ドライバー フック。 フックを治す1 チーピンとダックフック4つの原因と対策

ドライバーのアドレスでの正しいフェースの向きとは?その合わせ方と構え方を解説!

ドライバー フック

右手のゴルフと称してレッスンをしていると、アマチュアの方だけではなく、レッスンプロの方からも「右手使うとフックしてしまう」という事を言われる事がありますが、私の考えは全く違います。 そもそも、アマチュアの方が困ってしまうレベルのフックというのは、ダックフック・チーピンと呼ばれるボールの事なんです。 このボールを打ってしまう原因は単純明快です。 それは手の使い方を間違ってしまっているからです。 簡単に言うと、手首をこねてしまっている、ローリングさせてしまっている事がダックフックやチーピンの原因なんです。 では、手首をこねる・ローリングさせる動きとは、どういった動きなのか? ダウンスイングでインパクトに向かって、左手の甲が下を向いていくスイング。 これが手首をこねる・ローリングの動きなんです。 この手の使い方をしてしまうと、フォロースルーでフェースの向きが地面を向いてしまいます。 こうなってしまうと、フェースが下を向いた状態でインパクトしてしまいます。 当然、ボールは上がりませんせんし、フェースは下を向くと、面の向きが左を向いてしまいます。 この結果、ボールは低く大きく左に曲がる、ダックフックやチーピンになってしまう訳です。 では、フックを直す為にはどんな動きが必要なのか? それは、バックスイングでシャフトが地面と平行になった時、 ヘッドのトウが真上を向く。 そして、フォロースルーでャフトが地面と平行になった時、ヘッドのトウが真上を向く。 これが正解です。 この動きをさせる為には、右手を使ったスイングの方が有効です。 右手を使って、フェースを開いて閉じる。 フェース面を上下にねじるのではなく、左右に開閉するだけで簡単に出来てしまいます。 この手首の動きとフェースの向きを、是非練習場で試してみて下さい。 左右の手、1本ずつで軽い素振りを試してみて下さい。 フェースにこの動きをさせる為には、右手の方が簡単に行えるはずです。 では次に、コースでプレー中にダックフックやチーピンが出てしまった場合の、応急処置についてご説明します。

次の

ドライバーがフックする原因は5つだけ【フックしない方法】|100切りに才能なんているもんか

ドライバー フック

ドライバーのスペックごとにアドレス時のフェースの向きが異なる ドライバーをアドレスした時のフェースの向きを考えるにあたり、絶対に抑えていただきたい大事なポイントがございます。 それは、 ドライバーごとに標準的なフェースの向きが異なるということです。 そこでまずは、ドライバーのアドレスの際のフェースの向きのチェック方法から詳しく見ていきましょう! 1-1. ドライバーのフェースの向きに目印をつける ドライバーのフェースの向きにラインなどが入っている場合はそのままでも問題ありませんが、ドライバーによっては全く目印がないクラブもありますよね。 また、ドライバーの中にはフェース面に丸みを帯びているクラブもあり、正確なフェースの向きがわかりづらいケースもあります。 そこで、 ドライバーのフェースの向きを明確にするために、フェースに目印をつけてみましょう。 ここではゴルファーなら誰もが持っている「ゴルフティー」を使用します。 セロハンテープなどを使用して、ドライバーの芯の位置にゴルフティーを貼り付けてみましょう。 こうすればティーの指す方向がフェースの向きになりますので、一目瞭然です! 1-2. シャフトと目印の角度を確認する ドライバーのフェースの向きがわかったら、アドレスする感じでグリップを持ってドライバーを体の正面で持ってみましょう。 次に、ドライバーのシャフトとフェースに貼り付けたティーの向きの角度を確認します。 そして、この角度が以下のいずれに該当するか確認してみましょう。 スクエアフェースのドライバー フェースに貼り付けた ティーの向きとシャフトの角度がほぼ垂直になっている場合は、スクエアフェースに該当します。 ここでは完全に垂直になっている必要はありません。 あくまで目安ですので、少し程度なら鋭角や鈍角に感じてもスクエアフェースと考えて良いです。 ドライバーはスクエアフェースが基準になりますが、最近ではこれ以外のフェースの向きをしているドライバーもたくさんあります。 ここで該当しないゴルファーの方は、おそらく次のケースに当てはまります。 フックフェースのドライバー フェースに貼り付けて ティーの向きとシャフトの角度が鋭角になっているドライバーは、フックフェースと呼ばれております。 実は市販されているドライバーの中には、フックフェースのゴルフクラブもたくさんあります。 この背景には、アマチュアゴルファーの方の多くが、スライスショットに悩んでいる点が挙げられます。 スライスショットの原因の一つとして、インパクトの瞬間にフェースの向きが開いてしまうことが挙げられますよね。 そこでダウンスイングで多少フェースの向きが開いてもスライスしないように、敢えて最初からフェースの向きが左に向くように設計しているのです。 フックフェースのドライバーは、でも特集しています。 こちらもぜひご参考にしてくださいね。 オープンフェースのドライバー フェースに貼り付けた ティーの向きとシャフトの角度が鈍角になっている場合、そのドライバーはオープンフェースと呼ばれております。 スライスショットに悩んでいる方には信じられない構造のドライバーですが、ツアープロはオープンフェースを使用している場合もあります。 プロゴルファーなどの上級者は、ダウンスイングでシャフトの逆しなりが非常に大きくなります。 このため、スクエアフェースのドライバーだとクラブヘッドが返り過ぎてしまって、ショットがフックボールになることがあります。 そこで、敢えてフェースの向きがオープンになっているドライバーを使用しているのですね。 ゴルフショップで市販されているドライバーでもオープンフェースの商品はあります。 例えばタイトリストの上位モデルのドライバーでは、フェースの向きがオープンになっていたりしますよ。 アドレスでのドライバーのフェースの向き それでは、アドレスした際のドライバーのフェースの向きについて確認していきましょう。 ここまで読んでいただいた賢明なゴルファーの方なら、 「必ずしもアドレスでフェースの向きを目標方向に合わせる必要がないのでは?」と思った方もいらっしゃることでしょう。 上でご紹介した通り、ドライバーには本来のフェースの向きがあります。 そこでアドレスをとる際は、このフェースの向きを大切にすることが重要なポイントです。 それでは早速確認していきましょう。 2-1. スクエアフェースのドライバーのアドレス ドライバーのフェースの向きがスクエアの場合は、 アドレスではフェースの向きも目標方向に合わせた方が良いです。 「アドレスでフェースの向きをターゲット方向に合わせる」というレッスンを受けたゴルファーの方もいらっしゃるかと思います。 これは基本的にはスクエアフェースのドライバーを使用している時に限った話ですので、フックフェースのドライバーを強引に合わせる必要はありません。 お友達からこのようなレッスンをされた方もいらっしゃるかもしれませんが、お友達とご自分とでゴルフクラブの構造が違う可能性もありますので、この点もご留意してみてくださいね。 2-2. フックフェースのドライバーのアドレス 最近ではスライスショットの対策として、フックフェースのドライバーが増えております。 このドライバーの場合は、フェースの向きが最初から左を向いておりました。 よってアドレスしたときは、 フェースの向きが目標方向よりも左を向くのが基本です。 ただ、レッスンプロから目標方向にフェースを向けるように指導を受けている方もいらっしゃるかもしれません。 レッスンプロはクラブの構造とその方のスイングを踏まえて総合的にレッスンすると言われております。 そのためこの場合は、レッスンプロの先生のレッスンに従ってスイング作りをしていきましょう! 2-3. オープンフェースのドライバーのアドレス オープンフェースのドライバーを使用している方は、アマチュアゴルファーにはあまりいらっしゃらないかと思いますが、参考までにご紹介していきます。 オープンフェースのドライバーをアドレスするときは、 フェースの向きが目標方向よりも右を向くのが基本です。 この基本を無視して独自の方法でアドレスをしていると、大変なミスショットにつながってしまう可能性がありますので、この機会にしっかりとアドレスを見直してみてくださいね。 ドライバーでフックフェースの向きを目標方向に合わせるのは危険? フックフェースのドライバーは、目標方向よりも左にフェースの向きを合わせるのが基本でした。 厳密に言えば、自然にドライバーをアドレスすれば勝手にフェースが左を向くようになってます。 しかしこの知識がなく、 アドレスで強引にフェースの向きを目標方向に合わせてしまうことは非常に危険です。 これをわかりやすく言えば、スクエアフェースのドライバーを、敢えてフェースの向きを開いてアドレスしているようなものです。 これでは、ゴルフボールが大きくスライスするミスショットになってしまうのも予測がつきますよね。 フックフェースのドライバーは、アドレスでフェースの向きを左に向けることでその効果が最大化されます。 ドライバーでナイスショットを打つためにも絶対に押さえておいてくださいね。 ドライバーの特性にあったフェースの向きでアドレスしよう! いかがでしたか。 ドライバーをアドレスする際のフェースの向きはご確認いただけましたでしょうか。 上でご紹介した通り、ドライバーをアドレスした際のフェースの向きはクラブの特性によって異なります。 基本的にはグリップに力を入れない状態でアドレスした時に、ドライバーが自然と向く方向がそのクラブのフェースの向きになります。 どうしてもフェースの向きが合わないという方は、思い切ってドライバーを交換することもおすすめな対処方法です。 まずはゴルフショップで試打してみてはいかがでしょうか。 またスライスショットに悩んでいる方は、もしかしたらティーアップが低すぎるのかもしれません。 実はティーアップが低いとスライスしやすいと言われております。 ドライバーのスライスとティーアップの高さの関係については、で詳しく考察してますので、ぜひこちらもご確認してくださいね。

次の

悩ましいフックの原因がわからない…ゴルフのフック対処方法

ドライバー フック

ドライバーでフックが出る時の対策方法• よくはで悩んでしまうという事を聞きます。 では、が出ると初心者脱出なのかというとそういうわけではないですよね。 そのスイングがなのかという事が非常に重要になってきます。 フックというのは非常に曲者です。 日本ではスライサーが多いという事があるのか、割と日本のコースは右へのミスに優しいことが多いです。 逆に左のミスには厳しく、フックやひっかけ、が出ると、すぐ横が林になっていて脱出が困難になっていたり、すぐ近くがOBになっていたりとゴルファーを悩ませることになります。 そこで、今回はドライバーでのフックに悩んでしまった時にチェックしたい対策方法についてご紹介したいと思います。 目次 1. ドライバーのスライスが直ったと思ったら現れるフックボール 冒頭でも説明したとおり、スライスを卒業したころに現れるのがフックと言われており、フックが出ると初心者卒業なのかと思ってしまう人もいます。 実際の所フックがでるのはいいことなのでしょうか? 1-1. 何故スライスが直ると起こりやすいのか? そもそも、スライスを改善するためにスイングを直していく過程で、どうしても対処療法的にをストロンググリップにしたり、をインに引いたりして調整してしまう事が多いです。 そして、そうすると多少のスライススイングであっても、をまっすぐ飛ばすことができるようになるので、スイングが固まるまでの応急措置として対処してしまいます。 そうして、 スイングが固まってきて、手打ちやアウトサイドイン、振り遅れ等が解消されてくると、フックが出るようになります。 これは、それまで右に曲がるボールを無理やりまっすぐ飛ばすためのグリップやスタンスが、ボールがまっすぐ飛ぶスイングになった時にフックを助長するものになってしまいます。 こういった時は、グリップやスタンスを直すとまっすぐ飛ぶようになることから、フックが出ると初心者卒業と言われるようになったのです。 この場合は、何も問題ないのですが、スイングが固まっていないのにフックが出た時が非常困ったことになります。 1-2. そのスライス改善は正しい改善?その場しのぎ? 先ほどのいい意味でのフックというのは、ほとんどの場合、悩むほどのフックにならないことが多いです。 逆にフックと言ってもチーピンやひっかけに悩んでしまっている人は要注意です。 それは、正しいスイングの改善によって生まれたフックではなく、対処療法を極端にし過ぎてスイングが悪くなっている可能性があります。 グリップをストロングにしたり、スタンスをクローズにするなどの対策は、よく言えば対処療法ですが、悪く言うとその場しのぎです。 それらの力だけで、スライスを改善していくとスイングがさらに悪くなります。 そうすると、確かにスライスは改善されますが、次は先ほどの様なチーピンやひっかけのような致命的なフックに悩まされることになります。 特に誤った力の使い方をしてしまうと、フックになる傾向が強いです。 一つ一つ見直して、フックを改善していきましょう。 2-1. 腕の力で振りすぎるとフックする 手打ちとまでは言いませんが手を振る感覚が強すぎると、フックになることが多いです。 あまりに腕の力に頼ってしまうと、中の体の回転が止まってしまいます。 そうすると、の前後でして、強いフックがかかってしまいます。 そういったことを改善するためには、できるだけ体の回転を意識するようにしましょう。 特にスイングの際は腕の力で回すのではなく、 意識を左肩に持っていき、左肩を回すようなイメージでスイングをすると、体が回りやすくなりフックを防ぐことができます。 2-2. 肘が張りすぎていないか? スイングの際に力が入りすぎて、肘が張りすぎてしまうと上半身のしなやかさが失われてしまい、手打ちのようなスイングになってしまいがちです。 手打ちになるとのスライスになるか、ひっかけやチーピンのようなどフックになるかの二択になってしまいます。 それを防ぐためにも、両肘をぴんと張りすぎずに、余裕を持たせることにより上半身を柔らかくすることができます。 2-3. 腕の形は五角形が理想 両者とも力が入りすぎることが原因によるフックです。 これらは、上半身の力を抜くことで意外に簡単に解決することが多いです。 理想としては、スタンスの際に腕をピンと張るのではなく、野球のホームベースの様な肘を支点として五角形のスタンスをとる事が重要です。 そうすると力みが取れていき、バックスイングの際にヘッドがスムーズに動くようになり、フックを防ぐことができるようになります。 さらにフックの原因となる動きとしては、極端なインサイドアウトスイングが原因の事が多いです。 どのような状況でフックが出てしまうのか説明していきたいと思います。 3-1. インサイドアウトが強すぎるとフックしやすい のスイングの反対のアウトサイドインスイングではスライスがよく発生します。 初心者の人はこれを嫌うあまりに、インサイドに引いて、スライスを改善しようとしてしまいます。 しかし、適度なインサイドアウトスイングであれば、綺麗なドローボールになるのですが、極端にインサイドアウトスイングになってしまうと、フックが強くなりがちになります。 極端にインサイドからアウトサイドにインパクトしてしまうと、インパクトの際にフェースとボールとの間に強いギア効果が生まれます。 これが強すぎると左回転の力が過剰にかかってしまい、フックしてしまいます。 3-2. トップが低い人はインサイドアウトになりやすい インサイドアウトが強いかどうかを判断するのは、一度自分の後ろから動画を撮って確認してみましょう。 インサイドに引きすぎてしまっている人は、総じてトップが低いです。 本来前傾姿勢の背筋の軸を中心に対照的なトップになるのが理想なのですが、 インに引きすぎることによってシャフトが寝てしまっているのです。 こういった場合は、ダウンスイングの際にも寝た状態でダウンスイングに入ってしまうため、かなり内側からヘッドが降りてくることになり、行き場のないヘッドはそのままアウトに流れてしまいます。 このスイングになっている人は、右へのプッシュアウトのミスも多い傾向ですので、プッシュアウトに悩む方も要注意してください。 3-3. トップでの手首の形を意識して修正する この極端なインサイドアウトを修正するためには、手首の形を意識するようにしましょう。 インサイドアウトに引きすぎている場合は、トップの際に右手首が甲側に折れ曲がっている事が多いです。 できるかぎり、 右手首の角度はアドレスの時から変わらないように意識しておくと、極端なインサイドアウトの軌道を防ぐことができます。 右手が動きすぎずにバックスイングすることができるとトップが綺麗に収まりますので、フックを防ぐことができます。 上半身は適度なゆるみがあるし、バックスイングも極端なインサイドに引いていないという方は、あらためてこれを再チェックしてみてください。 ボールの位置というのはそれほどにスイングに影響を与えるのです。 4-1. フッカーは右にボールを置く傾向がある 私も経験があるのですが、フッカーというのはボールを右に置きたがる傾向にあります。 その理由としては至極簡単で、ヘッドが閉じすぎないうちにインパクトを迎えたいからです。 4-2. 右に置くとインサイドアウト軌道が強くなる ですが、フッカーの思いとは裏腹に、右に置けば置くほどフックは強烈になってしまいます。 身体というのは不思議なことで、無意識にインパクトをいつも通りの位置に持っていこうとして、更にインサイドアウトのスイングになってしまいます。 なので、右にすればするほどインサイドアウト軌道がどんどん強くなってしまい、フックが強くなってしまいます。 こういったことから、少し怖いかもしれませんが、ボールを適切なところに戻す必要があります。 4-3. 適切なボールの位置を再確認 ボールの適切な位置とは、ドライバーにおいては左足かかとの直線上の位置です。 それより左に持っていきすぎてしまうと、今度はアウトサイドイン軌道による引っ掛けを誘発してしまいます。 少々左足かかとより右側に持ってきても良いですが、普段から一番しっくりくる場所をチェックしておくようにしましょう。 その他見直しておきたいところ ドライバーのフックに悩まされる人のスイングの原因は以上の事が多いですが、改めてスタンスのチェック方法についてもご紹介したいと思います。 ここまで話してきたとおり、これらのスタンスを直すだけで改善する人もいます。 ちょっとしたことでくるってしまう事があるのでしっかりとチェックしておきましょう。 5-1. グリップはストロングすぎないか もともとスライサーであった人が、グリップをストロングにし過ぎることに より、フックに悩まされることがあります。 酷い人では、スタンスをした際に、左手甲が上を向いてしまうほどのグリップになっていることがあります。 このようなグリップでは、フックや引っ掛けのみならず、様々な問題を起こしてしまうので早急に修正しましょう。 スタンスをして 上からグリップを見た際に、左手のコブが2~3つ見える位置に抑えるようにしましょう。 それでも、フックグリップですので、これ以上コブが見えてしまうと危険信号です。 5-2. スクエアにスタンス出来ているか スタンスがスクエアにできているかを確認しましょう。 クローズスタンスになりすぎると、体の回転が止まってしまいますのでフックが出やすいです。 スライスが出ているときは、これでも構いませんがスイングが改善されてくるとフックが効きやすくなってしまうので、再確認しておきましょう。 スタンスをスクエアにすることは非常に難しいです。 スタンスを取る際に左手で右肩を抑えるように調整するとスクエアにとりやすいです。 まとめ さて、今回はフックの対策についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?フックはランが出やすいことによる弊害も起こりますので、できるだけ早急に改善するようにしましょう。 スライス、フックが改善されるとゴルフの幅がぐんと広がりますので、非常に楽しくなります。 皆様もフックを改善して、楽しいゴルフライフを送りましょう。 2016年3月13日• 2016年11月17日• 投稿ナビゲーション.

次の