自民党 参院 選。 「反自民」票はどこへ、野党結集遠く「自民1強」が継続ー参院選

【参院選】自民、広島2人擁立で深まる溝 「岸田vs菅」の様相も(1/2ページ)

自民党 参院 選

第25回 参議院選挙の結果を受け、この2点が大々的に報じられたが、見過ごせないのは50%を割り込んだ低投票率だ。 総務省によると、今回選挙の投票率は選挙区48. 80%、比例代表48. 79%で、1995年の44. 52%に次ぐワースト2位の低投票率となった。 その結果、 自民党は選挙区の得票総数2003万票(絶対得票率18. 9%)で改選数74のうち38(51. 4%)の議席を獲得した。 絶対得票率が2割を切りながら5割超の議席を獲得するという、納得しがたい現象が起きてしまった。 それにしても、投票率があまりにも低すぎる。 今回の参院選には総額約571億円の経費が2019年度予算に盛り込まれている。 巨額の経費をかけながら、有権者の半数以上が棄権というのが今の日本の民主主義のレベルなのだ。 直近の国政選挙で世界各国の投票率を調べてみた。 イギリス:2017年総選挙 68. 7% ドイツ:2017年連邦議会選挙 76. 2% フランス:2017年大統領選決選投票 74. 6% アメリカ:2016年大統領選 55. 3% OECD(経済協力開発機構)の「図表でみる社会2016」によると、OECD加盟国の選挙の平均は67%となっている。 世界的に見ても日本の5割割れは異常水準だ。 民主主義の政治システムが機能しているとはとてもいえない。 この国の民主主義は幻影にすぎないのだろうか。 都道府県別投票率、ナンバー1は山形県60. 74%、最低は徳島県38. 59% 選挙区の投票率を都道府県別に見てみよう。 投票率が50%を超えたのは18都道県。 29府県は50%を割り込んでいる。 前回2016年の投票率を上回ったのは高知県46. 34%(プラス0. 82ポイント)のみである。 投票率のベスト5、ワースト5、当選者の政党は次の通り。 【ベスト5】 ・山形県 60. 74%(前回比-1. 48ポイント) 無所属新人・野党系 ・岩手県 56. 55%(同-1. 23) 無所属新人・野党系 ・秋田県 56. 29%(同-4. 58) 無所属新人・野党系 ・新潟県 55. 31%(同-4. 46) 無所属新人・野党系 ・長野県 54. 29%(同-8. 57) 国民民主現 【ワースト5】 ・徳島県 38. 59%(同-8. 79%(同-7. 97) 自民現 ・福岡県 42. 85%(同-10. 00) 自民現、公明新、立憲民主現 ・青森県 42. 94%(同-12. 37) 自民現 ・栃木県 44. 14%(同-7. 24) 自民現 投票率が高かったのはすべて1人区で、野党統一候補の新人4人が自民候補を破った。 長野県以外の4県では大接戦を制している。 野党共闘が実を結んだかたちだ。 いずれの県も前回よりも低下しているが、選挙戦が激戦となったことが5割超の投票率につながったものと思われる。 投票率が38%台となった徳島県は前回選挙から高知県と合区となり、今回の選挙では与野党の候補者共に高知を地盤としていた。 知らない候補者同士の争いでは投票に行く気が起きなかったのだろう。 逆に高知県は全国で唯一前回を上回った。 選挙区制度のあり方が問われそうだ。

次の

第23回参議院議員通常選挙

自民党 参院 選

自民が改選2議席を独占できるかどうかが焦点だった広島選挙区。 現新7人が立つ激戦の中、自民新顔の河井案里氏(45)は初当選を確実にしたが、6選を目指した自民現職の溝手顕正氏(76)は議席を失うことに。 強気の戦略は実を結ばなかった。 河井氏は当選を確実にした後、支援者を前に、「自民党が2議席とって初めて勝利だと言い続けてきたので、万歳は控える。 尊敬する溝手先生のような国会議員になりたい」と語った。 過去2回の参院選で自民候補は、2位の倍以上の得票で圧勝。 独占の可能性があるとみた党本部が県連の反発を押し切って河井氏を追加公認していた。 河井氏の夫は安倍晋三首相に近い党総裁外交特別補佐の河井克行氏(衆院広島3区)。 県連の支援が得られないなか、党本部や安倍首相の事務所スタッフらが広島入りして企業や団体を回り、無党派層への浸透を図った。 一方、国家公安委員長や防災担当相を歴任していた溝手氏の陣営関係者は、「なんとしても2位に」と地方議員や支援団体など組織の引き締めを図ったが、及ばなかった。 溝手氏は支援者に「2人出すのは、やはりばかげた話。 今後、自民党として考えなくてはいけない」と述べた。 兵庫選挙区(改選数3)では、自民新顔の加田裕之氏(49)が維新、公明に続く「最後の一席」をめぐり激しく競り合いながらも初当選。 開票作業が続く中、「順位は3番でも仕事では1番を目指して頑張りたい」と支援者らに深々と頭を下げた。 自民は兵庫選挙区では2010年以降、トップ当選を果たしてきたが、今回は逃した。

次の

2019参院選:自公、改選71議席獲得し勝利 改憲勢力は3分の2割る

自民党 参院 選

自民党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=が初当選した昨夏参院選をめぐり、夫の衆院議員河井克行前法相(57)=広島3区=が地元政界に現金を配布した疑惑で、検察当局が配布先を羅列した「買収リスト」を押収していたことが12日、関係者への取材で分かった。 一部は案里氏が配布していたという。 検察当局は、案里氏への票の取りまとめを依頼する趣旨で現金が配られたとみて、公選法違反(買収)容疑で捜査。 国会が閉会する17日以降、夫妻の刑事責任追及に向けた動きを本格化させるもようだ。 関係者によると、リストは河井前法相の関係先で見つかった。 前法相は地元の首長や県議など政界関係者に数万~30万円程度を配布。 一部は案里氏が自ら配布した疑いがあり、リストの記載などから、総額は2000万円を超える可能性があるという。 ただ、前法相から現金入り封筒を手渡されたものの、受け取りを拒否したり、後日返金したりした議員もおり、実際にどの程度が地元政界に流れたかは不明だ。 配布名目も2019年4月投開票の統一地方選での「陣中見舞い」や「当選祝い」だったとされ、検察当局は受領した側が現金の趣旨をどのように認識していたかなどを子細に検討。 立件対象額を詰める捜査を急いでいるとみられる。

次の