エクセル 文章 改行。 エクセル セル内の文字の行間を変更するには!改行幅、文字間の変更方法

エクセル セル内の文字の行間を変更するには!改行幅、文字間の変更方法

エクセル 文章 改行

【目次】 長文を入力したいとき困った あるセルだけに長文を入力しますと、表示しきれない分は 自動的に枠内を越えて、右横のセルに渡って全文表示されます。 ところが右隣以降の列に何らかの入力がありますと、 表示できない部分はそのままカットされ見れなくなります。 そのセルの枠内の部分だけ表示されている。 セルの横幅を広げる だったらセルの横幅を広げればいい。 それはそうです。 しかし基本的な幅で足りる列に対して、あるセルで文字数が多いからと、 列ごと広げてしまうのはちょっと強引な方法のような気がします。 仮にもこの方法を採用しますと、全てのセルで文字が入りきるまでに 横幅を広げることになり、下手すると、 あまりにも横長過ぎるシートになってしまう恐れもある。 同一データにおける複数シート間でも比較しにくく、視認性が悪い。 文字数を理由として、何度もセルの幅を変えてしまうのは、 非現実的でスマートではない解決策だと言えるでしょう。 エクセルで改行できない? 長文を途中で改行すればよい、そう思いつきました。 エクセルで入力をしていて改行したいと考え、 メモ帳の文字入力と同様の操作で[Enter]を押すとどうなるか? 下のセルにカーソルが移動します。 つまり エクセルで[Enter]を押すと入力終了の操作になっているのです。 これでは改行できない。 エクセルで改行する操作方法 エクセルの入力途中で改行するには、セルの中で、 点滅するカーソルを改行したい位置に合わせて [alt]+[Enter] エクセルでは、[alt]を押しながら[Enter]を押しますと、 セルの中で文章が改行になります。 右横の列に入力が無くても1セル内表示にしたい 既に説明しました通り、エクセルで右横の列に入力が無い場合は、そのまま表示されますので、 気にしないならそのままでもよいのですが、もうちょっと何とかならないかと。 つまり横列に入力があるから切れるという動機もありますが、例え遮るものがなくても、 セルの中に収めたいという動機。 折り返して全体を表示する 上部のツールバーに [折り返して全体を表示する]というボタンがあります。 該当のセルを選択した状態でボタンを押しますと、 現在の列の横幅内に自動的に 文章が収められます。 ある意味で目的を達成していますが、高さに無理があるため、 これはこれで 文章の2行目以降が途切れて全文見れなくなります。 該当セルの行について縦の高さを広げれば全文見れますが、 これもデザイン的には崩れてきます。 行の高さに統一感が無くなる。 セルを結合して中央揃え 行や列を結合できます。 つなげたい 複数のセルを選択した状態で、 上部ツールの[セルを結合して中央揃え]をクリックしますと、 複数のセルが1つのセルになります。 左の列の内容に合わせて入力したいと仮定します。 例えば日付けごとに記録しているとか。 それならば縦方向の2行を全て結合させてもよいと思います。 (必要なら3行でもそれ以上でも。 ) 横のセルに何も入力が無ければ、横方向の列は結合させる必要ありませんが、 表示が気になるなら、そちらも結合できます。 やっていることは高さを広げていくのと変わりませんが、 縦に複数セル結合のほうが操作としてスマートな気がします。 自由に統一感なく高さが変わるのではなく、 行の高さ固定で2倍、3倍と、ある程度の規則性が保てる。 行全体の高さが一斉に変わるのではなく、 個別セルごとに高さを変えられるというメリットがある。 ヒント) Excel Onlineでの 複数セルの選択は、 ドラッグ、もしくは [Shift]押しながら選択していく。 文字サイズを変える 文字サイズを縮小するという小技も考えられます。 文字サイズの変更は、上部ツールのプルダウンで変えられます。 [折り返して全体を表示する]などで1セル表示にしてしまってから、 文字サイズを小さくするという合わせ技。 これで全文見えることもありますが、やはり文字数が多すぎると 1つのセル内には入りきりません。 何よりも特定のセルだけ文字サイズが小さいのも視認性やデザイン面で よろしくない。 上下、左右を揃える これらの操作をしていきますと、大抵、文章の位置がおかしなことになります。 セルの中で、文字の位置を揃えましょう。 縦方向で上・中・下、横方向で左・中・右と、縦と横にそれぞれ三段階で 揃えることが可能。 上部のツールバーにツールが用意されています。 文章なら左揃えの高さ中央が基本。 数値や日付なら右揃えか真ん中でもよいでしょう。 お好みで決めてください。 やってみた【画像付き解説】Excel入力で改行や結合 Excel入力での改行やセル結合を、実際の操作の流れで解説します。 エクセルで長文を入力した場合、右の列に入力が無ければ、 そのセルの枠内を越えて全ての文字がそのまま表示されます。 しかし今度は文字サイズに対して高さが不足してしまうので、 2行目以降が正常に表示できず、やはり読めません。 ( 行を選択し、右クリック[行の挿入]で空白の行ができる。 エクセルでの改行は [alt]+[Enter]でしたね。 この記事の冒頭にある画像の状態がこれです。 「Excel(エクセル)Online で長文入力の操作方法」 まとめ Excel(エクセル)• 「折り返して全体を表示する」• 「セルを結合して中央揃え」 エクセルで「折り返して全体を表示する」について解説いたしました。 合わせて「セルを結合して中央揃え」の操作方法も覚えれば、 これまでよりもExcel入力表記のバリエーションがグンと増えると思います。 スプレッドシートは整理されていて見やすいほうが、後でも確認しやすいですし、 何よりもデザインが美しいのは気持ちがいいもの。 それは不要なこだわりだと言ってしまえばそれまでですが、 Excelの使い方、操作方法としては知っていて損はないかと。 これらの操作方法の組み合わせで他にも活用法はあると思いますので、 工夫してやってみてください。 追記)Googleスプレッドシートでも同様の操作ができましたので記事にしました。 関連記事 スポンサーリンク.

次の

Excelで改行ができない方へ!セル内の改行方法(Win/Mac)

エクセル 文章 改行

さっそくやり方を見てみよう。 【Excel・エクセル】セル内で文字列を折り返す方法 下図のD列の備考はセルの幅より文字の方が長いので、すべて表示できずに途中で切れてしまっています。 例題 D列に「折り返して全体を表示する」を適応させて、セル内にすべての文字を表示させたいと思います。 まず、 設定したいセルを選択します。 今回はD列に設定したいので、列番号のDをクリックして、D列を選択してください。 折り返して全体を表示するの場所 はい、これですべての文字がセル内に収まりました! 縦に広がり文字がすべて表示された >> ちなみに、今回は高さをすでに調整済みですが、改行したら行の高さも自動で調整されます。 自動でならない場合は後述の「【Excel・エクセル】折り返して全体を表示できない場合」をご確認ください。 セル内で改行できた 【Excel・エクセル】折り返しを解除する方法 「折り返して全体を表示する」を解除する場合は、設定したときと同じ操作をすればOKです。 まず、「折り返して全体を表示する」を解除したい部分を選択します。 ちなみにすでに「折り返して全体を表示する」を設定している場合、アイコンや名前が濃いグレーになっています。 折り返して全体を表示するの場所 セル内の折り返しが解除されました。 折り返しが解除された 【Excel・エクセル】折り返して全体を表示できない場合 「折り返して全体を表示する」を設定してもセル内で折り返しされない場合は、手動で高さや幅を調整したことが原因の可能性があります。 折り返しの設定はされているが、折り返しされていない エクセルの仕様で、 手動で幅や高さを変えると、「折り返して全体を表示する」を設定しても自動でセルの大きさが変わってくれないのです。 ちなみに上図でも、幅や高さを広げると、ちゃんと折り返しされていました。 行を高くしたら表示された 一回高さや幅を変えたら、次からはずっと手動じゃないとダメなの? そんな時は、もう一度高さの自動調整をすれば、解決です! 高さを調節したい行を選んだ状態で、2行目と3行目の間にカーソルを持っていくと、マウスポインタが上下を向いた矢印に変ります。 マウスポインタが変わった この状態でダブルクリックすれば、高さが自動調整されます。 リボンからも、高さや幅を自動調整できます。 書式の場所 出てきたメニューから 「行の高さの自動調整」をクリックすれば高さが、「列の幅の自動調整」をクリックすれば幅が自動調整されます。 自動調整できる これでセルに長い文章を書く時も安心ですね! それでは、お疲れさまでした!.

次の

長い文章を複数セルに折り返して入力したい(文字の割付): [aotenブログ]木村幸子の知って得するマイクロソフトオフィスの話

エクセル 文章 改行

セルの中で「改行」する方法 お題です。 画像のように、別々のセルに入った「りんご」と「みかん」というテキストを、ひとつのセルの中で改行して表示させたいときはどうすればよいでしょう。 関数を使わない場合 まず、関数を使わない場合も、セルの中で改行することができます。 「りんご」と入力したあとに、カーソルがセルの中で点滅している状態で、キーボードの Alt+ Enterを押すと、カーソルが1段下がり、改行ができるようになります。 そのまま「みかん」を入力し、 Enterで、無事改行されます。 このとき、エクセルでは、 Enterしてもうまく改行されない場合がありますが、その際は、メニューの中の 「折り返して全体を表示する」をオンにしてみてください。 改行が反映されます。 改行の関数:CHAR 10 たくさんデータがある場合や、「りんご」や「みかん」が「大根」と「ピーマン」に変わった場合にも、いちいち修正することなく改行したいときは、関数を使いましょう。 改行するには、 CHAR 10 という関数を使うことで解決できます。 括弧 の中で指定した文字コードによって、該当する文字を表示する関数です。 文字コードは、「10」以外にもかなりたくさんのコードがあるそうなのですが、その中で 「10」は「改行」を表す文字コードです。 私のように非エンジニアで文字コードに無縁の場合は、CHAR 関数では「10」以外はほぼ使うことはありませんので、「10」だけ覚えておけばバッチリだと思っています! 使ってみましょう。 エンターー! 成功。 やった! 関数を使っていない場合と見た目は同じく、改行されたりんごとみかんが表示されました。 とてもシンプルです。 「りんご」や「みかん」というテキストを入力せずに同じ結果が得られました! これで、「りんご」が「大根」に、「みかん」が「ピーマン」になった場合も、関数自体は何も変更することなく反映できるので、 対象のデータが変動する場合は、関数を使ったほうが効率的です。 【応用】つなげる関数:TEXTJOIN 今度は、改行を入れてつなげたいセルが2つではなくもっとたくさんある場合はどうでしょう。 セルが4個の場合、前述のやり方に従って、すべてをCHAR 10 でつないでみます。 セルをひとつずつ指定するのは大変ですが、4個くらいならまぁいけます。 でも、もし対象のセルが10個20個となったら・・・もーーっと数式が長くなり、わけがわからなくなります。 私の眼は節穴なので、途中どこかで間違えていても判別がつかないですね。 セルの範囲はタテだけでなくヨコ方向の範囲にも対応していて、範囲が空白だったときは「無視をする」という離れ業もやってのけてくれます。 「 複数のデータを関数を使って1つにつなげたい!」ということは多々あると思いますので、今回の「改行」に限らずさまざまな場面で活用できる関数です。 一般的な使いかた 「区切り文字」がわかりづらいと思いますので、一般的な使いかたをひとつご紹介します。 たとえば、区切り文字に「と」を指定します。 すると、「 りんごとみかんといちごとバナナ」という結果が返されます。 4つのセルが区切り文字の「 と」でつながれ、ひとつのテキストになりました。 このように、この関数の素敵なところは、ただセルとセルをつなげるだけでなく、「区切り文字」という、 接続詞的なテキストを好きに入れられるところにあり、今回はまさにそれを使って改行をします! 改行をする 今度は「 と」の代わりに、区切り文字として 改行を示す「CHAR 10 」を指定します。 この方法でしたら、つなげる範囲が10個20個と大きくなっても、シンプルな数式で解決することができます。 セルの中の改行を削除したい 置換の関数:SUBSTITUTE 反対に、改行が入っているセルの文字列を改行なしで表示させたいケースも多いと思います。 そんなときは、置換の関数「 SUBSTITUTE」の出番です。 この数式は、『 改行を何もない状態に置換する』という意味になります。 (全ての改行を削除するので、4つ目のパラメータは省略します) 改行が消えて、1行の文字列に変わりました。 この関数のすごいと思うところは、 削除と置換は同じという概念です。 また、4つ目のパラメータに数字を入れると、複数ある対象の文字列のうち、その番号の順番に出てきた文字列のみを置換してくれます。 2つ目以降はそのまま改行が残ります。 これはちょっとわかりづらいですが、「 〇番目のAだけをBにしたい!」というときには便利な機能です。 さいごに 関数を使って改行の追加や削除ができました。 今回ご紹介した他にももっとシンプルで効率的なやり方があるかもしれませんので、今後も日々勉強していきます。

次の