コロナ ビジネスメール 文末。 コロナ禍のビジネスメールの気遣いの書き出しで印象が変わる挨拶文の例文!

手紙の書き出し コロナウィルス》例文・文例

コロナ ビジネスメール 文末

6月は梅雨の季節と言われているが、近年は夏のように蒸し暑い日が続くこともある。 このような時期にビジネスシーンで送るメールや手紙では、相手への気遣いを込め、鬱々した気分が晴れやかになるような挨拶から始めてみてはいかがだろうか。 季節の移ろいと相手への配慮を表す時候の挨拶を用いることで、事務的なメールや手紙が気持ちのこもったものとなり、相手が受け取る印象も変わってくるだろう。 そこで今回は、夏を控えた6月の時期に出すメールや手紙に相応しい、時候の挨拶と文末表現を、フォーマルとカジュアルシーンに分けて紹介していく。 また、新型コロナウイルス感染症の影響下にある企業に宛てての挨拶文も紹介する。 相手との関係性や送るシーン、利用するツール等によって適切に使い分け、活用してほしい。 ここでは、そのような状況下に相応しい、文頭・文末表現を紹介する。 文頭表現 新型コロナウイルスの状況を踏まえつつ、影響が出ていることをへのお見舞いなど、クライアントへの気遣いを感じられる表現を心がけたい。 ・入梅の候、貴社におかれましては未曽有の災禍の中ご苦労はいかほどかと拝察致します。 ・薄暑の候、貴社におかれましても大変なご苦労をされておられることと案じております。 ・梅雨寒の候、貴社におかれましてはコロナ禍にあってもますますご清栄のことと、お慶び申し上げます。 ・麦秋の候、貴社におかれましては未曽有の災禍とはいえ、一致団結してこの難局に立ち向かわれていることと存じます。 文末表現 文末でも、コロナ禍における状況をふまえ、相手を案じる表現を入れて結びの言葉を考えよう。 最後は、今後の展望が明るいものであるようにとの願いを込めて、明るい言葉で締めくくりたい。 また、「相手をサポートしたい」という気持ちを伝えられる一言を添えるのも良いだろう。 ・先を見通しづらい状況につき、引き続きご自愛ください。 ・このような状況の中ではありますが、貴社の皆さまのご健康と、益々のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。 私共で何かお役に立てることがございましたら、遠慮なくお申しつけ下さい。 ・一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、皆様のご健康をお祈り申し上げます。 ・何かと不便の多い今日ですが、この状況が一日も早く解消され、平穏な日々が戻りますように。 【メール】フォーマルな時候の挨拶と結びの言葉 ビジネスシーンでは、顧客やクライアントに対して各種案内状などフォーマルな文面のメールを送る機会もあるのではないだろうか。 ここでは、改まった場面で使いたい時候の挨拶から文頭表現、文末表現を見ていこう。 6月の季節を表す用語として、「入梅」「梅雨寒」「長雨」などの梅雨時期を表すものや、「麦秋」「小夏」などが使われることが多い。 メールを送る時期に合わせて使い分けよう。 ・入梅の候(みぎり)、貴社におかれましては益々ご繁栄のことと、お喜び申し上げます。 ・梅雨寒の候(みぎり)、貴社益々ご隆盛の由、大慶の至りと存じます。 ・小夏の候(みぎり)、平素は格別にご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 結びの言葉 末文は、文頭とは別の表現を使って季節柄と相手を労わる言葉や、相手のさらなる繁栄を願う言葉の他、指導や愛護を願う言葉をセットで使うと良い。 相手が最後に読む文末を丁寧に結ぶことで、文章全体がまとまり、相手により丁寧な印象を与えられるだろう。 ・向暑のみぎり、貴社ますますのご発展をお祈り申し上げます。 ・夏至の候、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 ・梅雨寒の折、ご自愛くださいませ。 ・ご多用の折、誠に恐れ入りますが、ご都合をお聞かせ願えれば幸いです。 【メール】カジュアルな時候の挨拶と結びの言葉 親しい顧客や、頻繁にやり取りがあるクライアントなどの親しい間柄では、改まった表現をすると、かえって形式ばったものに感じさせてしまうこともあるだろう。 そのような時は、相手を気遣いつつも、親密性が感じられるよう、やや砕けた表現を使うのも良いだろう。 ここでは、普段のビジネスメール等にも利用できる、カジュアルな時候の挨拶や文末表現を見ていく。 時候の挨拶 ビジネスカジュアルや、カジュアルシーンで使う時候の挨拶は、口語調の言葉を選ぼう。 6月らしい季節を表す表現に加え、相手の状況を気遣う一言を添えると良い。 ・さわやかな初夏の風が心地よい好季節となりました。 ・雨に濡れ、木々の緑も深みを増すこの頃、いかがお過ごしでしょうか。 ・梅雨とは思えない暑さが続いておりますが、お変わりありませんか。 ・夏至を過ぎ、梅雨明けが待ち遠しいこの頃ですが、貴社におかれましてはますますご清栄のことと存じます。 結びの言葉 文章全体の雰囲気に合わせた丁寧かつカジュアルさもある表現を使い、相手の繁栄と活躍を祈る言葉や、健康や幸せを願う気持ちを添えて結びとしよう。 ・うっとうしい日が続いております。 体調を崩されないようくれぐれもご自愛ください。 ・梅雨はまだしばらく続きそうですが、皆様のご健康を心よりお祈り致します。 ・梅雨明けが待ち遠しいこの頃ですが、どうぞ健やかにお過ごしください。 ・青葉生い茂る初夏のみぎり、ますますのご活躍をお祈りいたします。 【手紙】フォーマルな時候の挨拶と結びの言葉 ビジネスシーンでの使用頻度は減っているものの、相手が手紙でのやり取りを好む場合や、重要文章を送る際は、あえて手紙を選ぶこともあるだろう。 ここでは、頭語や結語も入れた、ビジネスレターに使う、時候の挨拶と文末表現を確認しよう。 時候の挨拶 フォーマルレターでは、「謹啓」「拝啓」といった頭語で始めるのが相応しい。 頭語を記したあとは、メールの場合と同様に漢語調の時候の挨拶を使おう。 一カ月の中でも季節の変動が大きいため、送る時期に合った適切な言葉を選ぼう。 ・謹啓 初夏の候(みぎり)、貴社におかれましては益々ご隆盛のことと、お喜び申し上げます。 ・恭啓 向暑の候(みぎり)、平素は格別にご高配を賜りまして、厚く御礼申し上げます。 ・拝啓 入梅の候(みぎり)、貴社一段とご繁盛の段、大慶に存じます。 ・拝呈 梅雨寒の候(みぎり)、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 結びの言葉 文末は相手の健康や繁栄を願う言葉や、愛護を願う言葉だけでも良いが、季節柄を加えると全体が引き締まり、より丁寧な末文となる。 また文頭に頭語を使った場合は、結びの言葉の後に結語を置くのが基本だ。 頭語の種類によって結語が決まっているので、適切に使い分けたい。 ・麦秋のみぎり、貴社ますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。 謹言 ・夏至の候、より一層のご活躍を祈念いたします。 謹白 ・梅雨冷の折、お身体をおいといくださいませ。 敬白 ・初夏の折、末筆ながら、皆様の益々のご健勝とご多幸を衷心よりご祈念致します。 敬具 ・長雨が続く季節につけ、ご自愛専一になさってください。 敬白 【手紙】カジュアルな時候の挨拶と結びの言葉 メールと同様に、相手との関係性によっては手紙の文面も親密性が感じられるよう、やや砕けた表現を使いたいシーンもあるだろう。 そのような場合は、丁寧ながら柔らかい印象を与えられる、口語調の時候の挨拶や文末表現を使いたい。 ここでは、手紙に添える時候の挨拶や文末表現を確認していこう。 時候の挨拶 カジュアルシーンでは頭語や結語は省き、季節柄を表すフレーズに続いて、相手への気遣いや相手の繁栄を喜ぶ気持ちを織り込もう。 6月は梅雨に入る季節だが、その年によって状況はさまざまだ。 相手の住む地域に合わせて相応しい言葉を選ぶと良いだろう。 ・今年も衣替えの季節を迎えますが、お変わりありませんか。 ・麦の穂の色づく季節を迎え、いよいよご壮健のことと存じます。 ・梅雨入りを控え、不安定な天候が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 ・梅雨寒の日が続いていますが、ご機嫌いかがでしょうか。 ・長雨の頃ですが、相変わらずご活躍のことと存じます。 結びの言葉 メールの場合と同様、口語体の柔らかい表現を選び、結びの言葉としよう。 その際は変化の大きい梅雨の季節柄から、相手を気遣う言葉をかけるとともに、夏にむけ前向きなメッセージを添えることで、読み手の気持ちも晴れやかになるだろう。 ・梅雨入り間近ですが、どうぞ健やかにお過ごしください。 ・青葉が生い茂る初夏の折、貴社のさらなるご活躍をお祈り致します。 ・梅雨冷えの日が続いております。 どうかご自愛専一にお過ごしください。 ・長雨の季節となりました。 お身体には十分おいといください。 ・梅雨明けが待ち遠しいこの頃です、どうぞ心穏やかにお過ごしくださいませ。 まとめ 改まったシーンで使う漢語調の挨拶から、普段のやり取りのなかでも利用できる口語調のカジュアルな挨拶まで、6月に相応しいさまざまな時候の挨拶を紹介した。 どんよりとした曇り空や長雨が続くかと思えば、晴れ間には本格的な夏を思わせる気候にもなる6月。 天候不順が続く季節だからこそ、メールや手紙の文面には、日本古来から受け継がれてきた、季節の移り変わりを表す時候の挨拶を使って、安否を気遣う気持ちや日頃からの感謝など、相手への配慮の気持ちを伝えてみてはいかがだろうか。 <お役立ちコンテンツ「ビジネスメール・手紙の挨拶文例」> <PR>•

次の

コロナウイルスについて気遣うビジネスメールの例文を紹介|ドドヨの腹ぺこ自由帳

コロナ ビジネスメール 文末

プライベートで体をいたわる場合には、普段相手に使っている表現で良いかもしれませんが、特にビジネスのシーンで、メールにて体調を気遣うようなシーンや複数人でお見舞いに行くようなシーンでは丁寧な言葉遣いが必須です。 何故なら、例えば相手との関係性が気の置けるものであっても、例えば「大丈夫?」「早く元気になってね」などというやり取りを見ると、非常にビジネス感にかけるものになるからです。 もちろんプライベートでお見舞いに行く場合はそれでもいいでしょうが、ビジネスシーンではそれに見合った丁寧さが必要になります。 例えば「お大事になさってください」という表現と「くれぐれもご自愛ください」という表現、そして「お体に気をつけてお過ごしください」という表現はそれぞれ使えるシーンが違ってきます。 どれかが使えて、どれかが使えないというシーンもあるので体調を気遣う言葉を正しく理解しておかなければ間違った言い回しで、相手の体調を気遣う言葉を伝えることとなります。 そのような状況では、相手も素直に喜べないことでしょう。 状況に合った正しい表現で、相手に体調を気遣う言葉を伝えていくことが大切です。 「お変わりないでしょうか」という表現は基本的に手紙等で久々に連絡を取る相手に使う言葉であり「新緑が清々しい季節となりましたがお変わりないでしょうか」といった形で使います。 このような言い回しを文章の書き出しで使うと、季節感と相手への気遣いが同時に伝わり、相手から好印象を持たれやすくなることでしょう。 「お元気でしょうか」という言い回しは比較的カジュアルでライトな言い回しになりますが「でしょうか」という丁寧な語尾になっているので、ビジネスでも使うことができる表現です。 「お久しぶりです。 お元気でしょうか。 本日はご相談がありご連絡いたしました」といった形でごく一般的に使われる表現です。 あまり改まった表現を使いたくないシーンでは選択肢に入れたい表現です。 この表現は体調不良の人を気遣う表現に見えるのですが「以前よりもだいぶ良くなられましたか」といった形で、以前に会った時に体調がやや悪かった人に対して、回復していることを前提に体調を気遣う表現です。 もちろん体調が回復していない可能性もあるので疑問形になっているのですが、十中八九体調が回復している状況でこういった表現を使いつつ相手に質問するのがベターであり、もしも回復していない可能性の方が高いのであればより心配している気持ちが色濃い表現を使った方が賢明です。 「お休みは取れてますでしょうか」という表現は「いつもお忙しそうですがお休みは取れてますでしょうか」といった形になります。 休めていれば体調を崩す心配がないのでそれを確認し相手に気遣いの気持ちを示す表現です。 「順調にやられてますでしょうか」という表現は「ご活躍はお伺いしてます。 相変わらず順調にやられてますでしょうか」といった形で使います。 相手が順調そうな時に相手からポジティブな言葉を引き出す気遣いの表現です。 体調不良の相手を気遣うスタンダードな表現であり「早く退院できるといいですね。 お大事になさってください」といった形で使います。 ここで注意したいのは「お大事にされてください」という表現もあるのですが、正しい表現は「お大事になさってください」です。 「する」の尊敬語は「される」なのですが、ここでは「なさる」を変形した「お大事になさってください」を使うのが一般的に正しい表現です。 間違いやすい部分になりますので認識しておきましょう。 「くれぐれも」という言葉を付け足すことで、気遣いの気持ちがより大きくなりますので、心配が大きい時に使いたい言い回しです。 「病み上がりはご無理をされず、くれぐれもお大事になさってください」といった形で相手に伝えることで、より強い気遣いの気持ちが伝わるようになります。 「養生なさってください」という表現は、長期の休みが必要な場合に使う相手の体調を気遣う言い回しです。 入院や自宅療養が比較的長期で必要な場合に使う言い回しで「仕事のことは心配せず養生なさってください」と使います。 「静養なさってください」という表現は「お体に気をつけてゆっくり静養なさってください。 万全な体調で復帰されるのを楽しみにしています」という形で使います。 静養というのは、養生よりも治療に専念して無理をせず休むニュアンスが強い表現になりますので、入院しているような状況では選択したい表現です。 「回復に専念なさってください」という表現は「今は回復に専念なさってください。 お体に気をつけてリハビリ頑張ってください」といった形で使います。 回復して欲しいという気持ちを強く伝えたい時に使う表現です。 「お体に気をつけてお過ごしください」という表現は「季節の変わり目で体調を崩しやすい時期にはなりますが、お体に気をつけてお過ごしください」といった形で使います。 メールで体調を気遣うスタンダードな表現です。 「お身体の調子はいかがでしょうか」という表現は「冬の足音が日々強まって参りますがお身体の調子はいかがでしょうか」という形で使います。 例文のように季節感のある表現と一緒に使うとビジネス感のあるメールになります。 この表現は「いよいよ2019年も残り1ヶ月となりますが、くれぐれもご自愛ください」といった形で使います。 この表現は「お体を大切にしてください」という意味合いの表現です。 ちなみにご自愛くださいという表現は病気の人には使えないので「お大事になさってください」とは使うシーンが大きく異なる言い回しになります。 「ご無理なさらないでください」という表現は「最近いつ会社に来てもお見かけしますが、くれぐれもご無理なさらないでください」といった形で使います。 相手に無理をしないで欲しいと伝えたい時の表現です。 この表現は「秋に入ったとはいえ残暑続く厳しい季節ではございますが、体調はお変わりないでしょうか」といった形で使います。 フォーマルな色の強い表現になります。 「体調はいかがですか」という表現は「忙しい時期ですが体調はいかがですか」といった形で使います。 外部や目上の上司に使うよりもやや砕けた言い回しではあるものの、ビジネス感があり仕事場でしっくりくる表現になります。 「お身体を大切にしてくださいね」という表現は「いつも頑張ってますけど、無理せずお身体を大切にしてくださいね」といった形で使います。 「くださいね」という言い回しが丁寧語でありつつ親しみのある言い回しになります。 「無理はせずお大事にしてください」という表現は「今は無理はせずお大事にしてください。 休む時にはしっかり休んでくださいね」といった形で使います。 ビジネスで使う表現の中でも親しみの強い表現となります。 この表現は「そんな薄着でいつも大丈夫なんですか。 寒さに気をつけてくださいね」といった形で使います。 例文のように相手の状況に応じて使います。 例文は相手が薄着で風邪をひかないか心配している言い回しです。 「日々お体に気をつけてください」という表現は「忙しい日が続きますが日々お体に気をつけてください」といった形で使います。 親しい相手を心配する時に使う表現です。 「ご心配いただきありがとうございます」という表現は「ご心配いただきありがとうございます。 明日には万全の状態で復帰できそうです。 明日からまたよろしくお願いします!」といった形で使います。 他の表現も紹介していきますが「ご心配いただきありがとうございます」という表現は、回復しているニュアンスを伝える場合に使う言い回しになります。 そのため返信例のように、ポジティブなニュアンスの言葉が続いていきます。 体調が回復しきっていない時でも使えますが返信例のような使い方がベターです。 「ご心配をおかけして申し訳ありません」は相手に対して本気で心配をかけている状況で使うことの多い表現で「ご心配いただきありがとうございます」よりも病状や怪我の具合が深刻な場合に使うフレーズになります。 「体調は徐々に回復してきており、今は自分で歩けるようになっています。 ご心配をおかけして申し訳ありません。 一日も早く退院し復帰できるよう頑張ります」といった形で使います。 「ご心配いただきありがとうございます」はポジティブな場合、「ご心配をおかけして申し訳ありません」はネガティブな場合の使用となります。 この表現は相手にこちらの状況を伝えつつも、文章の締めで相手に対し体調を気遣う表現で返答する言い回しで、他の返信例と組み合わせて使うことも可能です。 「ご心配をおかけして申し訳ありません。 徐々にではございますが体調は上向いてきています。 復帰日はまた改めてご報告いたします。 寒さが厳しい季節になりますが、〇〇様こそお体に気をつけてお過ごしください」といった形で使います。 自分自身も体調を気遣ってもらったことに対し同様のニュアンスで返答するパターンです。 ビジネスでの体調を気遣う言葉のレパートリーを増やそう! ビジネスにおいて体調を気遣う場面というのは意外に少なからずあるものです。 そんな時にものの言い方が分からずにそっけない言葉をかけたり、困ったように黙り込んだりしてしまうとビジネスのシーンにおける信頼に関わってきます。 そのため、体調不良の人にしっかり気持ちを伝える言い回しは大切になります。 様々な場面において、状況に合った言い方ができるとビジネスができるイメージと人格者で信頼ができる人物であるイメージを得ることができます。 ここで紹介した体調を気遣うフレーズのレパートリーをしっかり覚えて、ビジネスで信頼の厚い人物になれるよう役立ててくださいね!.

次の

【コロナ禍】挨拶文をメールで送るビジネスの例文と注意点!時候の使い方

コロナ ビジネスメール 文末

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は土井田みきさん(仮名・メーカー勤務・28歳)からの質問です。 「緊急事態宣言が解除され、6月1日からうちの会社も出社が基本となりました。 とはいえ、順次ということなり、社内でも誰がどのように働いているのかが把握しきれていません。 社外の人はなおさらで、コロナ前に比べると、締め切りなどのバッファも広めにとっていて、業務の進みが遅く感じています。 それは仕方がないと思っていますが、困るのはメールのやりとりです。 相手の状況がわからないだけに、急かしてもいけないし、とはいえのんびりしすぎても仕事になりません。 どのように書けばよいでしょうか」 感染者が少なくなってきて、緊急事態宣言も解除され、ひとつの区切りがついたかに思われたコロナ禍。 ですが、第2波の警戒が広がり、仕事だけに集中できないという社会になっています。 しかしながら、働いている限り、業務は進めなければいけません。 ビジネスのやりとりのベースにもなっているメールにも、新しいマナーが必要です。 冒頭の挨拶文や文末の締めには、どのような言葉が適切なのでしょうか。 鈴木真理子さんに聞いてみましょう。 文頭は通常通りでOK ビジネスにメールが使われるようになって以降、「ビジネスメールは手紙と同様の扱いであるから、慇懃なマナーがあってしかるべき」という初期から、「ていねいでありつつも、簡潔にわかりやすく」という中期を経て、働き方改革の後押しもあって「できるだけ時間をかけずにシンプルに」という流れができています。 件名は本文の具体的な内容がひと目でわかるように、本文は箇条書きやインラインを用いて、過去のメールを掘り返さずとも、そのメールだけ読めば解決できるように作成するといった、効率に特化したメール作成は、コロナ禍でも基本です。 冒頭の挨拶文も、すぐに本題に入ったほうがビジネスメールとしての機能を果たしますので、社外には「お世話になっております」、社内では「お疲れ様でございます」「おはようございます」といった、いつも通りのもので問題ないでしょう。 相手からの問い合わせや、自分が出したメールの返信にさらに連絡事項をメールする場合には、いつもの「ご連絡ありがとうございます」といった、感謝の言葉に加え、「おかわりありませんか?」といった相手の状況を気遣う言葉を添えられるといいですね。

次の