ヨーク マツザカヤ。 札幌・ススキノラフィラが閉店 6月に解体、新複合ビル建設へ

札幌・ススキノラフィラが閉店 6月に解体、新複合ビル建設へ

ヨーク マツザカヤ

超有名な、ド級心霊スポットです。 滝壺への投身自殺をはじめとする、自殺の名所でもあります。 近くには墓地もあり、霊が現れる際には焼けるような焦げ臭い匂いが漂うとか。 霊感のある人は近づくことも難しいと言います。 真夜中は絶対に行かないようにしてください。 しかしこの大きな廃校は、見るだけで恐怖感が起こります。 窓から誰かが見ていると感じるとか・・・。 敷地に近寄るだけで心霊体験ができそうなスポットです。 お気をつけて。 30代以上の方ならリアルタイムでニュースを見たのではないでしょうか。 閉じ込められた被災者全員が亡くなった痛ましい事故です。 トンネル近辺は事故前から不気味だという噂もありましたが・・・ 筆者が小学生の時、札幌で家族で事故のニュースを見守っていました。 最終、救済のためトンネルを爆破することになった時、職人だった父親が「無謀だ!」と大声を上げました。 そして、爆破時に山肌がガラガラと崩れ落ちる映像を見た父親が「ひとの顔が見えた」と叫びました。 そのとき家族は信じませんでしたが、何度も「見えた」と言い張る父。 その後ネットで多くの人が同じように「ひとの顔を見た」という情報を知り、ぞっとしたのを覚えています。 崩落後トンネルは閉鎖され新しいものができていますが、不穏な噂は減らないそうです。 特に電話ボックスが危なく、女性がその電話ボックスを使うと祟られるとうことでしたが、今は撤去されています。 しかし、それで心霊現象が無くなることはなく、行ってみた方は様々な現象に出会っています。 一番怖いのは、非通知でスマホに電話がかかってくるというもの。 心霊パワーは無くなってはいません。 現在は公園としてアウトドアやキャンプもできるようになっていますが、その水源地の水面からは無数の手が伸びてくるのを目撃した人が多く、自殺者の霊に引き込まれるということです。 夜に遊歩道を歩くのはかなり怖い雰囲気ですのでご注意。 札幌市豊平区西岡487番地.

次の

[mixi]昔懐かしの「すすきの」の想いで

ヨーク マツザカヤ

超有名な、ド級心霊スポットです。 滝壺への投身自殺をはじめとする、自殺の名所でもあります。 近くには墓地もあり、霊が現れる際には焼けるような焦げ臭い匂いが漂うとか。 霊感のある人は近づくことも難しいと言います。 真夜中は絶対に行かないようにしてください。 しかしこの大きな廃校は、見るだけで恐怖感が起こります。 窓から誰かが見ていると感じるとか・・・。 敷地に近寄るだけで心霊体験ができそうなスポットです。 お気をつけて。 30代以上の方ならリアルタイムでニュースを見たのではないでしょうか。 閉じ込められた被災者全員が亡くなった痛ましい事故です。 トンネル近辺は事故前から不気味だという噂もありましたが・・・ 筆者が小学生の時、札幌で家族で事故のニュースを見守っていました。 最終、救済のためトンネルを爆破することになった時、職人だった父親が「無謀だ!」と大声を上げました。 そして、爆破時に山肌がガラガラと崩れ落ちる映像を見た父親が「ひとの顔が見えた」と叫びました。 そのとき家族は信じませんでしたが、何度も「見えた」と言い張る父。 その後ネットで多くの人が同じように「ひとの顔を見た」という情報を知り、ぞっとしたのを覚えています。 崩落後トンネルは閉鎖され新しいものができていますが、不穏な噂は減らないそうです。 特に電話ボックスが危なく、女性がその電話ボックスを使うと祟られるとうことでしたが、今は撤去されています。 しかし、それで心霊現象が無くなることはなく、行ってみた方は様々な現象に出会っています。 一番怖いのは、非通知でスマホに電話がかかってくるというもの。 心霊パワーは無くなってはいません。 現在は公園としてアウトドアやキャンプもできるようになっていますが、その水源地の水面からは無数の手が伸びてくるのを目撃した人が多く、自殺者の霊に引き込まれるということです。 夜に遊歩道を歩くのはかなり怖い雰囲気ですのでご注意。 札幌市豊平区西岡487番地.

次の

Wikizero

ヨーク マツザカヤ

歴史・概要 [ ] 札幌市の歓楽街であるの市街地再開発ビルに、工事を請け負ったの誘致を受けて、同社とが折半出資で(47年)に 株式会社札幌松坂屋を設立。 に 札幌松坂屋'として百貨店を開業したのが始まりである。 歓楽街であるススキノ地区の入り口に当たる立地などが災いして業績が低迷したため 、1978年(昭和53年)9月にと提携して再建を図ることになり 、1979年(昭和54年)2月1日に閉店して札幌松坂屋としての営業を終了した。 この提携に伴って社名を「ヨーク松坂屋」とするとともに1979年(昭和54年)4月28日に ヨークマツザカヤと店名を変更して新装開店し 、松坂屋の名称と百貨店向け商品の調達ルートを残しながらイトーヨーカ堂が実質的な経営権を取得してコストダウンなどに取組み営業を存続させた。 (平成6年)3月からは 札幌店となって、松坂屋グループを離脱してイトーヨーカ堂グループの傘下に完全に移行し 、1995年(平成7年)3月1日付でロビンソン・ジャパンに営業権が譲渡された。 その後、などで業績が再び低迷したため 、の札幌駅進出前年 の(平成14年)4月には地上3階以上の6フロアの売場を閉鎖して地下2階から地上2階までの4フロアに売場を縮小し 、他のフロアを6月に専門店街 ラフィラとする 大規模な改装に踏み切ったが 、業績が好転しなかったため、(平成21年)1月18日に百貨店としての営業を終了し、35年の歴史に終止符を打った。 閉店後の店舗跡は(平成21年)3月26日に上層階と一体的に専門店街 として開業し、イトーヨーカ堂が地下1-2階部分に出店していた。 老朽化のため2020年5月17日の営業を最後に閉店。 取り壊し後2023年新ビル竣工予定。 幻の春日部店 [ ] 1983年(昭和58年)11月にはイトーヨーカ堂グループがグループが開発を進めていた埼玉県春日部市のショッピングセンターの核店舗となる百貨店の出店を引き受けることになった際には当初は当社が出店するとされたが 、アメリカの西海岸を本拠地としていたと提携して株式会社ロビンソン・ジャパンが設立したため 、1985年(昭和60年)11月にロビンソン百貨店春日部店として開業した。 その後2013年(平成24年)3月1日に西武春日部店に名称変更 したが、2016年(平成28年)2月29日をもって閉店している。 毎日新聞社. 2009年1月19日• 北海道新聞社. 2008年9月6日• ロビンソン百貨店. 2008-5-2. 90-91• 日本食糧新聞社. 1995年5月22日• 北海道新聞社. 2009年1月17日• 北海道新聞社. 2009年3月27日• 『イトーヨーカ堂、百貨店事業強化-ヨークマツザカヤを通じ春日部にも60年にも出店』日本経済新聞(日本経済新聞社. 1983年11月20日)• 朝日新聞社 関連項目 [ ]• :開業時の母体企業• :開業時の母体企業• :営業を引継いで一旦立て直した•

次の