コマツ 教習所。 コマツ【6301】:株式/株価

コマツ教習所株式会社/中国センタ

コマツ 教習所

略称 コマツ、KOMATSU 本社所在地 〒107-8414 二丁目3番6号 () 設立 (創業:) 事業内容 建設機械・車両、産業機械他などの事業を中心に、リテールファイナンス・物流などの事業を展開 代表者 代表取締役兼 資本金 678億70百万円 (2018年3月31日現在) 発行済株式総数 971,967,660株 (2018年3月31日現在) 売上高 連結:2兆7,252億4,300万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:3,978億600万円 (2019年3月期) 純利益 連結:2,564億9,100万円 (2019年3月期) 純資産 連結:1兆9,028億6,800万円 (2019年3月期) 総資産 連結:3兆6,382億1,900万円 (2019年3月期) 従業員数 連結:61,908人 (2019年3月31日現在) 決算期 3月31日 会計監査人 主要株主 (信託口) 4. 呼称としてカタカナ表記の コマツを用いている。 英表記は KOMATSUである。 創業者は竹内明太郎。 TOPIX Large70の構成銘柄の一つ。 建設機械の日本でのシェアは1位、世界で・に次いで2位。 日本以外にも、、、、、、、にグループ企業を展開する。 アメリカにおいてニューヨーク証券取引所やNASDAQには上場していないが、米国預託証券()を発行している(証券コード:KMTUY)。 2017年4月6日、米国大手鉱山機械メーカー、ジョイ・グローバル社の買収手続きが完了したことを公表した。 概要・沿革 [ ] 発祥 [ ] (大正6年)1月、国府村(現・)で銅山を経営していた竹内鉱業(により創業)が自家用機械生産のため、同郡小松町の近傍に 小松鉄工所を開設したのが始まりである 初代所長は、竹内の求めに応じたのが兼務。 竹内明太郎は高知県出身の実業家での長兄にあたる。 竹内は1902年(明治35年)に遊泉寺銅山の開発に着手すると、1917年に遊泉寺銅山の附属施設として小松鉄工所を設立した。 小松鉄工所では自家用工作機械や鉱山掘削機械を製造していた。 に小松鉄工所が竹内鉱業から分離独立し、 株式会社小松製作所が設立された。 当初は不況の煽りを受け細々と経営していたが、を境に業績が好転。 また、中にはが米軍のブルドーザーを、日本でも同じものを生産可能にする為、同社に送られて実用化の研究が始まったが、これが同社とブルドーザーの関わりの始まりである(詳細は「」を参照)。 8月には本社を小松から東京に移転、屋上に巨大ブルドーザーがあった通称・(春に、このブルドーザーを撤去。 )に移転して営業を始め、やフォークリフト、ダンプトラックなどの建機製品を次々と手掛けていった。 油圧ショベルは「パワーショベル」の商品名で発売されたが、また、1990年代にはF1のおよびにデジタル技術やギアボックス周辺の部品の供与などを行った。 国際企業 [ ] グローバル化にいち早く手を付けた企業としても知られ、自動車メーカーより早い頃から海外への輸出や海外工場の展開を進めていた。 頃、キャタピラー社の日本進出に伴いマルA対策と呼ばれる品質向上活動が行われた。 この結果、飛躍的に製品の品質が向上した。 これを一つの契機として世界進出が本格的に開始される。 現在ではアメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、ブラジルなどに50近い生産拠点がある。 70周年 [ ] 創立70周年にあたった1991年5月、社名表示と呼称がコマツになってからは新事業を続々展開、の導入と新たな経営戦略で立ち向かった。 1月、石川県出身と父・が以前勤めていたという縁から、のとCMなどでライセンス契約した。 で日本のプロ野球シーズン中に放送されるのMLBミニ情報番組「」を提供することとなった。 (それ以前にも頃より選手と契約を結んで宣伝活動を行なっていたことがある)また、70周年を記念して始められた女子柔道部の活動にも力を入れている。 所属選手のが、2004年、2008年の2大会連続で金メダルを獲得した。 (谷本選手は、2大会連続のオール一本勝ちである) 企業イメージ [ ] 堅実なで比較的財務体質が良く、世界戦略も好調な会社として知られ、やからの評価は高い。 好悪含めて新聞雑誌の経済欄を飾ることも多い。 斜陽産業などと言われた時期もあったが、建機業界が活況を帯びていることもあって、最近では成長企業として見られている。 日本のを代表する企業の一つでもある。 建設機械にとって最も重要な、、油圧機器、アクスル、コントローラー等の電子制御部品を全て自社開発・生産している。 2008年5月には、市販ベースの建設機械で世界初となるハイブリッド油圧ショベル「PC200-8ハイブリッド」を発表した。 やにも比較的力を入れている。 では地元に縁のある企業としては別格の存在で、特にはコマツのとなっている。 また、一般の人や子供たちが建設機械に対して親しみを持ってもらえるよう、2010年に閉鎖した小松工場跡地の「こまつの杜」内に「わくわくコマツ館」を開設。 旧本社社屋を復元した建物の1階は、建設機械や産業機械の展示・体験コーナー、建設機械のジオラマや3Dシアターなどとなっており、2階では、理科教室などのイベントが行われている。 同じく小松市内にある粟津工場の開放日は家族連れに人気のイベントとなっている。 また、静岡県にあるテクノセンタで年に2回見学会を開催したり、子供向けウェブサイト「」を公開するなどのコミュニケーション活動も展開している。 930E-2のスペック 東日本大震災への対応 [ ] 2011年3月11日に東北地方・太平洋沖にて発生した大震災では、北関東に所在する一部工場などの操業に影響が出た。 復旧に関わる支出が見込まれるが、2011年3月期業績への影響は軽微の見通しである。 また地震から1週間の3月18日時点で、建設機械の無償貸与やプレハブハウスの提供、義捐金等、合計8億円の支援を決定している。 さらに被災した高専学生を対象とする「コマツ奨学金」を創設し、震災後10年間にわたり、毎年2千万円(合計2億円)の支給支援を実施する。 スマート農業・林業 [ ] 、ICT(技術)建機による効率化で農林業分野の強化を表明。 2018年にha, カナダの林業機械部品メーカーから重機のアタッチメント部門を買収したほか、スウェーデンの林業機械のトレーニングシミュレーターの開発企業を買収した。 さらに2019年2月には、アメリカ合衆国ウィスコンシン州の林業機械メーカーのティンバープロの買収を発表した。 所在地 [ ] 主力コマツ粟津工場 主要事業所 [ ] 本社 〒107-8414 二丁目3番6号 開発本部 〒254-8567 万田1200番地 コマツテクノセンタ 〒410-2506 徳永697番地 こまつの杜(もり) 〒923-8666 こまつの杜1番地 主要工場 [ ]• 粟津工場(石川県小松市)• 金沢工場(石川県金沢市)• 氷見工場(富山県氷見市)• 大阪工場(大阪府枚方市)• 六甲工場(兵庫県神戸市)• 茨城工場(茨城県ひたちなか市)• 湘南工場(神奈川県平塚市)• 小山工場(栃木県)• 栃木工場(栃木県)• 郡山工場(福島県郡山市) 閉鎖された工場 [ ]• 川崎工場(神奈川県)• 小松工場(石川県) 2010年3月末閉鎖 金沢工場へ移転• 真岡工場(栃木県) 2010年7月末閉鎖 茨城工場へ移転 主要製品 [ ] 建設機械 [ ] ブルドーザー「D61PX」• ホイール式油圧ショベル• ハイブリッドショベル• 2008年6月、市販車としては世界初のハイブリッドシステムを導入したショベルを発売した。 旋回モータ、発電機モータ、キャパシター(蓄電器)と、ディーゼルエンジンを併用することにより、通常型の同サイズの油圧ショベルと比べて燃費低減を実現している。 これは旋回の減速時に発生するエネルギーを電気エネルギーに変換し、キャパシターに蓄え、これを発電機モータを通じてエンジン加速時の補助エネルギーとして活用している。 また、このハイブリッド・システムを構成するコンポーネントは、キャパシタセルを含み、すべてコマツで内製されている。 水陸両用ブルドーザ• 船が侵入できないような浅瀬などの整地や橋梁の工事のために開発された水陸両用ブルドーザ。 1968年から旧建設省の指導の元で開発に着手した。 操縦は車体上部に組んだ櫓の上か陸地から無線で行う。 動力は通常のエンジンであるが、吸排気用に長いパイプが上に伸びているのが特徴である。 需要の低迷により1993年に製造中止したが,2013年にによって破損した橋脚工事の為、所有していたがコマツに修理を依頼し,被災地での作業を行った。 ICTブルドーザ• 2013年4月,世界初となる全自動ブレード制御機能を搭載した中型ICT 情報通信技術 ブルドーザーを発売することを発表した . 従来の情報化施工商品でも実現されていた整地の仕上げ作業時だけではなく、掘削作業時を含む全てのブレードコントロールを自動化した,世界初の全自動ブレード制御機能を搭載している.株式会社社製のGNSSアンテナ、 IMU 、ストロークセンシングシリンダーなどの情報を利用することにより,ブルドーザの姿勢や位置,ブレードの刃先位置などを高精度に計測することで,高精度な施工を可能にしている.• ブルドーザ• 建機リース会社が操作を担当するオペレーター付きでなどに派遣するプランも研究。 無人ダンプトラック運行システム Autonomous Haulage System:AHS• 2005年、南米チリ北部の銅鉱山に、運転手を必要としない無人ダンプトラック運行システムを世界で初めてトライアル導入し 、2007年末には本格導入されている。 2008年末にオーストラリア西部の鉄鉱山でのテストランも開始され,2015年までに150台以上の無人ダンプシステムを導入する予定であることが発表された。 このシステムは世界最大級のダンプトラック(タイヤの直径だけで3. 8メートル)に、「高精度GPS位置情報システム」「ミリ波レーダ」「光ファイバージャイロ」などのトラックの状態・周辺環境の状態を検知するセンサを取り付け、トラックの中に人を乗せることなく土砂の運搬を可能にしたものである。 過酷な環境のため、人材を集めることが困難な鉱山の開発を可能にするとともに、鉱山の運営において生産性の向上が可能になるとされている。 スマートコンストラクション• 2015年2月に、下記の5つのICT技術などを組み合わせた、統合的な建設現場管理システム『スマートコンストラクション』を発表した。 ドローンや3Dレーザースキャナー、建設機械の運転席に搭載されたステレオカメラなどを活用した「現況の高精度測量」施工完成図面の「3次元化」• 土質や地下の埋設物について、事前に調査し解析する「変動要因の調査・解析」• 施工計画シミュレーション機能により、条件ごとに異なる施工パターンを提案する「施工計画の作成」• 3次元データ化された完成図面による、ICT建機の「高度に知能化、自動制御された施工」• 完工後の施工データ活用• くるくるダンプシリーズ• 自走式破砕機• ガラパゴスシリーズ• 自走式土質改良機• リテラシリーズ• 自走式木材破砕機• リフォレシリーズ• バックホーローダー• スキッドステアローダー• テレスコピックハンドラー その他 [ ] 気動車用SA6D125H形エンジン( N-DMF11HZB形)• バッテリー式フォークリフトFE25-1• 大型プレス機械• クランクシャフトミラー等の工作機械• 航空機牽引車• 産業用エンジン• ・用エンジン• 空港用(との共同開発)• 電気機 - 排ガス規制強化により社外製ディーゼルエンジン搭載モデルが登場した。 Z482-KA、3TNE68-U• 対人地雷除去機• 伐採機 Komatsu 931. KOMTRAX• KOMTRAXはコマツが開発した建設機械の情報を遠隔で確認するためのシステムである。 建設機械にGPSや通信システムなどを搭載し、その建設機械の位置や稼働状況をデータサーバに集約する。 建設機械の利用者や代理店はその情報をインターネットで閲覧することが可能であり、それらの情報から車両の保守管理や省エネ対策などが可能になる。 2010年時点で全世界で15万台を越えるKOMTRAXシステムが稼働している。 LANDLOG• LANDLOGは2017年10月から始まった、コマツと、、と合同で開発、運用している建設事業者向けクラウドサービスである。 施工の3次元データや、建設機械の情報を集約することができ、それにより様々な施工最適化システムを利用できるようになる。 またAPIが公開されるため、第三者が独自のソフトを開発したり、販売したりできるようになる。 防衛省向け [ ] 掩体掘削機。 右側へローリングしている 1983年度に配備された陸上自衛隊初の国産を開発。 2002年度に配備された軽装甲機動車では約2000両を生産し、国内のみならずやなどを支える企業となっていたが、2010年代に入ると受注量が減少。 開発コストに見合う利益が見込めないなどの判断から、2019年、全ての自衛隊向け新型車両の開発から撤退する方針が固められたことが報道された。 なお、これに先立ち2018年には、コマツが進めていた新型装輪装甲車の開発計画が、防弾板の性能が要求水準に達しないなどの理由により中止されたことが報道されていた。 (試作のみ。 2018年開発中止。 (車体部のみ)• (対砲レーダ用装軌車のみ)• - 自社の油圧ショベルをベースにアームの360度回転や車体の傾斜機能を追加している。 提供番組 [ ]• (シーズンインに放送、・系、過去) 映像作品 [ ]• DVD「建機 THE MOVIE-コマツテクノロジー特集編-」(2011年テイチクエンタテインメント) グループ企業 [ ] 国内 [ ] 建設・鉱山機械・ユーティリティ(小型機械) [ ]• 株式会社 (東京都港区)• 株式会社 (神奈川県横浜市神奈川区)• 株式会社 (栃木県小山市)• 株式会社 (栃木県小山市)• 株式会社 (滋賀県蒲生郡竜王町)• 株式会社 (神奈川県横浜市港北区)• 株式会社(神奈川県横浜市神奈川区) 産業機械・その他 [ ]• 株式会社 (石川県金沢市)• 株式会社 (富山県南砺市)• 株式会社 (栃木県小山市)• 株式会社 (神奈川県平塚市)• 株式会社 (東京都港区) 金融・リテールファイナンス [ ]• 株式会社 (東京都港区) 主要な海外グループ企業 [ ]• Komatsu Mining Corp. (米国) - 2017年に買収した旧Joy Global Inc. Komatsu Forest AB (スウェーデン) 女子柔道部 [ ]• 2011年3月14日、15日および18日付による。 2011年4月15日付による。 日本経済新聞社 2018年7月27日. 2018年8月29日閲覧。 MONOist 2018年8月28日. 2018年8月29日閲覧。 オプティム 2018年7月23日. 2018年8月29日閲覧。 日本経済新聞 2019年2月20日. 2019年2月20日閲覧。 2008年05月13日付による• 2013年2月7日付 [ ]による• 2013年4月16日付け による• 2017年5月1日閲覧。 2017年5月1日閲覧。 石井製作所. 2017年5月1日閲覧。 2017年5月1日閲覧。 2017年5月1日閲覧。 [ ]による• 2011年11月02日による• による• による• による• 読売新聞 2019年2月21日. 2019年2月20日閲覧。 共同通信 2018年6月2日. 2019年2月20日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 公益財団法人(小松製作所が創設に関与し支援する)• (技術提携)• (小松ゼノア(及び)の前身)• (旧小松ハウメット、系)• (旧三菱住友シリコン、コマツ電子金属の買収先)• (旧コマツ電子金属)• (現コマツフォレスト)• 旧コマツソフト、傘下• (2009年現在、油圧ショベルPC200ガレオ、軽装甲機動車、ブルドーザーD155AX-6、アーティキュレート、対人地雷除去機D85MSがラインナップ)• (かつてシミュレーションゲーム「」の開発協力に携わったことがある)• (石川県小松市にある短期大学。 2007年度より現場の中堅リーダー養成校・コマツ工業専門学院を共同運営)• 大阪工場縮小に伴い跡地に2002年3月移転 外部リンク [ ]• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の

[技能講習]フォークリフト運転技能講習|講習日程を見る|コマツ教習所

コマツ 教習所

ウィキペディア検索 キャタピラー 教習所株式会社 中国 教習 センター岡山 教習所 コマツ教習所株式会社 中国センタ 勝英自動車学校岡山クレーン学校 建設業労働災害防止協会岡山県支部 港湾貨物運送事業労働災害防止協会中国総支部岡山支部水島港湾技能 教習所 中四国基礎工業協同組合岡山支部 ウエストジャパン興業 株式会社 備前フォークリフト講習センター コマツ カミンズエンジン 株式会社 (栃木県小山市) 株式会社 アイ・ピー・エー (栃木県小山市) コマツ キャブテック 株式会社 (滋賀県蒲生郡竜王町) コマツ教習所株式会社 (神奈川県横浜市港北区) コマツ 物流 株式会社 (神奈川県横浜市神奈川区) コマツ 産機 株式会社 (石川県金沢市) コマツ NTC 株式会社 (富山県南砺市) 告示で規定された履修時間は6時間(以上)となっている。 学科 刈払機に関する知識 刈払機を使用する作業に関する知識 刈払機の点検及び整備に関する知識 振動障害及びその予防に関する知識 関係法令 実技 刈払機での作業 刈払機 コマツ教習所 日立建機 教習 センター コベルコ 教習所 住友建機 株式会社 技術研修所 建設不動産総合研修センター Ltd. 山形県下にて複数の自動車 教習所 を運営し、隣県の新潟、福島県にも進出している。 後継者不足、経営不振により事業継続を断念した 教習所 を次々と買収しグループ化を加速し、規模拡大でコスト削減を図っている。 1962年7月 - 自動車運転練習場開設 「ツインリンクもてぎ」(営業開始:1997年(平成9年)8月) 株式会社 レインボーモータースクール(設立:1972年6月) 二輪車・普通自動車・中型自動車の法定 教習 を行う「指定自動車 教習所 」及び、一般・団体・企業向けに、二輪・三輪・四輪・トラックの運転に関する各種トレーニング 会社 登録の企業チームとして活動) ヤマハ・モーター・レーシング ロードレース世界選手権でワークス・チームを運営するイタリアの子 会社。 ヤマハコース (袋井テストコース) ヤマハ・コミュニケーションプラザ (企業ミュージアム) ヤマハテクニカルセンター(自動二輪車専門の自動車 教習所 ) ヤマハスポーツプラザ 株式会社 恵新自動車学園(けいしんじどうしゃがくえん)は、北海道小樽市に本社を置く企業。 北海道内(小樽市・札幌市・余市町・伊達市)4校の指定自動車 教習所 を運営している。 恵新自動車販売として中古車やレンタカー事業、ドローン 教習所 としても事業展開している。 小樽自動車学校 手稲自動車学校 伊達自動車学校 鳥取県中央自動車学校(とっとりけんちゅうおうじどうしゃがっこう)は、鳥取県倉吉市にある鳥取県公安委員会指定の指定自動車 教習所。 日本交通 株式会社 が運営している。 合宿免許(直営の宿舎または提携ホテル)、通学、どちらでも 教習 を受けることが可能。 鳥取県倉吉市福庭町一丁目97番地 1961年11月 設立。 合宿は普通・普通二輪 ル・オペラ(パタンナー、洋裁のプロを養成するスクール) 京都の和裁士養成学校「京都きものファッションスクール」 小松製作所 コマツ 工業専門学院(工場現場の中堅リーダー養成校) 鉄道 教習所 (鉄道職員養成学校) 日建学院 ハイルブロン専門大学(州立のエンジニア養成校) パリ国立高等鉱業学校(元来は鉱業技術者の養成校) 企業データ.

次の

[技能講習]フォークリフト運転技能講習|講習日程を見る|コマツ教習所

コマツ 教習所

新型コロナウィルス感染予防に対するお願い 平素は、当教習センターをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。 全都道府県の移動制限が解除されました。 これに伴い、 県内 でのコロナウィルス感染リスクが高まることが懸念されます。 つきましては、当センターでは、今後も新型コロナウィルス感染リスク低減措置を継続させて頂きますので、下記事項についてご協力・ご理解頂きますよう宜しくお願い致します。 1.以下に該当される皆様につきましては、 受講の見合せ をお願い致します。 体温測定 にご協力頂く場合もありますので、予めご承知おきください。 2.当センターに入場・入室時は、 マスクの着用 をお願いします。 その他、受講される皆様におかれましては、添付ファイルも一読頂き、受講に臨んでいただければ幸いです。 pdf 今後の状況次第では、再度休業要請が出される場合もありますが、その際は速やかにお知らせいたします。 【6月の受講予約空き状況】 以下の講習にまだ空きがあります。 お早めにご予約ください。 1より足場の組立て特別教育 未受講の方は、本作業に従事できなくなりました。 このため、 足場の組立て等作業主任者技能講習を申し込まれる方の受講資格は、以下の通りとなりますのでご注意ください。 1以降に特別教育を受講された方は、H29. 1~特別教育修了までの期間は実務経験に含まれません。 30時点の 年齢が満21歳以上で、 H29. 30までの 実務経験が3年以上 ご不明な点はお問い合わせください。 次回開催は 11月4日(土)、5日(日)です。 定員に余裕がありますのでお早めにお申し込みください。

次の