チケット ストリート。 「チケットストリート、コロナ受け3月売上ほぼ0」 :: リサイクル通信

チケットストリート(チケスト)の口コミ・評判 | みん評

チケット ストリート

質問一覧• チケットストリートに問い合わせをしたら出品側がキャンセルになったとメールがきました。 私の取 引画面は、キャンセル画面とかでもなく『取引完了』のボタンがあるだけです。 相手がキャンセルになったと言ってますが、私が『... どちらも売ってる人はサイトに登録した一般人です。 メルカリやヤフオクと同じでサイトそのものは問題ありませんが売ってる人はそれぞれ別人ですのでちゃんとした人が大半ですが中にはなかなかチケットを発送しないとかの人も居... 書いてあります。 皆さんは手渡しで相手がこなかったりトラブルが起きたことはありませんでしたか? 安全かどうか確かめたいのでよろしくお願いします... 公演(当日分)を購入しまして、入金後、そのチケットが直前販売分のチケットだとわかりました。 直前販売分 は身分確認があるため本人がいないと入場できません。 売り手にその旨伝えたところ、同行できないためキャンセルして... 「チケットキャンプ」、「チケットストリート」というサイトがあることが分かりました。 私が眺めてみた範囲では、チケットキャンプの方が取引が多そうでした。 一見簡単なシステムに見えたのですが、取引に伴うトラブルも少なか... 安心プラスオプションというものがありますが、 安心プラスオプションをつけなければ、もし、チケットが届かなかっ た等のトラブルがあったら 返金されないのですか?...

次の

チケットストリート【チケスト】安心・お得なチケット売買サイト

チケット ストリート

東方神起は、韓国出身の男性デュオ。 韓国語では「トンパンシンギ」。 中国語発音のアルファベット表記「Tong Vfang Xien Qi」の頭文字から「TVXQ」が公式の略称となっています。 東方神起には「東方の神が起きる」という意味が込められ、メンバーはユノ・ユンホ ユノ 、 チェガン・チャンミン マックス の2人。 元メンバーに現JYJのジェジュン、ジュンス、ユチョンの3人がおり、2010年以前は5人で活動していました。 日本でのオフィシャルファンクラブは「Bigeast ビギスト 」。 ファンクラブ名には「韓国の東に位置する日本から大きな力となって世界へ羽ばたかせて欲しい」という想いを込め、「Big」と「East」が組み合わされています。 ファンクラブ会員のファンは「ビギ ビギスト 」と呼ばれ、韓国ファンクラブは「カシオペア」であり「カシ」と呼ばれています。 会員以外のファンも含め、ファンの総称は「トンペン」。 2010年にグループ活動が一時休止、それまでの5人体制から現在への2人体制となりました。 2017年にユノ・マックスともに2年間の兵役を終え、8月21日に全国5大ドームツアー「東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~」の開催と、新アルバム「FINE COLLECTION~Begin Again~」を発表。 そして2019年4月にデビュー15周年イヤーに突入した彼らは、4度目となる全国5大ドームツアーを開催。 2019年11月9日 土 、10日 日 に福岡ヤフオク! ドーム 福岡県 、11月19日 火 、20日 水 、21日 木 に東京ドーム 東京都 、12月14日 土 に札幌ドーム 北海道 、12月21日 土 、22日 日 、2020年1月17日 金 、18日 土 、19日 日 に京セラドーム大阪 大阪府 、2020年1月11日 土 、12日 日 、13日 月・祝 にナゴヤドーム 愛知県 でそれぞれ公演を行ないます。 記念イヤーを迎えた東方神起は、再び日本を熱狂の渦に巻き込んでいくことでしょう。 東方神起は、現在ユンホとチャンミンの2人で活動していますが、結成当初は2人に加えて、ジェジュン、ユチョン、ジュンス(現JYJ)の5人で活動していました。 韓国のアーティストではありますが、日本でリリースする楽曲は基本的に日本語で歌っています。 アニメの主題歌に採用されるなど徐々に日本国内で人気を獲得していき、2008年にオリコンチャートで1位を獲得。 紅白歌合戦に出場するなど、日本国内での人気を不動のものとしました。 その後メンバーの脱退を乗り越え、チャンミンとユンホの2名で現在も楽曲の発売やコンサートの開催などを精力的に続けています。 様々な苦難を乗り越え、トップアーティストとしての地位を守り続ける東方神起。 その魅力は端正なルックスと本格的な歌・ダンスにあると言えます。 容姿の端麗さと高身長の外見的な要素はもちろんのこと、その本格的なパフォーマンスが観る人を惹きつけ、日本国内の老若男女問わず、幅広い世代の人気を獲得していっています。 メンバーはソロでも活動を行なっており、それぞれがアルバムをリリース、作詞に挑戦するなどソロ歌手として活動する傍ら、俳優としてもドラマなどに出演しています。 東方神起の人気は韓国・日本にとどまらず、中国やマレーシアといったアジア各国をはじめ、欧米やヨーロッパを含めた全世界で活動。 日本での活動にも力を入れている彼らは、流ちょうな日本語でファンとふれあい、シングルの売り上げや観客動員数など、海外アーティストとしていくつもの記録を打ち立てているのです。 2019年には15周年イヤーへと突入し、5大ドームツアーを敢行する東方神起。 今後も世界を股にかけて活躍を続けるであろう彼らから目が離せません。

次の

チケットストリート【チケスト】安心・お得なチケット売買サイト

チケット ストリート

チケットストリートは、ライブや演劇などの公演チケット売買仲介サイトです。 無料の会員登録をすれば、取引が可能になります。 購入後に支払った代金はいったんチケットストリートの事務局が預かり、チケット到着を確認した後、出品者に支払うという方法をとっているのが特徴です。 また、出品者の身分証を確認したり、出品されたチケットについて不適切なものがないか定期的にチェックしたりするなど、安全な取引が行われるよう体制を整えています。 取引はスムーズに行えるのか、もしものトラブルの場合はどのようなサポートをしてくれるのかなどが気になるところです。 ここでは実際にチケットを取引した人の生の声が投稿されています。 利用前の参考にしてください。 最近のニュースで、定価に近い価格で購入できるものと信じていました。 大して人気のない公演の切符でしたが、窓口販売しかないため買いに行く時間がなく、このサービスを使いました。 2席連番を希望したところ10、000円のチケットがありました。 勝手に1枚が10000円の定価だと想像した私は軽率でした。 「席は発券前であるので、どこになるかわからない、チケットは事務局で預かっている」という意味不明なメッセージがあり気にはなりましたが、手数料や保険代などを含め2〜3割高になるのは仕方がないと思い注文したました。 すぐに返事が来て、セブンイレブンでの発券もスムーズにゆきました。 切符の額面をみたところ、何と1枚5000円の切符が2枚,しかも会場最後部の最悪の席でしたが、合計で30,000円近く。 確かに切符を入手できなかった人よりは幸せですが、定価の3倍にもなるのであれば、最初から宣言して欲しかった。まだ違法ではないのかも知れませんが、巧妙にダフ屋を助長する商売であり、二度と使う気になれません。 2020年1月28日公演のQEENのチケットを購入した。 発券開始は12月20日コンビニ発券とのこと。 当方は代金支払い済み。 12月17日販売者より、1月後半に入院、手術となり行けなくなったのでキャンセル。 のメッセージが入る。 1月後半に入院で、まだチケットも発券されてないのにキャンセルのメッセージに納得いかなかった私は、発券する方法は何かあるでしょ。 と連絡。 皆さんもご存知と思いますが、コンビニ発券は購入を確定した時点でチケット購入はキャンセルができなくなります。 チケットストリートからの連絡は、販売者に問い合わせたところ、販売者の手元にチケットがないことから、キャンセルとされていただきます。 との内容のメッセージがある。 発券されてないのに手元にあるわけがないだろ! 発券すらできない状態なら、私が発券してもいい。 と再度チケットストリートに連絡。 今はまだ連絡待ちですが、販売者とはサイト内でのやり取りのみで、サイト内ではもう連絡がとれません。 販売者は最悪、チケットストリートもこの程度の確認も取れないようでは、ハッキリいって、使えないサイトです。 皆さんご注意を 最終結果はまた連絡します。 が販売者とは連絡が取れない状態、サイトからも連絡がない状態ですので望みは薄いと思います。 楽しみにしていたコンサートだけに残念です。 ライブに行けなくなった仲間の分のチケットが余ってしまったので、行きたい!と思っている方にお譲りしよう!と、こちらから出品せずリクエスト出している方に譲ることにしました。 私だったら、本当にチケットが届くのか?と、不安もあるので先方に安心、信頼して貰えるようにと思い、チケット郵送までの間何度か連絡やり取り出来れば、、と、質問や入金確認後は掲示板の利用をしましたが、相手からの質問の返答しても数日見ていない、見ても返事は無し。 今回の譲る相手 買手 が、売り手だったら、、、と思うと不安しかない。 リクエスト出している人に譲る為に利用するにはいいサービスなのかもしれませんが、買い手になるには不安かもしれません。 相手方ともっとスムーズなやり取りできれば、また何かの時にこれを機にサイト使わずお互いが直に同じやり取り出来る関係を持てる出逢いになるかな?と、期待しましたが対面ではないので相手を選べないので難しいですね。 期待しすぎていました。 売り手となっている私が不安になっている事が不思議な感覚です。 私は買い手でした。 安心プラスも払いました。 ライブ当日を毎日楽しみに待っていました。 会場に行きました。 電子チケットでした。 入場拒否されました。 その時の悲しさ、悔しさは忘れられません。 目前でストップです。 お金も2倍払っています。 チケットストリートに何度も何度もメールしましたが入場補償申請が3時間以内に届いていないと、全く相手にしてくれませんでした。 メールは送っていますが入場補償申請でないと絶対駄目とのことです。 売り手と相談してと言われましたが、名前も住所も分からない人とどうして話し合うのですか?売り手が返事しなければそれで終わりですよね。 他人事です、本当に。 売り手のチケットの確認もするわけですよね、チケットストリートが。 入場出来ないチケットの仲介をして安心プラスやら決済手数料やらお金を払わせて、後は全く知らんぷりです。 私はもう二度とチケットストリートを利用しません。 欲しいチケットがあったのでリクエストをし、販売申請(売り手が見つかった内容)のメールが運営サイトから届きました。 回答期限と記載しているのに対し、期日が一切書いていないので問い合わせをしましたが、いくら聞いてもマイページに書いてあるの一点張りで教えてもらえませんでした。 初めて使うので、実は販売申請(売り手様)がいなかったのかな・・・・とか複雑な心境で問い合わせましたが 運営側から届いたメールには、メールが届いたなら申請があったんじゃないですか&期限が結構過ぎてるので確認取れないと、最後まではぐらかしで押し通されました。 (中1日しか空いてませんが・・・) チケットはある程度高額な4万~で考えていたのですが、こんなサイトは怖くて安心して使えません。

次の