泣ける 映画ランキング。 泣ける恋愛映画ランキング35選!日本・海外別のオススメ作品は?

最近泣くことがない大人に是非見て欲しい絶対に泣ける映画【10選】

泣ける 映画ランキング

ストーリーは主演2人が所属する4ピースのバンド「ザ・ストロボスコープ」を中心に展開。 バンド内の複雑な恋愛関係を交えながら、変えることの出来ない運命を何とかしようと奮闘する恋人達のストーリーです。 事故で死ぬ運命となるヒロイン葵海(miwa)と一緒の未来を生きようと、幼馴染の陸(坂口健太郎)はレコードを使って100回過去をやり直そうとしますが…。 運命の日となるのは、100回目の葵海21歳の誕生日7月31日。 2人はどの様な決断を下すのか、ぜひご鑑賞下さい。 映画の中でストーリーにマッチした音楽が流れる時、泣きたい気分にさせられますよ。 当時、人気シンガーソングライターYUIの女優デビュー作として注目され話題に。 薫の病は、XT 色素性乾皮症 という太陽光に当たれない難病です。 日課は、深夜の路上ライプと窓の外を眺めること。 正反対に太陽のもと海へ出かけるサーフィン少年は、いつしか気になる存在となります。 偶然出会い二人は親交を深めますが、あるきっかけで太陽光に当たった薫の病が進行し余命わずかの状態に。 彼女が生きた証であるCDの曲が流れる時、孝治の隣に薫の姿はあるのでしょうか?劇中歌である「Good-bye days」のメロディーとともに迎える結末に、涙が優しく誘われます。 累計部数1000万部以上を売り上げた大人気コミックスを2部構成で映画化したラブストーリーです。 北海道の恋人同士である高校生の七美(吉高由里子)と矢野(生田斗真)はやがて遠距離恋愛に。 矢野失踪で破局しますが、成長し東京で再び再会することに・・・。 長い時間を経ても、同じ人を思い続ける主人公の想いに泣きたい気分となり胸をうたれます。 一途だった懐かしい青春時代に浸りたい方におすすめの人気映画です。 主人公の杏(夏帆)が島根に引っ越してきた14歳から26歳までの12年間を、砂時計の過去・現在・未来になぞらえて描かれた壮大な作品です。 両親の離婚後に引っ越した島根で、杏は3人の幼馴染と出会います。 中でも母親が自殺した際に励ましてくれた大吾(池松壮亮)との約束は、杏の生きる支えとなります。 恋人同士になる大吾と杏でしたが、4人の幼馴染間で起きる複雑な恋愛模様の末に破局。 時は流れ、2人の運命は再び交わろうとしますが…。 紆余曲折を経て2人が辿りついたこたえとは?エンディングで流れる「帰りたくなったよ」のメロディーに泣きたいような気分に浸される作品です。 自分の余命が短いと知る母親は、娘に「犬を飼う時の10の約束」を伝えます。 母親が亡くなり落ち込むあかりを癒したのはゴールデンレトリバーのソックスでした。 大人になりソックスの寿命が近づいた時、アカリ(田中麗奈)は忘れていた約束を思い出すのです。 当たり前と思いがちの命ですが、誰にでも終わりが訪れます。 命の尊さに気づいた主人公の気持ちに寄り添う時、きっと泣きたい気分になるはずです。 人気漫画家いくえみ綾の同名コミックを映画化した作品です。 いくえみ綾作品の持ち味である、飾らないまっすぐなセリフが心に刺る人気作品です。 高校時代に幼馴染で想い人でもある人を交通事故で亡くしたカンナ(長澤まさみ)は、恋愛に怯え生きています。 幼稚園時代に遠足で一緒にいた女の子を目の前で亡くした禄(岡田将生)も、同じ苦しみを抱えています。 互いの苦しみを理解した時、2人は過去を受け入れるべく動き出します。 同じようなトラウマを抱えた2人が悩みながらも前に進もうとする姿に、自然と涙がこぼれます。 トラウマを乗り越える過程に感動します。 おすすめの映画です。 大ヒットした一青窈の楽曲「ハナミズキ」をモチーフにした邦画ラブストーリーとなります。 釧路で主人公の平沢紗枝(新垣結衣)は外国で働く夢の為に東京進学を目指します。 漁師の息子で恋人の木内康平(生田斗真)からの励みもあり、無事東京へ進学し遠距離恋愛がはじまります。 しかし大学4年の時、すれ違いで別れることに。 一度は別々の相手を選んだ2人ですが...。 お互いの幸せを願い別々の道を選んだ2人の道が、やがて近づくゴールに向かって少しずつ交わるストーリー展開に感動します。 紗枝の家の庭に埋められた「ハナミズキ」が招く泣ける結末に、浸ってみて下さい。 1999年に発売された梶尾真治の小説を映像化した本作品。 劇中の歌姫を演じた柴咲コウの歌唱力も話題となりました。 九州の阿蘇地方で死者が蘇る怪奇現象が発生します。 厚生労働省で働く主人公の川田平太(草彅剛)は、状況調査の為に現地へ赴き亡き親友の婚約者である葵(竹内結子)と再会。 調査の結果、川田は黄泉がえりのある法則に気が付きこの現象のタイムリミットが近いことを悟ります。 そして再会した人々は…。 限られた奇跡のような時間を過ごす人々の姿に、泣けること間違いなしの作品です。 映画ランキングでも評価が高く人気の邦画です。 原作は市川拓司が執筆したファンタジー恋愛小説です。 人気演技派女優の竹内結子が母親役を務めたことでも話題となりました。 ある雨の日、妻を失くした秋穂巧(中村獅童)と1人息子の佑司(武井証)との生活に、亡くなったはずの妻の澪(竹内結子)が現れます。 何故か記憶のない彼女に、2人は幸せな想い出を語るのです。 やがて彼女は自らの秘密を知ることになります。 雨の季節が終わるとき、3人に訪れる未来とは…。 雨の季節と共にやってきた奇跡のような時間が過ぎた時、その本当の理由が解き明かされます。 幾つもの伏線が優しく積み重なり描かれたストーリーに心打たれます。 誰の立場に立っても泣ける映画です。 こちらは2018年に公開された映画です。 累計発行部数120万部を超え、本屋大賞1位を受賞した話題作が映画化されたこの作品は、ピアノの調律に魅せられた青年(山﨑賢人)の、ひたむきな姿に励まされ温かい余韻を約束する感動作です。 作曲・編曲には、あのジブリシリーズの音楽で有名な久石譲さんが参加しているので、映画を見た後にサウンドトラックを買う人も多いようですね。 また、今までピアノの経験が無かった上白石萌音さんと上白石萌歌さんでしたが、初めてとは思えない素晴らしい作品です。 本作は原作にない完全オリジナルストーリーとして話題になりました。 結婚3年目となり幸せな生活を送る仙崎一家ですが、死と隣り合わせの夫の仕事に妻は不安も抱えています。 妻に内緒で結婚記念日の準備をしていた仙崎は、日本と海外協力体制で作成されたプラントでおきた事故の救助に向かいます。 そこへ超大型台風が直撃し、孤立無援のままプラントに取り残されることに...。 命がけ任務にあたる仙崎の姿はシリーズを通じて語りかけるものがあります。 1つの判断ミスも許されないストーリー展開に息つく暇もありません。 泣ける感動の結末に浸って下さい。 2003年に公開された映画「恋愛寫眞」のコラボ企画として市川拓司により執筆された「恋愛寫眞 もうひとつの物語」が原作の切ないラブストーリーです。 病気で長年服用する薬のせいで、自分が臭いと思い込む誠人(玉木宏)は人を避け写真を趣味に生活していました。 あることから出会う静流(宮﨑あおい)は、誠人に恋をし2人で写真に没頭します。 恋が実らないと悟り静流は誠人に2人のキス写真をねだった後で失踪します。 本当の気持ちに気が付いた誠人は…。 静流の抱えていた秘密を知った時、誠人は何を選択するのでしょうか。 大切な人がついた泣ける程に優しい嘘にアナタも誠人と同様に騙されてみて下さい。 おすすめの人気映画です。 犯罪でしかつながれなかった家族を描いた作品です。 高層マンションの谷間に取り残された、壊れそうな平屋に転がり込んで暮らす4人は、家の持ち主・初枝の年金と万引きで生計を立てる、社会底辺を生きる家族。 しかし、彼らはいつも笑いが絶えず、仲良く暮らしていました。 しかし、ある事件で家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密が明らかになっていきます。 実際に起きた「赤ちゃん取り違え事件」をモチーフにした本作品は、第66回カンヌ国際映画祭 審査員賞を受賞したことで話題となりました。 大手建設会社に勤務するエリートサラリーマンの野々宮(福山雅治)は、都心の高級マンションで6歳になる息子と妻に囲まれ幸せでした。 しかし、6歳になる息子が出生時に取り違えられた他人だとの知らせを受け一変します。 取り違えられた2人の息子を巡って、お互いの家族が選択した答えとは…。 あまりにも違う環境で暮らす二組の親子はどのような結論にたどり着くのでしょうか。 心の葛藤に共感した時、泣ける程感動します。 おすすめの人気邦画です。 2006年に細川貂々が執筆したコミックエッセーが原作の映画です。 3年にわたる夫の闘病生活を夫婦二人三脚で乗り越えた実話が話題となりました。 仕事人間だった夫がある日突然、「心因性うつ病」だと診断されます。 妻の晴子(宮崎あおい)は、5年間の結婚生活で夫のSOSに気付かなかった自分を責めます。 仕事を退職した夫は主婦になり、妻は認知療法の夫の日記をつけることに...。 もしアナタやアナタの身近な人がウツになったら、アナタはどの様に乗り越えますが?この作品から沢山のヒントが貰えるはずです。 2人が乗り越えたものに泣けるおすすめの映画です。 交通事故で80分だけしか記憶できなくなった元数学者の博士(寺尾聰)と母子家庭親子との心の交流を描いたヒューマンドラマです。 母子家庭で家政婦として働く杏子(深津絵里)の派遣先は、記憶を80分しか保てない元数学者の博士の家でした。 ある日、子供を一人で家に置き働く杏子をしかり、次回から連れてくるように言います。 息子をルートと呼び可愛がる博士に、いつしか親しみと尊敬の念を抱くように。 3人での暖かな交流の日々が始まりますが…。 数字を通じて少年ルートと博士の間に出来る絆も暖かく、泣けてきます。 大切なのは「今」という一瞬であり、ありのまま自然に身をまかせる博士にの生き方に感動します。 中谷まゆみ原作の舞台劇が原作で、大人のためのラブファンタジー映画です。 良質な泣ける映画としておすすめですよ。 プロカメラマンとして活躍していた俊介(豊川悦司)は、ある日突然仕事もせず家で堕落した生活を送るように。 そうとしらず女優志望の蘭子(真木よう子)は自分の写真を撮るように依頼し、身体ごと迫ります。 そこへ旅行から戻った妻(薬師丸ひろ子)が現れ、夫に愛想を尽かして家を出ていくのですが…。 本当に大切な存在は失った後で気づくものです。 この映画は失意した主人公が再生されるまでを丁寧に描いています。 泣きたいだけ泣いた後は、暖かな気もちにさせてくれる映画です。 1988年にスタジオジブリが制作したアニメーション映画です。 戦争をモチーフに過酷な環境で一生懸命生きようとする兄弟の姿に泣きたい気分になります。 戦争で親を亡くした兄弟は、叔母の家に疎開します。 ですが叔母も自分の家族を守ることで精一杯の状況です。 たった14歳の清太と4歳の節子兄妹は、2人だけで生きる決意をしますが…。 何でも揃い、欲しいものがすぐ手に入る現代に生きる人にこそ見て欲しい作品です。 冒頭の「昭和20年9月21日夜、僕は死んだ」で始まるストーリーは、悲しい展開を暗示しています。 泣きながら今ある幸せについて考えて欲しいおすすめの映画です。 その原作をもとに映画化されたのが本作品です。 多くの同病者を励まし、乳がん検診の必要性を社会に訴えかけてくれました。 千恵(榮倉奈々)と太郎(瑛太)は、イベントで出会い交際をスタートさせます。 一方ですでに乳ガンを患っていた千恵は、交際に不安も抱えていました。 悩んだ末、全て打ち明け太郎の前から姿を消します。 諦めきれない太郎は千恵を探し出し、2人で病と向き合い生きようと説得し幸せな時を過ごします。 病が再発するまでは… 人を好きになる意味や、生という奇跡について改めて考えさせられる作品です。 最後まで生き抜いた彼女の人生に、泣きたいほど感動します。 おすすめですよ。 泣きたくなるほど人を愛する気持ちに切なくなるおすすめの映画です。 多感な時期に恋人を病で亡くした朔太郎 大沢たかお。 成長し結婚を控えた時、婚約者の律子 柴咲コウ が何も言わずに失踪します。 律子を探しながら、朔太郎は亡くなった恋人アキとの想い出が呼び覚まされることに。 じつは律子は朔太郎の亡くなった恋人であるアキ 長澤まさみ から重要な役割を頼まれていて…。 過去の恋愛から卒業する鍵を、現代の婚約者から受け取る過程を丁寧に描いたラブストーリーです。 律子が役割を果たすとき、2人が迎える結末をぜひ確かめて下さいね。

次の

絶対泣ける!心温まる「感動映画」特集

泣ける 映画ランキング

ストーリーは主演2人が所属する4ピースのバンド「ザ・ストロボスコープ」を中心に展開。 バンド内の複雑な恋愛関係を交えながら、変えることの出来ない運命を何とかしようと奮闘する恋人達のストーリーです。 事故で死ぬ運命となるヒロイン葵海(miwa)と一緒の未来を生きようと、幼馴染の陸(坂口健太郎)はレコードを使って100回過去をやり直そうとしますが…。 運命の日となるのは、100回目の葵海21歳の誕生日7月31日。 2人はどの様な決断を下すのか、ぜひご鑑賞下さい。 映画の中でストーリーにマッチした音楽が流れる時、泣きたい気分にさせられますよ。 当時、人気シンガーソングライターYUIの女優デビュー作として注目され話題に。 薫の病は、XT 色素性乾皮症 という太陽光に当たれない難病です。 日課は、深夜の路上ライプと窓の外を眺めること。 正反対に太陽のもと海へ出かけるサーフィン少年は、いつしか気になる存在となります。 偶然出会い二人は親交を深めますが、あるきっかけで太陽光に当たった薫の病が進行し余命わずかの状態に。 彼女が生きた証であるCDの曲が流れる時、孝治の隣に薫の姿はあるのでしょうか?劇中歌である「Good-bye days」のメロディーとともに迎える結末に、涙が優しく誘われます。 累計部数1000万部以上を売り上げた大人気コミックスを2部構成で映画化したラブストーリーです。 北海道の恋人同士である高校生の七美(吉高由里子)と矢野(生田斗真)はやがて遠距離恋愛に。 矢野失踪で破局しますが、成長し東京で再び再会することに・・・。 長い時間を経ても、同じ人を思い続ける主人公の想いに泣きたい気分となり胸をうたれます。 一途だった懐かしい青春時代に浸りたい方におすすめの人気映画です。 主人公の杏(夏帆)が島根に引っ越してきた14歳から26歳までの12年間を、砂時計の過去・現在・未来になぞらえて描かれた壮大な作品です。 両親の離婚後に引っ越した島根で、杏は3人の幼馴染と出会います。 中でも母親が自殺した際に励ましてくれた大吾(池松壮亮)との約束は、杏の生きる支えとなります。 恋人同士になる大吾と杏でしたが、4人の幼馴染間で起きる複雑な恋愛模様の末に破局。 時は流れ、2人の運命は再び交わろうとしますが…。 紆余曲折を経て2人が辿りついたこたえとは?エンディングで流れる「帰りたくなったよ」のメロディーに泣きたいような気分に浸される作品です。 自分の余命が短いと知る母親は、娘に「犬を飼う時の10の約束」を伝えます。 母親が亡くなり落ち込むあかりを癒したのはゴールデンレトリバーのソックスでした。 大人になりソックスの寿命が近づいた時、アカリ(田中麗奈)は忘れていた約束を思い出すのです。 当たり前と思いがちの命ですが、誰にでも終わりが訪れます。 命の尊さに気づいた主人公の気持ちに寄り添う時、きっと泣きたい気分になるはずです。 人気漫画家いくえみ綾の同名コミックを映画化した作品です。 いくえみ綾作品の持ち味である、飾らないまっすぐなセリフが心に刺る人気作品です。 高校時代に幼馴染で想い人でもある人を交通事故で亡くしたカンナ(長澤まさみ)は、恋愛に怯え生きています。 幼稚園時代に遠足で一緒にいた女の子を目の前で亡くした禄(岡田将生)も、同じ苦しみを抱えています。 互いの苦しみを理解した時、2人は過去を受け入れるべく動き出します。 同じようなトラウマを抱えた2人が悩みながらも前に進もうとする姿に、自然と涙がこぼれます。 トラウマを乗り越える過程に感動します。 おすすめの映画です。 大ヒットした一青窈の楽曲「ハナミズキ」をモチーフにした邦画ラブストーリーとなります。 釧路で主人公の平沢紗枝(新垣結衣)は外国で働く夢の為に東京進学を目指します。 漁師の息子で恋人の木内康平(生田斗真)からの励みもあり、無事東京へ進学し遠距離恋愛がはじまります。 しかし大学4年の時、すれ違いで別れることに。 一度は別々の相手を選んだ2人ですが...。 お互いの幸せを願い別々の道を選んだ2人の道が、やがて近づくゴールに向かって少しずつ交わるストーリー展開に感動します。 紗枝の家の庭に埋められた「ハナミズキ」が招く泣ける結末に、浸ってみて下さい。 1999年に発売された梶尾真治の小説を映像化した本作品。 劇中の歌姫を演じた柴咲コウの歌唱力も話題となりました。 九州の阿蘇地方で死者が蘇る怪奇現象が発生します。 厚生労働省で働く主人公の川田平太(草彅剛)は、状況調査の為に現地へ赴き亡き親友の婚約者である葵(竹内結子)と再会。 調査の結果、川田は黄泉がえりのある法則に気が付きこの現象のタイムリミットが近いことを悟ります。 そして再会した人々は…。 限られた奇跡のような時間を過ごす人々の姿に、泣けること間違いなしの作品です。 映画ランキングでも評価が高く人気の邦画です。 原作は市川拓司が執筆したファンタジー恋愛小説です。 人気演技派女優の竹内結子が母親役を務めたことでも話題となりました。 ある雨の日、妻を失くした秋穂巧(中村獅童)と1人息子の佑司(武井証)との生活に、亡くなったはずの妻の澪(竹内結子)が現れます。 何故か記憶のない彼女に、2人は幸せな想い出を語るのです。 やがて彼女は自らの秘密を知ることになります。 雨の季節が終わるとき、3人に訪れる未来とは…。 雨の季節と共にやってきた奇跡のような時間が過ぎた時、その本当の理由が解き明かされます。 幾つもの伏線が優しく積み重なり描かれたストーリーに心打たれます。 誰の立場に立っても泣ける映画です。 こちらは2018年に公開された映画です。 累計発行部数120万部を超え、本屋大賞1位を受賞した話題作が映画化されたこの作品は、ピアノの調律に魅せられた青年(山﨑賢人)の、ひたむきな姿に励まされ温かい余韻を約束する感動作です。 作曲・編曲には、あのジブリシリーズの音楽で有名な久石譲さんが参加しているので、映画を見た後にサウンドトラックを買う人も多いようですね。 また、今までピアノの経験が無かった上白石萌音さんと上白石萌歌さんでしたが、初めてとは思えない素晴らしい作品です。 本作は原作にない完全オリジナルストーリーとして話題になりました。 結婚3年目となり幸せな生活を送る仙崎一家ですが、死と隣り合わせの夫の仕事に妻は不安も抱えています。 妻に内緒で結婚記念日の準備をしていた仙崎は、日本と海外協力体制で作成されたプラントでおきた事故の救助に向かいます。 そこへ超大型台風が直撃し、孤立無援のままプラントに取り残されることに...。 命がけ任務にあたる仙崎の姿はシリーズを通じて語りかけるものがあります。 1つの判断ミスも許されないストーリー展開に息つく暇もありません。 泣ける感動の結末に浸って下さい。 2003年に公開された映画「恋愛寫眞」のコラボ企画として市川拓司により執筆された「恋愛寫眞 もうひとつの物語」が原作の切ないラブストーリーです。 病気で長年服用する薬のせいで、自分が臭いと思い込む誠人(玉木宏)は人を避け写真を趣味に生活していました。 あることから出会う静流(宮﨑あおい)は、誠人に恋をし2人で写真に没頭します。 恋が実らないと悟り静流は誠人に2人のキス写真をねだった後で失踪します。 本当の気持ちに気が付いた誠人は…。 静流の抱えていた秘密を知った時、誠人は何を選択するのでしょうか。 大切な人がついた泣ける程に優しい嘘にアナタも誠人と同様に騙されてみて下さい。 おすすめの人気映画です。 犯罪でしかつながれなかった家族を描いた作品です。 高層マンションの谷間に取り残された、壊れそうな平屋に転がり込んで暮らす4人は、家の持ち主・初枝の年金と万引きで生計を立てる、社会底辺を生きる家族。 しかし、彼らはいつも笑いが絶えず、仲良く暮らしていました。 しかし、ある事件で家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密が明らかになっていきます。 実際に起きた「赤ちゃん取り違え事件」をモチーフにした本作品は、第66回カンヌ国際映画祭 審査員賞を受賞したことで話題となりました。 大手建設会社に勤務するエリートサラリーマンの野々宮(福山雅治)は、都心の高級マンションで6歳になる息子と妻に囲まれ幸せでした。 しかし、6歳になる息子が出生時に取り違えられた他人だとの知らせを受け一変します。 取り違えられた2人の息子を巡って、お互いの家族が選択した答えとは…。 あまりにも違う環境で暮らす二組の親子はどのような結論にたどり着くのでしょうか。 心の葛藤に共感した時、泣ける程感動します。 おすすめの人気邦画です。 2006年に細川貂々が執筆したコミックエッセーが原作の映画です。 3年にわたる夫の闘病生活を夫婦二人三脚で乗り越えた実話が話題となりました。 仕事人間だった夫がある日突然、「心因性うつ病」だと診断されます。 妻の晴子(宮崎あおい)は、5年間の結婚生活で夫のSOSに気付かなかった自分を責めます。 仕事を退職した夫は主婦になり、妻は認知療法の夫の日記をつけることに...。 もしアナタやアナタの身近な人がウツになったら、アナタはどの様に乗り越えますが?この作品から沢山のヒントが貰えるはずです。 2人が乗り越えたものに泣けるおすすめの映画です。 交通事故で80分だけしか記憶できなくなった元数学者の博士(寺尾聰)と母子家庭親子との心の交流を描いたヒューマンドラマです。 母子家庭で家政婦として働く杏子(深津絵里)の派遣先は、記憶を80分しか保てない元数学者の博士の家でした。 ある日、子供を一人で家に置き働く杏子をしかり、次回から連れてくるように言います。 息子をルートと呼び可愛がる博士に、いつしか親しみと尊敬の念を抱くように。 3人での暖かな交流の日々が始まりますが…。 数字を通じて少年ルートと博士の間に出来る絆も暖かく、泣けてきます。 大切なのは「今」という一瞬であり、ありのまま自然に身をまかせる博士にの生き方に感動します。 中谷まゆみ原作の舞台劇が原作で、大人のためのラブファンタジー映画です。 良質な泣ける映画としておすすめですよ。 プロカメラマンとして活躍していた俊介(豊川悦司)は、ある日突然仕事もせず家で堕落した生活を送るように。 そうとしらず女優志望の蘭子(真木よう子)は自分の写真を撮るように依頼し、身体ごと迫ります。 そこへ旅行から戻った妻(薬師丸ひろ子)が現れ、夫に愛想を尽かして家を出ていくのですが…。 本当に大切な存在は失った後で気づくものです。 この映画は失意した主人公が再生されるまでを丁寧に描いています。 泣きたいだけ泣いた後は、暖かな気もちにさせてくれる映画です。 1988年にスタジオジブリが制作したアニメーション映画です。 戦争をモチーフに過酷な環境で一生懸命生きようとする兄弟の姿に泣きたい気分になります。 戦争で親を亡くした兄弟は、叔母の家に疎開します。 ですが叔母も自分の家族を守ることで精一杯の状況です。 たった14歳の清太と4歳の節子兄妹は、2人だけで生きる決意をしますが…。 何でも揃い、欲しいものがすぐ手に入る現代に生きる人にこそ見て欲しい作品です。 冒頭の「昭和20年9月21日夜、僕は死んだ」で始まるストーリーは、悲しい展開を暗示しています。 泣きながら今ある幸せについて考えて欲しいおすすめの映画です。 その原作をもとに映画化されたのが本作品です。 多くの同病者を励まし、乳がん検診の必要性を社会に訴えかけてくれました。 千恵(榮倉奈々)と太郎(瑛太)は、イベントで出会い交際をスタートさせます。 一方ですでに乳ガンを患っていた千恵は、交際に不安も抱えていました。 悩んだ末、全て打ち明け太郎の前から姿を消します。 諦めきれない太郎は千恵を探し出し、2人で病と向き合い生きようと説得し幸せな時を過ごします。 病が再発するまでは… 人を好きになる意味や、生という奇跡について改めて考えさせられる作品です。 最後まで生き抜いた彼女の人生に、泣きたいほど感動します。 おすすめですよ。 泣きたくなるほど人を愛する気持ちに切なくなるおすすめの映画です。 多感な時期に恋人を病で亡くした朔太郎 大沢たかお。 成長し結婚を控えた時、婚約者の律子 柴咲コウ が何も言わずに失踪します。 律子を探しながら、朔太郎は亡くなった恋人アキとの想い出が呼び覚まされることに。 じつは律子は朔太郎の亡くなった恋人であるアキ 長澤まさみ から重要な役割を頼まれていて…。 過去の恋愛から卒業する鍵を、現代の婚約者から受け取る過程を丁寧に描いたラブストーリーです。 律子が役割を果たすとき、2人が迎える結末をぜひ確かめて下さいね。

次の

【最新版】涙腺崩壊!!おすすめしたい泣ける(感動)アニメランキング

泣ける 映画ランキング

福士蒼汰さん、小松菜奈さん主演のこちらの映画は、普通の恋愛映画とは一味も二味も違ったものになっています。 最初は普通の恋愛をはじめたかのように思えましたが、予知能力があるかのような振る舞いを見せるヒロインに主人公は戸惑います。 またヒロインも隠しきれなくなり、重大な秘密を打ち明けることになります。 普通では絶対にありえないその秘密に、主人公は戸惑い絶望します。 しかしヒロインの思いやりによって素敵な恋愛ができたことに気がつき、最後までヒロインと向き合うことを決めます。 こちらの映画は何度も繰り返してみることで複線に気がつくことができる映画にもなっています。 観れば観るほど涙を流さざるを得なくなる巧妙なつくりとなっています。 『秒速5センチメートル』の監督である新海誠監督の映画です。 こちらは社会現象にまでなった映画ですので、既にご覧になられた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 ある日突然主人公とヒロインは、性格が入れ替わってしまいます。 最初こそはいがみあっていましたが、だんだん心を開き始めた2人。 しかし突然入れ替わりが起きなくなってしまいます。 一体入れ替わりは何故発生していたのか、その原因を突き止めようとする主人公、そしてヒロイン。 衝撃に事実と迫り来る危機をどう乗り越えるのでしょうか、というのがこちらの映画のあらすじです。 とにかく繊細に描きこまれた美しい世界に心を奪われる人も多いです。 2人の純愛は叶うのか、はらはらドキドキしながら観られる映画となっています。

次の