モンスターハンターダブルクロス村クエ。 【MHXX】モンハンダブルクロス 攻略広場

[モンハンクロス]村クエ&集会所キークエスト(緊急クエ)・新モンスター弱点も!

モンスターハンターダブルクロス村クエ

コピー禁止 モンスターハンターダブルクロス攻略 村上位村10 集会所7の超強モンスターが村クエに出現 アルバトリオン オストガロア アカムトルム ウカムルバス アマツマガツチが村クエに出現します。 集会所よりも体力少ないので 素材集めマラソン最適です。 [注意] 狩り技セット登録忘れ [乗り] 赤い時 Rでしがみつきく 緑の時 XかAで攻撃 補足があれば更新します。 村上位関連は記事下にあります。 龍識船調査隊の隊長の 吹き出しで ストーリーが進行します。 千刃狂騒 セルレギオス1頭の狩猟 弱点 雷 砂漠 クーラー 裂傷対策 サシミオなど 死闘! 角竜ディアブロス ディアブロス1頭の狩猟 弱点 氷 砂漠 クーラードリンク 金獅子、砂上に咆哮す ラージャン1頭の狩猟 弱点 氷 砂漠 クーラードリンク 俺のソウルはブロウアップ ブラキディオス1頭の狩猟 弱点 水 地底火山 クーラードリンク すべてを喰らうもの イビルジョー1頭の狩猟 弱点 雷 雪山 昼 ホットドリンク こやし玉 時を廻りて戻り来よ シャガルマガラの討伐 弱点 龍 禁足地 緊急クエスト発生 4件 [MHX]集会所7のメモは記事下です。 怨嗟の骸 オストガロア討伐 弱点 龍 竜ノ墓場 骨だるま対策消散剤 獄炎の覇王 アカムトルムの討伐 弱点 龍 溶岩島 クーラードリンク 崩せ神の座、威の寝床 ウカムルバスの討伐 弱点 火 極圏 雪だるま対策消散剤 ホットドリンク 嵐龍天翔 アマツマガツチの討伐 弱点 龍 霊峰 4件クリア後出現 黒き光を放つ神 アルバトリオンの討伐 溶岩島 クーラードリンク [更新情報] ギルドカードに勲章が追加 その後・・・ 調査隊の隊長の依頼 [納品内容] マレコガネ 5個 ユクモの堅木 5個 上質なねじれた角 2個 ディアブロス[RARE6] [報酬] ウィズダム装備 製法 [RARE7] オトモ広場の交易窓口で納品します。 村7~村10はほぼキークエしかしていません。 またクエが開放したら載せます。 G3級クリア後 高難度:森丘にて火竜は旋廻す リオレウス1頭の狩猟 森丘 昼 高難度:月夜を仰ぐ雷狼竜 ジンオウガ1頭の狩猟 渓流 夜 HR解放後の高難度はこちらにまとめます。 集会所7強敵モンスター 古いメモで恐縮です。 村上位関連 関連 TOPページでは上記リンクに 補足をつけてまとめています。 以下、モンハンクロスからPICKUP.

次の

【モンハンダブルクロス対応】ニャンターの特徴、操作方法、レベル上限、スキル枠、サポート行動枠を増やす方法(初心者向け)【MHXX】

モンスターハンターダブルクロス村クエ

ニャンターはハンターとは違う特徴が多々あり、公式では15種類目の武器種と言って良いくらい力を入れているとのコメント。 攻撃面ではハンターに劣る部分はありますが、状態異常武器と、ブーメランを強化するスキルやサポート行動で固めれば、かなりの強さを発揮します。 ダブルクロスではブーメランだけでなく、近接攻撃も強化されています。 ここではモンハンクロスのニャンター&オトモアイルーの「特徴」「雇い方」「操作方法」「サポート行動」「オトモスキル」についてまとめています。 ニャンター&オトモアイルーの特徴 基本的な特徴• 自宅や集会所やオトモ広場の「オトモボード」で、ハンターとニャンターの切り替え、ニャンターにするオトモの選択が可能。 ハンターが受注・参加可能な全てのクエストを受注・参加できる。 ニャンターだけが受注・参加可能な、ニャンター専用クエストが存在する。 ピッケル・虫あみを持たなくても [A長押し]で高速採取可能(速さはハンターの倍以上)• 常にマップにモンスターの位置が表示される。 (スキル:自動マーキングと同様の効果)• スタミナの概念がないので、[納刀時パッド+R]、[抜刀時はBで回避後に方向入力]でずっとダッシュできる。 [R+B]で地中に潜って隠密行動が可能。 モンスターの動きを観察できる。 ソロプレイ&マルチプレイ時もニャンターになることが可能で、オトモアイルーも2匹連れて行ける。 攻撃も当然可能で、乗りも狙える。 基本的に一撃のダメージがハンターより低いデメリットがある。 アイテムが使えないデメリットもある。 サポート行動を使うには、サポートゲージを溜める必要があり、ゲージはモンスターに攻撃するなど、ニャンターが行った行動によって溜まる。 (時間経過でも少し溜まる) オトモアイルーを雇う場所 お供を雇えるのはオトモ広場のネコ嬢、ココット・ポッケ・ユクモ村のネコバァが、場所によって傾向タイプが異なるアイルーを紹介してくれます。 所持しているサポート行動&オトモスキルの数も増えるので、厳選するならHR6以上になってからがオススメ。 ニャンターの装備について ニャンターの装備は制作難易度が低いので、常に最新の防具を装備してステータスを上げられるメリットがある。 オトモ装備に必要になる素材は、オトモ武具屋でモンスターの素材を渡すことで端材に変えてくれる。 端材:木材は渓流4・5・9のユクモの木から、素朴な端材は、オトモ広場のモンニャン隊で入手可能。 サポートゲージが上昇しやすくなる。 会心率が上がる• 怒り状態専用の攻撃を[X+A]で使える。 ダッシュ時のスピードが速くなる。 怒り状態の発動条件は、オトモアイルーのサポート傾向によって異なる。 サポート行動、オトモスキルをセットする方法 ニャンターとオトモアイルーは、初期状態ではオトモスキルもサポート行動もほぼ装備していません。 なので、 オトモボードからオトモスキルとサポート行動を装備して上げて下さい。 へ移動しました。 コレクト ブーメラン特化 はオトモで使いやすかったです。 貫通ブーメランが2段目に出るので探しやすい。 ファイトと違って遠隔重視なのも良い。 遠隔攻撃率・ぶんどり率共に高いです。 ニャンターだとぶんどりが活きないのとゲージボーナスが採取なのが惜しい。 ファイト近接特化が思いのほか強かったので参考になれば。 憤怒、鬼人笛、ネコまっしぐら、ネコ爪乱舞、武器強化、こやし、治ローリング 匠、ガード性能大 高所への攻撃が苦手ですが小回りと回避が優秀なのでインファイト。 回避に自信があればガード性能ではなく防音等のほうが良いかもしれません。 イャンガルルガやイビルジョー、ガノトトス等との相性が最悪ですがナルガクルガやティガレックスであれば上位ソロでもクリアタイムが6~8分になります。 ハンターよりも武器の用意が容易なので適時、弱点属性のものを選ぶ事を推奨。 ブーメラン特化ニャンターがやはり火力が高く扱いやすいです。 非常に機動力が高く、攻撃チャンスも多く二つ名ナルガLv10もニャンターペアでのクリアタイムが12分25秒前後で安定しました。 厳選したてなのですが、アシストブーメラン特化アイルーが強かったです。 サポートに毒々落とし穴が付きハンター達への攻撃チャンスを与えることができ 緊急退避で回復、異常状態回復、さらに高速で地面に潜れて、 巨大ブーメランと貫通ブーメランで攻撃力を飛躍的に上げ、 肥やし玉等を付けることでよりサポートも充実。 またアシストのアイルーはブーメランで攻撃するとゲージが溜まりやすいという特性を持っています。 スキルにはブーメラン上手と攻撃アップ大などで火力を上げれます。 長文でしたがお役に立てれば幸いです。 カリスマのブメ上手+遠隔強化+背水、ファイトのブメ上手+遠隔強化+会心大小などブーメラン特化猫を8匹Lv50まで育てて使い分けしてみたんですが、最終的には 無属性武器よりも弱点属性武器を使ったほうが火力は高かったです。 スキルに関しても火力を優先するならば、 ブーメラン上手>属性攻撃強化>遠隔攻撃強化>背水の陣>会心 大小 >攻撃 大小 でした。 貫通ブーメランという特性上、手数も相俟って属性ダメージの占める割合が大きく、逆に物理攻撃力の比重も火力に直結しにくいことから、 貫通+巨大ブーメランの発動状態にいち早く入れるアシストでブーメラン上手+遠隔攻撃強化+属性攻撃強化で運用する形に行き着きました。 あくまで単身最速狩猟を追及した形ではありますが・・ 使用武器は火…猛アグナ、水…猛ハプルorアマツ、雷…猛ラギア、氷…二つ名ウルク、龍…シャガル。

次の

【MHXX】村クエのキークエスト一覧(下位/上位)【モンハンダブルクロス 攻略】

モンスターハンターダブルクロス村クエ

2017年3月18日に発売される「モンハンダブルクロス」は、前作のスタイルと狩技でハンターに個性を演出する狩猟生活に、2つの新スタイルと新要素をさらにクロスしたシリーズ最大級のボリュームとなる最新作。 前作「クロス」のゲーム内容全てを遊ぶことが可能で、そのセーブデータのほぼ全てを引き継ぎできる。 「ブレイヴスタイル」と「レンキンスタイル」の2つが追加 より上級者向けの個性的なアクションを楽しめる「」と、初心者でもアイテム錬金で仲間のサポートに活躍しやすい「」が追加。 され、また新しい手触りを感じることができる作品になっています。 新2大メインモンスターが登場 ディノバルド、ライゼクス、ガムート、タマミツネに続いて、新たな2大メインモンスターが追加。 「」は集会酒場、「」は龍識船のメインストーリーに関わってきます。 G級クエスト・武器・防具も追加されている他、「」「」「」等の2つ名モンスターやも追加。 SP狩技の効果でマルチプレイ時の狩技効果が高まる クロスではほとんどの狩技の効果は自分に発揮するものでしたが、新システム「SP狩技」によって、狩技を使うことで周囲の仲間にも「SP状態効果」をもたらすことができるようになりました。 マルチプレイ時にSP狩技を使うタイミングによって狩猟に影響を与えるので、よりダブルクロスでは狩技の選択と使い方が重要になってきます。 狩猟笛の演奏効果の表示箇所が変更 前作では、狩猟笛の演奏効果は画面中央に表示されていたが、ダブルクロスでは演奏効果の表示が画面左下へ変更になる。 設置した罠は破壊可能 MHXXでは、フィールドに設置した罠をキックボタンで破壊できる。 この仕様変更により、捕獲時にモンスターがエリア移動してしまった時も、罠を破壊してすぐ次のエリアで新しい罠を設置できる。 個性とスピードと爽快感のあるゲームシステム 「狩猟」x「爽快」x「スタイル」x「モンスター」というキャッチコピー通り、「ギルドスタイルを基本とした攻撃連携」「ド派手で多彩な狩技」「エリアルスタイルのジャンプ(踏みつけ跳躍)」「ブシドースタイルのジャストアクション(ギリギリで攻撃を回避する)」などを自分好みに組み合わせていくことによって、より個性的かつスピーディーで爽快感のある狩りを楽しめます。 狩猟スタイルを選べるパーソナルハンティングがモンハンX(クロス) 各スタイルで一部操作方法や連携が異なっていたり、「得意なこと」「苦手なこと」が異なるので、初心者の方はまずギルドスタイルで遊んでみて、慣れてきたら自分や仲間が扱う武器種に合わせてスタイルを変えたり、狩猟対象とするモンスターに合わせてスタイルを変えるなど、様々な楽しみ方ができるのも本作の特徴です。 ギルドスタイル (狩技2個) MH4Gまでのアクションを過不足なく行えるバランスの良いスタイル。 スタイルに迷った時は、ギルドスタイルを選択しておけば一安心。 狩技も2つ装備できるので、狩技によるスタイルのアクセントも付けやすい。 ストライカースタイル (狩技3個) 狩技を3つも装備できるので、狩技をガンガン使っていきたい人向けのスタイル。 狩技ゲージも溜まりやすい特徴がある。 攻撃の連携やアクションがシンプルになっている特徴もある。 エリアルスタイル (狩技1個) 前転回避が(エア回避)に変わり、ジャンプした時に モンスターやハンター(ニャンター)や爆弾などを踏み台にして、さらに高く跳躍できる空中特化型のスタイル。 空中での専用攻撃が追加される分、地上での一部攻撃に制限を伴う。 ブシドースタイル (狩技1個) モンスターの攻撃を受ける直前にタイミングよく回避すると「ジャスト回避」となり、直後に専用アクションで反撃していけるのがブシドースタイルの特徴。 ランス・ガンランス・チャージアックス剣モードのみ「ジャストガード」。 攻撃を紙一重で回避していく立ち回りのできる人にオススメのスタイル。 ブレイヴスタイル (狩技1個) メリットとデメリットが混在する、他のスタイルよりも強烈に個性的なスタイル。 ブレイヴ状態時に圧倒的な火力を得られる反面、「イナシ」「納刀継続」「ブレイヴゲージ維持」などを意識する必要があり、既存のスタイルとは大きく異なる立ち回りを要求される。 モンスターの動きが読める上級ハンターさんにオススメの新スタイル。 (MHXXのみ) レンキンスタイル (狩技3個) マカ錬金タルを振ってサポート効果の高いアイテム生成できるスタイル。 狩技を3つ装備可能な点はストライカーと同じですが、を3つ設定でき、SP状態を強化できるのはレンキンスタイルだけ。 初心者さんでもマルチプレイ時にサポートで活躍できるスタイル。 (MHXXのみ) 下記では、「ギルド、ストライカー、エリアル、ブシドースタイルそれぞれの特徴、メリット&デメリット」についてまとめています。 攻撃の連携に狩技を組み込んで、狩猟スタイルにアクセント! 狩技とは、「必殺技的なもの」や「補助的なもの」など、狩技ゲージを溜めることで発動できる大技のこと。 単体で発動可能な技や、 攻撃の連携に組み込める技もあるので、新しい攻撃の連携を生み出すことも可能で、狩技で狩猟にアクセントを付けることができる。 狩技には、「武器種に関係なく使えるもの」と、「14武器専用のもの」があり、14武器種専用の狩技は 条件を満たすことで強化された狩技を入手できる。 下記では、「狩技についての豆知識」「共通の狩技」「武器専用の狩技」についてまとめています。

次の