あの頃君を追いかけた主題歌。 Thinking Dogs、齋藤飛鳥(乃木坂46)出演映画『あの頃、君を追いかけた』×主題歌のコラボMV公開

【切ない結末】映画『あの頃、君を追いかけた』のあらすじと各シーンのネタバレ考察|メディアホリック

あの頃君を追いかけた主題歌

CONTENTS• 主人公を、『となりの怪物くん』、『万引き家族』、『虹色DAYS』など2018年話題作への出演が続く山田裕貴が演じ、ヒロインを映画初出演となる乃木坂46の齋藤飛鳥が演じます。 映画『あの頃、君を追いかけた』のキャラクターとキャスト C 「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ 早瀬真愛(齋藤飛鳥) 昭和の道徳とあだ名されるまじめな医者一家の一人娘の女子高生。 永島浩介(山田祐貴) 豆腐屋の息子で中国拳法マニア、熱い思いはあるがその熱意をどこに向けていいのかがわからないでいる。 小松原詩子(松本穂香) 浩介の幼馴染の女子でイラストレーター志望。 大野陽平(佐久本宝)、 町田健人(國島直希)、 秋山寿音(中田圭祐)、 杉村一樹(遊佐亮介) 浩介の悪友たち。 水島浩介は、クラスメイトの仲間たちとつるんではバカなことばかりをして、さしたる夢や目標も分からぬまま、お気楽な高校生活を送っていました…。 そんな日々を過ごしていた浩介ですが、浩介の態度を目障りに思い激怒した教師が、クラス一の優等生である早瀬真愛を浩介のお目付け役に任命します。 教師の指示に驚きを隠せない浩介。 真面目でお堅い真愛を疎ましく思う反面、なぜか浩介の胸がザワつき始めます。 それは浩介と仲間たちにとって、真愛は中学時代から、ずっと憧れの存在だったからです。 ある日、教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことで、2人の距離は一気に縮まっていきますが…。 台湾映画『あの頃、君を追いかけた』(2011) はじめに原作となった台湾映画『あの頃、君を追いかけた』(2011)を紹介します。 2011年に台湾の人気作家ギデンズ・コーが、自伝的小説を自ら監督し映画化。 無名のキャストを配しながらも、台湾で社会現象を巻き起こすまでの大ヒットを遂げます。 香港では、チャウ・シンチーの『カンフー・ハッスル』の記録を塗り替えて、中国語映画の歴代興収ナンバーワンを記録しました。 映画は台湾中西部の彰化(しょうか)という町を舞台に1994年から2005年までの10年間を描いています。 「SLAM DUNK」に夢中になっていた高校生たちは、日本のAVを回し見する大学生になり、やがてそれぞれの道を歩み始めます。 C Sony Music Entertainment Taiwan Ltd. そんな登場人物たちの成長と共に、学生寮の公衆電話に並ぶ長い列は消え、誰もが携帯で話すようになり、いくつかの大きな事件に世の中は揺れ、ヒット曲も入れ替わり…。 それでは本作『あの頃、君を追いかけた』との類似点を見ていきましょう。 映画の外観(風景・雰囲気)の比較 C 「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ 映画の外観は、台湾版と日本版では多くの類似点が見ることができます。 撮影したカメラアングルも、同じところがいくつか見つけられます。 映画の冒頭シーンは、日本版の 長谷川康夫監督がわざとそっくりに撮った部分もあるとのことです。 学校や学生の制服も、まるで台湾映画を見ているかのようなデザインです。 C 「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ 登場人物の比較 C 「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ 主人公カップルを含めて、メインキャラクターの造形もオリジナルに近いものとなっています。 齋藤飛鳥というトップアイドルの主演映画でありながら、彼女に役どころを寄せることなく、逆に齋藤飛鳥をヒロインに寄せて見せています。 さらに言うとこれが意外なほどにはまっています。 周りを囲む友人たちのキャラクターや大人たちもそっくりです。 目下、大ブレイク中の松本穂香の演じる小松原詩子のウェイトが少し大きくなっているぐらいでしょうか。 ラストの浩介のびっくりするような行動もオリジナルを踏襲しています。 C 「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ まとめ C 「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ オリジナルに忠実に作られた日本版『あの頃、君を追いかけた』。 台湾版『あの頃、君を追いかけた』のオリジナルエピソードや、キャラクターの造形のいくつかは、台湾や中華圏の映画で成り立つもので、現代の日本を舞台にした邦画にそれをダイレクトに持ち込んだ場合、どうしても少し違和感が出てしまいます。 しかし注目すべきは この映画は、ギデンズ・コー自身の自伝的小説を映画化したものだということです。 そして、少し美化され、少し突飛で、唐突なストーリー展開は、前述したように 敢えてオリジナルに近づけることによって、映画全体に不可思議な魔法をかけ、映画の魅力を引き立てています。 また、デートシーンを台湾に設定し、 撮影も台湾本土で行われており、オリジナルへのオマージュが見て取れます。 韓国映画をリメイクした『SUNNY強い気持ち・強い愛』にも通じるところがあり、 ちょっと大人になった自分から見た自分の青春劇として、この偏りは良い方向に作用しているといっていいのではないでしょうか。 唐突に見えてしまう台湾ロケも主人公が小説家として身を立て、自身の体験をもとにした物語を書いている中での回想ということでプラスに転じます。 少し美化され、少し突飛で、唐突なこの物語も自身の青春を語っているという視点で見ればしっくりきます。 映画『あの頃、君を追いかけた』は10月5日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! ぜひ、劇場でご覧ください! C 「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ.

次の

台湾では社会現象?日本版「あの頃、君を追いかけた」をまとめてみた

あの頃君を追いかけた主題歌

映画の内容は台湾人男性のシャイな部分が多く描かれていました。 実は実際にこんなシャイな台湾人男性の友達がいるので何度も重ねあわせて見ていました。 女子からみると煮え切れないシャイさがあります。 日本人女性の反応はシャイ過ぎて伝わってこないという感想も聞いたことがあります。 学生時代の甘酸っぱい実らない恋です。 しかしこれが実らないのは偶然だけでなく、男子の押しが足らないようにも思いました。 これがシャイさなのかも。 実際にいる台湾人男子の友達も押しが弱くシャイで恋愛に不器用です。 そこが素直でいいところでもあるのですが、同年代の女子にはウケが良くない。 しかし年上の女性には好かれていました。 求めていないのに皮肉なことです。 年上の女性からはグイグイ迫られて苦笑していたのを見たことがあります。 もしも台湾人と恋をしたらと想像しながら見るとおもしろいかもしれません。 自分だったらこうするかもとか、こうされたらうれしいのにとか、あれは好きというサインなのに見逃しちゃったとか。 何回も繰り返す言葉や、この主題歌は耳に残ります。 耳に残るということはそれだけで中国語単語を覚えている証拠です。 いい映画は中国語の勉強にもなります。 写真は淡水で撮ったものです。

次の

Thinking Dogs「あの頃、君を追いかけた」主題歌リリース発表

あの頃君を追いかけた主題歌

主題歌が流れる前にみんな泣いちゃって(笑)。 それぐらい感情を動かされた。 --空前のヒットとなった台湾映画『あの頃、君を追いかけた』。 その舞台を日本に移したリメイク版が今回公開されることになりました。 主演を務めた身として、本作の仕上がりを観てどんな感想や印象を抱かれましたか? 『あの頃、君を追いかけた』本予告 山田裕貴:分かんなかったんですよ。 --というのは? 山田裕貴:「良いのかなぁ? 悪いのかなぁ?」それが分かんなくて。 ただ、僕が『あゝ、荒野』という映画に出演させてもらったときに、共演者の菅田将暉と一緒に試写を観ていたんですけど、そこでアイツも「あぁー、分かんねーや」と言っていたんですよ。 だから『あゝ、荒野』の法則でいけば「良い」ってことになる(笑)。 みんなとたまたまスケジュールが合って一斉に観たんですけど、みんなも「正直、分かんなかった」と言っていて。 でも僕らが分かんなくてもよくて、観てもらう人にどう感じてもらうかなので。 なので、公開までソワソワが止まらないんですけど、先日、家でもう1回観直してみたときは「良いモノが出来たんだろうな」とやっと冷静に思えましたね。 --最初観た時点で「分かんなかった」と思ったのは、自分たちの想定を超える作品になっていたからなんですかね? 山田裕貴:そこまで言えないですけど、台湾版が「人口の10分の1の人が観た」と言われる作品なんですよね。 その設計図はもらっているんですけど、もちろんその雰囲気のまんま日本で出来る訳ではないし、それが良いモノになっているのか?と考える訳です。 で、文化の違いで、ちょっと奥ゆかしい感じになっているので、そういったところがどう影響を及ぼすのか。 正直、それは流れてみないと分からないので。 だからこそ逆に楽しみでもあるんですよね。 どういう反応があるのか。 それぐらい感情を動かされた。 なので、こういう作品に携われたことが本当に嬉しいなと思いましたね。 山田裕貴:めちゃくちゃピッタリな曲ですよね。 僕、台湾版が頭から離れなさ過ぎて、音楽も台湾版のエンディングテーマしか頭に流れていなかったんですけど、試写でThinking Dogsさんの主題歌「言えなかったこと」を聴いたあとに「すっげぇピッタリ。 俺、絶対にカラオケで歌うわ」と思って。 一同:(笑) 山田裕貴:タイトルからしてピッタリだし……本当にありがとうございます。 これはみんな観るわ」と思って。 僕は今年で27歳になるんですけど、「あ、青春ってこれだったなぁ!」みたいな。 胸がすごく締め付けられて……今、この年代の僕が観てもそう思うわけだから、主人公たちと同じ年代の方たちが観たときにどういう風に思うのか、すごく気になりますね。 悲しい感じもあり、懐かしくて「あ、戻りたいな」と思う感じもあるし、すごくいろんな感情をこの映画からもらったなと思います。 大輝:あ、そうなんですか? 山田裕貴:学生時代、あんな感じだったんです。 だから仲良くなれます。 大輝:あと、映画の中で坊主にされていたじゃないですか。 「坊主でこんなに格好良いってどういうことだ?」と思って(笑)。 山田裕貴:ありがとうございます(笑)。 山田裕貴:ハハハハ! わちゅ~:元々切ないモノがすごく好きなんですけど、この映画には本当に泣かされました。 そんな号泣させられた一方で、観る前の予想を超える形でめっちゃ笑っちゃって。 山田さんが教室で齋藤飛鳥さんと絡むシーンがあるじゃないですか。 振り向いて笑わせるシーンとか大爆笑しちゃって。 あれって…… 山田裕貴:アドリブです。 わちゅ~:そうなんですね(笑)! 山田裕貴:テスト勉強していたりプリント渡すくだりは、絶対に飛鳥ちゃんの素の笑顔がないとキュンと出来ない。 男の子がキュンと出来ないといけないんで、指示が「笑わせてください」だったんですよ。 結構そういうことが多くて、ポスター撮影のときも「明日、笑わせてくださいね」みたいな指示が来て。 一同:(笑) 山田裕貴:どっちの顔でも良いんですよ。 真愛が飛鳥ちゃんであって、飛鳥ちゃんが真愛なので。 その笑顔を見たい人も多分多いだろうし、お芝居じゃない笑顔を見れることによって「真愛が心を開いてくれた」というところを表現できる時間だったんで、「めちゃくちゃハードル高いな!」と思いながらも(笑)アドリブでやっていましたね。 かなりの数を撃ちました。 --あらゆる手法を用いて笑わせようとしたんですね。 わちゅ~:もちろん切なくて号泣もしたんですけど、その笑いのシーンも衝撃的過ぎて。 その両極端ですごく楽しませてもらいました。 あと、ご実家のシーンで……全裸というか、山田裕貴さんの筋肉美が素晴らしくて。 こちらもステージに立つ者としてトレーニング事情というか、筋肉事情について伺いたくて。 TSUBASA:筋肉事情(笑)。 山田裕貴:今回は逆にトレーニングしなかったんですよ。 「こいつ、映画に出るから鍛えてるな」と思われるのがイヤだったんですよね。 あと、高校生なりのリアルなほっそり感みたいな。 だからあんまり鍛えないようにしました。 浩介は独学で拳法をやっている子だったから、上手く鍛えられていない、そういうリアル感を求めていたので、逆に何もせずに体重だけ落とすようにしました。 本当はもうちょっと落としたかったんですけどね。 前の年にボクシングの映画をやっていて、プロのメニューをこなすガチなやつだったんで、それで筋肉を落としきれなかったんですよ。 でも普通に日々を過ごしている子になりたかったので、変に鍛えていない、自然な感覚で見れる体を目指しました。 --そして、先程「すっげぇピッタリ。 俺、絶対にカラオケで歌う」と山田さんも絶賛されていた主題歌「言えなかったこと」なんですが、表現していく上で重要視したことなどありましたら聞かせて下さい。 という部分はそれぞれに考えたところで、例えば自分は普段歌うとき100%とか120%でレコーディングしがちなんですけど、このバラードのポイントは切なさを表現する為に80%ぐらいの力でずっと歌い続けることで。 それって難しくて、やっぱり音が高いところってどうしてもパワーが出てしまうんですけど、そこをグッと落としながら何テイクも何テイクも録り直して。 そういうところでも、少しでもこの映画の切ない部分を表現しようと努めました。 この曲を聴いてくれる人が、浩介の言葉を歌っているような感覚になってもらえたら良いですね。 山田裕貴:すごくマッチしていますよね。 その歌詞とシーンが。 PVも映画の映像を使って頂いているので、それもすごくマッチしていて。 最後「今でも 今でも 今でも」って続くじゃないですか。 「あ、言えないんだ! 言えなかったんだ!? 」ってなる……あれはすげぇ感動です。 --この曲自体がもうひとつの『あの頃、君を追いかけた』になっている感じがします。 山田裕貴:あ、そうですね! TSUBASA:映画の内容と歌詞の内容にリンクするところがたくさんあったので、だから「浩介の言葉として響かせる」というのがキーポイントになったんですよね。 それのおかげでこの曲の世界にここまで入り込むことが出来たのかなと思います。 あと、今回の歌詞を書いてくれた秋元康先生の言葉って共感できるポイントがすごく多くて、それって聴いている人ももちろんそうだと思いますし、歌詞を見たときの僕の印象もそうなんですよ。 「この行は自分のあの経験といっしょだな」と思うところが多々あったりするんで、そういった面ではスッとこの世界観の中に入っていけた。 その作品の中の人のことを。 だからこそ普段から人の気持ちを考えることをやめないというか、それは友達もそうだし、関わる人すべてに対して。 それが役を掘り下げることに繋がっていく。 そこで自分の心が動いた瞬間を役に投影できるときがあるんですよ。 「あ、こんなこと思ったことあるかも」みたいな感じで経験が重なっていくときがある。 なので、日常を大切にしながら、本をもらったときに、今回であれば「自分が浩介だったら」と思いながら読んでいくというやり方かもしれない。 --その上で、今回の浩介は自分を重ねやすかった? 山田裕貴:めちゃくちゃシンクロ率が高くて。 自分の中で似たような思い出がいっぱいあったりとか「高校時代、実際にチャリ乗りながら好きな女の子の名前叫んでたなぁ」とか…… 一同:(笑) 山田裕貴:なんか似ているところがいっぱいあったんですよね。 いちばんシンクロしていたというか、自分がやれると思えた決め手が「すごい人間になりたい」というセリフがあるんですけど、昔からめっちゃ思ってて! 別に「お金持ちになりたい」とか「モテたい」とかそんなんじゃなくて、今でも思っていることが「すごい人間になりたい」なんですよ。 俺が何かすることで「少しでも世界を変えられる人間になりたいなぁ」と思っていたんですよね。 それを浩介は台湾版でも言ってて「あ、俺、これを持っていたんだ!」と気付いて、なんとなく「僕はいちばん浩介が思っていることを思えるし、僕は浩介になれるんだな」とそのときに思えたんです。 自分でも「綺麗事だな」とか「結局、自分は自分が見えている世界を変えることぐらいしか出来ないんじゃないか」とも思っちゃうんですけど、それがちょっとでも人に影響を与える……少しで良いんですよ。 少しというのはすごく重要で、「観てちょっと元気になった」とか「観て感動した」とか「泣けた」とかそういうことで関わっていけたら……だからそんな大層なことを言うつもりはないんです。 ただ単に僕といて「現場が楽しかった」と思ってくれることなのか、監督が「やってよかった」と思ってくれることなのか、その一言だけで良いというか。 それがちょっとずつ「世界を変える」ことになればいいなと思って生きてます。 --Thinking Dogsの皆さんも音楽活動をしていく中で、今の話とシンクロする想いは持っているんじゃないでしょうか。 ライブをやって、それを観に来てくれるファンの方がいる中で、そのライブを観てくれた方が「あ、楽しかったなぁ。 明日も学校頑張ろう。 仕事頑張ろう」で良いんですよ。 ほんのちょっと背中を押すことが出来るんだったらそれで本望というか、その為にこの活動をしていると言っても過言ではないです。 バンドを始めた時って「目立ちたい」とか「モテたい」とか「お金持ちになりたい」と思っている人もいるかもしれないんですけど、やっていくうちに考えが変わっていくんですよね。 やっぱりファンあってのバンドだし、その応援してくれる方たちの背中をちょっとでも押せるような存在になりたいなと思っています。 --今、お互いにお話頂いた想いが『あの頃、君を追いかけた』を純度の高い映画にしているんだろうなと感じました。 では、最後に、この映画をご覧に頂きたい皆さんへのメッセージをお願いします。 TSUBASA:映画もその主題歌も皆さんに共感して頂けるポイントが多いと思うので、自分の経験から「こんな片想いしたなぁ、こんな青春だったなぁ」とかそういうことを想いながら観て聴いてもらえたら嬉しいなと思います。 山田裕貴:人生経験を重ねた方こそグッと来るモノがあったり、あの頃を思い出す瞬間がいっぱいあったりして共感できると思いますし、まだ高校生に達していない、年齢をそこまで重ねていない子たちも「あ、こんなに素敵なことが待ってるのかな?」って。 でも「言いたいことは言っておこう」みたいな。 「言えなかったことにならないようにしよう」っていう風に思ってもらえれば、歌も救われるし、映画も救われるんじゃないかなと思います。 Interviewer:平賀哲雄|Photo:Jumpei Yamada.

次の