不祝儀 お札 の 向き。 香典袋へお金の入れ方。お札の向きは?新札はNG?中袋なしは?

香典の正しい包み方とは?お札の入れ方や金額の決め方を解説

不祝儀 お札 の 向き

御霊前のお札の入れ方は? ご霊前などの不祝儀袋は、中袋付きを選ぶケースが多いので、 今回は中袋があることを前提にお話します。 (2)表袋の折り返し 表袋の上下折り返しは、不祝儀袋では下の写真のように、 下側の折り返しを隠し、 上側の折り返しが見えるようにします。 私の場合、大学時代のマナーの講師が 「喜びの穂は上を向き、悲しみの穂は頭を垂れる」 と教えてくれたのですぐに覚えることができました。 これは覚えやすいので、ぜひ頭の隅に入れてくださいね。 (3)どの程度使ったお札を入れるべき? 新札はNGですが、古くてボロボロや破けているものも失礼になるので避けましょう。 新札しか無い場合は、一度半分に折ったものを使います。 弔事で新札がNGなのは「この日のために用意していた」と解釈されてしまうからです。 ある程度キレイな状態のものならお財布に入っているお札でも大丈夫です。 むしろ、お供えするお金ですので、きれいなお札のほうが望ましいです。 また、新札がNGなのは葬儀の香典だけです。 法事などは事前に予定を把握しているものなので、新札を用意すべきです。 (4)2枚以上お札を重ねる場合は? 3万円などの場合はお札が複数になります。 この場合、受付の人が確認しやすように 故意にお札の四隅をずらして入れるという配慮をする人もいますが、 本来の配慮は故人や遺族に対してすべきであり、受付担当者へは不要です。 ですので、お札の四隅は揃えて入れましょう。 (新札は使わないので厳密には重ならないこともありますが、「四隅を揃える」が基本です。 ) 御霊前の書き方は薄墨じゃないと駄目? (1)不祝儀袋は全て薄墨か? 御霊前の書き方は薄墨で書くのがマナーと云われていますが、 市販の御霊前の袋は黒文字印刷なので、 自分の氏名だけ薄墨でいいのかと悩む人も多いようです。 でも、これは気にする必要はありません。 薄墨で堂々と書きましょう。 スポンサーリンク (2)薄墨を使うのは葬儀のみ また、誤解している人もいるようですが、 不祝儀は全て薄墨ではなく、通夜と告別式など葬儀のみです。 (四十九日や3回忌などの法事の時は事前に日時が決められてからの参加であり 墨をしっかり磨る時間があるので、黒い墨で書きます。 ) そもそも、昔は墨と筆を使っていたので、 「突然の訃報で濃くなるまで墨を磨る時間がなく、慌てて薄墨のまま書いた」 「悲しみの涙で滲んでしまった」 ということから薄墨の習慣となりました。 ですが、これは案外古い習慣ではないし、正式なマナーでもありません。 地域によっても、薄墨の習慣がないところもあります。 薄墨がなければ敢えて買う必要はなく、黒い筆ペンを使っても問題ありません。 御霊前の中袋の書き方はペンじゃ駄目? 御霊前の表を薄墨筆ペンで書いた場合に気になるのが中袋です。 中袋にも住所や金額を書く欄がありますが、結構小さいので 表書きと同じように薄墨筆ペンで書くべきか、という問題があります。 これは、「表袋と中袋は同じ物を使わなければ辻褄が合わない」という見解もありますが、 これが正式マナーではありません。 一般的には、中袋は受付で中身を確認して遺族に住所、氏名、金額等を報告するため、 受け取る側の労力を考えると読みやすい文字で書くよう心掛けるべきです。 薄墨筆ペンを使って読みやすい文字を書ける場合は問題ありませんが、 難しい場合は、無理せず中袋だけボールペンや万年筆などに変えても問題ありません。 御霊前の金額の書き方は? 香典に金額を書く場合は、一般的には漢数字を使います。 今は数字で書く人も少なくないのですが、 数字は簡単に改ざんが出来るため、改ざん防止のために 下記の旧字体の漢数字を使う方が良いとされています。 一・・・「壱」 二・・・「弐」 三・・・「参」 五・・・「伍」 十・・・「拾」 千・・・「仟」または「阡」 万・・・「萬」 円・・・「円」または「圓」 5千円・・・「伍阡円」または「伍阡圓」 1万円・・・「壱萬円」または「壱萬圓」 3万円・・・「参萬円」または「参萬圓」 5万円・・・「伍萬円」または「伍萬圓」 10万円・・・「拾萬円」または「拾萬圓」 また、「壱萬圓也」などと書く、「也」についてはいくつかの説があります。 ・不祝儀の時にはつけない ・10万円以上のときだけつける、 ・つけるべき ・円未満がないということでつけたものだから、現在はつけなくていい 見解が見事に分かれています。 地域によっても違うので、敢えてつけなくても大丈夫でしょう。 (上の写真のように、末尾に「円」と印刷されていると「也」はつけられませんし。 ) スポンサーリンク まとめ 以上、香典のルールをお話ししましたが、 結構細かくて覚えるのが大変かもしれません。 勿論マナーを熟知したいですが、 忘れて間違ったとしても、お札の向きや表袋の折り返しは 受付の人が中身を確認するために開けてしまいますし、 薄墨のルールも地域によっては習慣の有無もあるので さほど神経質にならなくて大丈夫です。 むしろ気をつけなければならないのは ・書いた金額と実際の中身が間違っていないこと ・書いた文字が読みやすいこと この2点です。 葬儀はバタバタしているので案外周囲には気づかれにくいです。 近しい親族の葬儀でなければさほど神経質にならずに 基本的なこの2点だけしっかり押さえ、あまり 形式に捉われずに心を込めて書くほうが重要でしょう。 葬儀や法要のことで分からないことがあったら他にも記事があるのでご覧ください。

次の

御霊前 表書きや名前・金額の書き方、相場などについて

不祝儀 お札 の 向き

ご祝儀袋の上包み・中包み(中袋)とは? ラト — stock. adobe. com 市販のご祝儀袋は多くの場合、「上包み」と「中包み(中袋)」がセットで販売されています。 このうち、ご祝儀袋の表になるの包みのこと上包みといい、それに対して 中包みは、半紙サイズの紙を折った包みのことを指し、お金を直接包むものになります。 その他にも、中包みを封筒にしたタイプがあり、これを中袋といいます。 もし、中包み(中袋)が用意できない場合は、半紙を折ることで代用ができます。 このように、上包みと中包みを使って、ご祝儀を包みます。 adobe. com ご祝儀を用意するのに気をつけたいのが、ご祝儀の包み方です。 ここでは、ご祝儀の包み方のマナーについてご紹介します。 折り方もマナーとしての決まりがあるため、まずは基本を確認しておきましょう。 札の向きに気をつける ご祝儀袋の中包みの表面に、1万円の人物の肖像がある面を表にし、上にくるように入れます。 お札を複数枚入れる際には、表裏と向きをそろっているか確認してから入れてください。 また、2万円を包む場合には、 割り切れる数だと縁起が悪いとされているため、 1万円札を2枚用意するのは避けるようにします。 代わりに、1万円札を1枚と5千円札を2枚用意してください。 お札の種類が複数になるのであれば、金額の大きいお札を前にして入れるようにしましょう。 中包み(中袋)の書き方・折り方 中包み(中袋)の表の面にはご祝儀金額を記入し、裏の面には住所と名前の記入をおこないます。 金額の記入の仕方は1万円の場合は壱萬円(壱萬圓)と記入し、2万円の場合は弐萬円(弐萬圓)、3万円の場合は参萬円(参萬圓)、5万円の場合は五萬円または伍萬円 (五萬圓または伍萬圓)と記入してください。 市販のご祝儀袋の多くは、中包み(中袋)も入っており、すでに折られています。 そのため、お金を包んだ後は、その通りに中包み(中袋)を包めば問題なく包めるので、簡単にできるでしょう。 上包みの裏側の折り返し方 お札を中包み(中袋)に入れて包んだ後、続いて上包みを包みます。 折り方は、たとう折りという方法でおこないます。 上包みの内側の面を上にし、その上に中袋み(中包み)置きます。 次に左を折り、その後、右を折ります。 その後、裏面に返して、上側を折るようにします。 最後に下側を上にして重なるように折ります。 表に返して、水引を通して完了です。 新札を入れる ご祝儀にお札を包む際には、新札を用意します。 新札には、「ふたりの新しい門出をお祝いする」という意味合いと、「結婚式を楽しみにしていました」という意味合いが込められています。 一方で、「綺麗なお札だから…」と、ピン札を入れる人も見受けられますが、マナーとして新札を用意するのが望ましいでしょう。 ご祝儀を包む際の注意点 yamasan — stock. adobe. com ご祝儀の包み方を理解したところで、続いてはご祝儀を包む際に、注意したい点も合わせて確認しておきましょう。 お札の入れ忘れに気をつける お札の入れ忘れは、まれに発生してしまうミスです。 「先に上包みや中包みの包み方の確認をしていて、そのままお金を入れずに渡してしまった…」などのミスがないようにしたいものです。 不安な人は念のため、ダブルチェックをしてから新郎新婦に渡すようにしましょう。 上包みの折り返し部分の間違いに注意 上包みを折る場合は、特に注意しなければいけません。 なぜなら、上包みの重ね方を反対にしてしまうと、不祝儀袋の意味合いと同じになってしまうからです。 ご祝儀袋の場合は、袋の上の折り返し部分に下の折り返し部分を重ねますが、不祝儀袋の場合には、下の折り返しに上の折り返しを重ねるため、その反対になりますので注意しましょう。 ご祝儀袋は包む金額に相応しいものを選ぶ 市販されているご祝儀には、様々な種類のものがあります。 ご祝儀服との選び方としては、包む金額が高いほど華やかなものを選ぶのがマナーとされています。 もし、出席できず、1万円を包む場合には、水引が印刷されたものを選ぶといいでしょう。 まとめ ご祝儀の包み方をマスターし、ハレの日をお祝いしよう! 新郎新婦へのお祝いの気持ちを形にするご祝儀。 ふたりへの気持ちがこもったご祝儀ですが、マナーを知らなかったばかりに失礼になってしまうのは残念なことです。 お祝いの気持ちが新郎新婦に伝えられるように、ご祝儀などの基本的なマナーは理解してから、当日を迎えましょう。

次の

ご祝儀袋に入れるお札の向きと中袋の正しい書き方は?

不祝儀 お札 の 向き

香典袋へお金の入れ方。 お札の向きは? 香典袋にお金をいれるときにお札の向きは諸説あり正式な決まりはないとされています。 また地域によっても様々な説がありますので、今回は一般的な場合としてご紹介します。 どっちが表でどっちが裏なのか? 上下はどっちなのか? まずはお札の向きについて確認しておきましょう。 お札の表と裏はどっち? お札の表は人物が描かれている方です。 人物が描かれていない方が裏になります。 (表) 上下はどっち? 袋に入れる時のお札の上下は上側が金額、下側に顔となります。 (上下) 中袋に入れるお札の向きは? 中袋にお札を入れる向きは中袋を裏にして開けたときにお札が下記のように見えるように入れます。 (香典袋に中袋を入れて表から見たときにはお札は裏になって入っているということです。 新札ではないといっても汚れていたり破けている、またシワシワのお札は失礼にあたりますので使わない方がいいでしょう。 香典袋へお金の入れ方。 中袋なしは? 香典袋によっては中袋がないものもあります。 その場合のお札の入れ方についてご説明します。 中袋なしの香典袋とは? 地域によっては不祝儀袋に中袋を使わないこともあるようです。 その理由としては中袋と上包みと袋が二重になるため不幸が重なるといわれ縁起がよくないからです。 お札の入れ方は? 不祝儀袋で中袋がある場合はお札を中袋に入れてから上包みに入れます。 もし中袋がない不祝儀袋や中袋を使わない場合はお札を直接上包みに入れます。 その時のお札の向き(裏表や上下)については中袋に入れる場合と同じになります。 香典袋の表から見たときには中に入っているお札の裏が表側になって入っているということです。 関連する記事.

次の