能登 はい らん かい ね。 キングダムランカイのモデルは?実は山の民で実在した?そもそも人間?

世界の「はい」と「いいえ」

能登 はい らん かい ね

成蟜子飼いの化猿。 常識外れの巨体と怪力を持つ。 幼少期に化猿の子として売られていたところ、成蟜に買われ「お仕置き」という行為によって恐怖を与えられ支配されていた。 その後は山の民に引き取られ秦国の危機を救う場面も。 たくさんの人を攻撃していたランカイですが、幼少期に成蟜によって支配されていた為本人の意思ではありません。 山の民に引き取られたあと秦国を助ける大活躍したところを見ると、本人の意思はほとんどなく世話をしてくれる人の言いなりのような印象を受けます。 ランカイは人間? 化猿という設定になっていますが猿にも見えないのは僕だけでしょうか・・・。 猿というよりどこかの特殊な民族のような感じもする。 こんなかわいい猿とは似ても似つかない。 猿の突然変異と言うより人間の突然変異と言った方がしっくりきそう。 スポンサーリンク キングダムランカイは実在した? ランカイのような化け物が実在していれば史実に残っていそうですがそんな記述はありません。 原泰久さんのオリジナルキャラのようです。 本当にいたら面白かったんですけどね~。 昔の中国にゴリラなんかがいたかどうかは分かりませんが、人間に一番近いと言われる動物は猿(チンパンジー)であり素晴らしい頭脳をもつ動物です。 猿の代表としてチンパンジーについて少し書きます。 チンパンジーはDNAの99%が人間に類似しており600万年から700万年に我々と同じ祖先から分かれたと言われています。 自己認識が可能な数少ない動物の1種であり、言語を持ち、感情を持ち、道具を使い集団で社会生活を営む動物。 中国では昔から猿とは関りがあったようで西遊記なんかは主人公が猿ですよね。 日本でもさるかに合戦など猿が出てくる話はたくさんあります。 そう考えると秦時代の中華でも猿を使って戦っていたのかもしれませんね。 ランカイの強さは? 巨体にもかかわらずかなり俊敏で戦初心者の信では太刀打ちできない相手でした。 そこで本気を出したバジオウに負けてしまいます。 逆に言うとバジオウ が本気を出さなければ勝てなかった相手という事です。 バジオウと言えば山の民のなかでも1. 2を争うほどの実力の持ち主。 やはりランカイは見掛け倒しでは無いということが分かります。 成蟜の手を放れて山の民に向かい入れてもらった現在は、バジオウに次いで実力があるのではないかと思います。 キングダムランカイはのモデルは? はい。 これもわかりません。 僕の勝手な憶測描きまーす。 ドラゴンボールってマンガみんな知ってると思うんですが、そこで大猿が出てきますよね。 サイヤ人の変身形態として。 こっから取ったんじゃないかと。 ベジータが変身すると こんな大猿になってしまいます。 このベジータがまた強いんです。 あくまでも憶測ですがこういうの意識してたんじゃないでしょうか。 成蟜によって飼われていた時は成蟜の護衛役としてとしか活躍してませんでしたが、山の民に移ってからは秦国の危機を助けるなど活躍しいています。 山の民には強い味方が付いたことでしょうし今後も山の民としての活躍を期待したいですね。 スポンサーリンク.

次の

平家物語『能登殿の最期』(3)解説・品詞分解(平教経vs源義経in壇ノ浦)

能登 はい らん かい ね

「能登はいらんかいね」と言うと割と穏やかな表現ですが,もともとは「能登いらんけ~」という表現であって,いずれにしても,「能登出身の私をいりませんか? 」という意味です。 能登は田畑が少なく(だから猫の額ほどの段々田畑が重なった千枚田が作られたりしました),生活が非常に貧しい地域でした。 それで能登の人々は近隣の加賀(金沢が中心)や越中(富山や高岡が中心)などへ出向き,「能登いらんけ~」「能登いらんけ~」と町や村を回ったのです。 つまり,農作業でも家の手伝でも何でもしますから,どうか私を雇って使って下さいという意味になります。 貧しさ故に出稼ぎに行かなければならない悲しさと同時に,出稼ぎにまで出て自分たちの生活を守ろうとする能登の人々の逞しさを織り交ぜた言葉なのですが,時によっては近隣の人たちが能登出身の人々を蔑む意味でも使われたりしました。 なお,演歌歌手の坂本冬美の「能登はいらんかいね」や最近になって販売されている温泉水の「能登いらんかいね」などは,本来の言葉の持つイメージを全く伝えておらず,私には違和感を覚えますね。 ちなみに,私の父方の祖父母,母方の祖父が能登出身です。 能登としては割りと旧家の出です。 satomimayugeさん,コメントを有り難うございます。 「能登はいらんかいね」の作詞者である岸元克己という方は,ネットで調べても分からないし,この歌詞を読んだ限りでは「能登いらんけ~」の意味をどこまで分かっておられるのか疑問です。 そもそも,「能登いらんけ~」を「能登いらんかいね」という表現にしたことで,元の言葉の意味が失われてしまっています。 歌謡曲という全国版の歌詞ですから,このように改作したのでしょうけど。 また,苦しい出稼ぎ生活の中で,毎日の「寝酒三合」や「冷やで五合 ぬくめて五合 しめて一升 酒ありゃ楽し」なんて現実的ではありません。 まあ,これも演歌の歌詞ならではのものでしょうけど。 温泉水の「能登いらんかいな」に至っては何をかいわんやです。 地元起しの目玉商品として思いついたのでしょうけど,とても悲しく思います。

次の

茶房咲ふらん

能登 はい らん かい ね

能登の食 美味しいランチの飲食店 :金沢観光情報 【 きまっし金沢 】 能登の食 美味しいランチの飲食店 能登の美味しいランチのお店を三ツ星評価で紹介しています。 料金,美味しさ,量,お店の感じよさを評価の基準にしています。 能登の飲食店約360軒で実際にランチを食べた中で,本当に良かったお店だけを厳選して紹介しています。 一ツ星でもかなりのお奨めです。 能登は魚が美味しい地域ですので,能登のお奨めのランチはどうしても和食系が多くなってしまいます。 個人的には和食より洋食・中華のほうが好きです。 もあります。 その他のもあります。 食後のコーヒーのセルフサービスもあります。 ランチタイムが禁煙になりました。 一歩おまかせ定食の内容は年中それほど変わりません。 定休日が木曜日ですが土・日曜日も営業しているのが嬉しいです。 洋食とデザートのお店 miel(ミエル) (津幡町) 洋食とデザートのお店 miel(ミエル)は 本日のランチ980円も美味しくてボリューム満点で満足できるのですが、食事した人限定で、ひといきバイキング(ホットコーヒー、ホット紅茶、各種パウンドケーキ、自家製ムース)130円というのがあります。 当日の日替わりランチにはチキンカツ,肉もやし炒め,ホッケ焼の他に野菜サラダ,豆の煮物,漬物,味噌汁,お茶,ご飯,ふりかけがついていました。 ぼうぼう 魚 (羽咋市) ぼうぼう魚は魚屋さんがやっている直営の割烹のお店で、日替りランチやお得な各種定食をやっています。 ぼうぼう魚の店構えがちょっと入り難い感じですが勇気を出して入ってみる価値はあります。 日替わりランチは平日だけですがセルフのコーヒー付840円で刺身・焼魚・小鉢がついてくるのは驚きです。 漁師屋 秀 (七尾市) 漁師屋 秀のランチタイムは刺身定食800円,天ぷら定食800円,焼魚定食800円,エビフライ定食900円,魚フライ定食900円,店主のお勧めおまかせ定食(刺身,揚げ物,焼魚付)1000円,海鮮丼1000円などがあり,ソフトドリンクやコーヒーがプラス100円でした。 ICOU(イコウ) (七尾市) ICOUには数量限定のランチ950円があります。 老舗の酒屋を改装したお店で、どの料理も心がこもっていて美味しいです。 白米と玄米とパンのいずれかを選べますが、玄米も美味しかったのですが、パンもとても美味しそうでした。 能登前ちゃか寿し (七尾市) 能登前ちゃか寿しの店頭にはランチメニューが掲示されていて,すしランチ,能登の幸丼,刺身定食,エビフライ定食,鉄火丼,天ぷら定食,焼き魚定食(サンマ,カマス,サワラ酢味噌),赤魚(ハチメ)一夜干,ウナギ丼がいずれも830円です。 コーヒーがセルフで付いて,ご飯と味噌汁はお替りできるそうです。 お食事処 みず (七尾市能登島) お食事処みずは能登島大橋を渡って500mくらい行ったところにある大駐車場の敷地内にあります。 能登島は遠いという印象がありますが、和倉温泉からはすぐ近くです。 昼・夜の時間に関係なく10種類程度のメイン料理から選ぶ日替わり定食600円があります。 ご飯と味噌汁は自分で好きな量を入れます。 小奇麗なお店を望む人には不向きです。 洋食レストラン はいから食堂 (七尾市能登島) 洋食レストラン はいから食堂では,平日には月替りのはいからランチ750円があります。 能登では珍しく,美味しくて安い洋食を楽しめるお店です。 能登島にある洋食レストラン はいから食堂では運が良ければイルカが泳いでいるのを見れるということです。 かき処 海 (七尾市中島) 「かき処 海」は牡蠣貝養殖の山下水産直営のお店で、カキ貝の季節(10月中旬から)だけ営業しています。 カキのコース料理の他にかきフライ定食1000円などの定食もあります。 ランチタイムの定食にはコーヒーも付きます。 かきフライ定食にはかきフライ、サラダ、蒸しかき1個、切干大根の煮物、かき天麩羅の酢の物、かきご飯、牡蠣と豆腐のお吸い物、漬物がついていました。 魚料理・民宿 やまじゅう (かほく市) やまじゅうの昼定食には,煮魚定食,焼魚定食,うな重,刺身定食,海鮮丼定食,寿司定食,ジャンボエビフライ定食,やまじゅう定食があって,すべて1050円でした。 やまじゅう定食には9種類の魚の刺身の他には,かぼちゃの煮物,ダイコンなど野菜の酢もの,漬物,ご飯,味噌汁,冷奴などがありました。 鮨会席 りょう門 (かほく市) 鮨会席りょう門には,にぎりランチ840円,ちらしランチ840円,にぎりランチ1. 5人分1260円,りょう門ランチ(寿しと天ぷら)1575円,刺身ランチ1050円,天ぷらランチ840円などがありました。 にぎりランチには寿しの他に,ガリ,アサリの味噌汁,切干大根の煮物,魚の揚げ物2本,大根中心の野菜サラダ,デザートのメロンがついていました。 土日祝日にもランチがあります。 農家レストラン開元 (輪島市) 農家レストラン開元には、セット(まぐろ小丼とミニ氷見うどん、天ぷら、漬物付)500円、大盛セット(標準盛のまぐろ小丼と氷見うどん、天ぷら、漬物付)800円などがあります。 100円の温泉水を購入すると掛け流しの温泉に入れます。 食事の営業時間は11:00から13:30で年末年始を除いて年中無休です。 魚処したひら (能都町) 魚処したひらは、魚屋さんの奥の住宅の広間のようなところが食事処になっています。 平日限定ランチには刺身定食950円、フライ定食950円の2種類があります。 魚の新鮮さは格別です。 1000円のコースでは6種類の握り寿しと細巻き,魚のあらの味噌汁,キンピラごぼう,ブリカマの煮物が付いていました。 お好み焼き 平野屋 (七尾市) 平日限定でお好み焼きや焼きそば食べ放題ランチ1500円や、ワンディッシュランチ600円をやっています。 ワンディッシュランチには好きなお好み焼き(焼きソバやそばめし、焼きうどんでも可)に野菜サラダと好きなソフトドリンクが付いています。 +100円でご飯と味噌汁と漬物を付ける事も可能です。 山芋とお好み焼きが2層になっている白雪姫や七尾発元祖ホルモン焼きそばなどが人気です。 はまゆう(浜夕) (七尾市) はまゆう(浜夕)の昼のメニューを見ると,天ぷら定食780円,エビフライ定食780円,とんかつ定食700円,とり竜田揚定食700円,生姜焼定食780円,ヒレカツ定食950円,ヒレ玉子とじ定食1280円,焼魚御膳1280円などがありました。 焼魚御膳の焼き魚はカマスで,その他にブリとイカの刺身と,タコのヌタ酢,茶碗蒸し,ご飯,アサリの味噌汁,漬物がついていました。 いしり亭 七尾市) いしり亭は能登食祭市場のすぐ近くでメニューには,いしり御膳(いしり貝焼,焼き物,小鉢,ご飯,新香,氷見うどん)1050円,いしり亭昼定食(平日だけ)800円,刺身御膳(いしり貝焼,刺身3種盛,小鉢,ご飯,新香,氷見うどん)1600円,かき揚げ定食800円がありました。 いしり御膳の焼き物はサケで小鉢はダイコンとニンジンと昆布のなますと油揚げと野菜の煮物でした。 イル・ピアット・ハタダ(Il piatto Hatada (七尾市) イル・ピアット・ハタダにはパスタランチ(本日のパスタ、サラダ、デザート、コーヒー)1200円、おすすめランチ(本日の前菜、おすすめパスタ、魚料理or肉料理、サラダ、デザート、コーヒー)2800円がありました。 パスタランチは3種類から選べます。 料理・デザートすべてが凝っていて美味しいです。 ひいらぎ (七尾市) 日替わり定食700円には、どれも手が込んだ愛情いっぱいで美味しい料理が出てきます。 特に野菜にはこだわりを持っているようです。 食後にデザートが出されるので、ゆったりと待っていましょう。 膳座 (七尾市) 膳座の定食には日替わり定食700円、刺身定食650円,天麩羅定食600円、エビフライ定食600円,豚カツ定食650円などあります。 日替わり定食には2種の魚の刺身、豚薄切りトンカツと、とろろ芋、ご飯、漬物、味噌汁が付いていました。 JR七尾駅すぐ近くです。 焼肉 蔵 (七尾市) 焼肉「蔵」のランチタイムには壷つけ定食(1008円)、ビビンバ定食(819円)、和牛特上カルビ定食(1470円)、焼肉定食(787円)の4種類の定食がありました。 焼肉定食にはカルビ、豚バラ、上シロ、焼き野菜、ミニサラダ、ご飯、味噌汁、漬物がついていました。 ご飯おかわり自由でコーヒ付は50円プラスです。 七尾港港湾福祉センター (七尾市) 七尾港港湾福祉センターの食堂には600円の日替定食があります。 他には日替わりうどん定食500円,焼肉丼550円,焼肉定食600円などがあります。 漬物は4種類の漬物を自由に取る事ができて,ご飯はお替り自由で,コーヒーはセルフで付きます。 ボリュームいっぱいです。 中華レストラン 昇龍 (七尾市) 中華レストラン昇龍の定食は週替りの5種類(890円と788円)から選べます。 他にランチタイムのメニューとして、とんこつラーメンとギョーザやチャーハン、中華飯、天津飯のセットがあります。 豚肉とイカのピリ辛炒め(890円)の定食には豚肉とイカのピリ辛炒めの他に,ザーサイ,玉子ととうもろこしのスープ,野菜サラダ,フカシの団子,ご飯,杏仁豆腐,中国茶がついていました。 茶房 一村 (七尾市) 茶房一村では500円の定食があります。 ハチメの一夜干し、ホウレン草のおひたし、漬物、ご飯、切り干し大根の煮物、味噌汁が付いていました。 味付けが良くとっても美味しかったです。 お客さんは、ほぼ常連さんで、お昼休みに集中して来店するので、ほぼ同じ時間に食事が出せるように調理します。 朝漁れ一番 哲 (七尾市) ランチタイムは漁師飯(刺身盛り合わせ・あら汁・ごはん)800円のみです。 ごはんとあら汁が、おかわり自由なのが嬉しいです。 毎日朝4時に、漁港に行って漁船より魚を直接仕入れているそうです。 現在、ランチはやっていないようです。 ドリンクバー108円があるのも嬉しいです。 マナカマナ七尾店 (七尾市) マナカマナ七尾店にはAランチ756円(チキンカレーorダルカレー、ナンorライス、サラダ、ドリンクバー、スープ) Bランチ1026円、Cランチ1080円(11種から選べるカレー、8種から選べるナンorライス、チキンティッカ、サラダ、ドリンクバー、スープ、プレーンナンorライス食べ放題)Dランチ1296円、Eランチ1296円、日替わりランチ864円などがあります。 スープ・ドリンク飲み放題が嬉しいです。 はいだるい (七尾市和倉温泉) JR和倉駅前のはいだるいでは日替わりランチがあります。 当日はぶり照り焼きになってました。 日替わりランチにはメインの料理の他に小鉢,味噌汁,ご飯,漬物がついていました。 はいだるいには目玉メニューとして野菜や魚介類がいっぱい入ったはいだるいカレーもあります。 大盛りの量にはびっくりさせられます。 なごみ茶屋 (七尾市能登島) なごみ茶屋には食べ物は日替定食500円とおにぎり100円だけしかありません。 日替定食は自家製の野菜だけでつくられています。 肉料理や魚料理を食べたい人には向きません。 なごみ茶屋の庭にはヤギがいました cafe遊帆 (七尾市中島町) cafe遊帆はタイ料理が食べられるお店です。 能登ではインド料理を含めエスニック料理が食べられるお店は、cafe遊帆だけです。 ガパオやグリーンカレーが美味しいです。 Wi-Fiも利用できます。 相撲茶屋 時葵 (七尾市中島町) 相撲茶屋 時葵はサービスランチ600円を始めました。 サービスランチは魚料理と肉料理から選べます。 当日の魚料理はアジのフライ,肉料理はヒレカツでした。 元力士のマスターは気さくな人です。 割烹・お食事処 お富(おとみ) (七尾市中島町) 割烹・お食事処 お富のメニューを見ると、焼き魚定食1200円、煮魚定食1200円、刺身定食1000円、エビフライ定食1000円、天麩羅定食1000円、魚フライ定食900円、海鮮丼1200円などがありました。 刺身定食には刺身の盛り合わせの他に小鉢(野菜の煮物)、海藻の味噌汁、漬物、ご飯がついていました。 お食事・寿司 高尾 (穴水町) お食事・寿司 高尾にはAランチ(寿司・汁付)840円,Bランチ(刺身,ご飯,汁,茶碗蒸し,付け出し)950円,Cランチ(寿司,揚げ物,汁,茶碗蒸し,付け出し)1300円がありました。 Bランチの刺身はたこ,イカ,甘エビ,マグロ,ヒラメで,その他にはこんにゃくの煮物,漬物,味噌汁,ご飯,茶碗蒸しがついていました。 ランチは土日もやっているようです。 刺身定食には、刺身4種盛り合わせの他にご飯、味噌汁、漬物、野菜の煮物、そうめん瓜とキャラブキの煮物が付いていました。 カフェ食堂 れんげや (中能登町) れんげやの選べるランチ1000円では、前菜プレートがあり、メインディッシュを能登豚の黒酢酢豚、とろとろ煮込みハンバーグ、10種類のスパイスのジャークチキン、豆乳入りれんげや混ぜうどん、和牛肉と特性白ごましょうがタレの鉄板めしの5種類が選べて、飲み物もホットコーヒー、アイスコーヒー、自家製ジンジャーエール、季節の自家製ドリンクの4種類から選べます。 和風レストラン 美来里 (中能登町) 和風レストラン美来里では日替わり定食750円,すき焼き定食980円,とんかつ定食1080円,刺身定食1400円,天ぷら定食1400円,お子様定食750円などがありました。 民宿も併営しているようです。 日替わり定食には,イカなどの天ぷら,茄子やピーマンの炒め物,油揚げや野菜の煮物,漬物,味噌汁,ご飯がついていました。 台湾家庭料理 福興 (中能登町) 台湾家庭料理 福興には日替わりランチ580円をはじめ麻婆豆腐セット780円、八宝菜セット780円、唐揚セット780円、青椒肉絲セット780円、回鍋肉セット780円、エビチリセット880円、、五目野菜セット780円、小龍包セット780円、坦々麺セット780円、焼きソバセット880円、餃子セット780円、ニラレバセット780円、油淋鶏セット780円、天津飯セット780円などがありました。 旬亭 きどぐちや (羽咋市) 旬亭 きどぐちやのお昼のメニューには、日替わり定食950円、お刺身定食970円、天ぷら定食970円、焼肉定食970円、ヒレカツ定食970円、海鮮丼1080円などがありました。 刺身定食には9種の刺身盛り合わせ、茶わん蒸し、茄子の味噌焼き、御飯、味噌汁、漬物、お茶がついていました。 食後のコーヒーも出されました。 インド・ネパールレストランDEVi(デビ) (羽咋市) インド・ネパールレストランDEVi(デビ)にはおすすめランチ(11種から選べるカレー、6種から選べるナンorライス、チキンティッカ、サラダ、ソフトドリンクとスープ飲み放題、ナンのお替りは2回まで無料)1080円、日替わりランチ(日替わりカレー、ナンorライス、サラダ、ソフトドリンクとスープ飲み放題、ナンのお替りは1回無料)864円、700円ランチ(4種から選べるカレー、ナンorライス、サラダ、ソフトドリンクとスープ飲み放題)756円、などがありました。 割烹 満升 (志賀町) 割烹 満升には日替ランチ780円、刺身定食1575円、焼魚定食1575円、うなぎ定食1365円、海老フライ定食1260円、カキフライ定食1260円、天婦羅定食1155円、白身魚西京焼定食1155円などがあります。 本日の日替ランチはカマスと季節野菜の天婦羅、小鉢、御飯、味噌汁、漬物にコーヒーがついていました。 のうみドライブイン (志賀町) のうみドライブインには日替定食740~1050円、揚げ定食950円、コロッケ定食630円、目玉焼き定食530円、ハンバーグ定食840円、生姜焼き定食840円、刺身定食時価などありました。 日替定食には、サヨリ(2匹)のフライの他に野菜サラダ、ポテトサラダ、おから料理、おすまし、漬物、お茶がついていました。 どの料理も手間がかかっていて、とても美味しかったです。 花や串焼ラーメン食堂 (志賀町) 花や串焼ラーメン食堂には、平日には日替わりのゴーゴーランチ550円があります。 日替わりのゴーゴーランチには、豚バラしょうがやき、野菜サラダ、パスタサラダ、おから、ライス、漬物、味噌汁がついていました。 豚バラ焼き定食700円も人気のようです。 小奇麗なお店を望む人には不向きです。 かっぱ鮨 (宝達志水町) かっぱ鮨ではランチタイムに天ぷら定食620円、ほうば味噌定食880円、とろろ味噌定食780円、蒸し寿し定食580円、串揚げ定食780円などがあり茶碗蒸し付は100円高です。 とろろ味噌定食茶碗蒸し付にはとろろ、ご飯、あさりの味噌汁、漬物、きんぴらゴボウ、みかんの果肉入りのゼリー、サラダ、蟹入りの茶碗蒸し,ブリカマの焼き物が付いていました。 美食倶楽部きたもと (宝達志水町) 美食倶楽部きたもとの日替わりランチはタラと能登カキのフライset 850円,白子とカニツメとイカの天婦羅と刺盛1200円,タラのアラ煮と刺盛1200円,タイのカブト煮と刺盛1200円,子持ちヤリイカの塩焼きと刺盛1200円がありました。 たきこみご飯が100円高です。 刺盛はカンパチと甘エビとタイの刺身で茶碗蒸し、サラダ、漬物、味噌汁がついていました。 炉端焼き芳楽 (宝達志水町) 炉端焼き芳楽は「旅荘やまもと」に併設されていてランチメニューとして、さしみ定食、メンチカツ定食、ブリ焼き定食750円という掲示がされてました。 ブリ焼き定食にはブリの照り焼きが3切れ、野菜サラダ、青菜の胡麻和え、マカロニサラダ、御飯、小うどん,コーヒーが付いていました。 お昼の営業は13:00までということでした。 閉店しているかもしれません。 居酒や 中や (宝達志水町) 居酒や 中やは,鮮魚店がやっているお店で,自家製のコシヒカリを使っているそうです。 お昼の定食は日替わり魚定食780円,中や定食680円,かつ定食880円,うなぎ定食980円,焼魚定食980円,天ぷら定食1280円,お刺身定食1280円,海鮮丼定食1380円,免田おまかせ定食1480円がありました。 ご飯のお替りが自由で,コーヒーはセルフでサービスです。 台湾料理 四季紅 (かほく市) 四季紅は中国系の人がやっているお店で、620円のランチや定番の中華料理が主菜の980円の定食があります。 620円のランチには、主菜、豆腐の冷奴、玉子スープ、ご飯、漬物、デザート、セルフのコーヒーも付きます 藤よし (津幡) 藤よしには、寿司が付いた1000円から1800円のランチがあります。 1000円のランチには、魚のフライとモズク酢と野菜サラダ、貝の味噌汁(写真の外になっちゃいました)、ガリ、柑橘系のフルーツ、寿司盛り合わせがついていました。 季節料理 和 (やわらぎ) (津幡) 季節料理 和 (やわらぎ)には、日替わり定食800円、お子様定食1000円、やわらぎ定食(日替わり定食+刺身)1100円などがありました。 与一 (津幡) 与一のランチは1080円で、お造り膳、天ぷら膳、焼魚膳、海老フライ膳、カキフライ膳、ステーキ膳、豚カツ膳、鶏唐揚げ膳、チゲ鍋膳があります。

次の