スマホ キャプチャ 動画。 【永久保存版】スマホの画面をPCに出力させて表示する方法まとめ|フレッシュすばるくんのブログ

高画質!YouTube動画をキャプチャする【PC・iPhone・Android】

スマホ キャプチャ 動画

YouTube動画を録画して保存したい場合に、便利な録画ソフトを通じて簡単にできます。 ここではPC・iPhone・Android向けのYouTube画面録画方法についてそれぞれ紹介して、お勧めの録画ツールの操作手順について説明します。 関連記事: パソコン用録画ソフト「FonePaw PC画面録画」 「FonePaw PC画面録画」はパソコンの画面を高画質で録画できるキャプチャーソフトです。 YouTube画面だけではなくて多くの動画共有サイト、もしくはにも対応しています。 無料体験もできますので、興味ある方はまず本ソフトをパソコンにダウンロードしてください。 ダウンロードされたインストールパックを開いて、インストール位置や起動アイコンなどを設定した後、「インストール」ボタンをクリックします。 インストールした「FonePaw PC画面録画」を起動すればメインパネルが表示されます。 YouTubeを高画質で録画したい場合には「動画レコーダー」を選択してください。 ちなみに音楽だけを録音したい場合は「音声レコーダー」機能でできます。 次には録画の設定です。 動画レコーダーの録画範囲と音量を調整し、右上のメニューの「環境設定」で出力ファイルの形式と画質を決めてください。 「FonePaw PC画面録画」はWebカメラ画面の録画とマイクの録音にも対応しています。 事前の録画設定が完了すると、「REC」ボタンを押してYouTubeの録画を始めましょう。 録画中のホットキーを確認した後、3秒のカウントダウンで録画が始まります。 ツールパネルが録画中モードに変更されます。 YouTube動画の収録を終了したいなら、ホットキー、もしくは操作パネルの停止ボタンを使ってください。 すると録画動画のプレビュー画面に入ります。 ここでは動画をトリミングすることができますので、もし録画ビデオから余計なパーツを削除したいなどお役に立ちます。 録画ビデオをプレビューして、問題がないなら後、「ビデオを保存」をクリックします。 次の画面で録画されたYouTube動画保存先を選んで、「次へ」を押せば、動画は指定した場所に保存されます。 録画・録音機能のほかに、「FonePaw PC画面録画」はスクリーンキャプチャー機能も搭載していますので、YouTube画面のスクリーンショットにもお役に立ちます。 iPhoneでYouTube動画を録画する方法 iOS11以降のiPhoneに初期搭載した「画面収録」機能を活用すれば、簡単にYouTubeの動画をキャプチャーして保存できます。 まずはiPhoneのコントロールセンターを開き、「画面収録」アイコンを押してください。 iPhoneコントロールセンターに「画面収録」ボタンがない場合、まずiOSバージョンを確認して、それからiPhoneの「設定」アプリから、「コントロールセンター」>「コントロールをカスタマイズ」の順で「画面収録」ボタンをコントロールセンターに追加してください。 コントロールセンターでの「画面収録」を押せば、3秒のカウントダウンの後、iPhone画面の録画が始まります。 時間に合わせて録画したいYouTube動画を再生しましょう。 録画を停止するにはもう一度コントロールセンターの「画面収録」を押す必要があります。 録画した動画が自動的に保存され、iPhoneの「アルバム」に確認できます。 AndroidでYouTubeを録画するやり方 Androidスマホは機種によって動画録画方法もそれぞれです。 例えばXperiaの一部機種は録画機能が初期搭載していますので、標準機能で簡単にYouTubeを録画できます。 具体的に言うと、Xperia Z3以降のXperiaシリーズで電源ボタンを長押ししてから、「スクリーンレコード」をタップして標準録画機能を呼び出せます。 赤い録画ボタンを押せば、録画が始まります。 YouTube録画を終了したい時は「停止」ボタンを押せば、録画した動画が保存されます。 スマホには標準録画機能が搭載していない場合、Google Playから有名なスマホ録画アプリ「AZ スクリーン レコーダー」をダウンロードして利用することも解決策の一つです。 「AZ スクリーン レコーダー」を開いたら、録画パネルがAndroidスクリーンに表示されます。 録画したいYouTube動画を開いて、「AZ スクリーン レコーダー」の録画ボタンを押せば、3秒のカウントダウンの後、録画が始まります。 「停止」ボタンを押せば、録画された動画ファイルが自動的に保存されます。 「AZ スクリーン レコーダー」の設定ボタンを押せば「録画履歴」で確認できます。 以上はYouTube録画方法のまとめです。 お気に入りのYouTube動画を保存したい方は、上記のチュートリアルに従って操作してみてはどうですか?.

次の

Androidでキャプチャしたい!動画の録画アプリとは?

スマホ キャプチャ 動画

「YouTubeの動画をキャプチャして、静止画を保存したいのですが、 どうすればいいのか分かりません。 動画の画面だけをキャプチャしたいのですが、PC全体の画面をキャプチャしてしまいます。 「FNキー」+「PrtScキー」でコピーして ペイントで貼り付ける…というところはできました。 どうやったら、動画の画面だけをキャプチャできますか?」 世界最大級の動画共有サイトとして、YouTubeには様々な素晴らしい動画があります。 これらの動画の中、美しい、或いは面白いシーンがたくさんあります。 では、どうすれば、これらのシーンを保存できますか。 このページには、YouTubeの動画をキャプチャして、静止画をパソコンやスマホに保存する方法をみんなにご紹介いたします。 パソコンでYouTube動画をキャプチャ 実は、Windowsでも、Macでも、画面をキャプチャできる専門的な機能があります。 しかし、OSによって、具体的な方法も異なります。 Windows WindowsでYouTube動画をキャプチャしたい時、キーボードの「PrintScreen」キーを押したら、デスクトップ全体のスクリーンショットをクリップボードに保存できます。 「Alt」キーと「PrintScreen」キーを同時にタップすれば、最前面のウィンドウ部分のみのキャプチャをクリップボードにコピーします。 それから、各ソフトで「貼り付け」の操作を行うと、画像を貼り付けられます。 もし、「Windows」キーと「PrintScreen」キーを押すなら、画面全体のキャプチャを「ピクチャー」ライブラリの「スクリーンショット」フォルダーに自動的に保存します。 撮られたスクリーンショットが依然としてデスクトップにファイルとして保存されます。 専門的なYouTube 動画 キャプチャ ソフト もし、YouTubeのPC版のユーザーはキーボードのホットキーを覚えられないなら、ご心配しないでください。 専門的なというソフトを試しましょう。 使いやすくて、WindowsバージョンとMacバージョンがあります。 このソフトによって高画質でYouTube動画をキャプチャできるだけでなく、画像を編集することも可能です。 キャプチャする時、YouTube動画の画像を自由に調整し、四角形、矢、線、テキストなどを追加できます。 また、必要に応じて、PNG、JPEG、BMP、GIF、TIFF画像形式でスクリーンショットを保存することもできます。 YouTube動画をキャプチャする手順: 1. 画像 キャプチャ機能を選択 このYouTube 画像 保存ソフトをダウンロード、起動してから、ソフトのインターフェースには様々な機能があります。 ここで、「スナップショット」という画像 キャプチャ機能を選択してください。 YouTube動画をキャプチャ おニーズに応じて、キャプチャしたい範囲を選択してください。 そして、画像に対して、矢、線、テキストなどの追加を行えます。 その後、下記画面の赤い線に囲まれた「保存」ボタンをクリックすれば、保存先を選択して、YouTube動画の画像を保存できます。 画像 キャプチャ機能以外、このソフトの録画機能でYouTube動画を録画することも気軽にできます。 また、YouTubeだけでなく、ニコニコ、Netflix、Facebookなど人気オンライン動画、ゲーム実況の録画、さらにSkype通話の録音もできます。 録画する時、全画面、または特定録画範囲を選択できます。 その他、録画したい音声(システム音、マイク音)の設定も自由にできます。 >> >> スマホでYouTube動画をキャプチャ パソコンより、持ち歩けて便利なスマホでYouTube動画を再生する人がもっと多いでしょう。 では、スマホでYouTube動画をキャプチャしたいなら、どうすればいいですか。 iPhone iPhone 8 以前:保存したいYouTube動画画面を表示しておいて、サイドボタン(電源ボタン)とホームボタンを同時に押します。 iPhone X 以降:iPhone の右側にあるサイドボタン(電源ボタン)を長押して、すぐに左側にある音量を上げるボタンをクリックして、両方のボタンから指を放します。 また、「一般」の「アクセシビリティ」にある「AssisteviTouch」をオンにすると、スクリーンショットをもっと簡単に行うことができます。 写真アプリの「アルバム」を開き、「スクリーンショット」をタップすれば、撮ったスクリーンショットが表示されます。 Android Android 9. 0以前:スマホの電源ボタンと音量ダウンボタンを同時に長押しすることでYouTube動画をキャプチャできます。 Android 9. 0以降:撮影したい画面を開いた状態でスマホの電源ボタンを数秒間押し続けて、出た「スクリーンショット」をタップします。 スマホでYouTube動画を録画したいなら、iOS11以降のiPhoneには画面録画機能を備えているので、簡単に録画できます。 もちろん、AirShouなどのiPhone用の録画アプリもできます。 しかし、Androidスマホである場合、AZスクリーンレコーダーなどのアプリをインストールして使用するしかありません。 上記の方法に従うと、パソコンでも、スマホでも、好きなYouTube動画シーンをキャプチャして手元に保存できます。 しかし、撮ったスクリーンショットを使用する時、著作権についてのことを注意してください。 また、必要があれば、、などのガイドをご参考ください。

次の

iPhoneで画面録画(スクショ動画を撮影)する方法──音声あり・なし収録やMacを使ったやり方、録画・録音できないときの対策なども

スマホ キャプチャ 動画

パソコンの動画をiPhoneに転送・コピーするには Last update 2017-08-27 16:37:54 パソコン内に保存してある動画をiPhoneやiPadに転送・コピーする方法を紹介します。 iPhoneへの動画の転送は、コピーと言うよりは「同期」と呼ばれる方法で転送させます。 なお、パソコン内に保存してある 写真や画像をiPhoneに転送する方法は、を参考にしてください。 ちなみにパソコンを持っていない。 という人でも、転送させたい動画をUSBメモリなどに入れてネット喫茶のパソコンに挿しても転送できます。 Sponsored Link 目次• iPhoneに転送する• 動画を転送する前の準備 iTunesをインストールしておく パソコンからiPhoneに動画を転送させるには、iTunesという無料のソフトウエアが必要になります。 ほとんどの人がインストールしてあると思いますが、まだインストールしていない人は、あらかじめインストールしておいてください。 インストールの仕方は、で詳しく紹介しています。 エクスプローラーで転送したい動画を表示させる では、iTunesのインストールが完了したら、さっそくPC内の動画をiPhoneに転送 同期 してみましょう。 まずはエクスプローラーで、転送したい動画を表示させます。 iPhoneに転送する では実際に転送させてみます。 iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続します。 続いてiTunesを起動させます。 許可 初めてパソコンにiPhoneを繋げると、このようにiPhone側に「このコンピュータを信頼しますか?」という警告が出るので、 必ずここで「信頼」をタップしてください。 パソコン側にもこのような「アクセスするのを許可しますか?」と表示された場合は、「続ける」をクリックしてください。 動画をiTunesに登録する iTunesの左上にある「ミュージック」という部分をクリックし・・・ 「ムービー」を選択します。 iTunesの左側の「ライブラリ」にある「ホームビデオ」をクリックして選択します。 エクスプローラー上で、iPhoneに転送させたい動画を選択します。 動画が登録されました。 登録できない!? 動画をiTunesに登録時に、このように赤い丸に斜めのラインが入ったアイコンが表示される場合があります。 この場合は、残念ながらその動画はiPhoneには転送できない形式の動画です。 ちなみに SONY製のビデオカメラで撮影した動画 拡張子が「m2ts」 は登録できませんでした。 が、パナソニック製のカメラで撮影した動画 拡張子が「mp4」 は登録できました。 登録できない動画は、などのソフトを使うと、iPhoneでも再生できる形式の動画に変換できます。 iPhoneと同期する パソコンとiPhoneをケーブルで繋いでいる状態だと、このようにiTunesにiPhoneのマークが表示されているはずです。 この iPhoneのアイコンをクリックします。 左側にある「ムービー」をクリックします。 「ムービーを同期」にチェックを入れます。 下に先程登録した動画のサムネイルが表示されると思います。 すべての登録した動画を同期させるには、「自動に同期」にチェックを入れ、「すべての」にしてください。 選択した動画だけを転送したい場合は、「自動的に同期」のチェックを外し、転送したい動画のみチェックを入れてください。 最後にiTunesの右下にある「適用」をクリックすると同期が開始されます。 同期の進行状況は、iTunesの上部中央あたりに表示されます。 また転送中は、矢印がぐるぐる回っているので、同期中はケーブルを抜かないように注意してください。 iPhoneに転送した動画を再生させるには iPhoneに転送された動画はどこにあるんでしょう? 実は、転送された動画は「ビデオ」アプリで再生させることが出来ます。 再生させることが出来ました。 再生終了後は、動画の詳細情報が表示されました。 左上の「ホームビデオ」をタップすると、先程の動画の一覧画面に戻ります。 転送した動画を削除するには 動画はiPhoneの容量をかなり消費するので、いらない動画はさっさと削除してしまいましょう。 iPhone内にある動画を削除しても、パソコン側の動画は削除されないので、必要になったら再び転送する。 という感じのほうが余計な容量を消費しないのでおすすめです。 「ビデオ」アプリを立ち上げます。 右上にある「編集」をタップします。 各動画の左横に赤い丸が表示されるので、削除したい動画の丸をタップします。 今度は右側に「削除」というボタンが表示されるので、ここをタップします。 これで削除ができました。 もしくは、パソコンにつなげてiTunesを立ち上げ、削除したい動画にチェックを入れて「同期」しても削除できます。 まとめ アンドロイドと違い、パソコン側からiPhoneに動画や写真を転送するには「同期」という方法しかないので、ややこしいのですが、慣れてしまえば意外と簡単に転送出来るので参考にしてください。 関連ページ• 最終更新日 2017-08-27 16:37:54 Sponsord Link• カテゴリー• iPhone• モバイル・携帯• Mac• 同じカテゴリーの記事•

次の