トマト 缶 ロール キャベツ。 【絶品&簡単】ロールキャベツの人気レシピ10選!つくれぽ1000以上の殿堂1位は?

トマト(缶)レシピ つくれぽ1000超えのみ厳選20選!

トマト 缶 ロール キャベツ

【美味しいロールキャベツのレシピが知りたい!】 寒くなるとより温かい食べ物が恋しくなりますよね。 ボリュームたっぷりで美味しいロールキャベツも食べたくなりますよね。 でも、ロールキャベツって難しそう! なんだか手間がかかりそう! という方もたくさんいると思います。 しかし、手順をしっかり守れば、ロールキャベツは割と簡単に作れます。 しかも、アレンジの幅があり、いろんな味のロールキャベツを楽しむことができます。 この記事では、簡単で、美味しい、ロールキャベツの作り方をご紹介していきます。 【まずはシンプルに!コンソメスープのロールキャベツの作り方】 最初にご紹介するのは、基本のコンソメスープ味の、ロールキャベツです。 この作り方さえマスターすれば、あとは手を加えて、様々な味に変化させることができます。 さあ、美味しいロールキャベツを作ってみましょう。 4人分の材料です。 まずは、ロールキャベツの葉の下ごしらえです。 キャベツは8枚用意してください。 葉についてる固く太い芯の所は切り落として、食べられそうな所だけみじん切りにしておきます。 こうすることでキャベツで肉ダネを包みやすくなり、キャベツ自体も柔らかくなって食べやすくなります。 次は、コンソメスープに入れる具の調理です。 ロールキャベツだけでも旨みは出ますが、さらに具を足すことによって、美味しいロールキャベツになります。 おすすめの具材と下ごしらえの仕方は、以下の通りです。 玉ねぎ半分程度をくし切りにする。 しめじなどのきのこを1株分、石づきを落としてほぐしておく。 ニンジン4分の1個をイチョウ切りにしてレンジで3分ほどチンしておく。 ベーコン2枚程度を短冊切りにしておく。 ベーコンを加えることで、さらに旨みや深みが増すのでおススメです。 次は、ロールキャベツの、肉ダネの作り方とロールキャベツの巻き方です。 豚ひき肉250~280g程度に、玉ねぎのみじん切り4分の1個ぶん、さきほどみじん切りにしたキャベツの芯、牛乳に浸しておいたパン粉大さじ1、塩コショウ少々、あればスパイスミックスなどを少々、片栗粉を小さじ1をよく混ぜて、よく捏ねておきます。 肉ダネを8等分にし、キャベツを1枚広げて、キャベツの根元の芯のあたりに等分した肉ダネの1つを置きます。 肉ダネがあふれないように、キャベツの両端を内側に入ながら、キャベツを巻いていきます。 少しきつめに行ってください。 キャベツがゆるゆるだと、形が崩れたり、肉ダネが飛び出る可能性があるからです。 さあ、最後の加熱の過程です。 鍋にロールキャベツを入れ、ロールキャベツがかぶるくらいに水を入れます。 あとは酒、みりんを少々と、潰して粉末状にしていたコンソメキューブ2個 あるいは顆粒タイプのコンソメ2袋 を混ぜて鍋に入れます。 さらに準備していたコンソメスープの具を入れます。 ベーコン、にんじん、たまねぎ、きのこの順です。 ふたをして蒸し煮にします。 最初は中火程度で煮て、沸騰したら弱火で20分程度煮て完成です。 味見をしてスープの味が足りない場合は、塩コショウや、コンソメを足してください。 【トマト缶でイタリアンなロールキャベツの作り方】 基本のロールキャベツの作り方の応用編です。 上記のレシピの水の分量を3分の1減らし、調味料はやスープの具はそのままでトマト缶 カットトマトやピューレ状のもので。 ホールトマトの時は潰して使う を1缶分まるごと入れます。 具にアレンジをしたい方は、みじん切りにしたセロリやパプリカがおススメです。 あとは上記の通り煮込むだけです。 焦げやすいので時折鍋をチェックしてください。 煮込んだら、ドライバジルを散らして完成です。 生のバジルをちぎって入れても風味豊かで美味しいです。 食べる時に、タバスコや粉チーズを加えても美味です。 また、このようなアレンジ方法もあります。 ロールキャベツを取り出し、汁気を切って、残ったトマトスープを煮詰めてトマトソースにします。 バターやオリーブオイルを塗ったグラタン皿にトマトソースをしき、ロールキャベツを乗せ、さらに上からトマトソースをかけてチーズをたっぷり乗せて、トースターで焼くのもおすすめの食べ方です。 いつもと違った味わいと食感を楽しむことができるでしょう。 【おでんのスープで!ロールキャベツの作り方をアレンジしよう!】 おでんの具としてもロールキャベツは人気ですよね。 最初から具と一緒に煮込むのではなく、一旦おでんを作ってしまってから、別の鍋でおでんつゆと一緒に、ロールキャベツを煮込む作り方がおススメです。 そうするとロールキャベツが、煮崩れした時におでんがぐちゃぐちゃになるのを防げますし、すでに完成したおでんのスープをロールキャベツに吸わせるので、うまみが増したロールキャベツを作ることができます。 鍋に巻いたロールキャベツをおいて、冷ましておいたおでんのつゆがかぶるくらいに注ぎます。 つゆが足りない場合はダシの素を水で溶かしておいたものを加えます。 あとは同じように煮込むだけです。 出来上がったロールキャベツを、おでんと一緒に食べてください。 からしや、七味唐辛子、おろししょうがなどを加えても美味です。 【さぁ、今夜は美味しいロールキャベツを食べよう!】 美味しいロールキャベツの作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか? ちゃんとポイントさえ掴めば、ロールキャベツはいつものごはんのレパートリーになります。 味もアレンジすることで、飽きずに美味しいロールキャベツを楽しむことができます。 今夜から、ぜひとも作ってみてください!.

次の

トマト(缶)レシピ つくれぽ1000超えのみ厳選20選!

トマト 缶 ロール キャベツ

ロールキャベツで一番オーソドックスな味付けは コンソメスープです。 材料はシンプルにコンソメ、ブイヨン、塩、胡椒です。 味付けはあっさりしているので、中には、ロールキャベツの上にケチャップをかける人もいます。 次に トマトスープは子供にも人気があります。 トマト缶を使えば簡単にできるし、トマトの味がひき肉にピッタリです。 そして、トマトソースと同じく クリームソースも人気があります。 シチュー感覚で食べられるので、付け合わせに温野菜などを入れる人もいます。 また日本独特の味として、 和風だしを使ったロールキャベツもあります。 おでんの具材としてロールキャベツを入れるお店もあるので、ボリュームたっぷりでこちらもおすすめです。 ロールキャベツは、上手くタネを巻くことが見た目の完成度を左右します。 子供がいれば、出来るだけ楊枝も使いたくないと思います。 キャベツの葉だけで巻くポイントは二つです。 ひとつ目は、大きいキャベツの葉を使う場合は、 芯をそぎ落としてなるべく平らにして巻くことです。 ふたつ目は、 小さいキャベツを何枚も重ねて隙間をなくすことです。 最後に、キャベツを巻いた後は、両端をキャベツを破らないように 指で押し込んでしまえば完成です。 鍋にはロールキャベツ同士隙間が出来ないように入れれば煮崩れしません。 また、そぎ落とした芯は、千切りにしてロールキャベツのタネの材料にしてしまえばキャベツを余すことなく使い切ります。 その他にちくわとごま油で炒めればもう1品できます。 万能な野菜なので、捨てずに活用してください。 ロールキャベツの簡単アレンジレシピで最も人気が高いのが 「巻かないロールキャベツ」です。 その名の通り、タネをキャベツに巻かないで、トマト缶を使ったソースと絡めるだけの時短レシピになります。 紹介したのは、炊飯器を使って作る巻かないロールキャベツですが、お鍋やフライパンを使っても出来ます。 お鍋やフライパンを使うときは、くりぬいたキャベツにタネを入れ、トマトソースの中に タネが見える方を下にして煮込みます。 取り出すときにフライ返しなどを使って崩れないようにお皿に盛りつけるのが難しいかもしれませんが、見た目のボリュームは満点です。 その他に、 ミルフィーユのように作る巻かないロールキャベツもあります。 キャベツの葉に小麦粉をまぶし、その上にタネを平らに伸ばすようにのせます。 それを何枚か重ねて行い、お鍋やフライパンに隙間なく敷き詰め、お好みのトマトソースを作れば完成です。 「スコップ」というのは、 一つの大皿料理をみんなでつついたりすくって食べる料理のことを言います。 ロールキャベツもスコップレシピがあり、こちらもキャベツを巻かずにグラタン風に仕上げているトマトを使ったスコップ料理になります。 ちょっとした自宅での 持ち寄りパーティーやキャンプなどでも大活躍できるレシピです。 超コスパのレシピにするなら、 トマト缶ではなくトマトジュースを使ったり、ヘルシー志向にしたいのなら、 合いびき肉を鶏肉に変えるなど、アレンジは沢山あります。 他のロールキャベツのレシピより失敗が少ないので、初めておもてなしをするなら、トマト缶を使ったスコップロールキャベツレシピを覚えておくとお得だと思います。

次の

HACK

トマト 缶 ロール キャベツ

出典:PIXTA スーパーでも気軽購入することが出来て便利なトマト缶。 生のトマトを使うのも美味しいですが、トマト缶を使えば簡単&時短で美味しい料理ができちゃいます!「トマト缶=パスタ料理」などのイメージも強いですが、他にもバリエーションに富んだ料理がたくさん!美味しいだけでなく、身体も喜ぶレシピがとってもたくさんあるんです。 今回はそんなトマト缶を使ったレシピを、実際にInstagramで投稿しているユーザーの方に教えていただきました。 レシピを参考に、是非作ってみませんか? 便利なトマト缶を使ったメイン料理 まずは定番のパスタなどメイン料理から紹介します。 とっても簡単なのに、おもてなし料理にもピッタリの一品です! 鯖とツナのトマトソースパスタ @hikoruru. パスタの茹で上がりのタイミングを合わせ、茹で汁少々を加えてもいいです。 これでトマトソースは完成です。 鍋(深めのフライパンでもOK)を用意し熱してオリーブオイル又は無塩バター大さじ1を引いて、手で小分けしたしめじ、舞茸、カットしたエリンギを炒めます。 次にごはん、トマト缶、水、コンソメ又はブイヨンを入れ、とろみが出るまで煮込んだら塩・胡椒で味を整えたら火を止めます。 皿に盛り付けて、粉チーズ・ドライパセリを適量掛ければ出来上がりです。 お好みで更にオリーブオイルを回し掛けてもOKです。 玉ねぎを千切り、にんにくとパセリをみじん切り 2. フライパンにオリーブオイルをしっかりしき、にんにくを炒める 3. トマト缶、刻んだパセリを加える 4. にんにくが飴色になったら、玉ねぎを加えて炒める 5. 塩胡椒で味付けし、味が整ったらパルメザンチーズを加える 【ニョッキ】 6. 茹でたニョッキと茹で汁を、5. のトマトソースに加える 【盛り付け】 7. お皿によそい、パルメザンチーズをふりかけたら完成 栄養たっぷりトマト缶を使ったおかず 次はトマト缶を使ったおかずを紹介。 ボリューム満点のおかずは、普段の食事はもちろん、パーティーなど特別に日にもピッタリ! トマトロールキャベツ @amanatsu. フライパンにオリーブオイル・にんにくを入れて中火で熱し、香りがでたら玉ねぎを加えてしんなりするまで炒める。 [1]にトマトホール缶を加え、ひと煮立ちしたら弱火にし、コンソメ・オレガノを加える。 塩・胡椒で味をととのえる。 キャベツは芯をくり抜き流水に当てながら葉を一枚ずつ丁寧に剥がす。 [1]のキャベツの葉は熱湯で茹で、ザルにあげて粗熱を取る。 粗熱が取れたら芯の厚い部分を削ぎ落とす。 フライパンにサラダ油を中火で熱し、玉ねぎがしんなりするまで炒めて粗熱を取る。 ボウルに合いびき肉と塩を入れ、粘りが出るまでよく練り混ぜる。 [3]の玉ねぎ・牛乳・パン粉・ナツメグ・胡椒を加えてさらによく混ぜ、タネを8等分にして俵型にまとめる。 [2]のキャベツに[4]のタネをのせ、手前からひと巻きし、左右の葉を内側に折り込みきつめに巻いていく。 巻き終わりを楊枝で止める。 巻き終わりを下にして鍋に隙間なく並べる。 水を回し入れ、コンソメ・ローリエ・ベーコンを入れて中火にかける。 ひと煮立ちしたら弱火にし、蓋をして30~40分煮る。 塩・胡椒(分量外)で味をととのえる。 ひき肉に塩・こしょうをふり、フライパンで炒める。 Aを加えて煮詰める。 じゃがいもは大きめに切り、竹串が通るまでゆでる。 1に2を加え、くずれないように軽く混ぜてソースをからめる。 耐熱皿に移し、チーズをのせてオーブントースターで焼き色が付くまで焼く。 お好みでドライパセリ(分量外) をふる。 ニンニクはみじん切りに。 (チーズは端に余白を残しておくと焼いた時にチーズが流れにくくなります。 焼き色がついたらもう片面も焼く。 カリッとさせるため、フタはしなくていいです。 トマト缶を加えて水分を飛ばしながら少し弱めの中火で炒める。 トマト缶を使っていろいろ作ろう!.

次の