オフィシャル髭男dismアイラブ歌詞。 Official髭男dism「I LOVE…」歌詞の意味(解釈)とは?〜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』主題歌

Official髭男dism「I LOVE…」歌詞の意味(解釈)とは?〜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』主題歌

オフィシャル髭男dismアイラブ歌詞

僕が見つめる 景色のその中に 君が入ってから 変わり果てた世界は いつもそつなく こなした日々の真ん中 不思議な引力に 逆らえず崩れてく I LOVE…なんて 言いかけてはやめて I LOVE… I LOVE… 何度も 高まる愛の中 変わる心情の中 燦然と輝く姿は まるで水槽の中に 飛び込んで 溶けた絵の具みたいな イレギュラー ひとりじゃ何ひとつ 気づけなかっただろう こんなに鮮やかな色彩に 普通の事だと とぼける君に言いかけた I LOVE その続きを送らせて 見えないもの見て笑う 君のことを 分かれない僕がいる 美しすぎて 目が眩んでしまう 今も劣等感に縛られて 生きている I LOVE… I LOVE… 不格好な結び目 I LOVE… I LOVE… 手探りで見つけて I LOVE YOU LOVE 解いて 絡まって 僕は繰り返してる 何度も レプリカばかりが 飾られた銀河 カーテンで作られた暗闇 嘆く人もいない ねずみ色の街の中で I LOVE その証を抱きしめて 喜びも悲しみも 句読点の無い思いも 完全に分かち合うより 曖昧に悩みながらも 認め合えたなら 重なる愛の中 濁った感情の中 瞬きの僅かその合間に 君がくれたプレゼントは このやけに優しい世界だ イレギュラー ひとりじゃ何ひとつ 気づけなかっただろう こんなに大切な光に 普通の事だと とぼける君に言いかけた I LOVE その続きを送らせて 受け取り合う僕ら 名前も無い夜が 老けていく 目次• 歌詞考察の前に 大人気 Official髭男dismから新曲 『I LOVE…』MVが2020年1月15日にネット上で公開されました。 動画再生回数は 公開から僅か数時間で40万を超える人気ぶりをみせています。 同曲は TBS 火曜ドラマ 『恋はつづくよどこまでも』主題歌として書き下ろされました(坂本九の名曲のようなタイトルです 笑) ここでドラマあらすじを簡単にご紹介したいと思います。 ある日、偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会った主人公・佐倉七瀬(さくら・ななせ)。 それから5年、彼を追い看護師となった七瀬は、憧れのドクター・天堂浬(てんどう・かいり)とついに再会する。 しかし…天堂は七瀬が思い描いていた人物とはまるで別人だった!超ドSな天堂に憤慨しつつも、仕事に恋にまっすぐな七瀬は、その根性で次々に起こる困難に食らいついていく! そんな七瀬を思わず応援したくなる、見ていて元気が出てくるストーリーだ。 超ドSな医者に必死にくらいつく主人公の様子がコメントからまた予告動画からも伝わってきました。 続いて主題歌についての想い入れや感想をOfficial髭男dismとドラマ関係者がコメントしているのでご紹介します。 リスナーの皆さんにとっての大切な存在を思い浮かべながら聞いていただけたらうれしいです。 不器用ながらも真っ直ぐな歌詞と爽やかなサウンド、そして温かな歌声に思わず身悶えました。 わたしにとって、七瀬を演じるための道しるべです。 こんなにも大きなモチベーションを現場に提供してくださったこと、非常に感謝しております。 そして我々もこの素敵な主題歌に応えられるものをしっかりと作っていけたらと思います。 頑張ります。 その主題歌は、まっすぐで力強く、聴いていると温かい気持ちになるサウンドと歌声を持つ、ヒゲダンさんしかいないと思い、オファーさせていただきました。 打ち合わせの時に、メンバーの皆さんが「絶対にいい曲を作ります!!」とおっしゃってくださり、そしてその宣言通り、本当に素晴らしいラブソングを仕上げてくださいました。 この主題歌とともに、七瀬と天堂のラブストーリーを最高の形で視聴者の皆様にお届けできるよう頑張ります!ぜひ、ご覧ください! Official髭男dism のコメントではドラマ主人公の恋心にリンクしていること、同時にタイトルの愛がさまざまな対象に向けられていることを理解できます。 続く部分には 「リスナーの皆さんにとっての大切な存在を思い浮かべながら聞いていただけたらうれしいです」と語られていましたね。 本記事を色々な立場や年齢の方が読むことを考慮すると、筆者はドラマ主人公や1つの分野に絞らずに考察していきたいと思いました。 それではさっそく気になるタイトルや歌詞に注目していきましょう。 タイトル『I LOVE…』とは タイトルを訳すと 「わたしは愛している」となります。 気になるのは 『…』という部分でしょう。 この部分のヒントになるのは Official髭男dism のコメントにあった 「 恋人同士はもちろんのこと、友人、家族、ペット、同僚、性別など対象を問わない」という部分です。 つまり 『…』の部分には 自分が思い浮かべた愛の対照が 挿入されるということです。 例えば「家族」や「犬」を思い浮かべて『…』に挿入した場合次のようになるでしょう。 『I love my family』 「私は家族を愛している」 『I love dogs』 「私は犬を愛している」 もう1つの考え方として 「繰り返される」「愛が継続していく」という点をあげることができます。 なぜそう言えるかは次のフレーズがその点を裏付けています。 「I LOVE… I LOVE… 何度も」 「I LOVE その続きを送らせて」 上記2つの点は主人公が 対象に向けて愛を繰り返し述べ継続させている様子を印象付けます。 さらに歌詞を考慮すると主人公が 「恥じらい故に愛の対象を口にできない」という点も理解できます。 そうした要素を含みながら主人公の心情や背景を追ってみましょう。 『I LOVE…』歌詞の意味 君で滲んだ日々 僕が見つめる 景色のその中に 君が入ってから 変わり果てた世界は いつもそつなく こなした日々の真ん中 不思議な引力に 逆らえず崩れてく 今回は 1人の男性主人公を主軸に考察を進めていきたいと思います。 「僕」で表現される男性は 「君(コメントを尊重し性別を特定しません)」で表現される大切な人との出会いについて感想を述べています。 君を「恋人」とするなら彼は恋愛感情を抱きすべての時間を彼女のために注いでいくのかもしれません。 また君を「友人」とするなら友情関係を抱き共に夢を語り合ったり同じ目標を持てたことに感謝するかもしれません。 対象がなんであれ彼は 「君」との出会いで日常生活が一変したことでしょう。 「君」の持つ 魅力という「不思議な引力」に逆らえず、時に自分らしさすら崩壊させてしまう彼を容易に想像することができます。 言いきれない愛を何度も… 高まる愛の中 変わる心情の中 燦然と輝く姿は まるで水槽の中に 飛び込んで 溶けた絵の具みたいな イレギュラー ひとりじゃ何ひとつ 気づけなかっただろう こんなに鮮やかな色彩に 普通の事だと とぼける君に言いかけた I LOVE その続きを送らせて 男性は「君」との「愛(恋愛と断定できない)」を育みそれは 高鳴りを感じさせていきます。 それは彼の 心情に大きな影響を与え 「生きがい」や「希望」を抱かせたことでしょう。 「人生でこんなにも輝いている瞬間があっただろうか」と彼は驚嘆したことでしょう。 「君」に出逢う前と後の自分では雲泥の差があったのです。 その点が歌詞の中では 「水槽に溶けた絵の具」で例証されています。 1滴の絵の具は垂らした時は 「涙形」だったかもしれません。 しかし水槽の中で徐々にモクモクと 「煙」のように広がりを見せていきます。 ですから歌詞の例証は 「主人公が君に感化され全く違った自分になった」という意味なのだと解釈しました。 「ひとりじゃ何ひとつ 気づけなかっただろう」というフレーズから男性は 愛に触れる機会が少なく孤独な時期が長かったのだと予想できます。 現に彼は自身の感動を 「初めてのことのように」君に伝えていますが 「普通の事だ」ととぼけながら流されています。 君の照れ隠しとも取れるのですが、君は男性よりも愛を実感した経験が多いように感じます(ここはペットの線から外れてます) 彼は 「I LOVE その続きを送らせて」と勇気を持って君への想いを伝えようと決心しました。 凸凹感情論 見えないもの見て笑う 君のことを 分かれない僕がいる 美しすぎて 目が眩んでしまう 今も劣等感に縛られて 生きている ここでは彼が 君と自分を比較しているところだと思います。 彼は君の 「考え方や心情」という見えないものを見て楽しんでいます。 「どうしてそんなに優しいの」「自分にはわからない」などいろいろなことを考えたでしょう。 続く歌詞は彼の比較が消極的な見方を生じさせたことを綴っています。 「君」が素晴らしく輝いているので 「目が眩む」ように感じています。 彼は 「今も劣等感に縛られて」とあるように君と出会った当初から自分にない魅力に落胆したのでしょう。 彼だけでなく誰しも 素晴らしい人やものへの魅力を感じると同時に、劣等感を抱いてしまうことがあります。 あの人は秀でているが自分は劣っているとくよくよ考えてしまいます。 なんとも複雑な感情です。 2人を結ぶ糸 I LOVE… I LOVE… 不格好な結び目 I LOVE… I LOVE… 手探りで見つけて I LOVE YOU LOVE 解いて 絡まって 僕は繰り返してる 何度も この部分は 「彼と君との関係性」が伝えられているようです。 「結び目」や 「解いて 絡まって」という表現から上記の点を 「糸」で例証していると考えられます。 恋愛における「結び」とは 2人の関係性を指します。 ですから 「不格好な結び目」とは 彼と君の関係が不安定であることを指しているのでしょう。 「手探りで見つけて」とは 彼が君との関係性を日々模索していることを示唆しているようです。 「解いて 絡まって」とは喧嘩などの問題により 2人が距離を取ったり関係がこじれたりすることを指しているのでしょう。 しかしいずれの状況下でも彼は君を自分なりに 「愛したい」と願っているのであり、彼のたゆみない努力は永遠に渡り続けられるのだと理解できます。 2人を繋ぐ 「赤い糸」が綺麗に結ばれるとき彼は君に向けて素直な気持ちで 「対象を含めた愛してる」を口にするに違いありません。。 まとめ いかがだったでしょうか。 相変わらずストレートじゃない物言いとむず痒い状況が筆者をモヤモヤさせました(苦笑) それでもリアル!リアルですよ! 心情も背景も言葉1つ1つが! だいぶ早い段階からペットの線を度外視した考察になってしまい申し訳ありませんでした(汗) 記事の序盤までがんばってたんですけどどうしても「君」が人に思えてしまったのです。。 とても興味があるのでコメント欄で熱く語ってください! 筆者は恋人と友人の2パターンでした。 Official髭男dismの素晴らしい歌声と演奏に愛を感じました。 ここ最近ではめずらしいアッパーなPOPに斬新さを感じつつも、胸打たれる世界観に感激しました。 今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思います。 今日から毎日聴きます。。 頑張って歌います(笑).

次の

Official髭男dism『I LOVE…』歌詞の意味を考察・解釈

オフィシャル髭男dismアイラブ歌詞

君とのラブストーリー それは予想通り いざ始まればひとり芝居だ ずっとそばにいたって 結局ただの観客だ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンとこなくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry... そりゃ苦しいよな グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 「Pretender」は、直訳すると「ふりをする人、詐称者」という意味がありますが、なぜこの単語が使われているのでしょうか。 おそらくですが、この曲は映画「コンフィデンスマンJP」主題歌に起用されていますから、映画の内容に沿って「Pretender」と曲名につけられているのでしょう。 では、曲中ではどういう意味で使われているのでしょうか。 歌詞を簡単に見たところ、どうやらこの曲は「恋愛」について歌われているようです。 なので、あくまで予想ですが、Pretenderとは「好き」という気持ちを詐称するという意味で使われているのかもしれません。 曲名だけで意味を捉えるのは難しいので、歌詞を詳しく見ていきましょう。 解釈 君と付き合うことは予想できていた。 それでも、付き合えば何か変わると思っていたけど結局何も変わらず一人芝居。 ずっとそばに君がいたって、結局君は僕の人生の観客でしかない。 「付き合う」とは一般的に愛し合った二人が互いを呪縛するために取る形式のことです。 わざわざ「付き合う」という行為をとる人間の心理には様々あると思いますが、代表的なものは「自分を満たして欲しい」という気持ちと、「誰にも取られたくない」という心理だと思います。 その代表的な心理のうちの「自分を満たして欲しい」という心理でこの曲の主人公は「君」と付き合い始めたのではないでしょうか。 だから思っていたように自分が満たされなくて、「一人芝居をしているかのようだ。 」と歌っているのでしょう。 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 解釈 もっと違う状況で、もっと違う関係性で 出会えたら何かが変わっていたかもね。 もっと違う性格で、もっと違う価値観で。 君に愛を伝えられたらいいのに。 もっと違う状況で、もっと違う関係性で....。 もっと、もっと。 と切なくすがるような歌詞は主人公の心の奥底の思いを表現しているのかもしれませんね。 ここの歌詞だけ見ると主人公はパートナーのことを本当に好きだったように感じますね。 もしかしたら元から大好きだったけれど、パートナーの日頃の態度から「自分を満たして欲しい」という欲求が満たされなくなってしまったから別れてしまったということなのかもしれません。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 解釈 さようなら。 君の運命の人は僕ではなかったようだ。 辛い事実だけどもう否定できない。 それでも別れたくはないのさ。 その髪に触れただけでも心が痛むのさ。 いやでもそんなんで別れなかったら甘いな。 いやでも... さようなら。 こんな気持ちを感じるってことは僕にとって君はなんなんだろう? 答えはわからないし、わかってはいけないのさ。 たったひとつ確かなのは、「君は綺麗だ」ということ。 どうやらPretenderという歌は主人公はパートナーのことが大好きだけれどパートナーの運命の人ではないから別れるという歌のようですね。 「いやでも」や、「いやいや」という歌詞からは主人公にいかに未練があるかという様子を表現していますね。 しかし、長年連れ添ってきた人と別れるというのは、相当な心理的ストレスがかかります。 ストレスを避けようとするのが人間ですから、未練を感じてしまうのも仕方ないのかもしれません。 解釈 さようなら。 一緒にいれば必ず終わりは来る。 その終わりを引き延した先の未来には君はいないという事実に涙がでる。 そりゃあ苦しいよ。 恋人と付き合えば、「死別」や「浮気による別れ」、「すれ違いによる別れ」など必ず何かしらの「別れ」は来ます。 もし今、読んでいただいている方に大切なパートナーがいらっしゃるなら... 少しでも今の幸せな時間を大切にすることが重要なのかもしれませんね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」.

次の

【Official髭男dism(ヒゲダン)/Pretender】の歌詞の意味を解釈

オフィシャル髭男dismアイラブ歌詞

君とのラブストーリー それは予想通り いざ始まればひとり芝居だ ずっとそばにいたって 結局ただの観客だ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンとこなくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry... そりゃ苦しいよな グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 「Pretender」は、直訳すると「ふりをする人、詐称者」という意味がありますが、なぜこの単語が使われているのでしょうか。 おそらくですが、この曲は映画「コンフィデンスマンJP」主題歌に起用されていますから、映画の内容に沿って「Pretender」と曲名につけられているのでしょう。 では、曲中ではどういう意味で使われているのでしょうか。 歌詞を簡単に見たところ、どうやらこの曲は「恋愛」について歌われているようです。 なので、あくまで予想ですが、Pretenderとは「好き」という気持ちを詐称するという意味で使われているのかもしれません。 曲名だけで意味を捉えるのは難しいので、歌詞を詳しく見ていきましょう。 解釈 君と付き合うことは予想できていた。 それでも、付き合えば何か変わると思っていたけど結局何も変わらず一人芝居。 ずっとそばに君がいたって、結局君は僕の人生の観客でしかない。 「付き合う」とは一般的に愛し合った二人が互いを呪縛するために取る形式のことです。 わざわざ「付き合う」という行為をとる人間の心理には様々あると思いますが、代表的なものは「自分を満たして欲しい」という気持ちと、「誰にも取られたくない」という心理だと思います。 その代表的な心理のうちの「自分を満たして欲しい」という心理でこの曲の主人公は「君」と付き合い始めたのではないでしょうか。 だから思っていたように自分が満たされなくて、「一人芝居をしているかのようだ。 」と歌っているのでしょう。 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 解釈 もっと違う状況で、もっと違う関係性で 出会えたら何かが変わっていたかもね。 もっと違う性格で、もっと違う価値観で。 君に愛を伝えられたらいいのに。 もっと違う状況で、もっと違う関係性で....。 もっと、もっと。 と切なくすがるような歌詞は主人公の心の奥底の思いを表現しているのかもしれませんね。 ここの歌詞だけ見ると主人公はパートナーのことを本当に好きだったように感じますね。 もしかしたら元から大好きだったけれど、パートナーの日頃の態度から「自分を満たして欲しい」という欲求が満たされなくなってしまったから別れてしまったということなのかもしれません。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 解釈 さようなら。 君の運命の人は僕ではなかったようだ。 辛い事実だけどもう否定できない。 それでも別れたくはないのさ。 その髪に触れただけでも心が痛むのさ。 いやでもそんなんで別れなかったら甘いな。 いやでも... さようなら。 こんな気持ちを感じるってことは僕にとって君はなんなんだろう? 答えはわからないし、わかってはいけないのさ。 たったひとつ確かなのは、「君は綺麗だ」ということ。 どうやらPretenderという歌は主人公はパートナーのことが大好きだけれどパートナーの運命の人ではないから別れるという歌のようですね。 「いやでも」や、「いやいや」という歌詞からは主人公にいかに未練があるかという様子を表現していますね。 しかし、長年連れ添ってきた人と別れるというのは、相当な心理的ストレスがかかります。 ストレスを避けようとするのが人間ですから、未練を感じてしまうのも仕方ないのかもしれません。 解釈 さようなら。 一緒にいれば必ず終わりは来る。 その終わりを引き延した先の未来には君はいないという事実に涙がでる。 そりゃあ苦しいよ。 恋人と付き合えば、「死別」や「浮気による別れ」、「すれ違いによる別れ」など必ず何かしらの「別れ」は来ます。 もし今、読んでいただいている方に大切なパートナーがいらっしゃるなら... 少しでも今の幸せな時間を大切にすることが重要なのかもしれませんね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」.

次の