アズマ 引退。 VTuber 織田信姫、引退を表明 奔放すぎる活動スタイルで覇道を提示

にじさんじ「名伽尾アズマ」が引退 最後の配信は5月31日予定

アズマ 引退

Sponsored Link ゲーム部プロジェクト、中の人のTwitterやいじめ告発について 事の発端としては、2019年4月2日頃から、ゲーム部の中の人と思われる声優さんが企業からのパワハラ、ブラックな勤務内容が暴露したことから始まります。 夢咲楓:たなかさん twitter: nana: 風見涼:うさちゃんさん twitter: nana: 桜樹みりあ:九重なゆさん twitter: nana: 道明寺晴翔:はなつぐさん twitter: MixChannel: nana、MixChannelでそれぞれ声が聞けますが、完全にゲーム部のみんなだと分かるかと思います。 その上で、こちらのツイートをご覧ください。 元々辞めるつもりではあったけど、ここまで虐げられる意味もないですよね 今年に入ってからはパワハラというより単純にいじめでした。 もう話すことすら無駄ですが、近い内に労基に相談しようと思います。 事実真実が明言できない業種なので、 下手なことは言えませんが。 弱音は吐きたくないですが、 助けて欲しくて仕方ないです。 ごめんなさい、今は一つ一つに返信できる余裕がないのでこちらでお礼を言わせてください、本当に感謝です。 ついでに、コレコレチャンネルという暴露系YouTuberの生放送で、 道明寺ここあちゃんの中の人が出演した回がこちら。 2018年1月時点なので相当前の生放送です。 デビュー前の情報で、いわく ・株式会社バーチャルユーチューバー(現Unlimited Inc. =ゲーム部運営会社)からの勧誘があった ・MMD作るバイトを時給1500円で募集してたり、事務所の場所を教えてくれず、バックに大企業がいるアピールしかしない などが要点ですね。 つまり運営があんまり良い体制……というか ゴミでも全然おかしくない状態です。 ぶっちゃけほとんど、ゲーム部解散は確定となっています。 というか、もうホントに解放されて欲しい。 どんだけひどい目にあったんでしょう……。 Sponsored Link ゲーム部プロジェクト・ここあMUSICの今後は?引退・移籍・転生の可能性を考察。 アズリムルートはあるのか? ここまでが現在判明していることです。 その上で今後ゲーム部やここあちゃんたちがどうなっていくのかを考察していきます。 まず 移籍の可能性ですが、これはかなり望みが薄いです。 「ゲーム部」というキャラクターの権利は会社側にありますし、ゲーム部はゲーム担当、MMD、声優さんと役割が分かれている可能性が高いです。 そのため、ゲーム部としてそのままの移籍というのはほぼ不可能。 前例もありません。 アズマリムちゃん(声優交代が仄めかされるも、運営会社が謝罪)のように、 本人の意向が尊重され、謝罪の上で活動継続というのも難しいでしょう。 身近な人物からの罵倒、声への批評、信頼していたスタッフからの暴言と、もはや関係の修復は不可能でしょうから。 どんな謝罪をしようと許されることはないかなと思います。 ていうか許さん。 となるとVTuberとして活動を続けるのであれば、転生が最も可能性が高いです。 転生を望む声も多いですが、ご本人たちがVTuber活動をしたいかというとまた別の話で、今回の件でダメージが大きいでしょうし、すぐには難しそうです。 まともな会社で活動しているところを見たいですが、しばらくは休んで欲しい……。 もこう、ライバロリの関係・反応まとめ ちなみに、よくコラボしていたもこう先生とライバロリさんの反応。 ゲーミング部が消えると、ポケモンが更にオワモンになるからどうにかしてくれ— ライバロリ raibarori もこう先生は今のところ反応がありません。 ゲーム部運営会社とのつながりも一応噂されています。 ん?ゲーム部運営の人ってマジストっていうぷよぷよのパクリゲー作った人だろ? もこうはマジストでサベージ様の声優をやらせてもらっていた、と… そしてもこうはやたらとゲーム部の株を上げるような発言が多かった…いや、考えすぎか。 もこうがそんなことで動くわけないな。 大変失礼しました。 あくまで内部・スタッフの話で、もこう先生は独立していますから。 ゲーム部解散・声優へのパワハラへの反応 ガチのマジで転生してほしい。 とはいえもうVの環境にいたくはないだろうけど。 あまりにもかわいそうというか悲惨というか。 声優さん4人が部員たちなのはほぼ確定で、運営会社がかなりブラック、アウトな挙動をしているというのも、事実である可能性が高いです。 アズリムちゃんのように和解ルートが成立することはなさそうですし、移籍も無理でしょう。 転生の可能性はあるでしょうけど、ご本人たちのお気持ち的に苦しい所がありそうです。 できることならまたゲーム部のみんなの動画が見たいですが、声優さんたちが幸せになってほしいです。 頼む……。 運営会社unlimited incについてはこちらにまとめました。 ちなみにこの生放送で二人がやってたゲームはこちら。 ゲームに罪はない。 リゼロコラボ開催中!エミリアやレム、ラムが3Dで可憐に動きます! Falloutシリーズ最新作! のんびりしたイラストからは想像もつかない ガチゲーです。 シェルターを運営しながら、荒廃した世界を探索するゲーム。 資源をどこに使うのか?というやりくりや、 細かすぎる特技を持つキャラを、戦わせるのか?それとも働かせるのか?という采配など、 どこまでも思考できるので、じっくりゲームをやりこみたい方はぜひ。 「薄桜鬼」や 「ディアラバ」、 「アムネシア」 などのオトメイトの乙女ゲーキャラが登場。

次の

【驚愕】アズリム引退理由判明、Cyberv内部の闇がガチで深過ぎる

アズマ 引退

アズム本人の、CyberVの発表の2つにあわせ、初期DEAGAMESU氏のと「鳴神裁」のも鑑みて、にまとめたです。 でも入っているなので、間違いとかあるかもしれないです。 ちなみにクソ長いです。 まとめも下手なので読みにくいと思い。 ご了承ください。 U氏よりの指摘があったため、該当箇所を訂正させてました。 に関しては、19年部分の3業のと、アズムへの支払いに関しての推測文の削除の2箇所です。 アズの件で見掛けたでの内容を見掛けたので訂正して頂ければ…私が言う三業というのはCyberV CyberZ とDEAGAMESとの協業でして、においてはDEAGAMESともの売上分配率を所有しておりました。 また、いくつかご指摘頂いている18年の部分に書いていた「TとFの事項」に関しては、になった時期がいつなのか詳細はなのでまとめてここにいれておりましたが、らも合わせてしており。 アズムのは該当の2名だけではなく他にもいるので、として完全に違うというわけではないですが、確下記など「TとFに関しては19年以降にを出されたと考えるのが」だとし、らもさせて。 当初は、時期推測のとして、この時期以降CyberZ「」でぱったりとがなくなっと(が18年4日のVカラ)を考えていました。 Fと見られているが19年にbilibiliでを出していること、おそらく「や出演時での絡みがで、に関してはできる チェックを入れた上で公開できる ので完全にしているわけではない」と推測してい。 同士は仲が悪いわけではなく、がしていると見られ。 19年のに関しても、「をするの一環」のでです。 を読まされるだとしてもすればいいだけの話になるし、本当に納得出来ていないのなら81がを守りに入るはずなので。 この時点でアズムのと行動にが発生しており、に欠ける。 18年のに関しては、 ・好き放題やってをに追い込んだ ・がんど出てなかった ・他VのによってCyberVのにあたるCyberZの「」で人気があったができなくなった などにより、CyberVがアズムを終了しようとが発端。 アズムの推測できるのは、おそらくが交代になる形でをしようとしていたということ。 し、それをアズムがに捻じ曲げてで、は首の皮一枚繋がることに。 し、それが原因で、「を変更してはしようとしていた」のが「ごと終了」に変わることになる。 ちなみにこの時点で、CyberVは他に流石乃ルキ・と星空学園3人をしている。 【、アズム終了…にならず】 CyberVの発表の通り、アズムは終了、参加CyberV・DEAGAMES・の3社の協業も終了。 この時点でアズムはして 的には多分これでいいはず するはずだった。 …が、アズムが「続けたい」と。 U氏のより、アズムはなかなか高給取りであり、は業ではあしてるとも言えないので、アズムのがなくなるのは大になる続けたがったのではなと推測される CyberVの苦悩が始まる。 アズムの先を探しながら、アズムとしてできるをに貸し与える感じに。 今まではDEAGAMESがをまとめて81に支払っていたが、DEAGAMESは完全に降りたのでCyberVが81に支払っていた。 額面的にはおそらくきちんとへのも含ているだろうが ・・・fanicon・グッズ・関連 を支払いしていたと見られる。 CyberVが嘘をついていなければ、これは81がアズムへの支払いを怠っていることになる。 ので、が発生するようなではない。 …どころか、考えたらCyberVのなどを利用していたいので逆に利用料払わなきゃいけないなんだけど、の話はそこまでないというかややこしくなるので置いておこう。 んど変わらんし。 アズム先がChiseyに決まる。 「Chisey」は、が「FRENZ」という界隈では人気のあるを毎年している。 の「」でもある。 おそらくでされたではななと思うが、はの通りではしたであり実績もある上に、好きとしても知られるので、ここではとはしない。 というかそこ問い詰めてたらキリがない し、ここでアズムは反抗する。 が新しく決まったということは、が変わる性が出てくる。 の一員であったCyberVよりは間違いなく落ちる。 その上、CyberVには出来てたフルトラもできなくなる性が高い。 おそらくアズムが言う「履行されなかった」というのがフルトラ。 多分アズムは自前でフルトラできるを用意されると思っていたのだろう。 し、CyberVのフルトラはどうもっても数百万、下手したら4桁万円であり、でどうのこうたり使うではない。 で、ここらへんいろいろこんがらがっていて、アズムのが末にあり、そこまではCyberVも面倒をみていただと思われる。 おそらくアズムが「がない」とか抜かしてたのも、末のが先に決まっていらで、それに向けてを続けていら、本人では「としてしている」としていた性が高い。 で、実際以降のはのみで顔の精度も落ちている。 おそらく末で完全にCyberVは手を引いており、裏で面などの引き継ぎをしていたと思われる。 ただ、そこそこ大きなまぁ実質ほぼに引き継がれるわけで、はかかる。 この期間にアズムの等もあり、多分相当グダったとされる。 ちなみに、アズムのがfanicon変更されるという話があったのだが、おそらの先は「memma」というCyberZがしているを予定していたと思われる。 が、memmaの開始が大きく後ろにずれとで 開始が19年 、アズムの終了とそう変わらない時期になってい、流れたと見ている。 【月、そしてへ】 CyberV兵は、先を探し、の引き継ぎなどを行いながら、新やアズムのアップもしていた。 U氏のより そして月日、引き継ぎなどが終了し、CyberVの手完全に離れることになりそのを準備していた。 月7日の夜、突然アズムがでをする。 これに関して、今まで上で追ってきていたなどと照らし合わせてみよう。 、及び様と、 ・連絡が度々取れなくなっており、も連絡が取れていない事 ・に際していただいた事項を履行していただけていない事 ・以降一切のお支払いができていない事 のにより、を続ける事が困難となりました。 U氏は「兵はたびたびに来ていた」と言っている。 推測されるのは、末のはCyberVがやっていたので、それまではCyberVがだと思いこんでとによるすれ違い 本当は末まで なお、Chiseyの方とは連絡が取れてとをfaniconで明言している。 そしてChiseyは引き継ぎでCyberVとやり取りしている。 「には」というのはのが終わって落ち着く時期だっらかと。 CyberVが面倒見していたのは長く見てもがあった末までであり、それ以降はChiseyなので、Chiseyにフルトラがなかっとにより「を破られた」ことになっていると推測される。 上でも書いたんだけど、移行後もフルトラができるようになると見ていたのは、フルトラをでもできるようになるとしていたのではなという説で、 がフルトラがどのくらい金がかかるなのかを知らなかった事による的なじゃなというも…。 CyberVは切れても自社で面倒見てた期間はとフルトラさせてるのでを履行していた、つこれはChisey側の。 本当には支払われていないことがになっているのなら、まず81がCyberVに問い合わせることはじまるので、がるではない。 末でが終わっているなら、アズムは勢であり、が支払われる事がい。 上に書いたとおり、CyberVは にを上乗せして 81に渡していたのだが、が減っとをアズムが納得しておらずキレた性が高い。 怒るはCyberVじゃなくて81なんじゃないですかね? 昨年のに関して、アズ1人でに行ったではなく、目の前に様、の方々がいらっしゃいました。 CyberVはU氏が連絡して初めてに気づいた 目の前にやがいた性はしない 外部はわない が、そのが「」した上でアズムがしたのかというわけではない。 つこれはのあやであり、アズムがに行っと。 れに関しては、本人その場にたけどで話が進んでたという性もある。 …が、そうなるとのなどをすればよかっただけの話なので、条件が悪かっもしれないがアズムも一度は話を飲んでるはず。 者を名乗りとは異なるを繰り返される方がいらっしゃいが、そうした事も本当にやめてったです。 確U氏は「は」元者でありではあるが、産みの親の1人であり、娘にこういう言い方されるのはかわいそうですらある。 と異なる、というのはアズムとはが異なる「そんなんじゃない」ってこねてるに近いのでは…。 ちなみにU氏はルキを終了させられとを納得しておらずCyberVに恨みを持っているが、それでも今回の件でCyberV側についてるあたり、よほどアズムが児だったのでは…って感じですね。 などのにできないという話ですが、CyberVの言い分ではChiseyすら触れていないとのので、本人が「」と呼んでずっと裏方をしている のさんなどではないと本人がに明言してる が隠してるのではなという感じがす。 というのも、おそらく今回のにも「」は噛んでいると思われるのですが おそらく前回も 、アズムがなのでこういう感じにあら捜ししたら崩れるようなをしてっとで逆に劣勢に立たされてい、アズム本人がこれ以上ボロを出すと完全にに出るので取り上げた、と見るのがかなと。 新旧どちらもできない、もできないとなると、どちらかが嘘をついてない限りがなにかしてるということになり、そのにあたる性が高いのが「」なんですよね。 ちなみに「」はやfaniconなどでたまにしてとをアズム本人がfaniconで認めているので、権限を持ってとがわかり。 「」は、CyberVがに入る前アズムに関わってとが昨年の読み取れるので、いわゆるお抱えであり、新に移った後も関わっていると推測され。 ()あと、もう一つこれがありまして。 つ、誰かがいじってるんですよ、後に。 だ「者誰も触れていない」状況ではないので、「誰かが抱えてる」性を指摘してい。 CyberVとDEAGAMES以外にとして表に出されていないのでもなかったと思われけど。 ちなみにアズムの、とかなくにもいろいろを起こしている児ことをあちでされており は非公開なので伏せけど 、 今回81が名指しされたにも関わらず1週間なにも音沙汰ないのはそういうことじゃないですかね、って感じもすね。 沙汰起こしてるみたいな話もあったし…。 一緒にまで行くような仲だった人たちに突きつけられてるあたりがもう、ね。 【以降の、によってで表示が切れてっているのでらに移した 】.

次の

静凛の中の人が顔バレ・身バレで声優が特定【しずかりん/にじさんじ】

アズマ 引退

にじさんじ:月見しずく、遠北千南 2020年3月31日引退 どっとライブ:夜桜たま、猫乃木もち その他:アズマリム 数えあげるとキリがありません。 そもそも事務所が活動終了した。 そんななか、企業がバックについている事務所自体がつぶれる事態にも...。 つぶれた事務所というのが、あのミライアカリさんが所属していることで知られる 「 ENTUM」になります。 「ENTUM」は、2018年4月に活動を開始しましたが、2019年12月31日をもって運営を終了しました。 ミライアカリさんを筆頭としたVTuberが所属しているにもかかわらず、「なぜ?」と思ったリスナーも多いでしょう。 しかしながら、 「 ENTUM」を運営している株式会社ZIZAIを見ると、新規プロジェクトとして VTuber事務所「 i-Live」を立ち上げており、「ENTUM」から「i-Live」にシフトしただけだと考えられます。 まぁ、収益性のない「ENTUM」を切ったのでしょう これには賛成。 もともと、ミライアカリさんは「ENTUM」所属というより、「ミライアカリプロジェクト」所属といった独立性もありましたし。 事務所所属にもかかわらず引退が雑すぎる。 本題に戻ります。 最近、事務所所属にもかかわらず、「引退」に対してかなり雑な対応をしているVTuberが目につきます。 実名で取り上げたくないのですが、例を示すために書かせていただきます。 ここから先、不快な思いをしたくない方はブラウザバックしてください 特に雑だと思ったVTuberの例は、 「 ENTUM所属の花野蜜さん」になります。 ENTUMより、2019年12月31日の解散をもって花野蜜さん、皆守ひいろさんが引退することを同月17日に公表しました。 ちなみに、配信の最後には「次回の配信をお楽しみに!」との発言をしていました。 にもかかわらず、何の連絡もせずに「休止」しつづけ、「ENTUM」解散にちゃっかりと乗って「引退」していったのには流石に引きました。 「引退」のツイートでも、「ENTUM解散」のツイートを引用し、簡単なコメントのみ。 👇花野蜜さんの引退ツイート 別にそれ自体を批評するつもりはありませんが、コメントの内容があまりにも雑! たったこれだけのコメントでは、 「 引退するのかしないのか」がものすごく曖昧で分かりにくい。 少なくとも、本人のツイートから「引退」の文字をのせるべきでしょう。 また、たくさんのリプが来ていましたが、一切反応していません 義務ではないから問題ではない。 一緒に引退した皆守ひいろさんの対応は? ここで一緒に引退した" 皆守ひいろさん"の対応を見てみると、かなり違っていることが分かります。 皆守ひいろさんは、ツイッター上にて引退することをリスナーに伝えた後、以下の対応をしていました。 ・マシュマロ返し ・引退記念イラストをファボ&RT ・ボイスメッセージの投稿 皆守ひいろさんの引退としての対応は、私個人の意見になりますが、充分すぎるほどだと思います。 なぜなら、「ENTUM」を運営しているのは、営利組織である「株式会社ZIZAI」だからであり、所属していたということは「責任」が発生するからです。 「お客様=神様」理論を持ち出すわけではありませんが、金銭目的でリスナーを利用したということは、最低限の対応をするべきだと思います 汚い言い方ですみません。 別段、「謝罪会見をしろ!」、「引退するな!」とか、「引退するなら納得のいく説明をしなさい!」というわけではありません。 最近というよりだいぶ前からですが、「VTuber界は衰退している」との発言がチラホラ見られます。 また、大物VTuberの引退が続いたこともあり、VTuberのなかにも同じ発言をするものが増えています。 私個人としての考えは、 「いや、まだ始まったばかりでしょ!」です。 だって、本当にそうなんだもん。 VTuberの引退が増えていますが、そもそもVTuberの母数が急激に増えすぎたのが原因です。 「淘汰される時代」が到来しただけです。

次の