進撃 の 巨人 115 話。 進撃の巨人115話が解禁、ネタバレ感想所 : 進撃の巨人ちゃんねる

【進撃の巨人】リヴァイは死ぬのか?!115話以降の展開も予想!!

進撃 の 巨人 115 話

リヴァイについて リヴァイ兵長の名言 「オイ・・・ さっさと答えろグズ野郎。 お前のしたいことは何だ!?」 — 進撃の巨人トリビア shingekitoribia リヴァイは人類最強の兵士と讃えられる人物です。 その戦力は一人で一個旅団(約4000人程度)並みと言われ、一瞬で巨人を2体倒し、女型の巨人が身体の一部を硬化する再生速度を上回る速さで切り刻むシーンもありました。 刈り上げ頭と三白眼が特徴で、常に人を威圧するような冷徹な雰囲気を持っています。 制服の下は、首元に白いクラバットを巻いた襟付きのブラウスといった貴族のような服装をしています。 しかし、かつては都の地下街で有名なゴロツキであり、エルヴィン・スミスに下る形で調査兵団に入団した過去を持ちます。 兵長と呼ばれることが多いが正式には「兵士長」です。 人類最強と謳われているのに階級が低いと思われますが通常の軍隊における「兵長」とは異なります。 ゴロツキ時代の名残か下品な言葉遣いも多いです。 敬語は使う場面が見られなかったが、70話にて使用していました。 拠点についた際にまず大掃除をしたり、戦闘中ですら巨人の返り血を拭うほどの潔癖症です。 一方で上に立つ者として相応しく仲間想いでもあり、部下の死に際には血に塗れるのも構わず相手の手を取り、巨人を絶滅させると誓う姿が見られました。 過去編である悔いなき選択では現在より感情的な姿を見せており、飄々とした態度を取るエルヴィンに食ってかかったりしていた。 アニメ版ではファーランを喰った巨人を絶叫しながらバラバラに切り刻んでいる。 その巨人を倒した後、涙を流しながら、彼はひたすらに立ち尽くしていました。 スポンサーリンク リヴァイは人類最強の兵士 リヴァイ兵長の名言 『おとなしくしてろ…… そうしないとお前の肉を… 綺麗に削げねぇだろうが…… 』 — 進撃の巨人トリビア shingekitoribia リヴァイは人類最強の兵士として名高く、その実力は、1人で一個旅団 約4000人 並みの戦力を持つとされています。 つまり、「1人で平凡な兵士100人に相当する」とされている稀代の逸材・ミカサ40人分の戦闘力を持った人物ということになります。 具体的に言うと、一般的な兵士では十数人でまとめてかかってようやく1体倒せるか倒せないか、エレンが兵団入りする前の戦力レベルでは30人は死ぬ前提でかからないといけなかった巨人を、2体相手にして瞬殺するほどです。 実際、ミカサを上回る実力の持ち主であることが劇中で明確に描写されているのはリヴァイだけです。 アッカーマン一族の力は巨人科学の副産物ということが判明してます。 つまりアッカーマン一族はマレー政府によって人工的に作られた存在ということです。 アッカーマン一族が記憶改ざんの力を受けないのはこの為と考えられます。 アッカーマン一族について詳しく知りたい方は「」をご覧ください。 ジークが自ら雷槍の信管を起爆させ自分自身とリヴァイ兵長を吹き飛ばしました。 かなり破壊力の大きな爆発だったみたいです。 ジークには、エルディアを守るというクサヴァーさんとの約束があり、何としてもリヴァイに勝とうとしたのです。 スポンサーリンク なのでジークは自分が死なないということに賭けてリヴァイを道ずれにしたといことになりそうです。 この爆発でジークは身体が半分になり死にかけ走馬灯を見ます。 恩人でもあり第二の父でもあったクサヴァー、そしてライナーやベルトルト、最後にエレンとの会話シーン、それぞれが走馬灯のように交差します。 しかしその直後、謎の小さな巨人が現れ、ジークをお腹の中に取り込んでいきました。 そこにいたのは顔面から血を流し倒れていたリヴァイです。 ハンジがいくら声を掛けても、身体を揺すっても反応しません。 見た感じ明らかに絶命しており、兵の問いにも「死んでいる」とハンジは答えました。 ジークは雷槍を自ら爆破させ、自分と道連れにしてリヴァイを殺しました。 ジークは胴体から真っ二つとなり、胸から上だけとなってしまいます。 巨人化能力があるとはいっても、さすがにこの状態では死を覚悟していました。 意識が薄れていく中、ジークは再びクサヴァーとの過去を思い出していました。 回想での内容はクサヴァーに教えられていた「王家血統者」であるジークが巨人になり、「始祖の巨人」保有者と接触をすることでこれにより座標の発動が可能になると言われています。 「始祖の巨人」の保有者にすべての権限があるという説明を受けていました。 ジークによる「エルディア人安楽死計画」遂行のため、まずはこの計画の理解者を募り、その理解者に「始祖の巨人」を託すように、クサヴァーはジークに伝えていました。 そしてジークが出会ったのは、イェレナで「エルディア人安楽死計画」の理解者にイェレナを迎え入れています。 さらに、パラディ島でライナーとベルトルトと再会した際、始祖の巨人の保有者がエレンであることを知ります。 ジークはエレン・イェーガーと聞き、弟エレンの存在を知りました。 グリシャから始祖と進撃の巨人を継承したエレンもまた、自分と同じようにグリシャの被害者なのではないかと想像を立てました。 そしてその回想がおわると突如ジークの意識に「木製のバケツを持った少女」が現れます。 そしてジークは完全に意識を失いました。 そのとき、1体の巨人が、ジークのもとに近づいていきその巨人が、自らの腹を裂きジークを腹の中に入れました。 その後その巨人から蒸気がでて傷などがなく全身が治癒された状態のジークが出てきます。 ジークについては「」に詳しくまとめていますので合わせてご覧ください。 スポンサーリンク リヴァイが復活する可能性は!? 【微ネタバレ 閲覧注意】 リヴァイ兵長死亡(? ) — 御子柴 iD0kjNKD9zpSBtk リヴァイは相当なダメージを負ってしまっていましたが、どうやら死んでしまったわけではなさそうです。 ハンジが敢えて「死亡している」と伝えたのは、フロックたちにとどめを刺されたくなかったからだと思います。 まとめ 今回はリヴァイの死について詳しくまとめました。 リヴァイが本当に死んでしまったのでしょうか。 フ ロックに脈をはからせなかったこと、そしてハンジがリヴァイを連れて逃げたことから死んではいなそうです。 ただ、このまま戦線離脱してしまうのでしょうか。 リヴァイ抜きは正直厳しいと思います。 今後の展開がとても気になりますね。

次の

【進撃の巨人】115話でユミル・フリッツがジークを助けた理由が衝撃だった|マンガタリ

進撃 の 巨人 115 話

121話「未来の記憶」 彼がそういう性質だったから、進撃を継承したのか。 進撃を継承する宿命だったから、そう生まれついたのか。 ともあれ彼は、何のために地ならしを実行しているのか。 その目的を少し整理して考えてみる。 1.パラディ島、104期を守ること オレの目的は オレが生まれ育った パラディ島の人々を守ることにある しかし世界はパラディ島の人々が死滅することを望み 長い時間をかけて膨れ上がった憎悪は この島のみならず すべてのユミルの民が殺されつくすまで止まらないだろう 俺はその望みを拒む 壁の巨人はこの島の外にある すべての地表を踏みならす そこにある命を この世から駆逐するまで 123話「島の悪魔」 地ならしを選んだ理由の一つは、世界がパラディ島を滅ぼそうとしていたからですね。 すでにマーレが資源を求めて(戦士を使い)島に。 彼の母を初め多くの人間が殺された。 「島の悪魔」という認識からも和平は非常に難しい。 その現状から、地ならしという選択に至ったのだろう。 そしてもう一つ、「104期が他の誰よりも大事だったから」 地ならしを長期戦で行なうにはヒストリアを犠牲にしないといけない。 それを避けたのが一つ。 そしておそらく、始祖を継承させることで104期を犠牲にすることもしたくなかった(104期以外に信頼できる人もいなかったんでは)。 彼女が死を選んだと同時に、自由への意思が芽生えた もちろん、その大きな原因はエルディア帝国の権力者による抑圧。 しかし巨人の力を得た後も、彼女は自分の意思を持てなかった。 それは彼女をスケープゴートにした他の奴隷も同じだった。 つまり、エレンは自由な世界のためには、一人一人が自分の意思に目覚める以外にないと考えているのではないか。 だから彼はまず、彼女の意思を問うた。 このエレンの行動から、 エレンの目指す自由が「敵を駆逐する」だけでなく、精神の自由=「自由意志」を基盤に据えるものに変化した(であることがはっきりした)という見方もできるかもしれない。 ただし、その結果として地ならしは発動されており、それは今のところ和平と共存できていない。 エレンの目的は、あくまで駆逐と終わらせること おそらくエレンは、パラディ島とマーレの人間が和解するとか、その後の世界が一つになるとか、たぶん、そういうことを目的にしているわけではないだろうと思う。 つまり、彼は自分が討ちとられるように画策もしてないし、そういった心づもりではないだろうと(未来の記憶で見ている可能性はワンチャンあるかもだけど)。 あくまで、「この世から駆逐するまで」進み続けるという意思を貫徹する。 巨人を終わらせるはその後。 そういう考えで動いていると予想する。 107話「来客」 3つ組んだ時に力を発揮するような感じかな。 エレンの意思だけでは足りないもの。 アルミンは頭脳に加え、それこそ「話し合い」に象徴される人との調和。 ミカサはこれまで「力」だったけど、自立したうえでの愛になるのかも? 予想としては、全て破壊まではいかないんじゃないかな。。 あ、一つ思ってるのは、あの「お前は自由だ」のカット。 あれはグリシャとエレンで・・今回の「自由意志」的に言えば、逆に「本当にエレンはそうだったと言えるのか」的なニュアンスもあるんじゃ?、と妄想してます。 あと一番気になるのは、エレンの葛藤がどのように描かれ考えさせられるか。 この作品がどこまでの傑作になるかは、そこによるのではないか?とちょっと思ってる。

次の

【進撃の巨人】115話でリヴァイ死亡!?復活はありえないのか考察してみた!|まんが人気考究

進撃 の 巨人 115 話

Contents• 安楽死計画 ジークの元へ向かうフロックやハンジは雷槍の爆発音に気づき、そのまま音の方へ進路を変えます。 雷槍の爆発により体が半分になったジーク。 何も聞こえず、何も見えない。 このまま死を覚悟するジーク。 ここでジークの回想シーンになります。 ジークの前の獣の巨人の所有者、クサヴァーはジークに言います。 壁の王が始祖の巨人を封じるために課した「不戦の契り」、これを打ち破る方法があると。 その方法は「王家の血を引く巨人」のジークだから可能で、「始祖の巨人」の保有者と接触することによって、その能力を引き出すことができるはずだ。 ただし、始祖の力を使えるのはジークではなく、その決定権は始祖の保有者に委ねられる。 ジークの役割は鍵だと。 誰か信頼のできる者に始祖を託す必要がある。 自分達の「安楽死計画」を理解してくれる誰かに。 ジークならきっと見つけられる、私はいつでも見守っていると言い、クサヴァーはジークに獣の巨人を引き継ぎます。 クサヴァーの眼鏡をかけて「見つけてみせるよ・・・父さん」とジーク。 エレンがジークに賛同 マーレではイェレナがエルディア人を集め打倒マーレを訴えます。 自分達はマーレを打倒すべく団結し機会を待つ。 そのマーレを討つため巨人を利用するが、忌むべきは巨人の力ではなく、それに飲み込まれる人の弱さだと。 さらにジークはライナーとベルトルトの報告から、「始祖の巨人」の保有者がエレン・イェーガーであることを知ります。 そして自分の父親を「あの父親」と呼び、父親が生きていたことに頭を抱えます。 おそらく行方知れずだった「進撃の巨人」を使い、その力で壁の王から「始祖の巨人」を奪い息子に食わせた。 そして母親は「無垢の巨人」にされてエレンに接触し、そこで一瞬だけ「始祖の座標」を開いた。 エレン・イェーガーは自分の弟で、自分と同じ目にあっている。 あの父親の被害者、エレンは父親に洗脳されている。 いつかエレンを救い出してやる。 そして時は流れ、イェレナを通じてマーレに潜入したエレンはジークと会います。 ジークはエルディア人の安楽死計画に賛同してくれるのか?と聞き、エレンは4年前あることをきっかけに父親の記憶が開いたといいます。 エレンの「あること」とは、ヒストリアが女王に即位した日のことです。 進撃の巨人115話 父親が壁の王家一家を皆殺しにした時の記憶で、まだ小さな子供達を虫みたいに潰して回った。 見ただけではなく、その感触も残っている。 壁の王から「始祖の巨人」を完全に奪うため、父親は子供達を殺した。 全ては勝利のため、エルディアに自由をもたらすため。 それでエレンがどう思ったかを聞くジーク。 子供達が生きていれば、自分はすんなり食われ「始祖の巨人」は王家の手にわたり「不戦の契り」に縛られたまま壁内人類は心中を迫られただろう。 子供達の死は自分達を生かした。 そう答えるエレンに、ジークは父親は正しかったと思うか聞きます。 「いいや、親父は間違っている」と否定するエレン。 そしてその父親に育てられた自分も間違いだった。 エルディア人が生まれてこなければ、この町の住民も、これから自分達の計画に巻き込まれて死ぬこともなく、苦しみもなく、死にもしなかった。 この世に生まれないこと、これ以上の救済はない。 そしてエレンは、自分の手で巨人が支配した二千年の歴史にケリをつけると言います。 その日を迎えるまで進み続ける、そうだろ?兄さんとジークのことを兄と呼びます。 その言葉にジークは「ああ・・・その通りだ、やろう」と答えます。 さらにジークは「必ずみんなを救ってあげよう」とエレンに伝えます。 進撃の巨人115話 無垢の巨人は自らの腹を裂き、その中にジークを収めます。 世界を救う? 場面は変わりシガンシナ区。 イェレナと食卓を囲むピクシス司令。 脊髄液を盛られたピクシス達は、イェレナの指示に従うしかないといった感じです。 兵団の腕には布が巻かれ、白い布はより早く寝返り良い立場についた証。 赤い布は、ワインを飲んだ上で脊髄液を服用したと知らされ服従を強いられた者、ピクシスに巻かれた黒い布は、ワインを飲み何も知らせなかった大半のマヌケだと分析するピクシス。 ピクシスは、端から毒を盛ったワインを振る舞う客人を信用しなかった自分達は、賢明であったのか、愚かであったのかと漏らし、イェレナは愚かにも賢明だったと言います。 最初から自分達とジークを信じていれば、とうに世界は救われていたと。 世界が救われていたとの言葉に、ピクシスは疑問をいだきます。 ジークとエレンは接触し、小規模の「地鳴らし」を発動させ世界の国々に今後50年、島には手出しできないよう思い知らせるのが計画のはず。 救われるのはこの島だけではないのかとイェレナに聞きます。 無言のイェレナに、オニャンコポンは「イェレナ?」と声を掛けます。 全てが遅い、ジークは十分あなた達を待ったとイェレナは言います。 その慈悲に対し、あなた達は寝首をかこうと応じた。 ジークは世界を救う神である。 罰が下ることでしょうとイェレナは言います。 進撃の巨人115話 なにがあったのか知らないが、一番の脅威が血まみれになっており運がいいとフロックは言います。 別の者が頭に一発撃ち込んでおこうと言いますが、死んでるとハンジは言います。 至近距離から雷槍の爆発を受けた。 訓練時に同様の事故を見てきたが、外傷以上に内蔵がズタズタになって即死だとハンジは言います。 ハンジの言葉を信用していないフロックは、自分も脈ぐらいははかれるので見せてくれと聞きます。 その時、倒れていた無垢の巨人が消えていきます。 死んだのか?フロックは言いますが、普通は蒸気が吸い込まれるようにしては消えないとハンジ。 無垢の巨人から出てきたのはジークでした。 皆があっけにとられている間にリヴァイを連れて川へ飛び込むハンジ。 イェーガー派はハンジとリヴァイを馬で追います。 フロックはジークになにがあったのか聞きますが、わからないとジーク。 知らない少女が土をこねて自分の体を作った。 知らない場所で・・・ただそれを見ていた。 何年も・・・そうしていたような気がするし、一瞬だったような気もするが。 そしてジークは、あれが「道」なのかとつぶやきます。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 進撃の巨人115話の感想 115話でも大きな展開をみせた進撃の巨人。 まず、ジークを助けた少女が何者なのか? どっかで見たことがあるようなないような。 そしてリヴァイが本当に死んでしまったのか? フロックに脈をはからせなかったこと、そしてハンジがリヴァイを連れて逃げたことから死んではいなそうです。 ただ、このまま戦線離脱してしまうのか? リヴァイ抜きは正直厳しいねすよね。 最後に登場したピーク。 エレンと接触しましたが、このあとどのような展開になるのか、気になりますね。 進撃の巨人116話のネタバレはコチラになります。

次の