香典 郵送 手紙 例文。 香典を郵送する際のマナーとは?添える手紙の文例も紹介します

香典を郵送する際のマナーとは?添える手紙の文例も紹介します

香典 郵送 手紙 例文

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 訃報を聞いて出すお悔やみの手紙の基本 訃報を聞いてお悔やみの手紙を出す場合、タイミングや手紙に使う便箋や封筒、香典についても注意することがあります。 遺族の方に負担をかけないよう意識しましょう。 ここでは、お悔やみの手紙を出すときに知っておきたい基本的な知識を解説します。 お悔やみの手紙を出すタイミング お悔やみの手紙は、 初七日までに送りましょう。 とは、故人が亡くなってから7日後に行う法要です。 また、葬儀、お通夜のどちらかに参列できる場合は送る必要はありません。 「訃報を初七日より後に知ってしまった」そのような場合もあるでしょう。 このような場合、お悔やみの手紙を送るのはマナー違反ではありません。 ただし、訃報を知ってからはできるだけ早く手紙を出すようにしましょう。 お悔やみの手紙に使う便箋と封筒はシンプルなもの お悔やみの手紙は、特別細かいマナーがあるわけではありませんが、使う便箋や封筒はシンプルなものを選びましょう。 できれば 白の無地のものがおすすめです。 また、封筒や手紙が重なると、「不吉が重なる」ことを連想させてしまうため、 手紙は1枚、封筒も1枚でおさめます。 香典も同封できる 葬儀やお通夜への参列が難しい場合、香典を同封しても構いません。 香典を送る場合は 現金書留を使い、香典袋にお悔やみの手紙を添えて送ります。 この際、現金書留用封筒は通常サイズと大判サイズがあるので、大判サイズの物を購入すると、どのサイズの不祝儀袋も入るので便利です。 現金書留封筒は、郵便局で購入する事が出来ます。 香典袋の表書きは、49日法要の前であれば 「ご霊前」、49日法要後であれば 「御仏前」と、渡すタイミングに合わせて表書きを変えます。 このとき、便箋はきちんと封筒に入れるようにします。 現金書留に 直接便箋を入れるのは、マナー違反です。 なお、お悔やみの言葉には、香典を送ることを伝える文章を加えましょう。 お悔やみの手紙を書く際に気を付けること お悔やみの手紙はある程度フォーマット化されていますが、次のことに気をつけて書くようにしましょう。 頭語や時候の挨拶は書かないようにする 一般的に手紙を書く場合には、拝啓や謹啓のような頭語、季節に合わせた時候の挨拶などを最初に書きます。 しかし、お悔やみの手紙ではこういった前置きは必要なく、すぐ本題に入るようにしましょう。 お悔やみを手紙で述べている理由を書く お悔やみは直接述べるのが最も正しい方法であり、 手紙はいわば略式です。 そのため、詳細に書く必要はないですが、弔問に伺えない理由とともにお詫びを述べておきます。 後日伺う予定があるのであれば、その旨も書いておきましょう。 遺族を気遣う言葉を書く お悔やみの言葉は故人が亡くなったことに対する弔意を示すものですが、ことさらに悲しみを強調するのは、遺族の心情を考えると好ましくありません。 遺族を気遣う言葉も多く書くようにしましょう。 例)「お力落としのことと存じますが、どうぞお気を強くお持ちください」など 亡くなった理由は訊ねない 傷心の遺族に対して、 亡くなった理由を訊ねるのはマナー違反です。 お悔やみの手紙は、お悔やみの気持ちと慰めの言葉を短く伝えるよう心がけましょう。 親しい方が亡くなったとき、やはり理由が気になるものです。 しかし、傷心の遺族へ訊くべきタイミングは今ではありません。 遺族の気持ちを第一に考えましょう。 お悔やみの手紙を出す際に詮索するのはよくありません。 遺族をより傷つける可能性があることは避けるのがマナーです。 忌み言葉(いみことば)を使わない 忌み言葉とは、冠婚葬祭の場などで避けられる言葉のことです。 葬祭関連では、重ね言葉(かさねことば)や直接的な表現がこれにあたります。 重ね言葉は「重ね重ね」「またまた」「次々」「再三」「追って」など、繰り返しの言葉や次があることを連想させる言葉が当てはまります。 死を連想させる言葉としては、「死ぬ」「滅ぶ」「死亡」「生存」「生きている」などがあります。 これらは「ご逝去」「ご生前」「お元気な頃」など 柔らかい表現に言い換えましょう。 敬称を使う お悔やみの言葉は、喪主との関係に沿った敬称を使いましょう。 故人が喪主の父親であれば、「ご尊父」「お父上」、祖父であれば「ご祖父様」、妻であれば、「ご礼室」、息子であれば「ご子息」など、故人と自分の関係に合わせて適切な敬称を使うのがマナーです。 また、差出人の名前も、喪主にどのような人か伝わるようにしましょう。 学校の同級生であれば、一緒だった学校や卒業年などを記載します。 薄墨を使って書く お悔やみの手紙は 「悲しみの涙で墨が薄まった」という意味から、もともと薄墨の筆を使用するのがマナーとされます。 ただ、現代では墨を使う人は少なくなり、薄墨にこだわる必要はないと考える人も増えてきています。 薄墨を使わない場合は、ボールペンや万年筆がよいでしょう。 使用するインクの色はブルーブラックか黒が好ましいでしょう。 また、最近ではグレーカラーのボールペンも販売されているので、こちらの利用も考えてもよいでしょう。 お悔やみの手紙の文章構成 お悔やみの手紙を書く場合、どのような構成で書くべきか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。 お悔やみの手紙の文章構成について紹介します。 まずは下の3つの項目を意識しましょう。 ・主文 ・末文 ・後付け お悔やみの手紙は 縦書きが基本です。 横書きはラフな印象を与えるので不適切とされます。 お悔やみの言葉を述べる お悔やみの手紙では、簡潔に言葉を述べましょう。 「暑くなってまいりましたが……」などの 季節の挨拶は省きます。 もっとも大切なのは、短く書くことです。 また、 故人を悼む気持ち、遺族を慰める気持ちの2点を伝えるのも必要でしょう。 遺族と面識がない場合は、自分と故人との関係を伝える必要があります。 例文は下記のとおりです。 ・このたびは思いもかけないことで、お悔やみを申し上げます。 ・ご看病の甲斐なく、残念なことです。 お悔やみを申し上げます。 訃報での驚きや慰めの言葉を述べる お悔やみの言葉に続き、 故人への感謝の言葉や思い出、遺族の健康を気遣う言葉や慰めの言葉を述べます。 遺族や故人との関係性を考え、文面を添えましょう。 例文は下記のとおりです。 ・突然のことで言葉がございません。 ・ご主人(奥様)とのお別れは、本当にお辛かったことでしょう。 お子様のためにもどうかお心を強くお持ちくださいませ。 ・お力を落としのこととは存じます。 お気持ちを強くお持ちになり、くれぐれもご自愛ください。 弔問欠席に対するお詫びの言葉を述べる 葬儀や法要に参列できないときは、 弔問欠席に対するお詫びの言葉を添えます。 出産や新婚旅行、結婚式といったおめでたい事情が理由で参列できないときは、「事情により」としましょう。 例文は下記のとおりです。 ・あいにくやむを得ない事情により、ご葬儀への参列がかなわず、略式ながら書中にてお悔やみを申し上げます。 ・すぐに駆けつけてお悔やみを申し上げるところでございますが、あいにく出張のため、参列に伺うことができず申しわけなく存じます。 香典を同封したことを知らせる 香典を同封したときは、文末に香典を同封した旨を書き添えます。 現金は宅配便などでは送ることができないため、 郵便局から現金書留専用封筒に入れて送りましょう。 供花や供物を贈ったときも、その旨を添えます。 例文は下記のとおりです。 ・心ばかりではございますが御香料を同封いたしました。 ・心ばかりの御香料を同封いたします。 結びの言葉を使う ここは特別なことを書く必要はありませんが、遺族の気持ちに立って、 表現に注意しましょう。 励ますつもりの言葉や悔しさをあらわした言葉は、遺族の気持ちを傷つける可能性があります。 例文は下記のとおりです。 ・取り急ぎ書中に奥様(ご主人)のご冥福をお祈り申し上げます。 日付・差出人・宛名を書く 主文、末文に続き後付けを書きます。 後付けは 「日付」、「差出人」、「宛名」の順で書きましょう。 日付を書く際、正式とされる 和暦で年月日を書きます。 また、 日付は文頭から2字下げて書きましょう。 宛名には、敬称である 「様」も忘れずに書きます。 お悔やみの手紙は、遺族に宛てて書く手紙です。 宛先は故人の名前ではなく、 遺族の名前にします。 遺族と面識がなく遺族の名前がわからないときは、喪中はがきの差出人や、喪主の名前を宛名にするとよいでしょう。 かねてよりご療養中とは存じておりましたが、ただただ呆然とするばかりです。 本来ならばすぐにでもお伺いしたいところですが、やむを得ぬ事情によりすぐに参上できず申し訳ございません。 ご家族の皆様には、一日も早く心穏やかに暮らせますようお祈り申し上げております。 略儀ながら、書中にてお悔やみ申し上げます。 あの明るい笑顔をもう二度と見られないと思うと、悲しみで言葉もありません。 本来であれば直接お悔やみを申し上げたいところですが、遠方のためままならず、まことに申し訳ございません。 ご家族の皆様はさぞご心痛かと存じますがどうかお力を落とされませんようご自愛ください。 略儀ながら、書中を持ちましてお悔やみ申し上げます。 ご遺族の方々をはじめ、社内の皆様のご心痛はいかばかりかと拝察いたします。 本来であればすぐにでも弔問にお伺いすべきところ、遠路ままならず、略儀ながら書中にてお悔やみを申し上げる次第でございます。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 まだまだお元気でいらっしゃると思っておりましたのに、ご家族の皆様のご心痛はいかばかりかと存じます。 ここ数年はご無沙汰していたために、お父様が亡くなられていたことも存じ上げず、弔問にもお伺いせずに申し訳ありませんでした。 遅ればせながら、謹んでご冥福をお祈りいたします。 お力落としのことと存じますが、くれぐれも気持ちを強く持ってご自愛ください。 心よりお悔やみ申し上げます。 弔電とお悔やみ手紙の違い 弔電とお悔やみ手紙は、お通夜や葬儀に参列できない場合に送るという点は共通ですが、異なる点もあります。 それは、 告別式で弔電を読み上げられるかどうかです。 そのため、弔電はできるだけ早く、遅くとも告別式の1時間前には到着しているとよいでしょう。 告別式の時間をあらかじめ調べておき、ご遺族の方に負担をかけないようにします。 また、弔電はお悔やみの手紙と異なり、香典を送れません。 香典も送りたい場合は、別途お悔やみの手紙を添えて香典を送りましょう。 まとめ 訃報のときに送るお悔やみの手紙は、封筒や手紙の体裁など、いくつかマナーがあり、それらの点を守って送ることが大切です。 葬儀に慣れていない場合、思わぬマナー違反をすることもあるため、書き方や作法をよく確認し、失礼がないようにしましょう。 葬儀に関する疑問は、「」にお任せください。 24時間365日対応しており、専門スタッフがお客様の疑問に丁寧にお答えいたします。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

香典と手紙は同封しても良いの?簡単な文例と一筆箋がおすすめな理由とは?

香典 郵送 手紙 例文

香典とは 香典の郵送について触れる前に、香典の意味など基本的な点について確認しておきましょう。 香典とは 香典とは、葬 儀や法要など弔事の際に参列者が持参する金封に納めた現金を意味します。 香典には大きく2つの意味合いがあります。 ひとつは弔意を示す意味、もうひとつは相互扶助です。 香典は、通夜から火葬までの間に、火を絶やさないようにするなどお香が多量に必要となるため、御不幸のあった家に対して近隣の方々が助け合いの気持ちでお香を持ち寄ったことに由来するといわれています。 これが次第にお香以外の食料品も送る文化になり、そしてお香や食料品の入手が容易になった近代以降は、香典として現金をお渡しするようになったのです。 基本的な香典の包み方 香典の包み方に関して基本的なポイントは下記のとおりです 香典袋(不祝儀袋)に現金を包む ・お札を入れる向き 明確な決まりがあるわけではありませんが、裏面(肖像画が無い面)を表書き側にし、肖像画を下にして納めることがマナーであると説かれているケースが多く見られます。 実際のところ、お札を入れる向きを気にする必要はありませんが、複数枚のお札を入れる場合には向きを揃えておくことは最低限のマナーです。 ・金額の相場(札の枚数) 包む金額がお付き合いの程度や地域などによって異なりますが、概ね下記が相場です。 家族および親族内で不幸があった場合:約10,000円~100,000円• 知人や友人の身内で不幸があった場合:約5,000円~10,000円• 近所の家や職場で不幸があった場合:約3,000円~10,000円 ・新札を包むことは避ける 「不幸が起こることを前もって準備していた」と捉えることが出来るという理由で、香典で新札を包むことは弔事では避けるべきマナーとされています。 香典袋(不祝儀袋)の表書きは宗教ごとに異なる• 仏式:「御霊前」「御香料」• キリスト教:「御花料」「御霊前」• 神式:「御榊料」「玉串料」 宗教が不明の場合は「御霊前」としておくと良いでしょう。 香典袋(不祝儀袋)の表書きや氏名などは薄墨で書く 薄墨で書く理由は「墨を充分磨っている時間もなく急いて駆けつけました」「涙で墨が薄まってしまいました」という弔意を示すためであると言われています。 コンビニエンスストアなどで弔事用として販売している薄墨の筆ペンを使用される方が多いようです。 香典を郵送する場合と方法とは 香典を郵送して良いのかと不安に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、法理的には問題ありません。 また、葬儀や法事など弔事に関するマナーの観点でも、状況に応じて香典を郵送することについて問題ないといえます。 ここでは、香典を郵送する状況や具体的な方法、タイミングを紹介してまいります。 香典を郵送する状況とは どのような状況でも香典を郵送して良いというわけではありません。 香典の郵送は、 何かしらの事情で参列が困難であり、香典を持参することが出来ない状況にのみ利用できる方法です。 たとえば次のような例が挙げられます。 葬儀会場が遠方であるため行くことができない• 身体的な不自由や不調子のため参列できない• 出張などどうしても外せない用事があり参列できない• 香典を代理で持参する人もいない 香典を郵送する方法 現金は普通郵便ではなく、現金書留で送ることが郵便法で定められています。 したがって香典を郵送する場合には、現金書留を利用することになります。 現金書留の送り方 まず、現金を香典袋(不祝儀袋)に納めてから、次に現金書留用の封筒に入れます。 なお 差出人の住所や氏名は、香典袋(不祝儀袋)と現金書留の封筒の両方への記入が必要です。 この際、 手紙を添えるとより丁寧な印象を与えることができます。 準備が整いましたら、郵便局の窓口で発送を依頼します。 現金書留の際の注意事項 香典を送る際であっても、 現金書留の封筒に記入する際は薄墨ではなく通常の濃さの筆記具を使用します。 また、現金書留は、郵便局窓口のみでの受付となります。 ポストへの投函やコンビニでの集荷はできないので気を付けましょう。 香典を郵送するタイミングと送付先 郵送するタイミングとしては、なるべく早い方が良いでしょう。 送付先は喪主(遺族)の自宅、または葬儀会場です。 通夜または葬儀・告別式に間に合うようであれば、葬儀会場に送ることも可能です。 葬儀会場に香典を郵送する際の注意 現金書留は日付指定で送ることはできませんので、 日程的に確実に間に合うときのみ宛先を葬儀会場とします。 受取は宛名に記載されている遺族が葬儀会場にいらっしゃれば、遺族が現金書留を直接受け取ることもありますが、基本的には葬儀会場の係員が代理で受け取りをしてくださいます。 ただし、葬儀会場によっては現金書留を代理で受け取ることをしないところもありますので事前確認をしておいた方が良いでしょう。 一方、 通夜または葬儀・告別式に間に合わないようであれば、葬儀の2、3日後から1週間以内を目安に喪主(遺族)の自宅に届くよう発送します。 以上のことから、日付指定できないという点を考えると、喪主の自宅住所を知らない場合を除いて、自宅を送り先として香典を郵送した方が無難ではないでしょうか。 手紙を添えて郵送するのが良い 必ずしなくてはならないわけではありませんが、 香典を郵送する場合には、手紙を添えた方が先方に丁寧な印象を与えます。 香典に添える手紙には、お悔やみの言葉と参列できないお詫びが主たる内容となります。 手紙は別に封筒を用意する必要は無く、現金書留用の封筒に香典と一緒にそのまま納めれば問題ありません。 香典に添える手紙の文例とは 香典を郵送する場合に添える手紙の書き方や文例も抑えておきましょう。 香典に添える手紙の注意点• 忌み言葉は使用しない(重ね重ね、また、くれぐれも、再度など)• 季節の挨拶は不要• 遺族とのお付き合いの状況などによっては故人との関係を記しておく• 薄墨の筆記具を使用する 香典に添える手紙の文例 手紙は短文でも長文でも構いませんが、気持ちを込めて丁寧に書くことが重要です。 実際の文例をいくつか見ていきましょう。 本来であればすぐにでも駆けつけたいところでございますが、諸事情により葬儀に参列することがかなわず、大変申し訳なく思います。 心ばかりではございますが、御香典を同封いたしましたので御霊前にお供え頂ければと存じます。 葬儀後に訃報を知った場合 御尊父様がご逝去されたこと、昨日知りました。 ご逝去のこと存じ上げず、葬儀に伺うこともできませんでしたことを深くお詫び申し上げます。 取り急ぎ、心ばかりではございますが御香典をお送りいたします。 謹んでご尊父様のご冥福をお祈り申し上げます。 諸般の事情によりお伺いすることが出来ないため、御霊前を同封いたしました。 略儀ながら書中にてお悔やみ申し上げます。 最後に 今回は香典の郵送について解説してまいりました。 香典を郵送する場合には現金書留を利用することや、関連するマナーなどについてお解りいただけたのではないでしょうか。 葬儀に参列することができないけれど香典は渡したいという方にとって、郵送は便利な方法です。 故人や遺族に対して失礼のないよう香典を郵送する場合には、正しいマナーや方法で行いましょう。 今回の内容が皆様の参考になれば幸いです。

次の

香典返し 辞退》書き方/例文/文例/金額/失礼/お礼状/住所/連名

香典 郵送 手紙 例文

最近は、葬儀に対する考え方も多様化しているため、身内だけで執り行うケースもあります。 家族葬などで葬儀を済ませた後に、他から亡くなったことを知らされたりすることもあるでしょう。 また、連絡はあったとしても、遠方に住んでいるため、お通夜や告別式にも参加できそうにないということもありますよね。 本来ならお通夜か告別式に参列した時、香典を渡すのが一般的ですが、諸事情により、すぐに伺うことができない時などは、郵送することになっても、問題はありません。 ただ、その時には、遺族の方たちに失礼のないよう、マナーは忘れないようにしましょう。 香典袋の表書きは、故人の宗教に合わせた言葉で。 宗教 書き方 仏教・仏式 御霊前・御香典・御香料 キリスト教 御霊前・御花料・献花料 神式 御霊前・御玉串料・御神前 無宗教 御霊前 香典と一緒にお悔やみの手紙を入れる。 郵送の場合、現金書留で送りますが、同封する時に、やはり一言お手紙を添えるとよいでしょう。 基本的には白無地のシンプルな便箋を用いるのが一般的です。 ただ、明るく華やかな色を避ければ、グレーや薄紫などの用紙でも、使用することはできます。 香典郵送の場合の手紙の書き方は? 香典を郵送する際、一言添えるお手紙の書き方として、どんな内容がふさわしいでしょうか。 まず、先ほどもお伝えしたように、便箋はシンプルなものを用意しましょう。 香典袋には筆ペンなどで表書きをしますが、お手紙の方は、普段書き慣れていないのであれば、筆ペンで書く必要はありません。 黒インクのボールペンや万年筆など、書き慣れたものを使う方が良いでしょう。 相手方が親しい関係であっても、カラフルなカラーペンや色鉛筆などは使用してはいけません。 また、きちんと書いた方が良いなら、ワープロで打ち出した方がきれいに見えると思われがちですが、書類などではないので、お悔やみの言葉は、縦書きの便箋を使用して、字に自信がなくても、手書きにすることをお勧めします。 基本的に書くことは、葬儀に参列できないお詫びの言葉と、遺族への励ましの言葉になります。 故人との思い出話などを、たくさん書く必要はありません。 お悔やみのお手紙は、1枚だけにしましょう。 一般的な手紙のように、無地の便箋を1枚入れることも、お悔やみの場合はマナー違反になってしまいます。 また、手紙文のなかで、「忌み言葉」と言われるものは避けてください。 では、葬儀に参列できない時、香典はすぐに送った方が良いのでしょうか? ご遺族側からすれば、お通夜と葬儀の2日間は、悲しんでいる暇もないほど、忙しく、慌ただしいものです。 参列できないからと言って、その日に届くようにする必要は、全くありません。 できるだけ、ご遺族側の負担が少ない時期を考えると、やはり、葬儀後1週間あたりか、遅くとも1か月以内が無難です。 送り先は喪主のご自宅で、もし、故人の生前にご家族との交流がなければ、お悔やみ文のほうで、故人との関係を簡単に記しておくとよいでしょう。 おわりに 私も実家を離れて暮らしているので、お悔やみ事があると、すぐに駆け付けられないこともありました。 香典を郵送して大丈夫なのか? なんて心配したりしましたが、なかなか出向けないときは、迅速に対応する方がいいですよね。 逆に実家で不幸があったとき、遠方の友人から、お香典とともに、手紙をいただいたときは、その心遣いが本当にありがたく感じたものです。 遺族側は、悲しみを堪えながらも、忙しい時期ですから、シンプルに書いてくれることで、その思いは十分伝わると思いました。

次の