー 秘密 の デート サザン オールスター ズ ドラマ

リリース・アートワーク [ ] ジャケットには物のが表面と裏面、それぞれジャケットの表と裏で用いられている。 これはの12cm再発盤では表面に2つになっている。 カップリング曲「私の世紀末カルテ」の歌詞カードはをかたどった別紙に記載されている。 本作発売と同日に、「」から「」までの34作品が8cmシングルとして再発売された。 収録曲 [ ]• 収録時間:12:02• LOVE AFFAIR 〜秘密のデート 5:19 (作詞・作曲: 編曲:サザンオールスターズ 弦編曲:島健 管編曲:山本拓夫) 系『』主題歌。 また、「」CMソング。 タイトルの「LOVE AFFAIR」は「」を意味するものであり 、不倫相手(『君』)を愛するが家族も捨てる事は出来ないという男(『僕』)の切ない複雑な気持ち(『不埒ゆえに切ない関係』)が綴られている。 なお、桑田自身はこの曲の歌詞にあるような経験はした事がないと明言している。 歌詞はタイアップドラマの内容に合わせてをテーマにしており、登場する数々のは、ドラマの舞台にもなっている・が中心になっている。 なお、桑田はマネージャーに買ってきてもらった「」や「」を見ながらラインマーカーを引いていっており、自身でも度々「にわか」「エセ横浜知識人」と自虐的に語っていた。 ちなみにの歌詞『大黒埠頭で虹を見て』は、とを桑田が勘違いして書いたもので、大黒埠頭からは横浜ベイブリッジを一望することが出来る。 により刊行された、の『』は、東野自身が「この曲にインスピレーションを受けて作品を書いた」と語っている。 事実、タイトルはこの楽曲の歌い出しから拝借されたもので(「」2007年7月号)、内容的にも不倫を扱っていたり、横浜を舞台としたりするなどの関連性が窺え、さらに登場人物がこの楽曲をで唄うシーンも登場し、楽曲の状況に不倫をしている主人公が心境を重ね合わせている。 なお、歌詞に「場でカッコつけて」というフレーズが存在しているが、当時の桑田は遊びでハウスボールで投げる以外はボウリングとほとんど離れてしまっていた。 2017年10月31日に発売された、桑田が監修及び編集長を務めた『』の特別増刊号『Number PLUS』では、タイトルや表紙にこの曲の「ボウリング場でカッコつけて」というフレーズが使用された。 私の世紀末カルテ 6:42 (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ) 基本的には桑田のとだけで構成されている楽曲である。 編曲はサザン名義であり、メンバーのクレジットもあるが、楽器の演奏としては桑田の他に、7番で原がを担当したのみである。 歌詞はからの視点で見た、暗く虚しい当時の世相を淡々と詠った内容であり、タイトルはを迎えるに、自分の心理や悩みをにして歌詞を綴っていることから来ている。 みんなで元気になろうぜ!! の会〜』でギター1本で3番まで歌われている。 その際は、歌詞の一部が時代に合わせてやに変えられた他、2番の内容は桑田が病気から復帰したことへのファンや周囲からの励ましに対する感謝、3番はからの復興に向けた励ましになっていた。 また、神戸公演ではの被災者に寄り添う歌詞も披露している。 参加ミュージシャン [ ]• :, 1,2 、 2• : 1,2• : 1,2 、 1• : 1,2• : 1,2• : 1,2• LOVE AFFAIR 〜秘密のデート• 角谷仁宣:• ストリングス: 収録アルバム [ ]• 1, 2• 1はシングルとミックスは同一だが、こちらはイコライザーで高域の音量を軽く下げ、ステレオ感を狭め、古い音源をイメージしたマスタリングがなされている。 1, 2 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 本作収録のアルバム『バラッド3』CDジャケットの記載より• 1998年3月度認定作品の閲覧。 2017年12月11日閲覧• 日本レコード協会 2015年9月20日閲覧• オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧• オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧• 第5版(大修館書店・2014年12月発行)39ページより• TBSラジオ 2017年1月18日閲覧• 「 PLUS 桑田佳祐編集長就任!ボウリング場でカッコつけて」 文藝春秋、p14 — 15より• M-ON! MUSIC• 「 PLUS 桑田佳祐編集長就任!ボウリング場でカッコつけて」 文藝春秋、p48より。 BARKS 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE.

次の