スマホ 写真 sd 保存。 これで安心!SDカードを使ってスマホからパソコンにデータを保存する方法

【Android】本体のデータをSDカードに移動する設定方法

スマホ 写真 sd 保存

スマホの内部ストレージ容量がますます大きくなってきます。 でも、スマホで写真や動画を撮ったり、様々なアプリをインストールしたりするといった原因で、ストレージが足りないことが以前としてもあります。 スマホのストレージが不足になったら、写真や動画の撮影ができない、アプリが正常に使用できないという問題があります。 その場合、SDカードを利用してスマホの写真をSDカードに移動して、スマホ本体のストレージを開放する方法が役立ちます。 それで、本記事では、 スマホ本体からSDカードに写真を移す方法をご紹介します。 もご紹介しましたので、いっしょにご参照ください。 これではユーザが写真をコンピュータのハードドライバ又は外付けストレージに素早く転送できます。 Androidスマホの写真をSDカードに移動するには、以下の動画をご覧なさい。 それとも次の画像付きガイドに従って操作してください。 ApowerManagerをパソコン及びスマホにダウンロードしてインストールします。 プログラムを立ち上げてUSBケーブル又はWiFi経由でAndroidスマホをPCに接続します。 スマホの写真をSDカードに移す場合、「写真」をクリックして、SDカードに移動したい写真を選択して「エクスポート」を押して保存先を指定し「フォルダの選択」を押します。 パソコンの写真をSDカードに移す場合、このステップは不要で、直接次のステップを実行します。 「ファイル」をクリックして左側ペインのSDカードから「Pictures」フォルダを押し、「インポート」ボタンを押して前のステップの保存先から写真をインポートします。 写真が全てSDカードに移動された後、「接続を切断」ボタンを押してAndroid携帯電話とコンピュータの接続を切断します。 写真転送の他に、フォルダを新規に作成して写真を管理・整理することもできます。 非常に大切な写真をコンピュータにバックアップすることもできます。 このスマホマネージャーはを備える一体型の総合的ツールです。 画像をSDカードに移動する直接的な方法 AndroidスマホにSDカードが挿入されている場合、直接的に写真をSDカードに保存できます。 写真フォルダを開いて移動したい写真を選択して移動先をSDカードに指定して移動します。 この方法で写真をSDカードに移すことができます。 携帯電話メモリーを開放するには、 スマホの写真をSDカードに移動するのは賢い方法です。 もしSDカードのメモリーも十分でない場合、コンピュータに移すこともできます。 画像をSDカードに移すには多くの方法がありますが、ApowerManagerは性能が高くて機能が多いので強く推奨致します。 後書き 以上はスマホの画像をSDカードに移動する2つの方法です。 ApowerManagerはスマホを全面的に管理整理できる専門のスマホマネージャーです。 スマホデータの整理に困っている方々にはオススメです。

次の

撮影した写真や動画の保存先をSDメモリーカードに変更する

スマホ 写真 sd 保存

クラウドに保存する最大のメリットは安価に安全に保存することができることです。 ハードディスクやパソコンに保存する場合はどうしても故障のリスクが伴いましたが、クラウドに保管するのであれば安心です。 スマホに対応したクラウドサービスにはいくつか種類がありますが、おすすめは『Googleフォト』または『』のいずれかを選択すれば間違いないでしょう。 googleフォト(アプリ対応) ・無料で利用できる Googleフォトの最大の特徴は無料で始められる点です。 Googleフォトなら無料で大量の写真を保存し放題です。 ・写真は圧縮されてしまう Googleフォトの保存方式は次の通りです。 高品質:画質劣化を抑えながら圧縮する(無制限) 元のサイズ:劣化なしの元のサイズのままアップロードする(最大15GBまで) 高画質を選択すれば無制限で写真を保存することができます。 高画質とは言え圧縮処理されるわけですから、多少なりとも画質の劣化は発生します。 写真のサイズはおおむね1/3程度に圧縮されるため画質を気にする人は気を付けた方が良いでしょう。 元のサイズを劣化なしで保存する場合は最大15GBまで無料で使用することができます。 無料で気軽に写真を保存したい人はGoogleフォトが良いでしょう。 Googleフォトは写真を劣化なしで元のサイズのまま使用したい場合は不向きのクラウドサービスです。 元のサイズのまま綺麗な写真を保存したい場合は次に紹介するAmazonプライムフォトを使用すると良いでしょう。 Amazonプライムフォト(アプリ対応) ・有料サービス Amazonプライムフォトは有料サービスで年会費は3900円です。 ・無圧縮で高画質保存ができる Amazonプライムフォトの最大の特徴は 無圧縮で無制限に保存できる点です。 Googleフォトの場合はどうしても画質の劣化がありましたが、Amazonプライムフォトは元の画像をそのまま保存できるのが強みですね。 画質の劣化を全くなしで 最高画質のまま保存したい人はAmazonプライムフォトで決まりです。 ちなみに年会費は3900円ですが、 無料お試しキャンペーンも行っているため、無料でお試ししてみるのも良いと思いますよ。 こうしてみるとAmazonプライムフォトの特典の多さに驚きますね。 LINEのアルバムは1アルバムあたり1000枚まで保存できる上に、1トーク当たり最大で100アルバム作成することができます。 つまり1トーク当たり10万枚の写真を保存することができます。 ただし、画質は1280ピクセル以下に大きく低下しますので印刷用の保存先としては不向きです。 また、機種変更などでLINEにログインできなくなったら写真データが消えてしまう可能性があるため注意が必要です。 この方法はUSBケーブルでPCにスマホを接続して転送する方法で手軽に行えるのが長所です。 ただ、欠点としてパソコンが壊れてしまった場合に写真の普及が困難であるということが挙げられます。 あくまでも一時しのぎとして利用した方が良いでしょう。 【転送方法】 まずはパソコンとスマホをUSBケーブルで接続します。 接続するとこのようにパソコンの画面上でアクセスを許可するか聞かれますので、続けるを選択します。 スマホ上でもコンピュータを信頼するか、接続を許可するかを聞かれますので信頼を選択しましょう。 さらにその後スマホのパスワードを確認されますので、設定しているスマホのパスワードを入力してロックを解除しましょう。 ロック解除後にパソコンからスマホ内にアクセスできるようになります。 フォルダ内に写真がありますのでクリックしていきます。 このように写真が一覧で表示されます。 保存したい写真をパソコンのマイピクチャ等へコピーして保存しましょう。 スマホがSDカードに対応しているものであれば直接SDカードに転送することができるため手軽に行えるのがメリットです。 また、スマホに直接接続できるUSBメモリも登場しています。 USBメモリやSDカード、DVDに保存する方法はコンパクトで場所をとらないというメリットがある代わりに故障のリスクが高く写真が消えてしまうリスクがあります。 故障リスクを無くすためには後から紹介する、Amazonプライムフォトが最適です。 外付けHDDはスマホよりも何十倍もの容量を兼ね備えているため一度に大量の写真を保存することができます。 外付けHDDは容量の割に値段が安いため1万~2万円ほどのものを購入しておけば容量不足に困ることがないでしょう。 外付けHDDの欠点は故障のリスクが非常に高いということが挙げられます。 管理人も今まで5台ほどのHDDが故障した経験があります。 とにかく外部からの衝撃に弱いので安定する場所に置いて衝撃を与えないように注意する必要があります。 おすすすめの記事を紹介します。 スマホの望遠レンズが意外と使えるのでレビューしてみました。 遠くの被写体を撮るときはおすすめです。 より高画質な写真を撮るなら一眼レフがおすすめです。 スマホに転送する方法をまとめました。 一眼レフやミラーレスとスマホって画質の違いはどうなのか?実際に比較してみました。

次の

スマホの画像を本体からSDカードに移動する方法

スマホ 写真 sd 保存

ステップ2 デジカメやスマホからSDカードにデータを移す スマホのOSがAndroidであれは、写真の保存先を本体からSDカードに変更することができます。 カメラアプリなどの設定から、保存先をSDカードに変更したあとは、SDカードに写真が保存されます。 また、すでに撮影した写真の場合は、データファイルの移動やコピーが簡単に行えるファイルマネージャー系のアプリを使うと、比較的簡単にデータの移動やコピーができます。 写真データは「DCIM」フォルダや「Picture」フォルダに保存されている場合が多いので、それらフォルダの中から必要な写真データを選択し、SDカードにコピー、または移動します。 デジカメやスマホからSDカードに写真データなどを移したりコピーしたりする具体的な操作方法は、機種などによって異なります。 取扱説明書や操作説明書などで確認して操作してください。 ステップ3 SDカードをパソコンにセットする SDカードに必要なデータを保存したら、パソコンにセットしデータを移行していきます。 SDカードをパソコンにセットする方法には2種類あります。 パソコンにSDカードを直接セットすることができる「ダイレクトメモリスロット」が搭載されている場合は、そのスロットにSDカードを直接セットします。 「ダイレクトメモリスロット」の位置は本体により異なります。 ダイレクトメモリスロットが搭載されていないパソコンの場合は、USBポートなどを通してSDカードを接続する「SDカードリーダー」を別途用意する必要があります。 SDカードリーダーをパソコンに接続し、それにSDカードをセットします。 microSDカードを使っている場合、SDカードリーダーもmicroSDに対応している物を選ぶといいでしょう。 ステップ4 SDカードのデータをパソコンに取り込む Windowsの場合、SDカードからパソコンへのデータ取り込みは、「エクスプローラー」を使います。 SDカードをセットすると、通常は「メモリカードに対して行う操作を選んでください」というメッセージとともに、メモリカードに対して行う操作を選択できる画面(自動再生画面)が表示されますので、その中から「フォルダを開いてファイルを表示」を選択します。 SDカードをセットしても自動再生画面が表示されない場合は、手動でエクスプローラーを起動して、SDカードを選択します。 デジカメやスマホから移した際に写真データを保管したフォルダや、写真アプリの保存先として設定したSDカード内のフォルダ(DCIMなど)を開き、その中にある必要な写真データを選択します。 そして、写真データを移したいパソコン側のフォルダを開き、そこにコピーすればパソコンへの取り込みは完了です。 なお、Macの場合は、SDカードをセットし「写真」アプリの「ファイル」から「読み込む」を選択します。 読み込む写真を選択すると、指定した写真が読み込まれます。

次の