朝日 新聞 shop。 朝日新聞SHOP通販サイトの閉鎖理由はなぜ?泉大津市のマスクがぼったくり?

「安倍首相に布マスク販売を突っ込まれ、朝日新聞SHOPが閉鎖」は誤り。実際は…

朝日 新聞 shop

2013年に「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されるなど、和食への関心は世界的に高まっています。 国立科学博物館で開催される特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」は、この豊かな食文化に、科学的・歴史的な観点から迫る大規模展覧会です。 和食の多様な食材は、南北に長く、海、山、里と表情豊かな日本列島の自然によってもたらされています。 生命を育む水、風土と関わりの深いキノコや山菜、多種多様な魚、貝・甲殻類、海藻。 そして、さまざまな人々の手で持ち込まれた野菜や穀類。 これらの食材について、国立科学博物館ならではの切り口で紹介します。 また、和食は古来、外来の食文化を柔軟に受容しながら発展し、今なお変化を続けています。 その歴史的変遷を、明治時代以降に広まった日本独自の洋食などにも着目しつつ、料理の再現模型や史資料を通じて紹介します。 あわせて、人々の知恵や工夫が生んだ、日本古来のバイオテクノロジーの成果とも言える発酵食品についても解説します。 展覧会公式ガイドブックでは、「『和食』っていったい何? 」という素朴な疑問をテーマに監修者らが語る座談会のほか、和食独自のだしが発展した背景やおいしさの秘密などを専門家が解説します。 フランス料理、中国料理の著名料理人による和食についてのインタビューも。 盛りだくさんの1冊を、ぜひご自宅でもお楽しみください。

次の

首相言及の朝日の通販マスク、産地市長が官邸に意義説明:朝日新聞デジタル

朝日 新聞 shop

〈洗ってくり返し使える、マスク品薄下の救世主〉 先頃、そんな謳い文句で売り出されたガーゼマスクがあった。 販売元は朝日新聞社が運営する通販サービス「朝日新聞SHOP」で、価格はなんと2枚3300円(税込)。 サイトには「鋭意製造中。 4月中旬に入荷予定」とも記されていた。 この商品は、創業100年を超すメーカーが製造。 セールスポイントとして、 〈ガーゼは医療用などより20%ほど密度を高くしたことで耐久性があり〉 〈150回ほどの洗濯にも耐え、経済的〉 などが挙げられていた。 コロナウイルス取材にあたる全国紙社会部記者が言う。 「素粒子」では 記者が続けて、 「この『朝日新聞SHOP』では、他にも不思議な商品がありました。 ならばいっそ「武漢ウイルス」と言い切れば如何か。 そもそも肝心の紙面では、 〈人類の敵はウイルスだ。 なのにトランプ氏は「中国ウイルス」、麻生氏は「武漢ウイルス」と、敵は中国と言わんばかりに。 いまこそ世界の知見の結集が欠かせないのに〉(3月21日夕刊1面「素粒子」) などと説いていたのだから、ダブルスタンダードと言われても仕方あるまい。 ちなみに当の販売サイトは6日午後、突如として受注停止してしまった。 朝日新聞に尋ねると、 「『黒船』は、外国からもたらされ、日本国内に極めて大きな影響を与えた事象の一般的な例えとして使用しました」(広報部) 元「週刊朝日」編集長の川村二郎氏が指摘する。 「混乱に乗じてマスクで商売するとは火事場ドロの所業。

次の

朝日新聞SHOPの布マスクの記事をボツにした理由

朝日 新聞 shop

朝日新聞SHOPで布製マスクが3300円で販売中です。 朝日新聞SHOPで布製マスクが3300円のぼったくり価格で販売中 () 朝日新聞SHOPで布製マスクが3300円で販売中です。 他にもなにやら昔に販売されていたであろう抗ウイルス・抗菌スプレーが人気なようで:() 商魂たくましいですね。 追記:マスクについてはが「泉大津市マスクプロジェクト」として生産し、価格設定したものを販売しているようです。 布マスクの有効性を疑問視する記事を出していた朝日新聞 () 朝日新聞はこういう記事を書いていたわけですが、 WHOの「どんな状況でも(布マスクは)勧めない」というのは、医療従事者向けのアドバイスにおける表現であって、一般向けにはマスクの種類の限定はありませんし、限定的な場合には健康な人にもマスクを推奨しています。 また、アメリカCDCは一般人向けに、健康的な人でも社会的距離を保てない場所では布マスク着用を推奨しています。 医療従事者のためにサージカルマスクを確保させることを期待しているのでしょう。 そういう意味では朝日新聞の読者は高齢者が多いですし、サージカルマスク・不織布マスクを販売している様子はありませんから、むしろ布マスクへ誘導していてよいのではないか?とも思えてきます。 布製マスクの販売者が増えている サージカルマスク・不織布マスクは医療従事者のために取っておきたいので、一般向けにこうした製品が紹介されるのは「有り」なんじゃないでしょうか。 実際、アメリカCDCも一般人に対しては健康な人であっても社会的距離を保てない場所では布マスクの着用を推奨しています。 この手の布製マスクの販売者は増えているようで、検索すると無限にヒットしていきます。 参考例を以下に置いておきますが、 2枚セットで3300円ってのはかなりお高いですよねぇ。。。 あと、以下の商品は除いていますが、黒いマスクが多かったり、モデルの顔がなんだか整形顔(か、彼の者たち)っぽい感じなのが多い気がするのはなんなのでしょうかね。。。

次の