履歴 書 折り 方。 履歴書提出の注意点|三つ折り?二つ折り?履歴書の折り方他、封筒への入れ方

履歴書送付時の正しい折り方と封筒への入れ方を徹底マスター|採用担当者が扱いやすくするためのコツをご紹介

履歴 書 折り 方

【目次】• 履歴書は二つ折りが基本 市販の履歴書のほとんどが初めから「A3二つ折り」の状態で販売されていますが、基本的にこの状態からさらに折り畳むことは避けた方が無難です。 なぜ二つ折りが基本とされるかというと、それは二つ折りにしたサイズが「人事にとって最も管理しやすいサイズ」だからです。 採用担当へと渡った履歴書の多くは、保管のために「ファイリングされる」「バインダーに閉じられる」ものです。 または、別の担当者とシェアするために履歴書をコピーするというケースもあるでしょう。 そうした場合、二つ折りの履歴書なら余計な折り目が付いていないので、上記のような担当者の作業もスムーズに行うことができるのです。 市販の履歴書の多くは、左側に「写真や名前・住所・学歴」を記入する欄があり、右側に特技や自己PRを記入するスペースが設けられています。 二つ折りとは「写真や住所部分が上にくるように真ん中で山折りにした状態」のことですので、記入欄を内側に折りこんでしまわないように気を付けてください。 また、二つ折りをする際のポイントを以下にまとめてみましょう。 定規を用意する? 履歴書を裏返し、角と角をぴったりと合わせる? 上下の角が合っている状態のまま片手で押さえ、軽く折り目を付ける? 定規でなぞり、しっかりと折り目を付ける 履歴書を扱うときは汚れなどが付着してしまわないように、机周りをキレイに整えることも忘れないでください。 二つ折りは「見栄えがいい」「読みやすい」というメリットに加え、履歴書を取り扱う相手の手間にも配慮することのできる、まさに最適な折り方といえるのではないでしょうか。 三つ折りは絶対NGではないが避けたほうが無難 履歴書の折り方の基本は「A3二つ折り」でしたが、どうしてもそれをさらに「A4三つ折り」にしなければならない場合もあるでしょう。 そんなときは以下のポイントを守り、丁寧に封筒へ入れることを心がけてみてください。 ・履歴書の名前と写真部分が一番上になるようにして三つ折りにする ・上から送付状・履歴書・職務経歴書の順に重ね、全てを一緒に三つ折りにする ・全てを三つ折りにしたら、履歴書の端をクリップなどで留めておく 市販されている多くの履歴書には、「A4三つ折り」をする際の基準となる目印(「? 」など)があるので、その印通りにゆっくりと折ればキレイにできます。 履歴書の折り方だけを基準に合否が決まるわけではないですが、やはり人事や担当者の立場になって考えると、コピーしづらく管理もしにくい履歴書の「A4三つ折り」はおすすめできません。 人によっても見解はさまざまですが、「A4三つ折り」の履歴書は「扱いにくい履歴書だなぁ・・・」と、マイナスイメージを与えてしまうのも事実。 「A4三つ折り」は「絶対NG」ではないものの、担当者の負担を減らし、自分のビジネスマナーをアピールするためにも、ぜひ「A3二つ折り」を徹底してほしいものです。 郵送するときは送付状と一緒にA4サイズの白の封筒に 履歴書を渡すときのシチュエーションは実にさまざまで、場合によっては「面接前に履歴書を送付しなければいけない」「書類選考がある」というケースも珍しくありません。 そのような場合は、履歴書を郵送する必要がでてきますが、ここでは履歴書の郵送時に気を付けてもらいたいことをご紹介します。 ・郵便局に足を運び、封筒の重さを量ってもらってから切手を購入する ・送付状を同封する ・折れや水濡れを防ぐために、履歴書をクリアファイルに入れてから封筒へ ・封筒はA4サイズの書類が入る「角2」サイズを使用する ・封筒の色は丁寧な印象を与える「白色」がベター ・封筒の表に「履歴書在中」と朱書きする 送付状に決まったフォーマットはなく、手書きでもパソコンで作成してもOKです。 内容は簡単に「応募させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします」というだけでも、十分に「やる気」「誠実感」を相手へ伝えることができるでしょう。 また、送付状には簡単な挨拶に加えて「志望動機」「過去の実績」などを記載してもいいのですが、その際は同封した履歴書や職務経歴書の内容と被らないように気を付ける必要があります。 郵送する際の切手料金は書類の大きさや重さによって変わってくるので、確実に送付先へ届けるためにも、自分で切手を貼らずに郵便局で行ってもらうと安心です。 手渡す場合はクリアファイルで持ち歩き折れないように配慮 「履歴書を面接時に持参してください」という企業もありますが、実際は「いつ渡せばいいの?」と、履歴書を渡すタイミングがいまいちわからないという人も。 そこで、以下に履歴書を手渡しする際の注意点やポイントをまとめてご紹介します。 ・担当者と一緒に面接の部屋に入った場合は「席に着く前」「席に着いた直後」に手渡す ・先に部屋に通された場合は一旦机の上に履歴書を出しておき、担当者が席に着いたら手渡す ・履歴書を手渡す際は、クリアファイルや封筒から出して手渡す 履歴書を担当者に手渡す際は、本格的に面接が始まる前のタイミングで自然に手渡せるように心がけましょう。 また、手渡す際は一旦クリアファイルから出しますが、自分で持って帰ってしまわないように注意してください。 クリアファイルは、あくまでも「履歴書を保管する担当者の方のために用意したもの」であることを忘れないように! 「履歴書を手渡した後」「担当者が履歴書を片付け始めたら」など、好ましいタイミングでクリアファイルをそっと相手に渡せば、きっと好印象を与えるはずですよ。 まとめ ・バイトの履歴書は「A3二つ折り」がベター ・「A4三つ折り」は絶対にNGではないが避けたほうが無難 ・郵送はA4サイズの白色の封筒を使用し、送付状を添えるのがベター ・手渡しするときはクリアファイルで持ち歩いて、折れないように注意 ・履歴書を手渡す際は、クリアファイルや封筒から出して渡す バイトの履歴書は「A3二つ折り」がベターです。 履歴書の折り方だけで合格・不合格が決まるわけではないですが、想定できるリスクはできる限り対策しておくことが重要です。

次の

職務経歴書を封筒に入れる際の折り方は?裏表はあるの?

履歴 書 折り 方

二つ折り?三つ折り?四つ折り?履歴書の正しい折り方 2018年02月21日更新 履歴書を郵送するときに、長封筒に入るように三つ折りにしていませんか?履歴書を郵送するときは三つ折りや四つ折りにしてはいけません。 履歴書の正しい折り方をご紹介します。 *エントリーシート、職務経歴書、送付状などの応募書類を同封するときも折り方は同じです。 履歴書の二つ折りは、見開きタイプの履歴書が半分に折られている状態を二つ折りと言うことが多いです。 三つ折りとは 三つ折りとは用紙を3分の1に折った状態を意味します。 履歴書の三つ折りとは、見開きタイプの二つ折りになっている履歴書を3分の1に折った状態を三つ折りと言うことが多いです。 四つ折りとは 四つ折りとは用紙を4分の1に折った状態を意味します。 履歴書の四つ折りとは、見開きタイプのの二つ折りになっている履歴書が4分の1に折った状態を四つ折りと言うことが多いです。 履歴書は折らない 履歴書は折らずに郵送するのが基本です。 そのため、履歴書の種類によって正しい折り方は変わります。 見開きタイプの履歴書は二つ折り 市販の履歴書は左右がつながっている見開きタイプとなっています。 見開きタイプの場合は、販売されているときの二つ折りが正しい折り方となります。 A3やB4サイズで市販の履歴書と同じように見開きタイプで履歴書を自作した場合も、二つ折りが正しい状態となります。 自作した履歴書を二つ折りするときは、名前や顔写真がある方が表面になるように、二つ折りにしてください。 履歴書を封筒から出したらすぐに履歴書が読める状態にします。 また、履歴書を二つ折りにするときは、定規を利用してまっすぐ折れるように工夫してください。 2枚で印刷した場合はそのまま A4やB5サイズの用紙で履歴書の左側と右側を別々に2枚印刷した場合は、折らずにそのまま送ります。 この場合は二つ折りにしてはいけません。 *エントリーシート、職務経歴書、送付状はそのままのパターンに該当します。 封筒に入らないから履歴書を折ってもいい? 長封筒で履歴書を送る場合は、二つ折りとなっている履歴書をさらに三つ折りや四つ折りをしないと履歴書が入りません。 しかし、履歴書は折らずに郵送するので三つ折りや四つ折りにしてはいけません。 そのため、履歴書を折らないと入らないような長封筒ではなく、履歴書を折らずに郵送できる大きい封筒(A4サイズが入る角系2号が一般的)で郵送してください。 「」も参考にしてください。 *アルバイトやパートであれば三つ折りをした履歴書でも許容されますが、就職活動や転職活動では絶対にNGです。 そのため、三つ折りの方法をわざわざ覚える必要はありません。 履歴書を折ってはいけない理由 以下の理由から履歴書を折ってはいけません。 面接官によっては履歴書を折っているだけでマイナス評価になってしまうリスクが発生してしまいます。 履歴書を開く手間が面倒 採用担当者の立場になって考えてみましょう。 履歴書を折った状態で届くと、履歴書を開く手間が発生します。 もしもその企業が人気企業で何百、何千と折られた履歴書が届いたら、履歴書を開く一手間も面倒くさいと感じてしまいます。 厳しい企業であれば履歴書を折っている状態でマナー知らずと判断されて、その時点で履歴書を読むことなく落とすということもあります。 コピーした履歴書が見にくくなる 複数の面接官がいる面接では、履歴書の原本だけでは面接官全員が履歴書を見ることはできません。 そのため、履歴書のコピー用紙を面接官の人数分用意しておくケースが多いです。 このときに履歴書を三つ折りや四つ折りにしていると、折り目がコピーするときに黒い線として入りやすくなります。 その結果、コピーした履歴書が見にくくなってしまいます。 面接が不利になってしまうケースも考えられます。 ファイリングが面倒 履歴書をファイリングする企業の場合、折り目がついているとファイルに入れるのに一手間かかってしまいます。 まとめ 履歴書は折らずに郵送することが必要です。 見開きタイプの履歴書であれば二つ折り、2枚で印刷している場合は折らずにそのままで郵送しましょう。 関連ページ• 転職サービスランキング1位 4. 9 32歳までにおすすめの転職サービス! 転職サービスランキング2位 4. 8 NO1転職サイト!転職者の8割が利用! 転職サービスランキング3位 4. 7 年収600万円以上なら登録必須!.

次の

転職の応募書類、封筒の入れ方、履歴書の三つ折りはNG?向きや書き方、手渡しする時のNG5つ!|kirrinのネタ帳

履歴 書 折り 方

書類選考は履歴書などの内容で判断されますが、その「送り方」も大事です。 優秀な人材で経歴が申し分なくても、送り方が基本からずれていると良くない印象を与える可能性があります。 選考は採用担当者が封筒を受け取った瞬間から始まっています。 封筒の選び方や履歴書の折り方など、履歴書を郵送する時の基本を確認しておきましょう。 <INDEX>• Step1 封筒を用意する 封筒のサイズは「角形A4号」か「角形2号」 履歴書は折り目を付けずに封入するのが好ましいとされています。 市販の履歴書は見開きB4、A3の用紙を二つ折りにした、B5かA4サイズですが、履歴書と一緒に送る書類に合わせて、 封筒はA4サイズが入る「角形A4号(角A4)」か「角形2号(角2)」を選べばそのまま収めることができます。 その際、封筒の表に「履歴書在中」の文言があると内容が一目瞭然で、仕分けしやすくなります。 破棄や後回しに遭わないための防御策でもあります。 自分のアピールを書き綴った大切な履歴書。 採用担当者の手元にできるだけ早く、きれいな状態で届けるためにも、封筒の表には必ず「履歴書在中」と明記しましょう。 「履歴書在中」を書く時のポイント 赤色の油性ペンで書く 「履歴書在中」は目立つように赤い文字で書きます。 水性ペンだと郵送中に湿気などでにじむ可能性があるので、油性ペンを使いましょう。 封筒表(オモテ)面の左下に書く 縦書きで封筒表面の左下方に書きます。 封筒表面の記載事項は「住所」「宛名」「履歴書在中」。 この3つを右から順に行頭を下げて書いていくと、バランス良く仕上がるでしょう。 なお、宛名付近に「履歴書在中」と書かないように、気を付けましょう。 郵便物に関する国の取り決めで、宛名に記載できる項目が限定されていて、「履歴書在中」はそれに含まれていません。 「履歴書在中」が宛名と混同されないように、十分に余白を取ってください。 赤枠で囲む 文言は赤い罫線で囲みます。 定規を使って真っすぐな線にすると、きちんとした印象に仕上がります。 スタンプでもOK! 「履歴書在中」は手書きでなくても構いません。 たくさんの企業に履歴書を郵送する人やどうしてもうまく書けないという人は、100円均一ショップなどで購入できる「履歴書在中」スタンプを使用しても問題ありません。 また、市販の履歴書には「履歴書在中」が印字されている封筒が入っているものがあるので、それを使用してもいいでしょう。 職務経歴書も一緒に送る場合は「応募書類在中」 履歴書を送る場合の文言は「履歴書在中」ですが、履歴書と職務経歴書を送る場合は「応募書類在中」としたほうがベターです。 「履歴書在中」と「応募書類在中」の文言を間違えたとしても採用に大きく影響することはありませんが、応募書類によって書き変えることをおすすめします。 Step2 封筒に入れる 履歴書は、折らずに送りましょう 履歴書は、買った時の二つ折りの状態で封筒に入れるのが好ましいとされています。 折り目のない履歴書のほうが、採用担当者が扱いやすいからです。 履歴書の折り方が採否に直接影響するわけではありませんが、履歴書は面接でも読まれるので、費用よりも読む側の使用感を優先し、折り目やシワのないきれいな状態で送りましょう。 郵送する書類は順番に重ねましょう 履歴書と一緒に職務経歴書や送付状(添え状)などを送る場合、次の順番になるように重ねます。 1.送付状(添え状) 2.履歴書 3.職務経歴書 4. .そのほかの応募書類(ある場合) 採用担当者へのあいさつの役割がある送付状を一番前にし、履歴書、職務経歴書、そのほかの応募書類と重ねていきます。 クリアファイルに入れて応募書類の汚れを防止! 履歴書や職務経歴書などの応募書類はクリアファイルに挟んでから封筒に入れるのがおすすめ。 クリアファイルに入れておくと、郵送中に封筒が折れにくく、湿気からも応募書類を守ることができます。 また、まとまっているので取り出しや管理がしやくなります。 Step3 切手を貼って送る 履歴書の郵送にかかる切手代は〇〇円 履歴書を郵送する時は、封筒左上方に切手を貼って「郵便物」として送ります。 日本郵便の基本料金は郵便物の大きさと重さによって決まります。 いずれも日本郵便の「定形外郵便物(規格内)」に該当します。 下記は基本的な応募書類一式の内訳で、 重さの合計は60g~80gほどです。 封筒(角形2号) 1枚 約20g クリアファイル 1枚 約25g 添え状 1枚 約5g 履歴書(A4) 1枚 約11g 職務経歴書(A4) 2枚 約10g 応募書類は100g以内の定形外郵便物 基本的な応募書類一式の重さが60g~80gとし、定形外郵便物の料金表と照合すると、 必要な切手代は140円です。 市販のA4サイズの用紙が1枚当たりおよそ5gなので、仮に応募書類を2、3枚追加しても100gを超えることはないと考えられます。 日本郵便のウェブサイトによる 履歴書を郵送する時の注意点 ビジネスでは「普通切手」が無難 切手はさまざまなタイプが販売されていますが、履歴書を送る時に使う切手は何でもいいわけではありません。 記念切手でも派手な図柄やキャラクターものはビジネスの場に不適切です。 また結婚式などの招待状に使われる「慶事用」や喪中はがきなどに使われる「弔事用」もふさわしくありません。 おすすめは「140円切手1枚貼り」 転職活動では、郵送にかかる料金と同額の切手1枚のみ貼るのがおすすめです。 郵送料金があやふやなまま送らない 応募書類の重さが分からない時は郵便局の窓口で確認して出しましょう。 ポストへの投函は、重さを誤算した場合、料金不足で郵便物が戻ってきたり到着が遅れたりするリスクがあります。 先方に不足分を支払わせる事態を避けるためにも、郵送前の確認は入念に。 料金不足を案じて多めの額の切手を貼るのも好ましくありません。 過不足のない料金の切手を貼りましょう。 履歴書をメール便で送ると法律違反 履歴書は「信書」に当たります。 信書とは 「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文書」 (郵便法及び信書便法) 信書の配達は日本郵便の独占で、郵便以外の配達業者を利用して送ることは禁じられており、履歴書をメール便で送ると法律違反になります。 締め切り直前なら、「速達」で送りましょう 履歴書は普通郵便で送るのが基本ですが、応募のタイミングが締め切り直前になってしまう時は「速達」を利用しても構いません。 速達で履歴書を送るには、普通郵便の料金に1通当たり280円の追加料金がかかります。 到着が締め切りの時間に間に合うかどうか気になる場合は、郵便局の窓口で聞くか、日本郵便のウェブサイトで確認しましょう。 期日まで余裕がある場合、速達を利用しても、特に評価されることはありません。 採用担当者が評価するのは、あくまで応募書類の内容です。 履歴書や職務経歴書を丁寧に書き、すべての応募書類が揃っているかきちんと確認して、普通郵便で送りましょう。 まとめ 履歴書や職務経歴書はあなたをアピールする大事な書類です。 郵送して「届きさえすればいい」という考えは改めましょう。 履歴書の折り方や切手の選び方など、ささいなことですが、そのほとんどが採用担当者への思いやりの一つ。 ビジネスでは、相手を思いやる=マナーを示して業務を円滑に進めることが大切。 それができるかは応募書類の送り方にも表れるのではないでしょうか。 履歴書を見てもらう前からマナーを備えていることを印象付けておきましょう。 アピールの主戦場である履歴書をしっかり読んでもらうためにも「送り方の決まりごと」を守って、応募書類全体で自分をしっかりプレゼンテーションしてくださいね。 マイナビ転職 編集部 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の