黒田 屋。 鉄板焼 黒田屋

手打ちそばと朝宮茶の店 黒田園

黒田 屋

いつも黒田家をご愛顧いただきありがとうございます。 黒田家は創業当初から変わらぬ「和菓子への想い」を持ち続け、お客様に喜んでいただける商品作りに取り組んでまいります。 今後も黒田家の和菓子たちをよろしくご愛顧くださいますようお願い申し上げます。 私は、営業を担当していますが、お客様から「草木饅頭をお友達に紹介したら、とても喜んでくれて・・・」などの声をかけていただくことが、最高の喜びですね。 いろいろな催事や展示会でも、お客様が試食されて「これは美味しいわ」などと声をかけていただきます。 お客様の喜びの声を聞けることが、営業冥利につきます。 これからも美味しい商品をご提供させていただきます。 黒田家の工場で働き始めてもう7年が経ちました。 最初は手間取りましたが、今では喜んで食べていただくお客様の笑顔を思い浮かべながら、心を込めて作っています。 お菓子を直接作っていますので、一切気は抜けません。 ひとつひとつが真剣勝負です。 お客様に、喜んでいただける商品を作れるなんて、幸せで、そして誇りを持てる仕事なんです。 なにより、私がこの和菓子たちの大ファンなんですよ!.

次の

草木饅頭 総本家 黒田家/会社概要

黒田 屋

更新日:2020年5月18日 黒田家代官屋敷資料館 令和2年5月18日から 資料館の開館を再開いたします。 「密閉」「「密集」「密接」の3密対策をとること、マスクを着用すること、手洗いや手指消毒など、感染防止対策を取った上でのご利用にご協力ください。 ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いします。 江戸時代には、旗本本多氏の代官としてこの地を支配した家柄でもあります。 広大な敷地の周囲には、中世城館の遺構でもある濠を巡らし、長屋門や主屋の姿は代官としての往時を忍ぶことができる貴重なものとして、国重要文化財に指定されています。 黒田家代官屋敷資料館では、江戸時代から明治時代にかけて蒐集された美術品のほか、黒田家住宅の解体修理工事の写真パネル等を展示しています。 常設展示 武士としての黒田家 黒田家が所蔵する鎧兜や武具等の展示をしています。 黒田家の生活 黒田家の生活にまつわる陶磁器や調度品など、貴重な品々を展示しています。 建造物の概要 文化財に指定されている長屋門や東蔵の保存修理工事の様子や、建物内部の写真を展示しています。 ご利用案内 交通案内• 東名高速道路菊川インターチェンジから車で約20分(駐車場:大型バス共用30台)• JR掛川駅からタクシーで25分• JR菊川駅から静鉄ジャストライン「平田本町」下車のち徒歩5分 大型バスによるご来場の場合 大型バスでご来館いただく場合は、バス駐車場所の確認及び入館料徴収の準備のため、あらかじめ 黒田家代官屋敷資料館受付までご連絡ください。 ファックスでの応答はしておりませんので、必ず電話での確認をお願いします。 電話受付の時間は開館日の午前10時30分から15時30分までです。 大型バス駐車場は一般駐車場と同じですので、駐車する際にはご注意ください。 教育活動としての入館 義務教育課程に基づく教育活動として入館される際に、解説を希望される場合は、来館を計画する14日前までに 社会教育課へご相談ください。 ガイダンスの時間は、黒田家住宅の歴史が20分程度、資料館展示物の案内が15分程度です。 企画展示 企画展示「資料館の梅まつり」開催中(3月22日まで) 黒田家住宅で開催されている「代官屋敷梅まつり」に合わせて、資料館でも梅まつりを開催します。 資料館の収蔵品の中から、梅や花にちなんだ絵や文様が描かれた資料を展示します。 また、先日テレビ番組でも取り上げられた貴重な「お歯黒道具箱」や江戸前期の「蒔絵硯箱」も展示しております。 是非、お楽しみください。 展示資料 一部 蒔絵硯箱 お歯黒道具箱.

次の

草木饅頭 総本家 黒田家/会社概要

黒田 屋

更新日:2020年5月18日 黒田家代官屋敷資料館 令和2年5月18日から 資料館の開館を再開いたします。 「密閉」「「密集」「密接」の3密対策をとること、マスクを着用すること、手洗いや手指消毒など、感染防止対策を取った上でのご利用にご協力ください。 ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いします。 江戸時代には、旗本本多氏の代官としてこの地を支配した家柄でもあります。 広大な敷地の周囲には、中世城館の遺構でもある濠を巡らし、長屋門や主屋の姿は代官としての往時を忍ぶことができる貴重なものとして、国重要文化財に指定されています。 黒田家代官屋敷資料館では、江戸時代から明治時代にかけて蒐集された美術品のほか、黒田家住宅の解体修理工事の写真パネル等を展示しています。 常設展示 武士としての黒田家 黒田家が所蔵する鎧兜や武具等の展示をしています。 黒田家の生活 黒田家の生活にまつわる陶磁器や調度品など、貴重な品々を展示しています。 建造物の概要 文化財に指定されている長屋門や東蔵の保存修理工事の様子や、建物内部の写真を展示しています。 ご利用案内 交通案内• 東名高速道路菊川インターチェンジから車で約20分(駐車場:大型バス共用30台)• JR掛川駅からタクシーで25分• JR菊川駅から静鉄ジャストライン「平田本町」下車のち徒歩5分 大型バスによるご来場の場合 大型バスでご来館いただく場合は、バス駐車場所の確認及び入館料徴収の準備のため、あらかじめ 黒田家代官屋敷資料館受付までご連絡ください。 ファックスでの応答はしておりませんので、必ず電話での確認をお願いします。 電話受付の時間は開館日の午前10時30分から15時30分までです。 大型バス駐車場は一般駐車場と同じですので、駐車する際にはご注意ください。 教育活動としての入館 義務教育課程に基づく教育活動として入館される際に、解説を希望される場合は、来館を計画する14日前までに 社会教育課へご相談ください。 ガイダンスの時間は、黒田家住宅の歴史が20分程度、資料館展示物の案内が15分程度です。 企画展示 企画展示「資料館の梅まつり」開催中(3月22日まで) 黒田家住宅で開催されている「代官屋敷梅まつり」に合わせて、資料館でも梅まつりを開催します。 資料館の収蔵品の中から、梅や花にちなんだ絵や文様が描かれた資料を展示します。 また、先日テレビ番組でも取り上げられた貴重な「お歯黒道具箱」や江戸前期の「蒔絵硯箱」も展示しております。 是非、お楽しみください。 展示資料 一部 蒔絵硯箱 お歯黒道具箱.

次の