デレステ トリコロール。 【デレステ】放置プレイユニットの完成形と解説

スキブ vs アンサンブル vs シンフォニー(デレステ):蒼と黒のモバマスプレイ日記

デレステ トリコロール

スポンサーリンク 結論 何度もこの記事を見返してくれる方もいると思うので、先に結論から。 個人的にはこんな感じで、所持特技によってポテンシャルの振り方を分けています。 自分の奏さんはスキルブーストで使いたいのでこの振り方にしています。 (強い) ちなみに、ライフ値にポテンシャルを振らない場合のライフ値合計は264。 2倍回復時はライフ値528で、スパークルのコンボナ倍率は21%アップ。 性能的には十分強いので、妥協案で行くのであればライフ値にポテは要りません。 このSSRを入れてライフスパークルを含むユニットを組む場合、 ライフにポテンシャルを振る必要がなくなります。 単色の場合 : ・フォーカス(ライフ44) ・スキブ(ライフ44) ・オバロ(ライフ44) ・ライフ回復(ライフ88) ・スパークル(ライフ44) ・ゲストにプリンセス(ライフ44) 多色の場合 : ・トリココンボナ(ライフ44) ・スキブ(ライフ44) ・オバロ(ライフ44) ・ライフ回復(ライフ88) ・スパークル(ライフ44) ・ゲストにトリコ(ライフ44) これでユニットのライフ合計値は308です。 単色の場合 : ・フォーカス(ライフ66) ・スキブ(ライフ44) ・オバロ(ライフ66) ・オルラン(ライフ66) ・スパークル(ライフ66) 多色の場合 : ・トリココンボナ(ライフ66) ・スキブ(ライフ44) ・オバロ(ライフ66) ・シナジー(ライフ66) ・スパークル(ライフ66) 5人の内4人をライフ10振りすることでライフ合計値がやっと308になります。 ティアラや魔法の時計の消費量がえげつないので、スコアランキング一桁台とかを狙いに行かない限りは、 この振り方はしなくて大丈夫です。 スポンサーリンク 特技発動率ポテンシャル その名の通り、特技の発動率を上げられるポテンシャルです。 スコアへの貢献度が非常に高く、 全アイドルに最優先で10振りたいポテンシャルです。 参考までに。 ちなみに、このポテンシャルを9振った場合は『高確率で』の発動率が98. 中確率は10振るとして、高確率は自身の運量と相談でもいいかも(自分は振りますが) ここにポテンシャルを振ることで生まれるデメリットは、 ・ゲストには旨味がない点 ・ここに10振ってしまうとアピール値を最大値に持っていけなくなる点 の2点くらいかなぁと思います。 あとライパでの効果が不明(知ってる方いたら教えて下さい) アピール値の高いNGや恒常楓さん等をたくさん所持している方は、 サポートメンバーのアピール値を気にして特技発動率には振らないのもいいかもです。 特にプリンセスのNGはアピール値が最大の上、ゲストとしての需要が非常に高いので振るのはためらって良いと思います。 (でもなープリむー中確率だから振りたいんだよなーーポテンシャル40まで振らしてほしいなーーー) あと、特技発動率に敢えて振らないのは、『スコアランキング1位』を狙う人くらいなのかなと思います。 特技発動率を5人に10ずつ振った状態で理論値が出せたら、次は特技発動率を1削ってアピール値に回して理論値待ち……的な。 アピール値を削るとどうしても理論値も低くなるんですよね。 平均値は圧倒的に特技発動率のがいいんですけど。 各種アピール値ポテンシャル アイドルのアピール値を上げられるポテンシャルです。 ボーカル、ダンス、ビジュアルと3通りありますが、使いたいSSRの特化箇所に合わせて振るようにしましょう。 (上の画像では、ライフスパークルかな子の特化箇所であるボーカルに10振っている) センタースキルで特化箇所のアピール値に倍率を掛けてくれたり、 Grooveイベントではイベント毎に3つの内1つに倍率が掛かるので、 特化箇所を更に上げた状態でボーナスを受けることができます。 ライフポテンシャル そのアイドルのライフ値を上げることができるポテンシャルです。 これがかなりの曲者で、ライフスパークルのコンボナ倍率を上げるのに役立ちます。 ユニットとゲストの合計ライフ値が305を超えると良い感じです。 うまく伝わったでしょうか。 励みになります。

次の

【デレステ】スキルブーストを利用した放置編成の組み方【手放し周回編成】

デレステ トリコロール

先日の シンデレラフェスで初めて トリコロール・シンフォニースキルが初実装されたことで、スキル強化系の特技が3種類になりました。 今回はそれぞれの特技のメリット、デメリットの比較です。 以下、それぞれの特技およびセンター効果を比較した表になります。 登場順では スキルブースト 以下、スキブ が一番先になりますが、ボーナス強化、判定強化、回復量上昇と3点セットまんべんなく揃っています。 特に、 カバー範囲がデレステの全スキルの中でも一番広く、特に"8秒しばらく"は8秒間隔に対して7. 5秒間発動と驚異の93. このカバー範囲の広さで 放置編成は必須であり 8秒しばらく推奨 、他の特技強化スキルに比べて欠点も少ないので、今後も活躍範囲は広いと言えます。 スキルブーストの次に登場したのが アンサンブルスキルであり、こちらはボーナス強化のみですが、ボーナス強化上昇量が スキブの1. 2倍に対して驚異の1. 5倍です。 最後に、一番新しく登場したのが トリコロール・シンフォニーです。 簡単に言うと、発動時間以外はスキブのボーナス強化をユニゾン並みに強化したバージョンです。 ただ、カバー範囲が スキブに比べて狭いため、 放置編成には向きませんし、高難易度曲に対して慣れていない人も スキブの方が範囲が広いため、スキブで慣らしてからシンフォニーに切り替えた方が良いかもしれません。

次の

デレステ ユニット編成のコツと理論上最強編成!

デレステ トリコロール

『 デレステ(アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ)』で、 新センター効果&特技を持った限定SSRアイドル[カム・ウィズミー!]乙倉悠貴(以下、限定乙倉ちゃん)が登場しました。 限定乙倉ちゃんの「 純白の制服姿が尊すぎる」というのはもちろん、この 新センター効果&特技が巷で「強すぎる」「ぶっ壊れ」と話題になっています。 早速比較してみます! ちなみに、以下の条件で行った かなりライトな比較です。 ポテンシャル値合計66解放済み&スキルレベルMAX4人の「トリコロール」ユニット VS ポテンシャル値合計41解放済み&スキルレベルMAX3人の「キュートプリンセス」ユニット 「ごく普通のデレステユーザーの手元に限定乙倉ちゃんが来たらどうなるのか?」という参考程度にご覧ください。 ユニットに組み込んだメンバーのスキルや能力によって変化があるので、必ずしも皆さんが同じ結果になるとは限りません。 ) キュート曲の場合 選んだ曲は楽曲レベル26のキュート曲「 ショコラ・ティアラ」です。 まずは 「トリコロール」をセンターにした以下のユニットでプレイ。 スコアは「 1,027,473」でした。 次に 「キュートプリンセス」をセンターにした以下のユニットでプレイ。 スコアは「 1,112,727」でした。 やはり、 キュート曲では 「キュートプリンセス」が圧勝でした。 」です。 まずは 「トリコロール」をセンターにした以下のユニットでプレイ。 スコアは「 1,151,280」でした。 次に 「キュートプリンセス」をセンターにした以下のユニットでプレイ。 スコアは「 1,178,149」でした。 キュート曲の場合より僅差ではあるものの、これは 全体曲も 「キュートプリンセス」の勝利であると言えるのではないでしょうか!? イベント曲「shabon song」の場合 2017年4月1日から開催されている「LIVE Parade」のイベント曲「 shabon song」。 「shabon song」がキュート曲であることから、 今回の限定乙倉ちゃんのキュートに特化した新センター特技&スキルがランキングにかなり影響してくるのではないかと話題になっていますが、果たしてどうでしょうか。 まずは 「トリコロール」をセンターにした以下のユニットでプレイ。 スコアは「 786,491」でした。 次に 「キュートプリンセス」をセンターにした以下のユニットでプレイ。 スコアは「 860,575」でした。 「shabon song」はキュート曲ということもあり、やはり 「キュートプリンセス」が圧勝でした。 限定乙倉ちゃんがいることで「shabon song」イベントが有利になることはほぼ間違いないと言ってもいいのではないでしょうか。 限定SSR乙倉悠貴、間違いなく強い。 この比較では、限定乙倉ちゃんの新センター効果 「キュートプリンセス」が、通常のキュート曲・通常の全体曲・イベント曲「shabon song」のすべてで「トリコロール」よりも大きなスコアを叩き出すという結果になりました。 今回の比較はあくまで筆者の最善を尽くした一例にすぎないので、現時点で「最強」であるかどうかという判断はつかないですが、「強すぎる」ということは間違いないと思います。 それにしても、 乙倉ちゃんが限定SSR化・新センター特技&スキル実装・ボイス実装というトリプルコンボをかましてくるという、衝撃の新生活のスタートでしたね。

次の