バッタ アヒル。 [ New ] 中国がバッタ蝗害に最終兵器投入!アヒルが効果的な理由に驚愕 P1

「アヒル軍団」はバッタ退治に派遣されない

バッタ アヒル

コロナばかりでイヤになっちゃっているのか、こんなほっこり(現実はそうではないものの)ニュースが世界をかけめぐりました。 2020年2月27日、中国メディアの観察者網は、パキスタンで発生している蝗害(こうがい=イナゴ・バッタ類による被害)対策で、中国から大量のアヒルを送ることになったと伝えた。 ツイートもしましたが、結論を書けばこの話は、 構想の段階であり、パキスタンの状況と合わせても現実的ではないということになります。 以下、検証をまとめました。 *** 中国圏・英語圏のメディアから 色々な記事を読んでいくと、どうやら中国語圏の初報は、浙江省紹興市のローカルメディアである越牛新闻の2月26日のようです。 既に元記事は存在しないため、キャッシュから拾います。 「今年、紹興のアヒルは、バッタ退治のために海外に行きます!」昨夜、浙江省中国農業科学院の家畜研究室主任であり、二級研究員、国家水鳥産業技術システムのポスト研究員である卢立志は記者に告げ、前日にパキスタンの2つの大学に、バッタのアヒルによる制御の協力をする連絡をとりました。 アヒルがいかに有用であるかは、卢立志という浙江省にある中国農業科学院の研究員がインタビューで語ったものです。 ちょっとここの時系列がよくわからないのですが、同じ時期に卢立志は英語圏のメディアにもインタビューで答えています。 "A chicken can eat 70 locusts a day , but a duck can eat 200," Lu said, noting that "They won't even leave a locust cocoon behind. " 「ニワトリは1日70匹食べられるが、アヒルは200匹だ」と、卢立志は言った。 「さなぎさえ残さない」 ここらへんの情報を元に、27日の早い段階でAP通信が記事にします。 記事内容は既に更新されていますが、TIMEなんかに名残が残っています。 At least 100,000 ducks are expected to be sent to Pakistan as early as the second half of this year to combat a desert locust outbreak, according to Lu Lizhi, a senior researcher with the Zhejiang Academy of Agricultural Sciences. 浙江省中国農業科学院の卢立志主任研究員によると、砂漠のバッタの発生と戦うために、少なくとも10万匹のアヒルが今年後半には早くもパキスタンに送られると予想しています。 これがNYTなど英語圏各紙に流れていったという感じです。 対策チームの見解ではない 中国政府がパキスタンに対策チームを送ったのは2月24日。 工作组由农业农村部国际合作司、国家林业和草原局草原管理司、全国农业技术推广服务中心、中国农业大学和山东省植保总站派员组成 対策チームは、農業農村部の国際協力部、国家森林草地局の草原管理部、国家農業技術普及サービスセンター、中国農業大学、山東植物保護局のメンバーで構成されています。 機械翻訳をしただけですが、どうも公式リリースの中に、卢立志の所属する中国農業科学院は含まれていません。 ここがちょっと面白いのですが、初報と思われる越牛新闻には、上記の対策チームの話は出てきません。 他のメディアが多くソースとしている27日の宁波晚报は、その話と絡めているので、初報は越牛だとしても、情報の元になっていったのは宁波晚报かもしれません。 つまり、対策チームの派遣と今回のアヒルの話は直接は関係がないのでは、という推測が成り立ちます。 こんな報道もあります。 中国蝗灾防治工作组组长、全国农业技术推广服务中心首席专家王凤乐介绍说,用鸭子来治理蝗虫是一些中国专家做的探索性课题,暂时没有进入政府援助方案。 蝗害対策チームのリーダーであり、国家農業技術普及サービスセンターの主任専門家である王凤乐は、アヒルを使用してバッタを制御することで、中国の一部の専門家によって行われた試験的なトピックであり、 中国政府の支援プログラムに入っているわけではない。 卢立志も「今年の後半に実施可能になる予定と強調しており、いずれにせよ公式的に決まったわけでもすぐに実施されるわけでもありません。 実現は難しいのではないか しかし、そもそもパキスタンにおいてアヒルによる駆除は難しいのではないか、という意見もあります。 GIZMODEは、南イリノイ大学の水鳥の専門家であるMichael Eichholz教授に話を聞いています。 彼は、アヒル種は水辺に生息するのは、餌をとるときに一緒に水分もとるためだと説明し、パキスタンの砂漠の気候に言及しました。 したがって、水源がない状態で、この乾燥した環境にアヒルを配置することはできないでしょう。 GIZMODEはなかなか詳しい説明をしていて、国際連合食糧農業機関(FAO)の主任蝗害予報官(!)のKeith Cressmanにも話を聞いています。 FAOによれば、1㎢あたりに4000万から8000万のバッタがいるとしています。 ありがとうございます。 Cressmanによれば10万匹のアヒルが1日に2000万のイナゴを食べたということで、これでは半分も満たしません。 そのため、対策チームとしては、化学・生物農薬の使用を考えているようです。 他にも、バッタを食べたアヒルを果たして食用にしていいのか、などのも問題もありますね。 なので、仮にアヒルを送ったとしても、小規模多発的な発生には対応できるかもしれませんが、パキスタンの情勢に適合するかはなかなか考えどころかもしれません。 このニュースが広まったのは、まず中国国境付近で4000億匹のバッタがやってきたという偽ニュースが2週間ほど前にあり、パキスタンに中国の支援があったという下地があった、という経緯があるようです。 新京报が面白い記事を書いているのですが、 昔から人々は災害をジョークとして扱う場面があり、それがプラセボとして機能しているというような話をしています。 しかし、その被害を無視して冗談としてだけ扱うことの危険性も併せて記述しています。 これはなかなか現在の日本の状況にも当てはまりそうです。 このニュースでほっこりした人は、パキスタンをはじめとした蝗害の深刻さも、少しは思いを馳せることも、必要かもしれません。 There can be at least 40 million and sometimes as many as 80 million locust adults in each square kilometre of swarm. : Zhang, part of a delegation of Chinese experts sent to help the south Asian country combat the locusts, advised the use of chemical or biological pesticides instead. : という記事をどこかで読んだのですが、どれだかわからなくなってしまいました。 ibenzo.

次の

【朗報】中国父さん、迫り来るイナゴ4000億匹に対しアヒル10万羽を動員し一大決戦へ!

バッタ アヒル

飛蝗 極めて多数のバッタ類が群れをなして飛来し、 あらゆる植物を食い尽くしながら(蝗害)移動する 飛蝗(ひこう[1])という現象は、世界各地で見られる。 日本でもかつて見られたことがある。 往々にして イナゴと呼ばれることがあるが、分類学上はイナゴ類ではなく、トノサマバッタなどに近いバッタ類である。 一般的な傾向として、乾燥地帯で群飛が始まり、降雨のあった地域で終焉する傾向があるという。 つまり、この変異は、生育を維持するのに困難な場所から、新たな生育地への移動を促すという、適応的な意味があるものと考えられる。 Each duck can consume up to 400 locusts a day. Chinese zoologists are in research of containing locust plague with genetic modification. このうち4000億匹の一団が中国を襲うと思われ 中国政府はパキスタン国境に10万羽の「アヒル部隊」を派遣してバッタを食い止める作戦に出ました。 Each duck can consume up to 400 locusts a day. Chinese zoologists are in research of containing locust plague with genetic modification.

次の

[ New ] 中国がバッタ蝗害に最終兵器投入!アヒルが効果的な理由に驚愕 P1

バッタ アヒル

コロナウイルスの次の問題 今、日本ではコロナウイルスの報道でもちきりですが、どこまで感染を防ぐことが出来るんでしょうか?? 昨年の12月8日に原因不明の肺炎患者を初めて確認し、中国の武漢を完全に封鎖したニュースがインターネットで見てた時、なんかものすごいことが起きているんやないか?って思っていました。 僕は全く知りませんでしたが、 封鎖された中国の武漢っていう都市は、人口1108万人らしくて、東京が約1400万人なので東京都とそんなに変わらない大都市を完全に封鎖するなんてありえないと思ってたんです。 まるで映画の世界ですよね。 ほっておいたら間違いなく日本も同じようになる危険性があるって感じた人はたくさんおられたのではないでしょうか。 ダイヤモンドプリンセス号の問題でもありましたが、日本政府の対応の遅さはにはびっくりします。 これ以上の拡大をどう防ぐのかが今後の課題ですね。 そこにさらに新たな強敵の出現です!! アフリカで発生したバッタがものすごい数になって作物を食い散らかしているみたいです。 バッタくらい殺虫剤ですぐ退治できるだろう。 と思っていましたが、動画をみて唖然とするほどの大量発生ですね。 これはマジでやばいレベルです。 「蝗害」って呼ばれているらしいのですが、今回の大量発生は異常らしいですね。 変身するバッタ その名は「サバクトビバッタ」 この今暴れまくっているバッタは、「サバクトビバッタ」という種類のバッタで、環境に応じて行動、形態、生理的特徴を変化させることが出来るらしいんですね。 これを 「相異変」という特殊能力だということらしい。 普段は「孤独相」と呼ばれる状態で、密集せずにお互いを避けあう生活を営んでいるらしいのですが、 同じ種類の仲間が増えてきて個体数が増えると、「群生相」に変化して緑色のバッタから、黄色と黒色のまだら模様になり戦闘モードのバッタに変身するんだって!! そして大群をつくるようになるみたい。 怖すぎですね!! 「群生相」 って呼ばれる 戦闘モードのバッタに変身して、 やる気満々のバッタ。 おとなしい時と、戦闘モードでは色も顔つきも変わってますね!! 目が赤くいなって、完全に仮面ライダーです!! 仮面ライダーは良いもんでしたが、このバッタは今や4000億匹の大群となった、巨大帝国の悪玉です。 ケニア、エチオピア、ソマリアなどの東アフリカで農作物を食い尽くし、食糧危機を引き起こしています。 すでにソマリアでは2020年2月に「国家非常事態宣言」を発表しています。 1300万人々が深刻な食糧危機に陥ってしまっているとのこと。 すでにバッタごときと笑っていられる状態ではないんです!! そして、中国にも飛んでくる可能性があるらしい 現在この大量のサバクトビバッタがインド、パキスタンにまで飛んできており、いよいよ中国にまで来るんじゃないかって騒ぎになっているようです。 2020年2月19日、中国経済網は、大量のバッタが襲来して農作物に被害がでているパキスタンに、中国の専門家が派遣されることになったと報じられました。 日本へ飛んでくるの? 被害は? サバクトビバッタがさすがに海を渡って日本に来ることはないと思いますが、中国で作物を壊滅的に食い散らかせば、日本に影響がでない訳がないと思われるので、対岸の火事ではないんですよね。 中国共産党もバッタのリスクは言及しているようですが、大きな被害にはならないと発言しているようです。 でもこれから繁殖期に入るようで、ますます数が増えていく事も考えられます。 ホントに大丈夫なのかな?? 「群生相」と呼ばれる、黄色に黒の斑点模様のサバクトビバッタ。 風に乗って1日に100km以上も飛ぶ飛翔能力と、約5日おきに50〜100の卵を産む繁殖能力、さまざまな植物を食べる広食性を武器に、短期間のうちに増殖し生息範囲を広げて甚大な被害をもたらす。 FORBES JAPAN 国連では6月までに500倍になるという試算もあるようで、今4000億匹で、その500倍って・・・ もう想像したくないです。 ウイルスも怖いけど、食べ物がなくなってしまうのも恐怖です。 何とかして食い止めてほしいですね。 中国のバッタ対策兵器 アヒル これはホントかどうか確認はとれていませんが、ツイッターではアヒルを10万羽用意して、バッタの駆除に充てるなんて話もあります。 バッタ4億匹 VS 10万羽のアヒル部隊 映画化しろ— ゴリライヴSP 絵だけRTマン +クソリプマン) untiiiiiikong ザッ・ ザッ・ ザッ・・・ アヒルの軍隊が動き出しましたか(笑) なんかかっこいい気もします。 頑張ってほしい!! 2020年に入ってから世界は変な方向に動いているような気もします。 時代が変わっていく中で、僕たちもいろんな事に目を向けて自分の身は自分で守れるようにしなきゃダメですね。 3月16日 バッタ続報.

次の