マッスル グリル 沼。 究極の減量食「沼」と冷徹なカロリー計算でダイエットを制す。人気YouTubeチャンネル「マッスルグリ...|テレ東プラス

ダイエット飯「沼」をアレンジ|マッスルグリルで話題のレシピを作ってみた

マッスル グリル 沼

MEMO一般にお粥は消化が良いためお腹は空きやすいです。 しかし「沼」 はわかめやしいたけ、おくらを使っていて 食物繊維が豊富。 その点、沼だけ食べておけばいいから管理がめちゃくちゃ楽。 毎日、炊飯器を空にしていくだけで確実に減量を進められます。 全部の食事を沼に置き換えるのはちょっと…という人は、何食かを置き換えるだけでも効果は得られるかと思います。 いずれにせよ、総カロリーがあらかじめわかっているので、• 食事を抑えているはずなのに痩せられない• どれだけカロリーを抑えればいいか分からない そんな心配を払しょくできるのは大きなメリットといえます。 あったとしても• 炊飯器の内釜• 沼をすくうお玉• 沼を食べるために使ったボウル• 沼を食べるためのスプーン くらい。 もし、使い捨てのスプーンと紙皿を使ったならば、 炊飯器の内釜とお玉の2つしか洗う必要がなくなります。 三大栄養素であるタンパク質・糖質・脂質の3つをバランスよく摂取することが健康にいいとされています。 詳しくは後述しますが、沼はこのバランスがとても良い。 基準より少し低糖質、かつ高たんぱく質になっていて減量を健康的に進めることができます。 06 1. 80 1. 34 4. 94 1. 30 2. 26 5. 99 6. 16 0. 75 6. 19 3. 21 8. 食べ続けるのは飽きるから次の週末はマグマを作るらしい🔥沼、見た目に反して美味しい。 美味しいというかこれでダイエット食になるなら栄養面ではとてもいいね!という感想。 沼の誕生秘話 マッスルグリルのサブチャンネルで沼の誕生秘話が公開されました。

次の

マッスルグリルの沼やセメントって何?マグマなどのレシピや作り方も!

マッスル グリル 沼

YouTubeチャンネル登録者数23. 5万人「マッスルグリル」(2020年5月現在)を、今回は見ていきます。 「筋肉や食をこよなく愛する人のためのYouTubeチャンネルです」と、概要の「説明」のところに書いてあります。 YouTube登録日は2018年11月15日です。 シャイニー薊(あざみ)と、 スマイル井上(編集担当)のコンビで配信しています。 youtube. こちらで、 「沼」の 正体を明らかにしています。 必要な物として1番最初に言っているのが 「10合焚きの炊飯器」を紹介しています。 壊れていましたね。 炊飯器とは!?哲学を織り込んでいます! 一ヶ月で減量をするとも言ってますね。 「沼」とは「減量食」です。 約18分です、詳しくはご覧くださいね。 「食材」 ・お米 ・わかめ ・干しシイタケ ・オクラ ・鶏胸肉(皮は取る) ・塩 ・水 ・カレー粉 「作り方」 ・お米272gを量って炊飯器に入れたら、あとは適当に炊飯器の中に入れる。 お米と、鶏胸肉だけきっかり量る。 ・10合焚きに対してお水1. こちらの「沼」 1800キロカロリーに対して、なにをプラスして食べるかなども詳しく話しています。 減量をしやすいために、 水分で食材を多く見せるために、できたのが「沼」です。 干し椎茸と、わかめが入っていますので、「うまみ」が出ています。 鶏肉もホロホロです。 youtube. 今回は、シャイニーが作ったことがないということですので、スマイル井上が担当です。 カロリーは同じ 1800キロカロリーです。 詳しくは「概要欄」をご覧ください。 それでは、具材紹介から見ていきましょう!約15分の動画です。 説明もありますので、ゆっくりご覧くださいね。 セメントも 減量食でした。 いろんな野菜がほぐれたら、 30分ねかせます。 「沼」に比べると 「セメント」は、少し固めです。 真っ先に出たコメントが「部屋が全然におわない」でした。 味に関しては、好みがあるとは思いますが、減量のやり方ですので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。 長期的な目でみている減量法かなと感じられました。 youtube. こちらもタイトルにあるように、 減量食ですね。 約10分半の動画として簡単にまとめられていますので、とても見やすいです。 すぐに材料の説明に入りますので、料理を作りたい方にとって、本当にわかりやすく作られている動画だと感じられました。 では、材料などを見てきます。 「材料」 ・お米(272g) ・干し椎茸 ・オクラ ・トマトホール缶(水で洗っていれる) ・玉ねぎ5個 ・ニンニク ・ささみ肉12本760g(冷凍) ・塩コショウ ・化学調味料無添加(オリジナル) 「作り方」 ・お米、椎茸を炊飯器に入れる ・オクラ、トマトホール缶を入れる ・玉ねぎ5個と、ニンニクをフードプロセッサーで砕いて、炊飯器に入れる ・水を炊飯器の8分目まで入れる(沼より少なめ) ・ささみ肉12本760g(冷凍)を入れる ・塩コショウと、化学調味料無添加(オリジナル)を炊飯器に入れる (炊飯器はフタが閉まるものをおすすめします) ご飯が炊けたら、 6時間~8時間放置します。 トマトリゾット風になります。 (細かくいうと、リゾットとは作り方は違うのですが、そこは減量なので雰囲気で乗り切りましょう) 「沼」「セメント」「マグマ」みなさんは、どれが一番出来そうでしたか?実は、いろんな方がこちらのやり方で減量をしています。 とても人気なのがわかりますね。 ファンの方々のコメント欄も楽しいですよ! まとめ ダイエットと、 減量では、またひと味違った意味合いを持つことがわかりましたね。 とてもストイックに減量をしていることがわかりました。 「沼」が、中でも 一番ドロドロしていました。 とても腹持ちがよさそうでした。 見た目はなんとも言えませんでしたが、カレー粉や干し椎茸などが入っていたので、 味は美味しそうでした。 お腹は空くとは言っていましたが、レシピ、真似したくなりましたか? 「セメント」では、 水分量が少ないのと、 蒸らしの時間が短いので、少しは 噛み応えがありそうでしたね。 ですが、やはり減量食でした。 トロトロといったところでしょうか。 お肉は「沼」と同じ鶏胸肉を使っていましたね。 しっかりご飯を食べてでの、 減量法です。 野菜とお肉のバランスなども考えられていたと感じました。 「マグマ」は、見た目がとてもなじみ深いような気がしました。 トマトリゾット風でしたね。 食べなれている方ですので、やはり 「蒸らし」た方がおいしいと言っていました。 普段のご飯でも蒸らしますので、やはり、ご飯は蒸らしはなくてはならないものなのですね。 どれも試してみたいと感じられました。 味も美味しそうでした。 毎日はしなくていいですけれどね。 減量をお考えの方は参考にしてください。

次の

【3合・5合・10合】減量食「沼」のレシピを公開&再現【マッスルグリル シャイニー薊(あざみ)】

マッスル グリル 沼

マッスルグリルさんから 究極のダイエット食、冬の沼 5合炊き版の動画を見ました。 通常の沼は10合炊きだったのですね。 冬ということでレシピが多少違うようです。 沼は簡単な料理かつ、アレンジもし放題なのでほんと良い料理ですね。 あと炊飯スイッチをポチッと押すだけですが 今回はモードがオススメとのこと。 炊飯で炊き上がってからも保温状態込みで 10時間くらい入れっぱなしにするってことですね。 通常の沼はカレー粉でしたが 今回は撮影場所がカレー粉NGということで 味塩胡椒を投入して味付け。 まぁテキトーにお好みで。 とりあえず炊けた状態ですね。 水分をそんなに入れなかったので 炊き込みご飯のような仕上がり。 そこから水を追加です。 5合の上の線あたりまで浸るくらいに 入れてますね。 で、8時間ほど放置で完成。 カットわかめなどは安い外国産より 国産を使ったほうが美味しくなるみたいです。 料理好きの方なら想像つくとは思いますが バリエーションは無限に思い付くと思うので 色々アレンジして味変しても楽しそうですね。 以上です。 参考にしてください。 tuneniwaraio.

次の