ひぐらしのなく頃に 元ネタ。 28ページ目の[ ひぐらしのなく頃に ]

ひぐらしのなく頃に奉

ひぐらしのなく頃に 元ネタ

(ゆー)とは、『』のである。 概要 は、でもさまざまながあるため、で説明する。 「」・・・。 祟殺し編EDロールから発想された(のなかせ方5)が、 は明し編EDとして使用。 当初は、「Tha」の変した曲という扱いであった。 でと呼ばれる歌。 「 」・・・///版。 だが、 認で一部も担当。 「(明し編収録)」・・・版。 「」(&発売)にて生にしたが会にて、発売される。 の間で非常にが高く、までにも多くの・が相当な数の版を発表しており、Verも複数存在する。 が似ている事から、がした『』や、「」の『』と較、されることが多い。 採用作品 では、楽曲だけでいえばやなどと同時期から高い知名度を持ち、数多くのに使われている。 に部分を担当することが多い。 関連動画 アレンジメドレー 歌ってみた マッシュアップ 関連商品 中で流れるが収録されているのは左の2つ。 関連項目• と色んなものを.

次の

28ページ目の[ ひぐらしのなく頃に ]

ひぐらしのなく頃に 元ネタ

同人ゲーム「ひぐらしのなく頃に」、鬼隠し編~皆殺し編までのネタバレです。 未プレイの方は読まないでください。 「ひぐらしのなく頃に」のルールX「不確定の人物が疑心暗鬼に陥り、事実と異なる幻覚を見て凶行に走る」と ルールY、「どのシナリオでも共通して起こる、強い意思の元で実行される殺人」 の2つに関わってくるのが「雛見沢症候群」という架空の病気。 疑心暗鬼に陥り周囲が自分を殺そうとしているという妄想に取り付かれ、自分が恐れているもの、怖がっているものが実際には無くてもそこにあると信じ込んでしまう事実誤認を引き起こし、末期になると自分の喉を掻き毟って死ぬ・・・・・・・などというトンデモな症状を持つありえない病気だ。 この病気は雛見沢村の風土病で他の土地にはその病原体がなく物語の中での現代、昭和58年にはほとんど無害であり、発症する確立はきわめて低いものとされている。 昔は雛見沢という村から外に出ると発症し、雛見沢という病原菌にとって適応した環境のもとでは発症せず、それが「雛見沢から出て行くと祟りに会う」という迷信に繋がったのだとされる。 雛見沢から出ていかなかければ発祥することは無いのだと。 「鬼隠し編」でこの病気を発症してしまった圭一は物語の冒頭で親戚の葬儀のため3日間村を離れていたために発症してしまい 「綿流し」、「目明し」で詩音は村から離れた全寮制の学校に入れられたために発症してしまった。 レナは子供の頃に茨城に転向してしまったために発症し、疑心暗鬼の末に転向先の学校で友達をバットで殴り、喉の傷口から「うじ虫」が湧くという「幻覚」を見たのだと説明がつきそうに見える。 けど・・・・・・・。 なんとなくしっくりこない。 圭一、詩音、レナは自然発症したように思わせられているが、「村から離れていたために奇病になる」という設定がなんだか気に食わない。 雛見沢症候群という病気の設定自体トンデモでぶっ飛びすぎていてありえないのだが、しかしこんな病気は実はなく人為的に作られた細菌兵器によるものだといわれたほうがまだ納得出来るような気がするのだ。 「雛見沢症候群」なんて病気は実はなくて、実は黒幕「東京」の開発した細菌兵器であり、「ひぐらし」でこの病気に感染したとされる人物は黒幕からこの細菌になんらかの方法で感染させられたのではないか?という見方から考えを進めてみようと思う。 「罪滅ぼし編」の鷹野さんのスクラップの中に「雛見沢の住民に見られる異常なホームシックは風土病によるものである可能性」であるとほのめかされる部分がある。 また、「皆殺し編」においては高野一二三なる人物が昭和20年に記した「雛見沢村出身の人間は村の外では幻覚に囚われた挙句に凶行に至る」ことからこれは風土病によるものであると断定した文書があるとほのめかされるが、これってほんとはどうなんだろう? 鷹野さんの場合は「東京」の構成員であり「雛見沢症候群」の存在を知っていたから面白半分でありえないような仮説をスクラップに記したということはないように思えるが、実は鷹野さんはこんな病気はないと知っていた、この病気の正体は人間が開発した細菌兵器であることを知っていた可能性がある。 このスクラップに記していたことは自身の考えではなく「悪意」によって記されたブラフである。 こう記すことにより「疑心暗鬼」と「凶行」を発生させられることを知っていたんじゃないだろうか? この記述がトリガーとなり「惨劇」が引き起こせると思っていたのだ。 そして実際、レナはこの記述と自身の幻覚を関連付け妄想に陥り凶行に走る。 昭和20年の高野一二三は鷹野さんの祖父であろうと思われる。 祖父は「雛見沢特有の風土病」が存在すると思い込んでいたんじゃないだろうか? 孫である鷹野さんも「東京」もそんな病気が存在しないことは知っていたが、この高野一二三が主張する実在しない風土病から着想を得た細菌兵器の開発に着手する、と考えたほうが俺の中では納得がいく。 「ひぐらし」の中でこの病気を発症したものは鷹野さんか鷹野さんの部下によってこの細菌を投与されたと思う。 つまり「雛見沢村から出て行ったことにより風土病が発症する」ということはない、ということだ。 「鬼隠し編」で雛見沢症候群を発症した圭一は風邪を治すために入江診療所に出かける。 「東京」の隠れ蓑である診療所では容易に雛見沢症候群の病原体を相手にそれと知れず投与することが可能だ。 実行犯を鷹野さんだとすると、表向きは看護婦だとされる鷹野さんが圭一に渡した風邪薬の中に病原菌を混入させてしまえば雛見沢症候群を発祥させることが出来る。 「罪滅ぼし編」のレナも夏風邪を引いたらしくボーッとしているという描写がある。 はっきり描写されていないが彼女も風邪の治療のため診療所に出かけた可能性は高い。 あるいはレナが図書館で鷹野さんと出会い、アイスティーをおごってもらうという描写があるが、このアイスティーの中に病原菌を混入させられたと考えればレナが雛見沢症候群にこの時点で感染させられ、その上で鷹野さんはレナの疑心暗鬼をあおるために珍説奇説で埋められたスクラップブックを読ませレナが暴走していくのを目論んでいたのかもかもしれない。 茨城でレナが病気を発症したらしい点に関してはわからない。 物語の時代設定の中では過去のことであり詳しい状況がわからない。 シナリオでは明かされなかったところでレナが病原体を投与されていた可能性はある。 「綿流し編」、「目明し編」で凶行に走った詩音だが診療所に出向いたという描写はなく、図書館で鷹野さんに出会いスクラップブックを見せられてはいたが何か飲み物を鷹野さんからもらったという描写はない。 アイスティーだったかミルクティーだったかを自分で買って飲んでいたらしいという記述があるのがちょっと気になる。 詩音が見ていない隙に鷹野さんがこのミルクティーの中に病原体をこっそり入れたという可能性もないことはないが・・・・・。 が、詩音の凶行は雛見沢症候群によるものだったのだろうか? 悟史の失踪を園崎家の陰謀だと疑心暗鬼に囚われはしたが「鬼隠し」の圭一や「罪滅ぼし」のレナにはあった事実誤認は詩音にはなかったように思える。 疑心暗鬼の果てに鬼のようになり恐ろしい殺人を繰り返すものの、幻覚を見たということはなく、判断力はむしろ一貫して冷静冷徹である。 圭一、レナのケースとは違う。 喉に痒みを覚え掻き毟るということも詩音にはなかった。 圭一とレナにはあった。 詩音は病気のせいではなく、あくまで自分の愛した悟史を想う感情の強さにふりまわされていたんじゃないか? 詩音に雛見沢症候群と思われる症状が現れるのはラストでアパートに殺したはずの魅音の幽霊が現れるところである。 この時点では詩音は幻覚症状を起こす病気に感染しているように思われるが、詩音は一連の犯行の後、病院に連れて行かれた。 もしそこが入江診療所であったなら鷹野さんから病原体を投与された可能性がある。 動機としては詩音が梨花ちゃんを殺したため雛見沢大災害を決行するという計画を台無しにされた鷹野さんの復讐。 鷹野さんが詩音こそが真犯人であることをどうやって知りえたのかは不明だが、テロ組織「東京」ならそうした情報を掴むことも不思議じゃない。 病院で病原体を投与されたために詩音はぐぎゃぐぎゃしたんじゃないだろうか? 圭一、詩音、レナに雛見沢症候群の病原体を投与した理由は、あの悪魔のような鷹野さんなら 「面白そうだから」、「細菌の効果を知りたかった」、「兵器としての実用性を証明するため東京が人体に細菌を投与することを支持した」など考えられる。 沙都子は「雛見沢症候群」のレベル3として診療所で治療を受けていた。 診療所に通っているのだから、しかも注射を鷹野さんから受けていたのだから病原体に感染させられる機会はいくらでもある。 悟史は雛見沢症候群の感染者に見られるオヤシロ様の足音を聞く(たぶん羽入がストーキングしていた)という症状が見られたらしいのでどこかで病原体を投与された可能性があるがシナリオの中では明かされていない。 そもそも「雛見沢村を出て行った村人が病気を発症する」というのは信憑性が薄い。 バカバカしいトンデモな架空の病気とはいえ、それならもっと症例が確認されているか、それまで村は決して誰も出ることが出来ない脱出不可能の村とされているはず。 「村から出て行くと祟られる」という迷信は確かに有るが、それなら雛見沢には若者がもっといないとおかしくないか? 「罪滅ぼし編」で魅音も言っていたが雛見沢は過疎化が問題となっている。 村から出て行った人々は大勢居居るのだ。 レナのように村を出た後、祟りに会って、もしくは病気を発症して帰ってきた例は例外なのだ。 村を出ても病気にならない。 雛見沢症候群は存在しない。 それをあたかもあるかのように信じ込まされている。 そうしているのは鷹野さん本人か、鷹野さんのバックにいる「東京」の上層部。 信じ込まされているのは入江、富竹、梨花ちゃん。 病原体が人為的に作られた細菌兵器だとしたら協力が得られないからだろう。 雛見沢大災害の真の目的は細菌兵器開発が露呈しそうになったことから、雛見沢症候群という病気がブラフであったという証拠を根絶するためか? やはりこういう病気は存在していたと思わせつづけるために証拠となる村の存在そのものを消そうとしていたのだろうか?.

次の

ひぐらしのなく頃にの登場人物

ひぐらしのなく頃に 元ネタ

概要 『ひぐらしのなく頃に』とは、により製作された。 で、2002年夏から順に一編ずつ発表された。 原作の・・は。 このがメディア展開し、、、、コンシューマーゲーム、実写劇場版が製作された。 昭和50年代の架空の村落・村を舞台に、村にまつわる古い因習「綿流し」を軸にして起こる、謎の連続怪死事件を題材にした作品。 前半は明るくコメディタッチな日常描写が多く、キャラクターや状況になじんだところで、後半の重い惨劇描写が降りかかってくるため、その落差によってストーリーがより印象深いものとなっている。 ストーリーを追うだけでも十分楽しめるが、提示される謎について「なぜそんなことになっているのか」推理・考察を展開するのも「ひぐらし」の楽しみ方のひとつであり、オフィシャルサイトの掲示板やファン各人のサイト等で推理・考察・意見交換がさかんに行われた。 各編はそれぞれがの様に、『 似通った時間軸で進むが別個の物語』という関係になっている。 その為、類似した結末を迎えるストーリーを繰り返し俯瞰しながら真相を探っていくという、 としての側面も含んでいる。 作品の性質上、残虐性を強調した殺傷表現など暴力的・猟奇的な描写があり、コンシューマーゲームへの移植時にCEROの審査区分はD(17才以上対象)とされた(コンテンツアイコンは「暴力」のみ)。 また、この作品は単にエンターテイメントとしてだけでなく、多くの社会的メッセージも含む。 雛見沢村やそこに関わる人々の目を通して、読者に様々な問題提起を行う。 原作ではその特徴が顕著である。 各編の冒頭に登場するが、作品に更なる深みを与えている。 ストーリー 昭和58年5月、都会から寒村・雛見沢村へ転入してきたは新しい学校になじみ楽しい毎日を送っていた。 ある日、毎年村の祭「綿流し」の日に一人が死に一人が消えるという連続未解決事件のことを知る。 そのことを周囲の友人らに尋ねても皆が口をつぐみ否定され、何が正しいのかも解からなくなっていく。 「運命なんてな、金魚すくいの網より薄くて、簡単に破れるもんだってことを覚えておけよ!」 原作 同人ゲーム 連作式の。 対応のパソコンゲームである。 他ので見られる「選択肢によるストーリー分岐」が存在せず、プレイヤーは最初から最後までテキストを読み進めるのみである。 『ひぐらしのなく頃に』 第1話「」 第2話「」 第3話「」 第4話「」 『』 第1話「」 第2話「」 第3話「」 第4話「」 『』 ファンディスク 「」「」「」 『』 「雛見沢停留所」とは、平成12年 2000年 頃に執筆された舞台脚本で、後に「ひぐらしのなく頃に」の原点となった戯曲作品。 詳しくはを参照。 メディアミックス コミック 原作の・・ファンディスクの内容全てがコミック化されている。 また、原作者書き下ろしシナリオのコミック化として、「」「」「」「」がある。 アニメ 原作の・・ファンディスクの内容全てがアニメ化されている。 第1期「ひぐらしのなく頃に」 TVアニメとして2006年4月から同年9月まで、、、(約2ヶ月遅れ)他にて放送された。 全26話。 原作より「」「」「」「」「」「」をアニメ化。 千葉テレビ以外のネット局では、エンドカードにおいて「この物語はフィクションです」と言う趣旨の説明が表示されたが、局によって、いわゆるブルーバックであったかとオープニングタイトルバック画面を流用したかと言う違いがあった。 とにおける放送局が、それぞれ、に変更されている。 原作「」のエピローグの「」、オリジナルエピソード「」、原作「」「」をアニメ化。 全24話だが、一部ネット局では途中で放送を。 2007年9月18日午前4時にの犯行状況にこの作品を思い起こさせるものがあったためにこのような措置を執ったとされる。 inazawa 作曲 中沢伴行、島みやえい子 interface、bermei. inazawa 第3期「」 として2009年2月から同年9月にかけて発売された。 全5巻。 「」の特典小冊子より「」、原作「」「」をアニメ化。 第4期「」 として2011年7月21日より発売されている。 全4巻。 原作より「」、オリジナルエピソードの「」「」「」をアニメ化。 第5期「」 として2013年11月22日より発売されている。 全1巻。 「」オリジナル・サウンドトラックの特典小冊子より「ひぐらしアウトブレイク」をアニメ化。 新作 制作により、2020年7月から放送予定だったが関連により制作スケジュールが乱れ放送開始が延期されることが。 その後したい意向を明らかにしている。 なお、これに先立ち、同年4月からにて第1期の前半部分が放送されている。 原作より「」「」「」「」「」「」「」「」がドラマCD化されている。 コンシューマーゲーム 「」 アルケミストによるプレイステーション2への移植版。 「」 アルケミストによるニンテンドーDSへの移植版。 「」 同人サークルによる対戦アクションゲーム。 アルケミストによりに移植されている。 「ひぐらしのなく頃に 」 dwangoより配信中のオリジナル携帯ゲーム。 「ひぐらしのなく頃にTactics」 そらゆめより配信中のメガアプリ対応機種用携帯ゲーム。 「」 AQインタラクティブよる麻雀ゲーム。 PSPに移植されている。 「パチスロ」 オーイズミによるパチスロ機。 アルケミストによりに移植されている。 「ひぐらしのなく頃に粋」 2015年3月12日に加賀クリエイト 加賀電子 より発売されたシリーズ完全版。 対応機種はと 公式サイト 現在は加賀クリエイトが2015年12月31日をもって解散したため見れなくなっている には以下の16の収録シナリオが紹介されている。 「ひぐらしのなく頃に奉」 2018年7月26日に版が、2019年1月24日に版が発売。 メーカーはエンターグラム。 「粋」に収録のシナリオに加え『』、『ひぐらしアウトブレイク』とその続編の『ひぐらしアウトブレイク ~神姦し編~』に加え、『雛見沢停留所』も追加 停留所のシナリオはコミック作画担当のともぞ氏がイラストを手掛け、CVも舞台版で担当した二人〈梨花役:、魅音役:〉が担当。 SWITCH版発売当初は新規シナリオにのボイスはCV担当の氏が病気療養中だったため入っておらずのちのアップデートで。 実写劇場版 原作「」をベースとして「ひぐらしのなく頃に」が製作された。 原作「」をベースとして「ひぐらしのなく頃に誓」が製作された。 版 2016年5月20日からBSスカパー! にて「ひぐらしのなく頃に」がオリジナル連ドラとして放送された。 ベースとなる原作は「」「」「」で、全6話。 2016年11月25日からBSスカパー! にて「ひぐらしのなく頃に解」がオリジナル連ドラとして放送された。 ベースとなる原作は「」「」で、全4話。 主演は稲葉友。 主要キャストはからオーディションで選出された。 タイトルは『ひぐらしのなく頃に奏』 公演日は2016年9月23日、会場は芸術文化センター 風のホール。 雛見沢村の風景は、である岐阜県大野郡 を参考にしたものであるため、として現地に行く者も多い。 また、原作者がリスペクトする作品へのオマージュが色々見られる。 のWindows版作品の等に見られる特徴的なデザインの巫女服や、のに登場したと等がその一例である。 なお、後者は事後承諾済みである。 MOBILEは本作を意識しており、マチェットの説明文に「嘘だッ!」と書かれている。 関連タグ 個別 関連作品 作品全体を通して 共通点の多い作品。 また、 役の氏の声優になるきっかけが「ひぐらしのなく頃に」 その中でも、役の氏の演技に感銘を受けた だったという。 竜宮レナ、園崎魅音、園崎詩音、古手梨花、北条沙都子が参戦。 このうち、魅音&詩音と梨花&沙都子はタッグを組む。 原作ゲーム版においてコラボを行った……だけで済めば良かったのだが、何とでもコラボをしてしまった。 しかも、原作者 許可済である。 アニメ3話でコラボしたのみならず、アニメ最終回のEDにて3話に登場したキャラの後ろ姿が登場している。 ちなみに、ラスピリのとひぐらしのはCVが。 もっと言うととしても作品ジャンルが同じという驚異のシンクロ率。 映画「」 、監督:大林宣彦 昭和58年つながり。 SF要素でもつながっている。 のエンディング曲「対象a」は、 ひぐらしの世界感をのとに重ねて、この物語のテーマを暗示している。 カップリング 詳しくはを参照。 これを見たあなた、どうか続きを編集してください。 それだけがわたしの望みです。 他の言語・表記揺れ• 関連記事 親記事.

次の