マスターボール級 構築。 【ポケモン剣盾】マスターボール級1位!ドラパルト入りポケソルパの使い方

【ポケモン剣盾】ランクバトルのマスターボール級はレートでいうとどのくらいか?※発売前予測

マスターボール級 構築

こんにちは、おしろです。 ポケモンにドはまりしていつも寝不足で困っています・・。 そんなどうでもいいことは置いておいて。 私ついに・・・ マスターボール級になりました! 私事ながら報告させて頂きました。 いやーうれしいのはもちろん。 すごく安心しました。 ずっとポケモン対戦をやっていたので、今作もサクッと勝てるかなって思っていたら意外と勝てない・・。 ダイマックスの使うタイミングが難しくてなかなか苦戦してしまいました。 今回は私がマスターボール級までに使用したパーティを紹介したいと思います。 リザードン@きあいのタスキ• ドリュウズ こだわりスカーフ• ウォッシュロトム@オボンの実• オーロンゲ@だっしゅつボタン• ミミッキュ@いのちのたま• ギャラドス@するどいくちばし 基本的にテンプレのポケモンを詰め込んだ構築になっています。 選出のパターンとして考えることはいくつかあって• ギャラドスで全抜きできるか• リザードンで全抜きできるか ほかにも選出の際に考えることは、たくさんあるんだけどここだけは絶対にチェックします。 ギャラドスとリザードンは、飛行技をもっているので、ダイマックス時にすばやさを上げることができるので、全抜き性能が高いです。 この2匹のポケモンをいかにうまく使うかが勝利のカギになります。 ポケモン単体を詳しく紹介してきますね。 選出率 No. 1 範囲が広くタイプ一致ダイジェットが強力で全抜きをすることも十分に可能な環境に刺さっているポケモンです。 環境に多い ミミッキュ、 ドリュウズ、 ヒヒダルマを上から殴ることができる優秀なポケモンです。 ドリュウズやヒヒダルマの場合は、スカーフが多いので対面でも勝てるようにタスキを採用しました。 タスキと相性のよい もうかもなかなかいい感じです。 ステロが少ない環境なのも動かしやすい点だと思います。 2 ミミッキュを入れていない人がいないと言っても過言じゃないこの環境にめちゃくちゃ刺さっているポケモン。 ミミッキュ対策に悩んでいる人は、このポケモンを今すぐ入れるべき!! ドリュウズを採用していることで相手がミミッキュを選出してくることがほぼなかったです。 最初は 見せポケとして採用していたはずが、 ウィンデイ、 バンギラス、 トゲキッス、 ロトムなどなど有利をつけることは、もちろん かたやぶりによる じしんの通りが良いのでつかいやすいポケモンでした。 拘っていることが原因で起点になってしまいそうなときは、ダイマックスを使うことも検討してください。 ようきで ドラパルトまで抜くようにしようか考えましたが、火力のいじっぱりを採用しました。 パーティ全体でドラパルトが苦手な場合は、ようきもありかなと思います。 ギャラドスがほぼ草ワザをもっているので、後ろで止めることができない場合は、ロトムにダイマックスを切って対応します。 すばやさに4振ることでマヒ状態のドラパルトを抜くことができる調整になっています。 ですので、ドラパルトが苦手な人は あくのはどう、 イカサマ、あたりを採用してみても良いかもしれません。 悪だくみ型のロトムもこのパーティには合いそうかなとも思っていたので、ロトムはまだまだ検討の余地がありです。 壁貼り方にしたことでパーティ全体が、一撃飛ぶことがなくサイクルがしやすくなりました。 持ち物も ひかりのねんどとも迷いましたが、このパーティの最もの強みのギャラドスにいかに負担をかけず場に出すことを最優先にし、 だっしゅつボタンを採用しました。 壁貼りだっしゅつボタンの割には、パーティ全体で積みワザが少ないので、もうすこし積み技を増やしてみても面白いかなとも思います。 特性が じしんかじょうなのであまり後出しはしません。 最初にも述べましたが、ギャラドスで全抜きできるかが採用のポイントになります。 相手のポケモンに 水ロトム、 サニーゴ、 アーマーガア、 ミミッキュなどなどいる場合は、ちょっと選出がきびしいです。 ダイマックスすることで水ロトムは倒せることは倒せるのですが、壁を貼っても起点にすることができないので・・。 というか・・。 その2匹の対応のために採用しました。 とくにドラパルトの場合は、ミミッキュを採用しているので、ほとんど相手が選出してきませんでした。 見せポケとして十分に活躍してくれました。 もうひとつ見せポケとしての役割として相手の選出が読みやすいです。 ドリュウズや オノノクスなどのあからさまなミミッキュ対策に採用しているのポケモンを引っ張ってこれるのも優秀だと感じました。 おわりに 現在の環境では、サイクル戦に持ち込むより自分の勝ち筋を通すことができるパーティ構築が重要だと思います。 簡単にあまりよくないパーティ構築の例にだすと• 炎対策どうしよう…のくりかえし 環境に多いポケモンの対策ばかりのポケモンを詰め込んでしまい、勝ち筋がないパーティができてしまいます・・。 受けループはもちろん別ですが。 まずは、 このポケモンが好き! このポケモンが意外と活躍できるんじゃないか。 などの簡単な理由でいいので、自分のピックアップしたポケモンを活かすパーティ作りをすることが重要になると思います。

次の

初心者でも簡単にマスターボール級になれる!おすすめパーティを紹介 レンタルコード付き!【ポケモン剣盾】

マスターボール級 構築

持ち物もオボンのみを持たせて後出し性能を上げ、りゅうのまいとダイマックスで抜いていくシンプルな型です。 この構築はヌオーやトリトドンが重いため、パワーウィップは絶対に外せません。 逆に言うと刺さらなければS100のアタッカーでしかないので、持ち物が腐ることもあります。 ただS100という数値は上を取れる相手が多く、主にドリュウズ・サザンドラ・ウインディに対して強く出ることができました。 尋常ではない耐久を持っており、並の火力ならば積みの起点にできるほどです。 基本はオーロンゲの壁貼りから繰り出し、つるぎのまいを舞ったあとにダイマックスして全抜きを目指します。 シャドークローを採用しているのでダイホロウを使うことができ、受け崩し性能もあります。 何よりノーマルタイプなので ダイホロウを無効化できる点が最強だと思っています。 ドラパルト?ミミッキュ?エサだね。 努力値はテスト段階のため適当にHA振りにしていますが、Bに厚く振ってもいいと思います。 壁を貼って後続のエースポケモンにつなげていくことが基本であり、いたずらごころ持ちなので妨害もされません。 フライゴンのじゃくてんほけんをサポート、タイプ:ヌルの積みの機会をつくる、ダイマックスロトムのお膳立てなどさまざまな用途で活躍してくれました。 勝ち筋は積みエースによるダイマックスが基本なので、いかに起点を作り出すかが課題になります。 オーロンゲの初手壁貼り、ギャラドスによる攻撃低下、タイプ:ヌルによる数値受けなどパターンは様々です。 構築の感想・マスターボール級到達の感想 というわけでマスターボール級到達の構築記事でした。 個人的な体感ですが、ポケモンUSUMのレートで1600に行けるならマスターボール級には到達できると思います! それどころか勝率は5割を切っても到達できるようなので、そこまで難しいものではないと言えます。 自分は モンスターボール級でなぜか5連敗したり、 3匹にダイマックスアメを与えていないという大ガバをやらかしながらも勝率は5割超えでした。 ドリュウズが重かったり、ウォッシュロトムの処理が決まっていなかったり、ヒートロトムの役割が重すぎるなど、ハッキリ言って構築には色々な欠陥があると思います。 それでも趣味枠のフライゴン入りで勝ち越しはできるので、 マスターボール級到達からが本当のランクバトルだと感じました。 景品も用意しており、1位・2位・3位・100位の方にはフランス産6Vメタモンを用意しています。 以下のリンクで大会の詳細を掲載しているので、興味のある方はぜひともエントリーお願いします!.

次の

【ポケモン剣盾】マスターボール級到達、勝率は7割程度ですがパーティーを紹介します。

マスターボール級 構築

どもども。 ソード・シールドが発売されて約2週間、皆さん良いライフをお過ごしでしょうか? 今作は新しい、既存の新たな進化、新しい技、新特性などに加え今作の目玉要素の1つ「ックス」によりUSUMとはまた一味も二味も違う波乱の環境となっています。 今回はその中でランクマッチ、所謂前作で言うレート戦にて僕が級に到達するまでに使用した構築についての紹介、及び解説に関しての記事となります。 それでは早速ですが構築の紹介に入りたいと思います。 #目次• ただ好きだから採用しているのではなくちゃんと明確な役割対称がいます。 それは今作のトップメタである新「ドラパルト」、ックスにより特性「ばけのかわ」弱体化をものともしない化け物「」に対して非常に強いためです。 というのもこの、ようき最速スカーフにすることでようき最速ドラパルトよりも すばやさ実数値を僅か1だけ上回るため抜くことができます。 サマを持たせることでドラパルトの弱点を付けるのでタスキでない限りは確実にドラパルトを狩ることができます。 仮にドラパルトがックスを切ったとしても急所でない限りはほぼほぼ耐えます。 いのちのたま持ちは耐えません。 またサマは相手のの「こうげき」を参照してダメージ計算をする技なのでダイドラグーンでAを下げられたとしてもサマの火力が落ちません。 しかもちからもちの補正自体は何故か乗るので非常に強力な技となります。 ノーマルタイプなので先制技であるかげうちを喰らわないのが非常に強い。 選出率はおそらく3位。 基本的に今の環境だと出し負けするが少ないので初手で出しやすいです。 剣盾環境ではよくとこの、またをたまに見かける環境となっています。 大出世したな。 今現在、剣盾の環境は非常に物理に偏重しているので特殊で攻めるがいないと物理受け 例をあげるとアーマーガアなど で詰む可能性があるために採用しました。 役割としては前述のアーマーガアや環境に多い、などの受け寄りのの弱点を付いて負担をかけていきます。 チョッキを持たせることで見れる範囲が広く結構使いやすいでした。 ですが選出率は6位。 本来有利であるはずのにすばやさ勝負で負けるため出したくても出せない場面が多かったです。 悲しい。 今回の構築紹介で一番紹介したかったです。 後でこいつの単体考察をあげる予定なので今回はそこまで詳しくは解説しませんが、この、 冗談抜きで強いです。 いやマジで。 見ていただけると嬉しいです。 ちょうはつを持たせることでガラル、、ヌオーなどは完封、また受けループ以外にも物理偏重な環境においてこいつは様々なパーティに多大な負荷をかけられるので非常に高い崩し性能を持ちます。 またかえんだま+なげつけるによって初手で悠長にを積んでくるを火傷にしつつ皮を剥ぐことができます。 ただしタチフサグマのS95、のS96なので最速にしても抜くことができない点には注意。 選出率は2位。 基本的に相手のパーティにやが見えた場合はほぼ100%選出します。 トップメタと呼ばれていますが使ってみると本当に強さが分かります。 すばやさが142という化け物で剣盾環境のすばやさランキング堂々の3位です。 ちなみに1位は、2位は s調整に関してはようき最速以外ないんじゃないかなと思ってます。 というのもドラパルトミラー対面が超多くてsを落とす余裕が無いです。 技構成に関してははじめは、を採用していたのですがこいつ以外でもを見れること、また現在の環境ではを積む余裕がほとんどなかったので今現在の技構成に落ち着きました。 また今作はなどの1ターン遅れて技を繰り出す系の技が相対的に評価が高いです。 というのもックスの持続ターンが3ターンのみであり、相手のックス技を回避しつつターン消費できるのが非常に強いからですね。 今回は他のに枠がなかったのでをこいつに持たせました。 相性自体は割と良好なのですが、今作はックス技により天候がすなあらし、あられ状態などになりやすいのでタスキがつぶされやすいのには要注意。 選出率は4位、よく選出で困った際に適当に選出したら割と仕事してくれます。 こんなにsが速いがタスキによって行動保証が取れてる時点で弱いワケが無いです。 今作でも雑に強い。 環境に多い、、などを見ることができます。 ただしックスのダイホロウは受けきれません、 あのもどき頭おかしい。 こいつ自体も受けループに対してはそれなりに仕事してくれます。 毒状態にならないのが偉い。 選出率は5位。 刺さる相手にはよく刺さるので相手のパーティ次第って感じでしたね。 この、ックスとの相性が非常に良く、弱点保険と組み合わせることで絶大な強さを発揮します。 というのもックス飛行技の効果がS1ランク上昇なので抜き性能が非常に高い他、ックスすることでHPが2倍になり効果抜群でも基本的に1回は耐えてくれるので弱点保険が発動する機会が非常に多いです。 環境に多いの電気技やドラパルトの鋼技などで発動することが多いです。 上記2体はこので簡単にカモれるので覚えておきましょう。 げんしのちからは、などの炎タイプに対しての打点を持つために採用しました。 選出率は堂々の1位。 弱点保険を知らないのか結構弱点を突いてきてくれることが多いので発動機会が多くかなりの活躍を見せてくれました。 2.使用感及び結果 このパーティを使ってて思ったこととしては ・受けループに対してはちょうはつタチフサグマが強力かつ使ってて楽しい他、基本的に受けループ相手には8~9割は勝利できてかなりいい感じだった。 ・ガラルの攻撃を安定して受けられるがいなかったため、きつかった。 小並感 ・で無双するのが楽しい。 ・タチフサグマが強い。 こんなところですかね。 タチフサグマはマジでオススメなので是非多くの方に使ってほしいです。 単体考察も後に書く予定ですのでそちらもよろしくお願いいたします。 級に到達した瞬間順位は6518位でした。 対戦回数は67回で、僕の実力でこんなに早く級に到達できるとは思ってなかったので素直に嬉しいです。 3.まとめ 今回は剣盾発売後、初めての記事更新だったので至らない点も多くあったとは思いますが大目に見ていただけるとありがたいです。 まだ剣盾は発売して間もないころなので環境が目まぐるしく変わりいろんな戦術や型が考察されているので皆さんも自分なりの型を作ってみてはいかがでしょうか。 それでは今日はこの辺で。 ここまでのご朗読ありがとうございました。 Pandora32015.

次の